「外貨預金」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年7月26日マイボイスコムフィードバック数:0大型消費/投資

マイボイスコム 外貨預金の利用(9)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ【 外貨預金 】に関するアンケート調査(第9回)現在外貨預金をしている人は1割。利用意向は1割強で減少傾向、「わからない」が2011年以降増加 マイボイスコム株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:高井和久)は、9回目となる『外貨預金』に関するインターネット調査を2017年5月1日〜5日に実施し、10,947件の回答を集めました。調査結果をお知らせします。【調査結果】 https://myel.myvoice.jp/produ

2017年7月5日マイボイスコムフィードバック数:0大型消費/投資

マイボイスコム 外貨預金の利用(9)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ【 外貨預金 】に関するアンケート調査(第9回)現在外貨預金をしている人は1割。利用意向は1割強で減少傾向、「わからない」が2011年以降増加 マイボイスコム株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:高井和久)は、9回目となる『外貨預金』に関するインターネット調査を2017年5月1日〜5日に実施し、10,947件の回答を集めました。調査結果をお知らせします。【調査結果】 https://myel.myvoice.jp/produ

2015年12月3日マイボイスコムフィードバック数:0大型消費/投資

マイボイスコム 金融商品への投資(11)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ金融商品投資に興味がある人は4割弱。男性30代での比率が高い 金融商品への現在投資率は4割強。金融商品投資者の金融資産総額は300万円未満が3割強。商品購入先は「証券会社」「ネット専業証券会社」。最も投資したい商品は「株(日本企業)」が1位で「外貨預金」「金」などが続く 投資する金融機関選定時の重視点は「会社が信頼できる」「手数料が安い」「経営が安定している」がトップ3。投資の判断材料の情報は「新聞記事」「インターネットの投資情報ページ」が

2014年12月4日マイボイスコムフィードバック数:0大型消費/投資

マイボイスコム 金融商品への投資(10)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ金融商品への現在投資率は4割強。金融商品投資者の金融資産総額は300万円未満が4割弱。投資したい商品は「株(日本企業)」が最も多く、「外貨預金」「金」などが上位 投資する金融機関選定時の重視点は「会社が信頼できる」「手数料が安い」「経営が安定している」がトップ3。投資の判断材料の情報は「新聞記事」「インターネットの投資情報ページ」が上位2位 金融商品に対して「どちらかというとローリスク・ローリターン型(安定重視型)」が半数近く。ハイリスク・

2013年11月26日マイボイスコムフィードバック数:0大型消費/投資

マイボイスコム 金融商品への投資(9)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ金融商品投資に興味がある人は3割強で、2012年調査とほぼ同程度 金融商品への現在投資率は4割強で、2008年以降減少傾向。投資意向は4割弱。投資したい商品は「株(日本企業)」が最も多く、「外貨預金」「金」などが上位。金融商品投資者の金融資産総額は300万円未満が4割強 投資する金融機関選定時の重視点は「会社が信頼できる」「手数料が安い」「経営が安定している」がトップ3。投資の判断材料の情報は「新聞記事」「インターネットの投資情報ページ」が

2012年12月3日マイボイスコム★フィードバック数:3大型消費/投資

投資への興味や現在の状況についてのデータが公開されています。

マイボイスコム 金融商品への投資(8)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ金融商品投資に興味がある人は3割強で、2008年以降減少傾向 金融商品への現在投資率は4割強で、2008年以降減少傾向。投資意向は4割弱で、こちらも減少。投資している・したい商品は「株(日本企業)」が最も多く、「外貨預金」「金」などが続く 投資の判断材料の情報は「新聞記事」「インターネットの投資情報ページ」が上位2位。過去調査に比べ「新聞記事」「テレビのニュース番組」などは減少傾向 金融商品に対して「どちらかというとローリスク・ローリターン

2011年10月21日楽天リサーチ★フィードバック数:0大型消費/投資

外貨投資についての調査結果です。

外貨建て金融商品に関する調査

2011年10月21日 楽天リサーチ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:森 学、以下「楽天リサーチ」)は、外貨建て金融商品に関するインターネット調査を実施しました。今回の調査は、9月28日から29日の2日間、楽天リサーチ登録モニター(約210万人)の中から全国の20~69歳、男女計1,000人を対象に行いました。 ■外貨投資の未経験者は約8割。うち、5割以上が外貨投資に消極的外貨投資経験の有無について全員にたずねたところ、「現在、外貨投資(外貨預金、外貨建てMMF等)をしている」と回答

2009年4月20日アイシェアフィードバック数:0大型消費/投資

投資額10万円未満は「投資信託」、300万円以上は「株式投資」~投資をしない理由の1位「知識がないから」

投資運用に関する意識調査 投資額10万円未満は「投資信託」、300万円以上は「株式投資」~投資をしない理由の1位「知識がないから」アメリカのサブプライム問題が発端となり、経済の不安定な状態が続いている。そんな中、ネットユーザーは投資についてどのように考えているのだろうか。20代から40代の男女364名に調査を実施、回答を集計した。現在の貯蓄額を聞くと、「貯蓄はまったくない」とした人が21.7%で最も多く、「30万円未満(14.3%)」、「100万円以上200万円未満(13.7%)」と続いた。元本

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ