「外食比率」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

米の消費動向調査結果(平成27年2月分)

平成27年3月25日公益社団法人 米穀安定供給確保支援機構米の消費動向調査結果(平成27年2月分) 公益社団法人米穀安定供給確保支援機構(米穀機構)では、米の消費状況を把握するため、全国の消費世帯を対象とした「米の消費動向調査」を毎月行っています。 平成27年2月分の調査結果の概要は次のとおりです。  ■「1人1ヵ月当たり精米消費量」は 4,537グラム、うち「家庭内消費量」が   3,264グラム(前月比 +136g)、「中食・外食の消費量」は 1,273グラム(前月比   +21g)  ■精

米の消費動向調査結果(平成27年1月分)

平成27年2月25日公益社団法人 米穀安定供給確保支援機構米の消費動向調査結果(平成27年1月分) 公益社団法人米穀安定供給確保支援機構(米穀機構)では、米の消費状況を把握するため、全国の消費世帯を対象とした「米の消費動向調査」を毎月行っています。 平成27年1月分の調査結果の概要は次のとおりです。  ■「1人1ヵ月当たり精米消費量」は 4,380グラム、うち「家庭内消費量」が   3,128グラム(前月比 +113g)、「中食・外食の消費量」は 1,252グラム(前月比   -33g)  ■精

米の消費動向調査結果(平成26年12月分)

平成27年1月26日公益社団法人 米穀安定供給確保支援機構米の消費動向調査結果(平成26年12月分) 公益社団法人米穀安定供給確保支援機構(米穀機構)では、米の消費状況を把握するため、全国の消費世帯を対象とした「米の消費動向調査」を毎月行っています。 平成26年12月分の調査結果の概要は次のとおりです。  ■「1人1ヵ月当たり精米消費量」は 4,299グラム、うち「家庭内消費量」が   3,015グラム(前月比 -268g)、「中食・外食の消費量」は 1,285グラム(前月比   -61g)  

2014年10月22日NPD Groupフィードバック数:0ライフスタイル

シニア世代の外食中食動向 ~クーポンよりポイント貯めるシニア層~

NPD Japan Ltd. | Foodservice|外食中食 調査レポートシニア世代の外食中食動向 ~クーポンよりポイント貯めるシニア層~外食よりも高い傾向は同じであるが、15-59 才と比べると、外食の比率が 6 ポイント高くなっている。時間的にも金銭的にも 59 才以下よりも余裕がでてきて、外食の比率が高くなっているものと考えられる。お店選びは、価格お店選びは、価格も重視価格も重視【東京、2014 年 10 月 22 日】 総務省の発表によると2013 年 9 月時点の 65 歳以上の

2014年9月2日NPD Groupフィードバック数:0ライフスタイル

朝食市場 ~伸びるソトアサ層に選ばれるハンバーガー系FF~

NPD Japan Ltd. | Foodservice |外食・中食 調査レポート朝食市場 ~伸びるソトアサ層に選ばれるハンバーガー系 FF~目すると、全時間帯では+2.1%増、朝食の時間帯では+11.4%増加しており、消費者が朝食で外食する機会が増加傾向にあることが分かる。バーガー系 FF、セルフ型カフェがシェアをFF、セルフ型カフェがシェアを伸ばす、セルフ型カフェがシェアを伸ばす【東京、2014 年 8 月 29 日】 厚生労働省が発表した「平成 24 年国民健康・栄養調査」によると、日本

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ