調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 大和投資信託

「大和投資信託」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

原油安とカナダ・ドルの動向

原油安とカナダ・ドルの動向2014年12月8日<最近の原油価格と為替の動き>ここもとの原油価格の下落に伴い、産油国や資源輸出への依存度が高い国の通貨に対する警戒的な動きが強まっています。図表は原油価格の動きと、主要通貨の対円為替レート騰落率です。9月末以降の動きを見ると、この間は日銀の追加金融緩和やGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の新しい資産構成が材料となり円安が進みましたが、一方で産油国であるノルウェーやロシアの為替パフォーマンスがふるわなかったことが確認できます。ただし、カナダ・ド

経済発展に向けてインフラ整備に動き出すインド

経済発展に向けてインフラ整備に動き出すインド2014年9月2日<4-6月期の成長率が加速>インドの4-6月期の実質GDP(国内総生産)成長率は前年同期比5.7%増と、市場予想を上回り、1-3月期の同4.6%増から加速しました。製造業や建設業などが景気をけん引しました。ナレンドラ・モディ首相率いる政権への期待から景気センチメントは改善しているとみられます。雨季の降雨量が例年より少ないため農業生産に下振れリスクはありますが、製造業などその他の産業の持ち直しで景気回復の大きな流れは続くと思われます。実

マーケットレター【インドが予想外の利上げを決定】

インドが予想外の利上げを決定2014年1月29日<0.25%ポイントの利上げで政策金利を8.0%に>RBI(インド準備銀行)は1月28日(現地、以下同様)に開催された金融政策決定会合で、市場予想に反して、政策金利であるレポレートを0.25%ポイント引き上げ8.0%とすることを決定しました。2013年10月29日以来の利上げとなります。政策金利の推移(2012年初~2014年1月28日)9.08.58.07.57.02012/12012/72013/12013/72014/1(出所)ブルームバーグ

マーケットレター【リスク回避による新興国通貨安が進行】

リスク回避による新興国通貨安が進行2014年1月27日1月23日以降、以下のような要因から投資家がリスク回避姿勢を強め、為替市場では新興国通貨安が進行しています。<中国への警戒が高まる>中国では、23日にHSBC/マークイット社が発表した1月の製造業PMI(購買担当者指数)速報値が6カ月ぶりの50割れとなり、中国景気への懸念が高まりました。また、中国工商銀行が販売し1月31日に償還期限を迎える、シャドーバンキング(影の銀行)を通じて組成された高利回りの信託商品が、初めてデフォルト(債務不履行)に

マーケットレター【最近の都心オフィス空室率について】

最近の都心オフィス空室率について2013年10月22日<3カ月連続で空室率が改善>東京ビジネス地区におけるオフィスビルの9月の平均空室率は7.90%(前月差▲0.26%ポイント)へ3カ月連続で改善しました。8%を下回るのは2009年11月以来です。<賃料は下落が続く>東京ビジネス地区におけるオフィスビルの9月の平均賃料は1坪当り16,230円となり、小幅な下落が続いています。新築ビルについては1坪当り25,578円と前月比横ばいでしたが、既存ビルについては同16,062円で5カ月連続の前月比下落

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ