調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 大和総研研究員

「大和総研研究員」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年5月19日大和総研★フィードバック数:0ビジネス

株主総会の日程についてのレポートです。

2015年6月株主総会動向―分散化止まる―

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2015年6月株主総会動向―分散化止まる―6月株主総会は、集中日開催が増加 ◆2015年6月総会の集中率は、4割を超えた。◆第三集中日までの集中率も大きく増加している。◆株主総会運営の困難化が意識されるようになっているのかもしれない。 この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。 レポート検索すべてのレポートをフリーワードで検索いただけます。 PDFファイルの閲覧にはAdobe®

2015年2月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治

貸出支援基金の現状と今後

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 貸出支援基金の現状と今後順調に増加する貸付残高、再延長・拡充はあり得るか 2015年2月20日金融調査部 兼 パブリック・ポリシー・チーム 研究員 太田 珠美◆2015年1月、日本銀行の金融政策決定会合で貸出支援基金の延長・拡充が決定した。具体的な内容は、①2015年3月31日に設定されていた新規貸付の受付最終期日を1年延長すること(それに伴い基金の廃止日等も1年延長)、②対象金融機関毎の上限を1兆円

2015年1月23日大和総研フィードバック数:0社会/政治

アジアナンバーワンの取引所が果たす役割

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 "アジアナンバーワン"の取引所が果たす役割日本・香港・シンガポールの取引所は競合関係なのか 2015年1月23日金融調査部 兼 パブリック・ポリシー・チーム 研究員 太田 珠美◆アジアの中で国際金融センターとして名前が挙がるのは、東京(日本)・香港・シンガポールである。その3都市にある取引所の中では、規模からいえば日本取引所グループが最も大きく、次いで香港取引所、シンガポール取引所(SGX)となる。◆

2014年12月17日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年12月日銀短観から読み解く企業の資金繰り

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 12月日銀短観から読み解く企業の資金繰り資金調達環境は依然として良好だが、資金繰り判断DIは悪化 2014年12月17日金融調査部 兼 パブリック・ポリシー・チーム 研究員 太田 珠美◆日本銀行から全国企業短期経済観測調査(短観)の2014年12月調査結果が発表された。企業金融関連DIは、資金繰り判断DIが前回調査から1%pt低い9%pt、金融機関の貸出態度判断DIが前回調査から横ばいの17%pt、借

2014年12月2日大和総研フィードバック数:0ビジネス

ガバナンス・コードによる社外取締役増員

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ガバナンス・コードによる社外取締役増員コーポレートガバナンス・コードにより2名以上の選任が求められる ◆コーポレートガバナンス・コードによって、上場企業には独立社外取締役を2名以上選任することが求められる。◆上場企業のすべてが2名以上の独立社外取締役を選任するには、のべ数千人の人材が必要になると思われる。 この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。 レポート検索すべてのレポートを

2014年10月2日大和総研フィードバック数:0社会/政治

9月日銀短観から読み解く企業の資金繰り

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 9月日銀短観から読み解く企業の資金繰り良好な資金調達環境も資金繰り判断DIは改善せず。 2014年10月2日金融調査部 兼 パブリック・ポリシー・チーム 研究員 太田 珠美◆日本銀行から全国企業短期経済観測調査(短観)の2014年9月調査結果が発表された。企業金融関連では、資金繰り判断DIは前回調査と同じ10%pt、金融機関の貸出態度判断DIは前回調査から2%pt高い17%pt、借入金利水準判断DIは

2014年9月8日大和総研★フィードバック数:0社会/政治

法人企業統計についての分析です。

フロー・ストックともに増加する内部留保

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 フロー・ストックともに増加する内部留保法人企業統計年次別調査(平成25年度) 2014年9月8日金融調査部 兼 パブリック・ポリシー・チーム 研究員 太田 珠美◆法人企業統計の年次別調査(平成25年度)が公表された。企業業績が堅調であったことから、利益が増加し、企業の資金調達における内部留保(フロー)の割合が増加している。◆資金需要の増加により、借入れや社債発行による資金調達も増えている。ただし、社債

2014年7月29日大和総研フィードバック数:0社会/政治

日米株式市場の相違点

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 日米株式市場の相違点株式市場構造と取引手法 2014年7月28日金融調査部 兼 パブリック・ポリシー・チーム 研究員 太田 珠美◆日本株式市場は米国の制度を参考にしながらも、独自の発展を遂げており、現在は市場構造や取引手法について相違点が多くみられる。日本では制度改正等の際に米国を参考にすることが少なくないが、その際、両国間にどのような相違があるのか理解しておくことが、議論を効率的に進めるにあたって重

2014年7月25日大和総研フィードバック数:0社会/政治

法人税率引下げの財源問題

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 法人税率引下げの財源問題財政健全化目標との両立を図った法人税率引下げが必要 2014年7月25日パブリック・ポリシー・チーム エコノミスト 神田 慶司 主席研究員(パブリックポリシーリサーチ担当) 鈴木 準◆本レポートシリーズNo.1~3では、法人税率引下げが経済に与えるプラスの影響を試算した。一点、懸念しなければならないのは、経済への好影響を考慮したとしても、減税による財政収支の悪化分をトレンドとし

2014年6月9日大和総研フィードバック数:0ビジネス

2014年株主総会の展望とその後

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2014年株主総会の展望とその後機関投資家の議決権行使の活発化が予想される ◆今年の株主総会集中日は6月27日金曜日となるが、集中日に開催する企業の割合は、過去最も低くなる見通しである。◆昨年に引き続き社外取締役を選任していない企業の経営トップの取締役再任に多くの反対票が出るものと思われる。◆日本版スチュワードシップ・コードによって機関投資家の議決権行使が劇的に変わるわけではないが、取締役選任議案等で

2013年10月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国都市化の課題

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ◆2009年末の経済工作会議で、中国政府は初めて‘城市(城鎮)化’(都市化、城は都市を意味する)という用語を使用したが、2012年末の同会議で改めて城市化を新指導体制の重点経済政策のひとつと位置付けた。2020年までを見越した「城鎮化中長期規画(計画)」は2011年に作成が開始されており、今年中の公表が目指されている。そのねらいは言うまでもなく、①消費を拡大し、投資・外需主導の高成長から消費主導の持続

2013年6月24日大和総研フィードバック数:0社会/政治

資金循環統計 2013年1-3月期

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 資金循環統計 2013年1-3月期株高・円安により金融資産残高が大幅増加 ◆日本銀行より2013年1-3月期の資金循環統計が公表された。◆前期(2012年10-12月期)と比べ、株式や対外証券投資などの資産価格が大きく上昇しており、大半の部門の金融資産残高は前期比でプラスとなった。◆株式、対外証券投資、国債・財融債のフロー(資金純投入)を見ると、国内の金融機関が株式および外国証券の売り手、国債・財融債

2013年4月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治

ベンチャー日本、挑戦の40年 Vol.4

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ベンチャー日本、挑戦の40年 Vol.42000年代:産業構造・社会制度の転換期◆1970年代後半から現在まで、開業率(企業単位)は低下を続けている。その間に経済成長率も同様に低下した。ベンチャー振興が課題となっている。◆本稿では1970年代から40年間に及ぶ、ベンチャー振興の歴史を振り返り、あるべき方向性を探る。◆第4回では、米国並みのベンチャー振興策が整備された2000年代に焦点を当てる。 この記

2013年3月8日大和総研フィードバック数:0ビジネス

ベンチャー日本、挑戦の40年 Vol.3

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ベンチャー日本、挑戦の40年 Vol.31990年代:金融ビッグバン、ベンチャー振興へアクセル全開 ◆1970年代後半から現在まで、開業率(企業単位)は低下を続けている。その間に経済成長率も同様に低下した。ベンチャー振興が課題となっている。◆本稿では1970年代から40年間に及ぶ、ベンチャー振興の歴史を振り返り、あるべき方向性を探る。◆第3回では、ベンチャー振興が飛躍的に活発化した、1990年代に焦点

2013年2月13日大和総研★フィードバック数:3ビジネス

1970年代以降の日本のベンチャー振興の振り返りです。

ベンチャー日本、挑戦の40年 Vol.1

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ベンチャー日本、挑戦の40年 Vol.11970年代:経済成長にはベンチャー企業が必要と気づく ◆1970年代後半から現在まで、開業率(企業単位)は低下を続けている。その間に経済成長率も同様に低下した。ベンチャー振興が課題となっている。◆本稿では1970年代から40年間に及ぶ、ベンチャー振興の歴史を振り返り、あるべき方向性を探る。◆第1回では、日本においてベンチャー振興策が開始された1970年代に焦点

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ