調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 大和総研調査

「大和総研調査」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2013年12月2日大和総研フィードバック数:0大型消費/投資

NISA創設の背景と活用法

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 NISA創設の背景と活用法『大和総研調査季報』 2013 年秋季号(Vol.12)掲載 2014年1月からNISA(ニーサ、少額投資非課税制度)がスタートする。金融機関のNISA口座獲得競争が行われており、NISA向け金融商品の準備も着々と進んでいる。昨年来の株価高騰も相まって、証券税制の改正がこれほど注目されるのは珍しい。NISAは、これまでの上場株式等の譲渡益、配当等に対する10%税率に代わって、

2013年9月2日大和総研フィードバック数:0社会/政治

アベノミクスと家計資産

トップレポート・コラム金融資本市場分析資産運用・投資主体アベノミクスと家計資産 ここから本文ですアベノミクスと家計資産~「貯蓄から投資」の実現メカニズムを考える~『大和総研調査季報』 2013年夏季号(Vol.11)掲載調査本部 執行役員 調査本部副本部長 兼 金融調査部長 保志 泰 サマリー「アベノミクス」への期待から、家計の金融資産に変化の兆しが現れている。これまで「貯蓄から投資」が進まなかった背景には、「期待収益率の低迷」「所得環境の悪化」といった経済環境によるものや、「マイホーム志向」「

2013年9月2日大和総研フィードバック数:0社会/政治

持続的な社会保障制度構築への提言

トップレポート・コラム政策分析社会保障持続的な社会保障制度構築への提言 ここから本文です持続的な社会保障制度構築への提言~未来への責任を果たすために~『大和総研調査季報』 2013年夏季号(Vol.11)掲載政策調査部 経済システム調査グループリーダー シニアエコノミスト 神田 慶司 サマリー今後の高齢化を見通すと、遅くとも2020年代のうちに超高齢社会にふさわしい社会保障制度を構築しなければならない。賦課方式財政の下では、現役世代の賃金で実質化した社会保障給付をどう抑制するかが重要である。本稿

2013年6月3日大和総研フィードバック数:1社会/政治

大胆さと慎重さが求められる日銀

トップレポート・コラム経済分析日本大胆さと慎重さが求められる日銀 ここから本文です大胆さと慎重さが求められる日銀~政府にも求められる「次元の違う政策」~『大和総研調査季報』 2013年春季号(Vol.10)掲載政策調査部 経済システム調査グループリーダー シニアエコノミスト 神田 慶司 サマリー日銀はインフレ・ターゲットを導入したものの、金融政策の枠組み自体が変わったわけではない。物価目標の設定はゴールではなく、政府と日銀がその実現のためにどう行動するかが問題である。デフレの構造的な要因を長期的

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ