「大学教育」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年12月11日日本生産性本部フィードバック数:0キャリアとスキル

第4回 キャリア支援に関する大学アンケート調査

「採用選考に関する指針」は学業・就活へ好影響をもたらさず就職活動・採用活動の望ましいあり方が議論されるなか、公益財団法人 日本生産性本部 就業力センター(センター長 夏目孝吉)では、今後の大学におけるキャリア支援に資するべく、全国の大学300校のキャリアセンターを対象に「キャリア支援に関する大学アンケート調査」を2011年より実施している。第4回目となる今回は「採用選考に関する指針」の効果検証を重点的に行った。□キャリア支援に関する大学アンケート調査 結果のポイント1.「採用選考に関する指針」の

2014年7月1日NHKフィードバック数:0マーケティング

アーカイブ視聴が生み出す効果

アーカイブ番組を大学教育にいかす【第3回】 アーカイブ視聴が生み出す効果NHK放送文化研究所では、NHKアーカイブスに所蔵されている番組を大学教育に活用するため「番組eテキストシステム」という、対象を限定した番組のネット配信システムを開発している。本稿は、それを用いた大学での実験授業報告の3回目である。過去2回は、2012年度に早稲田大学で行った「沖縄現代史」に関する授業の概要と成果を報告したが、今回は、2013年度に法政大学で行った「水俣病事件の歴史」に関する授業について、第1部で,授業の構成

2013年11月2日中央調査社フィードバック数:0マーケティング

統計検定と統計能力の評価

■「中央調査報(No.672)」より ■ 統計検定と統計能力の評価 舟岡 史雄(日本統計協会専務理事)日本統計学会が2011年11月に開始した統計検定は、今年で3回目を迎える。最近、統計に対する世の中の注目度が高まっており、今秋に実施される検定受験者は大幅に増加する模様だ。本稿では、統計検定制度の概要と展開、および過去2回の試験結果を紹介する。さらに、統計検定の意義と役割について、変革を迫られている統計教育と統計能力の評価の観点から論ずる。1.統計検定制度の創設と展開1.1 統計検定制度の概要現

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ