調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 大学院工学研究科

「大学院工学研究科」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月11日リクルートフィードバック数:0キャリアとスキル

インターンシップに参加した?

Vol.294 先輩たちに聞きました。 インターンシップに参加した? インターンシップに参加したことがありますか?大学2年生~大学院2年生に、インターンシップに参加したことがあるかどうかを尋ねたところ、「ある」と答えたのは、約5人に1人となり、大多数の学生は、まだインターンシップに参加した経験がないことがわかった。属性別に見ると、男子学生よりも女子学生、理系学生よりも文系学生の方が、参加したことのある学生の割合が若干多い傾向が見られた。学年別では、大学2年生・大学3年生・大学院1年生には参加経験

大学の工学領域の研究者による論文分析:工学部の状況や論文分析の限界も併せて

トップ » 調査研究成果公表 » 「大学の工学領域の研究者による論文分析:工学部の状況や論文分析の限界も併せて」[講演録-300]の公表について 「大学の工学領域の研究者による論文分析:工学部の状況や論文分析の限界も併せて」[講演録-300]の公表について当研究所は、2014年1月に講演会「大学の工学領域の研究者による論文分析:工学部の状況や論文分析の限界も併せて」(大阪大学大学院工学研究科)を開催し、講師(大阪大学大学院工学研究科の研究者)より、それぞれの専門領域の状況について論文分析を用いて

2014年7月10日リクルートフィードバック数:0キャリアとスキル

インターンシップ、参加した?

Vol.248 先輩たちに聞きました。 インターンシップ、参加した? インターンシップに参加したことがありますか?大学2年生~大学院2年生に、インターンシップに参加したことがあるかどうかを尋ねたところ、「はい」と答えたのは、約7人に1人にとどまり、インターンシップに参加した経験のある学生は、ごく少数であることがわかった。属性別に見ると、大学2年生・大学3年生には参加経験のある学生が少ない一方で、大学4年生~大学院2年生の平均参加率は2割前後に上り、大学3年次に初めてインターンシップに参加する学生

2014年2月27日リクルートフィードバック数:0キャリアとスキル

エントリーシート、何社分書き終えた?

Vol.230 先輩たちに聞きました。 エントリーシート、何社分書き終えた? 現時点(2月8日~9日)で何社分のエントリーシートを書き終えましたか?大学3年生・大学院1年生の先輩たちは、ただいま就活まっさかり。先輩たちは、この時期、どのくらいのエントリーシートを書き終えているものなのだろうか? そこで今回は、就活中の大学3年生・大学院1年生に、2月上旬の時点で何社分のエントリーシートを書き終えたかを尋ねてみた。すると、一番多かったのが「0社」で全体の約4割。これだけの先輩が、まだ1社分もエントリ

2013年5月30日リクルートフィードバック数:1キャリアとスキル

就活にスケジュール管理は必要?

Vol.193 大学4年生・大学院2年生に聞きました。就活にスケジュール管理は必要? 就活にスケジュール管理は必要でしたか?就活中、あるいは就活を終えた大学4年生と大学院2年生に、就活にスケジュール管理は必要だったかと尋ねたところ、「はい」という答えが全体の9割を超えて圧倒的多数に。「いいえ」と答えたのは1割に満たない結果となった。一番忙しい日は、1日に何件、就活関連の予定(説明会、OB・OG訪問、面接など)が入りましたか?次に、就活中、一番忙しかった日の予定の件数について尋ねたところ、一番多か

2013年3月7日リクルートフィードバック数:9キャリアとスキル

時事問題、どう対策した?

掲載日:2013年3月7日時事問題対策はどのようなやり方で行った?(複数回答) 就活を経験した大学4年生・大学院2年生に、時事問題対策の方法を尋ねたところ、一番多かった答えが「インターネットでニュースを読む」で、全体の約半数。「新聞を読む」も4割を超えてトップに迫った。昨年同時期の調査では、差はわずかながらも、「新聞を読む」という回答の方が多かったため、今回は1・2位が逆転する結果に。「TVを見る」も35.2%で続き、「インターネット」「新聞」「TV」が主な時事問題対策のニュース源であること

2013年1月10日リクルートフィードバック数:16キャリアとスキル

個社説明会、どう活用した?

掲載日:2013年1月10日 就活を経験した大学4年生・大学院2年生に、個社説明会に参加したかどうかを尋ねたところ、全体の8割以上が「参加した」と回答。大多数の学生が、個社説明会に参加したことがわかった。属性別に見ると、女子学生と学部生、文系学生に「参加した」と答える学生が多い傾向が見られた。 次に、何社の説明会に参加したかを尋ねたところ、「1〜5社」「11〜20社」「21〜30社」の順に、2割前後で続く結果になった。平均は22.5社となった。属性別に見ると、女子学生と学部生、文系学生

2012年6月7日リクルートフィードバック数:18キャリアとスキル

インターンシップで得たものは?

掲載日:2012年6月7日 就活中・就活後の大学4年生・大学院2年生に、インターンシップに参加したかどうかを尋ねたところ、全体の約3分の1が「はい」と回答し、残りの約3分の2は参加していないことがわかった。属性別では、女子学生、学部生、理系学生の方が、インターンシップに参加している割合が高い傾向が見られた。 インターンシップでは、どんな収穫があった?(複数回答) 次に、インターンシップで得た収穫について尋ねたところ、「現場の空気に触れられた」「働くことに対する意欲が高まった」「業務への

2011年11月24日リクルートフィードバック数:11キャリアとスキル

就活スタート時、「やるな…」と感じたのはどんな人?

掲載日:2011年11月24日 去年の就活スタート時、就活に関して自分以外の学生で「やるな…」と感じたのはどんな人ですか?(複数回答) 大学4年生・大学院2年生に、去年の就活スタート時、就活に関して自分以外のどんな学生に「やるな…」と感じたのかを尋ねたところ、一番多かったのが「スキルが高い/やり方が上手」で6割弱、次いで「行動量が多かった」が約半数に上り、「行動が早かった」も約4割に達した。「その他」では、「モチベーションが高い」などの声が寄せられた。 合同企業説明会の際、人事担当者

2010年10月5日リクルートフィードバック数:0キャリアとスキル

自己分析、業界・企業研究…どんな方法がお勧め?

掲載日:2010年9月30日 自己分析は、どんな方法がお勧めですか?(複数回答) 就職活動を経験した大学4年生・大学院2年生で、「もう一度、就職活動をする年の10月に戻れるとしたら、就職活動のために何に注力するか」という問いに「自己分析」と答えた学生414人に、お勧めの方法を尋ねたところ、「自分の過去を振り返ってみる」という答えが約7割でトップに。次いで「家族や友人に自分の長所・短所について尋ねてみる」も約6割で続いた。「自分自身について考えぬいてみる」も半数を超える結果となった。「その他」で

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ