調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 大学院農学研究科

「大学院農学研究科」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年9月3日リクルートフィードバック数:0キャリアとスキル

就活準備、十分にできた?

Vol.306先輩たちに聞きました。就活準備、十分にできた? 就活本番前に、十分に準備できたと思いますか?今年、就活を経験した大学4年生・大学院2年生に、就活本番前に、十分に準備できたかどうかを尋ねたところ、「はい」と答えたのは約3人に1人にとどまり、残りの約3人に2人は、十分に準備できなかったと考えていることがわかった。属性別に見ると、男女間、文系と理系の間には有意な違いが見られなかったが、「はい」と答えた大学4年生が30.0%なのに対して、大学院2年生は42.6%と大きな差が開き、大学院生の

2014年2月20日リクルートフィードバック数:0キャリアとスキル

就活を通じてイメージが変わった業界は?

Vol.229 内定した先輩たちに聞きました。 就活を通じてイメージが変わった業界は? 就活を通じてイメージが変わった業界はありましたか?今は大学1年生の皆さんも、2年後には就活を意識しているはず。そこで今回は、就活を経験し、今は無事に内定した大学4年生・大学院2年生に、就活を通じてイメージが変わった業界があるどうかを尋ねてみた。すると、「はい」と回答したのは、全体の約4割にとどまり、「いいえ」と答えた学生は約6割に達した。属性別に見ると、女子学生、文系学生の方が、男子学生、理系学生と比べて「は

2012年12月27日リクルートフィードバック数:19キャリアとスキル

自己分析、何回やった?

掲載日:2012年12月27日 就活を経験した大学4年生・大学院2年生に、就活中に自己分析したかどうかを尋ねたところ、全体の約7割が「はい」と回答。大多数の学生が、自己分析をしたことがわかった。属性別に見ると、女子学生と文系学生に「自己分析した」と答える学生が多い傾向が見られた。 次に、就活中に何回ぐらい自己分析したかと尋ねたところ、「3回」「2回」「1回」の順に、2割前後で続く結果になった。平均は5.3回となった。属性別に見ると、女子学生と学部生、文系学生に、分析回数の平均値が高い傾

2012年11月8日リクルートフィードバック数:20キャリアとスキル

就活スタートの1カ月前、何を済ませておく?

掲載日:2012年11月8日就活をスタートする1カ月前(2011年11月)までに済ませていたのは何ですか?(複数回答) 就活を経験した大学4年生・大学院2年生に、就活スタート1カ月前に済ませておいたことについて尋ねたところ、一番多かったのが「リクナビ2013の登録」で6割を超え、半数以上が11月の時点で登録を済ませていたことがわかった。次いで、「スーツやバッグなどの用意」「卒業単位の確認」も4割前後で続き、「興味のある業界・会社のピックアップ」「自己分析」も2割を超えた。「その他」では、「学内

2012年10月18日リクルートフィードバック数:22キャリアとスキル

筆記試験対策、いつから始めた?

掲載日:2012年10月18日 就活を経験した大学4年生・大学院2年生に、筆記試験対策を始めた時期について尋ねたところ、2011年10月から2012年2月ごろまでがピークとなり、大学3年生・大学院1年生の秋から冬にかけて筆記試験対策をスタートする学生が多いことがわかった。 SPI2と一般常識の問題集をそれぞれ購入し、1日あたりのノルマを決めて毎日解くようにした。(外国語学部・女子学生) SPI2の模擬試験を受験し、苦手分野を把握して、その対策を中心に勉強した。(生物資源科学部・女子

2012年1月19日リクルートフィードバック数:15キャリアとスキル

個社説明会、参加した?

掲載日:2012年1月19日 企業が個別に行う説明会に参加しましたか? 大学4年生・大学院2年生に、就活中に企業が個別に行う説明会に参加したかどうかを尋ねたところ、全体の9割超が「はい」と回答。大多数の学生が、個社説明会に参加したことがわかった。属性別に見ると、女子学生よりも男子学生の方が参加率が高い傾向が見られた。 個社説明会に参加した方にうかがいます。何社の説明会に参加しましたか? 次に、個社説明会に参加した先輩たちに、参加した会社の数を尋ねたところ、平均は23.2社。ただし

2011年7月21日リクルートフィードバック数:7キャリアとスキル

「学生×シゴト総研」「海外で働きたい?」

掲載日:2011年7月21日 大学生・大学院生に、海外で働きたいかどうかを尋ねたところ、「はい」と答えた学生と「いいえ」と答えた学生はほぼ同数という結果になった。学年別の内訳では、大学院1・2年生の海外志向が目立ち、大学1年生も若干高い傾向が見られた。属性別では、男子学生の方が、海外志向の学生が多かった。 なぜ海外で働きたいのですか?(複数回答) 次に、海外で働きたい理由を尋ねたところ、「語学力を鍛えたい・生かしたい」と「日本以外の世界を知りたい」が、全体の約4分の1の同水準で並び

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お知らせ