調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 大気汚染対策

「大気汚染対策」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2014年6月18日JETROフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

【中国】大気汚染対策は奏功するか

ジェトロの海外ネットワークを通じて収集した最近のビジネスニュースや政治・経済の概況、貿易・投資実務に役立つ制度・手続き情報や各種統計、調査レポートなどをお届けしています。 各国・地域別にご覧になりたい場合は「国・地域別情報」をご覧ください。 各種サービスメニューを取り揃えて日本企業の皆様の海外ビジネス展開を支援します。 海外ビジネスの目的にあわせてご利用いただける、ジェトロのビジネス情報とサービスをご案内します。 【中国】大気汚染対策

2014年4月23日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

経済レビュー:PM2.5問題に伴う中国の環境政策の強化と日本企業への示唆

平成 26 年(2014 年)4 月 23 日NO.2014-3PM2.5 問題に伴う中国の環境政策の強化と日本企業への示唆【要旨】— 中国政府は第 11 次 5 カ年計画(2006~2010 年)以来、環境汚染物質削減を必達目標に掲げ、目標とする削減量を地方政府・国有企業に配分して達成度を業績評価の対象とする行政的手法を通じて一定の効果を挙げてきた。— しかし、2013 年初頭には過去に例をみない深刻な PM2.5 被害が広がり、5カ年計画の目標を達成するだけでは不十分であることが明白になった

2013年11月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国:安定成長に潜む短期リスク

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 中国:安定成長に潜む短期リスク大気汚染対策のための生産抑制、物価上昇による金融引き締め懸念 ◆足元の中国の景気は安定した推移となっているが、今後3ヵ月~6ヵ月については、2つのリスクへの注意が必要であろう。具体的には、大気汚染対策のための生産抑制や経済活動停滞、そして、物価上昇による金融引き締め懸念である。前者は抜本的な対策が打たれない限り、冬場の固定リスクとなりかねず、特に注意が必要であろう。◆株式

2013年10月2日参議院★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

参議院のレポートです。

PM2.5をめぐる問題の経緯と今後の課題

PM2.5 をめぐる問題の経緯と今後の課題環境委員会調査室中野 かおり1.はじめに2013 年1月、中国における微小粒子状物質PM2.51による大規模かつ深刻な大気汚染が発生したことを契機に、日本への越境大気汚染が大きく報道され、社会的な話題となった。実際に、西日本では広範囲にわたって、環境基準2を超える高濃度のPM2.5 が観測され、大陸(中国)からの越境大気汚染による影響があったものと報告されている3。こうした状況を踏まえて、環境省は、同年2月、「微小粒子状物質(PM2.5)に関する専門家会

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ