「大豆生産」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年2月26日農畜産業振興機構フィードバック数:0ライフスタイル海外

米国農務省、2015/16年度トウモロコシ等の需給見通しを公表-2015年農業アウトルックフォーラム-

米国農務省、2015/16年度トウモロコシ等の需給見通しを公表−2015年農業アウトルックフォーラム−  米国農務省(USDA)は2015年2月19日、20日に開催した農業アウトルックフォーラムで、2015/16穀物年度(2015年9月〜2016年8月)の穀物需給見通しを公表した。 トウモロコシ生産量は前年を下回るも、過去3番目の豊作見込み  トウモロコシの作付面積は、収益性の高い大豆などへの転作が進むことから3600万ヘクタールと見込まれる。また、単収は1ヘクタール当たり10.6トンと、天候

2015年2月1日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治

グローバル展開で食の安全保障を図る中国――食肉にみる新戦略の行方――

グローバル展開で食の安全保障を図る中国─食肉にみる新戦略の行方─主席研究員 阮 蔚(Ruan Wei)〔要   旨〕中国は国内の耕地面積,農業用水に基づく穀物生産能力の限界から,近年,食料の安全保障戦略の見直しを迫られている。1996年以降の大豆の輸入拡大はその実例であるが,さらに経済水準の向上で需要が伸びる食肉や飼料穀物の輸入も拡大しようとしている。輸入を積極的に活用することで,国内農業による環境破壊を緩和し,耕地を野菜などより高付加価値の分野に振り向け,農民の所得向上も図ろうとする動きである

2014年12月21日農畜産業振興機構フィードバック数:0ライフスタイル

2014/15年度主要穀物の生産状況等調査結果(第3回)を公表(ブラジル)

ブラジル国家食糧供給公社(CONAB)は12月10日、2014/15年度(10月〜翌9月)第3回目となる主要穀物の生産状況等調査報告を発表した。当該調査は、春植えの夏期作物(大豆、第1期作トウモロコシなど)と、秋植えの冬期作物(第2期作トウモロコシ、小麦、大麦、ライ麦など)の生産予測を毎月発表するものである。これによると、2014/15年度の主要穀物の作付面積は、5742万〜5781万ヘクタールの範囲(前年度比0.5%〜1.4%増)での推移が見込まれている。このうち、大豆の作付面積は、3128万

2014年11月2日農畜産業振興機構フィードバック数:0ライフスタイル海外

2014/15年度主要穀物の生産状況等調査結果(第1回)を公表(ブラジル)

ブラジル国家食糧供給公社(CONAB)は10月9日、2014/15年度(10月〜翌9月)第1回目となる主要穀物の生産状況等調査報告を発表した。当該調査は、大豆、第1期作トウモロコシなど春植えの夏期作物と秋植えの冬期作物(小麦、大麦、ライ麦等)の生産予測を毎月発表するもの。これによると、2014/15年度の主要穀物の作付面積は、5318万〜5529万ヘクタールの範囲(前年度比1.3%減〜2.6%増)での推移が見込まれている。このうち、大豆の作付面積は、3059万9900〜3183万6700ヘクター

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ