「大阪圏」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年2月13日総務省★★フィードバック数:0社会/政治

住民基本台帳人口移動報告 平成28年(2016年)

ここから本文です。住民基本台帳人口移動報告 平成28年(2016年)結果平成29年1月31日公表1 全国の移動状況(日本人移動者)都道府県間移動者数は2年ぶりの減少2016年における日本人の市区町村間移動者数は488万967人となり,2年ぶりの減少都道府県間移動者数は227万5331人となり,2年ぶりの減少都道府県内移動者数は260万5636人となり,2年ぶりの減少東京都の転入超過数は5年ぶりの減少。福島県の転出超過数は3444人の増加2016年における都道府県別の転入・転出超過数をみると,転入

三友地価予測指数(2016年9月調査)

さんゆう資料室コンテンツへ移動三友地価予測指数(2016年9月調査)商業地:東京圏と大阪圏の上昇ピッチはやや鈍化、名古屋圏では上昇ピッチが強まる。 商業地指数の「現在」は、東京圏が68.7、大阪圏は74.9、名古屋圏は75.0となりました。前回との比較では、東京圏が70.7からやや下落、大阪圏も76.5からやや下落したのに対し、名古屋圏は69.4から上昇しています。また、「先行き」は東京圏が60.1、大阪圏は59.9、名古屋圏は57.5と、現在より慎重な見方が強まっています。 東京圏では、20

2016年4月6日SANYUフィードバック数:0社会/政治

三友地価予測指数(2016年3月調査)

さんゆう資料室コンテンツへスキップ三友地価予測指数(2016年3月調査)商業地:東京圏と大阪圏の上昇ピッチはさほど変わらず、名古屋圏では上昇ピッチが弱まる。 商業地指数の「現在」は、東京圏が70.7、大阪圏が76.5、名古屋圏が69.4となった。前回との比較では、東京圏が72.4からやや下落、大阪圏は75.0からやや上昇したのに対し、名古屋圏は前回の水準(80.5)を大きく下回った。また、「先行き」は東京圏が56.0、大阪圏が58.3、名古屋圏が55.5と、いずれも現在より慎重な見方が強まって

2016年2月2日エヌ・アンド・シーフィードバック数:0大型消費/投資

空き家・空きビルのリノベーションと民泊に関する意識調査

調査結果ニュースリリース2016年1月28日報道関係各位東京圏・大阪圏に住む20歳~59歳の男女に聞いた「空き家・空きビルのリノベーションと民泊に関する意識調査」建設業界に特化した技術系人材派遣・人材紹介サービス「Construction Engineering(コンストラクションエンジニアリング)」を行っている株式会社エヌ・アンド・シー(http://www.nandc.co.jp/)(本社:東京都港区、代表取締役社長 長田 健)は、2016 年 1 月 13 日~1 月 15 日の 3 日間

2015年5月6日日本印刷技術協会フィードバック数:0マーケティング

印刷業定点調査 各地の声(2015年1月度)

HOME研究調査研究調査分析印刷業毎月観測アンケート印刷業定点調査 各地の声(2015年1月度) 印刷業定点調査 各地の声(2015年1月度)売上高は△1.4%と10月から4カ月連続のマイナスとなった。マイナス幅は大きくないものの、増税によって名目上の売上高が3%近く押し上げられていることを考慮すると、印刷経営の実態は厳しさが続いている。昨年2~3月は消費増税前の駆け込み需要で空前の賑わいだったため、対前年比で見た印刷経営は3月まで落ち込み幅が大きくなることが確実視される。地域別に見ると、名古屋

2015年3月2日日本総研フィードバック数:0社会/政治

数字を追う ~地方創生・東京一極集中是正に関連する論点の再検証

Research Focushttp://www.jri.co.jp2015 年 3 月 2 日No.2014-054数字を追う ~地方創生・東京一極集中是正に関連する論点の再検証調査部 主席研究員 吉本澄司《要 点》 人口減少問題は、いわゆる「東京一極集中」の問題と関連付けて取り上げられることが多いが、集中の水準に関しては、「東京一極集中」というよりも、東京圏、大阪圏などを代表とする都市圏への集中という方が実態に近い。他方、水準から変化に目を転じると、地方から東京圏へ大幅な転入超過(集中)が

2015年2月3日日本総研フィードバック数:0社会/政治

【アベノミクスを考えるNo.7】地方都市再生(1);若者はどこにいるのか?-“東京一極集中”説に潜む地方創生策の落とし穴

Research Focushttp://www.jri.co.jp≪アベノミクスを考える No.8≫2015 年 2 月 3 日No.2014-49地方都市再生①;若者はどこにいるのか?―“東京一極集中”説に潜む地方創生策の落とし穴―調査部 主任研究員 藤波 匠《要 点》 わが国全体で若い世代が減少傾向にあるなかで、東京への人口の一極集中が、地方都市住民の世代バランスを悪化させ、地方の衰退に拍車をかけているとの見方が浸透しつつある。政府は、そうした見方に基づき、地方創生に向け東京圏への転入超

2014年6月2日国土交通省フィードバック数:0大型消費/投資

平成26年第1四半期主要都市の高度利用地地価動向報告~地価LOOKレポート~

平成26年第1四半期主要都市の高度利用地地価動向報告~地価LOOKレポート~について  平成26年5月30日国土交通省では、平成26年第1四半期(H26.1.1~H26.4.1)主要都市の高度利用地地価動向報告~地価LOOKレポート~を発表しましたので、お知らせいたします。1 調査目的主要都市の地価動向を先行的に表しやすい高度利用地等の地区について、四半期毎に地価動向を把握することにより先行的な地価動向を明らかにする。2 調査内容鑑定評価員(不動産鑑定士)が調査対象地区の不動産市場の動向に関す

2014年2月26日国土交通省フィードバック数:0大型消費/投資

平成25年第4四半期主要都市の高度利用地地価動向報告

平成25年第4四半期主要都市の高度利用地地価動向報告~地価LOOKレポート~の公表について 2014/02/25国土交通省では、平成25年第4四半期(H25.10.1~H26.1.1)主要都市の高度利用地地価動向報告~地価LOOKレポート~を発表しましたので、お知らせいたします。1 調査目的主要都市の地価動向を先行的に表しやすい高度利用地等の地区について、四半期毎に地価動向を把握することにより先行的な地価動向を明らかにする。2 調査内容鑑定評価員(不動産鑑定士)が調査対象地区の不動産市場の動向

2013年11月27日国土交通省フィードバック数:0大型消費/投資

平成25年第3四半期主要都市の高度利用地地価動向報告~地価LOOKレポート~

平成25年第3四半期主要都市の高度利用地地価動向報告~地価LOOKレポート~について 平成25年11月26日国土交通省では、平成25年第3四半期(H25.7.1~H25.10.1)主要都市の高度利用地地価動向報告~地価LOOKレポート~を発表しましたので、お知らせいたします。1 調査目的主要都市の地価動向を先行的に表しやすい高度利用地等の地区について、四半期毎に地価動向を把握することにより先行的な地価動向を明らかにする。2 調査内容鑑定評価員(不動産鑑定士)が調査対象地区の不動産市場の動向に関

2013年8月18日ミツカン★フィードバック数:0ライフスタイル

ミツカンの調査です。

水にかかわる生活意識調査(2013年度)

2013年7月発行 ミツカン水の文化センターでは、本年6月中旬に、東京圏、大阪圏、中京圏の在住者1,500名を対象に、平成25年度「水にかかわる生活意識調査」を実施し、このほど集計結果がまとまりました。 センターでは毎年「水道水全般」の評価について聞いてまいりましたが、今年度は「飲用としての水道水」に着目し、家庭における水道水の飲用実態を明らかにするための試みとして、「家庭で飲む水」や「水道水の飲用方法」、さらには「飲み水としての水道水」の評価について調査を行いました。「水にかかわる生活意識調査

2013年3月23日国土交通省★★フィードバック数:19大型消費/投資

1月1日現在のデータです。

平成25年地価公示

平成25年地価公示個別地点(標準地検索)についての情報はこちら → 標準地・基準地検索システム <第3平成25年地価公示にみる地価の状況> 1.各標準地の対前年変動率は、継続する標準地について、前年の地価公示価格との対比から算出したものです。あるエリアの平均変動率は、エリア内に存在する標準地の変動率を単純平均して算出しています。2.△印はマイナスを示します。3.三大都市圏とは東京圏、大阪圏、名古屋圏で、それぞれ市区町村の区域により定められています。そのため、各圏域内の都府県の集計値と当該都府

2013年2月27日国土交通省フィードバック数:8大型消費/投資

平成24年第4四半期主要都市の高度利用地地価動向報告~地価LOOKレポート~

平成24年第4四半期主要都市の高度利用地地価動向報告~地価LOOKレポート~について 平成25年2月26日国土交通省では、平成24年第4四半期(H24.10.1~H25.1.1)主要都市の高度利用地地価動向報告~地価LOOKレポート~を発表しましたので、お知らせいたします。1 調査目的主要都市の地価動向を先行的に表しやすい高度利用地等の地区について、四半期毎に地価動向を把握することにより先行的な地価動向を明らかにする。2 調査内容鑑定評価員(不動産鑑定士)が調査対象地区の不動産市場の動向に関す

2013年2月20日りそな総合研究所★フィードバック数:30社会/政治

関西を中心に人口移動を見ています。

(3大都市圏)2012年の人口移動(震災以降のトレンドが継続、大阪圏は2年連続の転入超に)

2013 年 2 月 19 日(3大都市圏)2012年の人口移動~震災後のトレンドが継続、大阪圏は2年連続の転入超に~12月11月9月10月8月7月6月5月4月3月2月1月(3大都市圏の人口移動)○ 東日本大震災以降、3大都市圏の人口移動には大きな変化がみられるが、2011 年は突発的な動きが含まれていた可能性もあり、12 年の動向に注目が集まっていた。結果としては、12 年も震災後の変化が続いていることが確認され、11 年の変化が決して一過性のものではなかったことが裏付けられた。○ 図表1~3

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ