「天然ガス」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

北アフリカのエネルギー事情です。

北アフリカ主要国の石油と天然ガス動向(2)

北アフリカ主要国の石油と天然ガス動向(2)

北アフリカのエネルギー事情です。

北アフリカ主要国の石油と天然ガス動向(1)

北アフリカ主要国の石油と天然ガス動向(1)

ナイジェリア、コートジボワール、ガーナが対象です。

西アフリカ主要国の石油と天然ガス動向

西アフリカ主要国の石油と天然ガス動向

2015年5月13日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度天然ガス高度利用基盤調査諸外国におけるガス事業の実態調査

平成26年度天然ガス高度利用基盤調査諸外国におけるガス事業の実態調査

2015年4月10日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

総合資源エネルギー調査会 資源・燃料分科会 石油・天然ガス小委員会 石油市場動向調査ワーキンググループ(第2回)‐配布資料

総合資源エネルギー調査会 資源・燃料分科会 石油・天然ガス小委員会 石油市場動向調査ワーキンググループ(第2回)‐配布資料 配布資料 本委員会で了承された平成27~31年度石油製品需要見通し資源エネルギー庁 資源・燃料部 政策課 経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511

2015年3月2日内閣府フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

中国:工業企業収益の動向

今週の指標 No.1117 中国: 工業企業収益の動向 ポイント2015年3月2日中国の工業企業(一定規模以上(注1))収益の伸びは、14年において前年比3.3%増となり、2000年以降では最も低い伸び率となった(図1)。本稿ではその低い伸びとなった要因について分析する。まず、企業収益を業種別にみると、過剰投資による生産過剰問題が懸念されてきた資源、素材系の業種が低迷している。石炭採掘、石油・天然ガス開発業といった資源系業種の企業収益の伸びのマイナス幅が拡大しているほか、鉄金属加工、非金属鉱物

ヨーロッパのガス事情です。

欧州の天然ガス・LNG情勢を読む

欧州の天然ガス・LNG情勢を読む

1分で読みとくアメリカ「読得」No.22~電力も石炭から天然ガスへ。進む米国のエネルギー転換~

1分で読みとくアメリカ「読得」No.22~電力も石炭から天然ガスへ。進む米国のエネルギー転換~

中国の石油・天然ガス探鉱開発における注目地域- タイトサンドガスの長慶、シェールガスの四川、深海ガスの南シナ海-

中国の石油・天然ガス探鉱開発における注目地域- タイトサンドガスの長慶、シェールガスの四川、深海ガスの南シナ海-

2014年8月24日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度 国際石油需給体制等調査 (天然ガス、LNG市場のあり方に関する調査)

平成25年度 国際石油需給体制等調査 (天然ガス、LNG市場のあり方に関する調査)

2014年8月10日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度地球環境適応型・本邦技術活用型産業物流インフラ整備等事業(フィリピン共和国における天然ガスを有効活用した進出拠点開発に係る調査事業)報告書(日本語:全体版・要約版)

平成25年度地球環境適応型・本邦技術活用型産業物流インフラ整備等事業(フィリピン共和国における天然ガスを有効活用した進出拠点開発に係る調査事業)報告書(日本語:全体版・要約版)

2014年8月10日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度地球環境適応型・本邦技術活用型産業物流インフラ整備等事業(フィリピン共和国における天然ガスを有効活用した進出拠点開発に係る調査事業)報告書(英語:全体版・要約版)

平成25年度地球環境適応型・本邦技術活用型産業物流インフラ整備等事業(フィリピン共和国における天然ガスを有効活用した進出拠点開発に係る調査事業)報告書(英語:全体版・要約版)

2014年7月27日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

総合資源エネルギー調査会 資源・燃料分科会(第10回)、石油・天然ガス小委員会(第8回) 合同会合‐配布資料

総合資源エネルギー調査会 資源・燃料分科会(第10回)、石油・天然ガス小委員会(第8回) 合同会合‐配布資料 経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511

2014年7月3日経済産業省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

石油精製業の市場構造に関する調査報告等が含まれます。

総合資源エネルギー調査会 資源・燃料分科会(第8回)、石油・天然ガス小委員会(第7回) 合同会合‐配布資料

総合資源エネルギー調査会 資源・燃料分科会(第8回)、石油・天然ガス小委員会(第7回) 合同会合‐配布資料 経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511

2014年6月12日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

総合資源エネルギー調査会 資源・燃料分科会 石油・天然ガス小委員会(第5回)‐配布資料

総合資源エネルギー調査会 資源・燃料分科会 石油・天然ガス小委員会(第5回)‐配布資料 経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511

2014年6月2日大和総研★フィードバック数:0社会/政治海外

シェールガスについてのレポートです。

発現し始めた米国におけるシェール革命の影響

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 発現し始めた米国におけるシェール革命の影響『大和総研調査季報』 2014年春季号(Vol.14)掲載 シェール革命によって国内のエネルギーコストが低下することで、米国経済の中長期的、持続的な成長が促されることが期待される。既に、生産段階で雇用や設備投資の増加などが見られ、前向きな影響が表れている。特に、天然ガスや原油の生産地である一部の州の経済には明らかな活性化の動きが見られる。さらに、今後は利用する

2014年5月20日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成22年度 天然ガス高度利用基盤調査(天然ガスの燃料転換・高度利用及びガス事業のインフラ整備に関する調査)報告書

平成22年度 天然ガス高度利用基盤調査(天然ガスの燃料転換・高度利用及びガス事業のインフラ整備に関する調査)報告書

2014年5月13日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度石油産業体制等調査研究ヘリウムを含有する天然ガスに関する調査報告書

平成25年度石油産業体制等調査研究ヘリウムを含有する天然ガスに関する調査報告書

2014年5月13日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

ウクライナの天然ガス途絶リスクはあるか?

ウクライナの天然ガス途絶リスクはあるか?

2014年4月16日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成24年度(2012年度)エネルギー需給実績

平成24年度(2012年度)エネルギー需給実績を取りまとめました(確報) 資源エネルギー庁は、各種エネルギー関係統計等を基に、平成24年度のエネルギー需給実績の確報を取りまとめました。 1.エネルギー需給実績(確報)のポイント 最終エネルギー消費は、生産量の減少や2011年度と比較して冷夏暖冬であったこと等から電力(前年度比▲2.0%)や石油(同▲1.7%)が減少し、全体として前年度比▲1.3%で減少しました(1990年度比+3.3%)。東日本大震災前の2010年度と比較すると、電力が▲8.0

2014年4月4日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度 天然ガス高度利用基盤調査 諸外国におけるガス事業の実態調査 調査報告書

平成25年度 天然ガス高度利用基盤調査 諸外国におけるガス事業の実態調査 調査報告書

2014年3月12日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成24年度石油産業体制等調査研究 (非在来型石油・天然ガスの生産拡大による需給構造や産業構造への影響に関する調査)

平成24年度石油産業体制等調査研究 (非在来型石油・天然ガスの生産拡大による需給構造や産業構造への影響に関する調査)

2014年3月7日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

ウクライナ情勢緊迫化による世界経済への影響-天然ガスの供給ショックがなければ影響は軽微

No.2013-034 2014年3月6日http://www.jri.co.jpウクライナ情勢緊迫化による世界経済への影響― 天然ガスの供給ショックがなければ影響は軽微 ―(1)ウクライナでの政府転覆に対しロシアが軍事介入の動きをみせるなど、ウクライナ情勢が緊迫 化。足許プーチンロシア大統領による軍撤収指示を受け緊張は緩和に向かいつつあるものの、先行 き予断を許さず。そこでウクライナ情勢の緊迫化に伴う世界経済への影響を検討。 (2)貿易面では、欧州並びに主要国のウクライナ向け輸出シェアは大半で

2014年2月27日経済産業省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

石油産業の現状がまとめられています。

総合資源エネルギー調査会 資源・燃料分科会 石油・天然ガス小委員会(第1回)‐配布資料

総合資源エネルギー調査会 資源・燃料分科会 石油・天然ガス小委員会(第1回)‐配布資料 経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511

シェール革命についてのレポートです。

シェール革命のマクロ経済的な考察~革命前であることがもたらすインパクト~

○シェール革命により米国では天然ガスや原油の生産量が増加している。米エネルギー省の推計によれば、天然ガスの技術的回収可能量は従来比で1.5倍、原油の埋蔵量は1.1倍になった。○現状では、(1)消費地に近い、(2)水や電力のインフラが整っている、(3)パイプライン網など既存の流通設備が使える、(4)地質構造の詳細が判明している、(5)法制度とその運用が明らかである、といった点から、シェールガスの開発は北米に集中しており、当面、この状況は変わりそうにない。○北米の天然ガスや副産するエタンなどが欧州や

2013年8月1日日本産業機械工業会フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

米国環境産業動向

情 報 報 告シカゴ●米国環境産業動向画期的な炭素回収・活用・貯留プロジェクトが本格稼動エネルギー省(DOE)は、テキサス州ポートアーサーにあるエアプロダクツ&ケミカルズ(AirProducts and Chemicals)社の水素生産工場で、二酸化炭素(CO2)を回収・活用・貯留する実証プロジェクトが開始され、順調に進んでいることを 5 月 10 日に発表した。DOE から 2 億 8,400 万ドルの出資を受けた同プロジェクトは、水素生産工程から CO2 を回収し、石油増進回収(EOR)に活

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成23年度地方都市ガス事業天然ガス化促進対策調査委託費,都市ガス安全情報広報事業,防災支援情報の整備,事業報告書

平成23年度地方都市ガス事業天然ガス化促進対策調査委託費,都市ガス安全情報広報事業,防災支援情報の整備,事業報告書

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成23年度天然ガス高度利用基盤調査(我が国及び諸外国におけるガス市場動向調査)報告書

Acrobat X または Adobe Reader X 以降でこの PDFポートフォリオを開いてこれまでにない便利さを体験してください。Adobe Reader を今すぐダウンロード!

中国の石油・天然ガス対外投資トレンド2012

エラーが発生しました。オペレーションエラー。不正なアクセスです。ページは存在しないか、表示権限がありません。 エラー番号:-999

オランダ病

http://www.nochuri.co.jp/連  載 新興国ウォッチ!  <第 10 回> オランダ病  多田  忠義 今回から、新興国が直面しがちな経済 成長の過程でみられる様々な経済現象 (用語・理論)を取り上げていく。  も招いた。このため、一次産品価格が下 落し、歳入が減っても、社会保障制度の 水準を保ち、財政規律を正すことはなか ったため増税が必要となり、オランダ経 済が低迷する結果となった。  オランダ病とは オランダ病とは、ある国において何ら かの資源が発見される、もしくは豊

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ