調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 天然ガス生産

「天然ガス生産」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

中国の動向です。

中国の原油・石油製品の需給と輸出入動向

JPEC レポート2015 年度第6回平成 27 年 6 月 22 日中国の原油・石油製品の需給と輸出入動向2014 年 7 月に開催された中国共産党 中央政治 局中央委員会において、『新常態(ニューノーマル)』 という中国経済の現状を表す新たな言葉が飛び交 い、同年 8 月の人民日報では 4 日間連続で「中国経 済 新常態」と題した特集を組み、中国経済の高度 成長が終焉したことを内外に印象づけた。 ほぼ同時期、100 米ドル/bbl を超えていた国際原 油価格は下落し始め、2015 年初めには

2015年5月8日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度製造基盤技術実態等調査(ヘリウムの世界需給に関する調査)

平成26年度製造基盤技術実態調査ヘリウムの世界需給に関する調査2015年2月本資料の内容(0)本調査の目的(1)2020年までのヘリウムの需給見通し(2)ヘリウムの世界需給の現状(3)ヘリウムの供給(4)ヘリウムの需要(5)将来的な供給逼迫に備えるための対策1(0)本調査の目的2本調査の目的ヘリウムはあらゆる物質のなかで最も沸点が低く、熱伝導性が高いことや他の物質と反応しない不活性物質であることから、多種多様な産業において使用されている。ヘリウムは天然ガスに含有されているものを分離・精製して生産

メキシコ:原油価格下落の既存油田の生産、鉱区公開方針等の石油政策に対する影響

作成日: 2015/3/16 調査部: 伊原 賢メキシコ:原油価格下落の既存油田の生産、鉱区公開方針等の石油政策に対する影響(メキシコ石油公社ペメックス、メキシコ・エネルギー省 SENER、メキシコ国家炭化水素委員会 CNH、JOGMEC ワシントン・ヒューストン・メキシコ事務所ほか)近年のメキシコにとって最大の課題であったエネルギー改革に向けた憲法の部分改正(エネルギー 改革法)は、2013年12月20日にペーニャ・ニエト大統領によって公布され、メキシコでの石油開発事業へ の外資の参入機会が開

東南アジアの国有石油会社動向

JOGMECK Y M CJOGMEC 調査部 担当調査役片山 治アナリシス東南アジアの国有石油会社動向-増大する国内需要への対応(義務)と国庫への貢献圧力/企業としての業績のバランスのかじ取り/海外企業への示唆-はじめに 埋蔵量、生産量、精製能力、販売量に基づく Energy Intelligence 社の 2 0 1 3 年世界石油・ガス会社のランキング・トップ 1 0 0 によれば、その 3 9 社が国有石油会社で、上位 1 0 社では 6 社が国有石油会社が占めている。他方、東南アジアの

米国の天然ガス生産を牽引する輸出の拡大

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年12月5日米エネルギー省の予想によると、同国の天然ガスの生産量は、2013、14年はほぼ横ばいながら、15年以降、伸びが高まり、堅調に増加するとみられています。15年以降の生産増加を支える主な要因は輸出で、まずはパイプライン経由でのメキシコ向けが伸びるほか、17年には日本など向けのLNG(液化天然ガス)が加わることから、19年までの5年間は毎年、前年比二桁の高い伸びが予想されています。メキシコは、天然ガスの産出国ながら、国内需要を

タイの経済とエネルギー事情です。

海外資源開発と石油精製事業に活路見いだすタイ

JPEC レポートJJPPEECC レレポポーートト第 20 回2014 年度平成 26 年 11 月 28 日海外資源開発と石油精製事業に活路見いだすタイ北部陸上油田に続いて海洋油田の開発に成功し1. タイ経済の発展···················· 1てアジア有数の産油・産ガス国となったタイだが、 2. エネルギー管理体制と政策 ···· 2需要拡大と増産により残存埋蔵量が減少しており、 3. エネルギー生産と需給 ·········· 5BP 統計による可採年数(R/P)では、原油が

規制緩和で復活する中国の石炭液化プロジェクト

JPEC レポートJJPPEECC レレポポーートト2014 年度第9回平成 26 年 8 月 12 日規制緩和で復活する中国の石炭液化プロジェクト2013 年 9 月、5 年間にわたって凍結され1. エネルギー需給と石炭 .............................. 1ていた中国の石炭液化計画の象徴的なプロ1.1. エネルギー消費 ................................ 2ジェクトである神華寧夏煤業集団の寧夏自1.2. 化石燃料の生産 ........

南米二カ国の状況です。

コロンビアとエクアドルの石油・エネルギー産業

JPEC レポートJJPPEECC レレポポーートト2014 年度第8回平成 26 年 7 月 31 日コロンビアとエクアドルの石油・エネルギー産業米国 DOE・エネルギー情報局(EIA)のレポートを主なベースとして、南米のコロンビアとその隣国エクアドルのエネルギー産業について紹介する。1. コロンビアとエクアドルの位置と地勢............................................ 12. コロンビアとエクアドルの一般情報 ....................

地中海東岸地域のエネルギー産業(1)

JPEC レポートJJPPEECC レレポポーートト第 27 回2013年度平成 26 年 2 月 5 日地中海東岸地域のエネルギー産業(1)米国DOE・エネルギー情報局(EIA)のレポートを主なベースとして、地中海東岸地域のエネルギー産業について、2回に渡って紹介する。対象はシリア、イスラエル、キプロス、ヨルダン、レバノンの5ヵ国とパレスチナ自治区の1地区である。1. 地中海東岸地域の一般情報1.1. 地中海東岸地域の位置(図 1 参照)図 1 地中海東岸地域の位置図(黄色の部分)1JPEC

ベネズエラ:最近の探鉱・開発状況

更新日:2013/11/15調査部:舩木弥和子ベネズエラ:最近の探鉱・開発状況(Platts Oilgram News、International Oil Daily、Business News Americas、Business Monitor International 他)1. 2012 年 9 月以降、オリノコベルトの Junin-2 鉱区、Junin-6 鉱区、Carabobo プロジェクト 1、Junin-5 鉱区の early production が開始された。しかし、生産計画は

2013年3月5日中国電力★フィードバック数:2製造業/エレクトロニクス

シェールガスについても触れられています。

将来の原油・天然ガス価格見通し(2013)

将来の原油・天然ガス価格見通し(2013)世界のエネルギー情勢が変化していく中,原油や天然ガスといった化石燃料の価格はエネルギー市場動向の中でも確定的に予測することが極めて困難であるが,価格見通しの参考と成り得るエネルギー市場動向について,日米欧の代表的なエネルギー関係の調査機関からレポートが発表されている。本誌でも 2012 年 3 月号の掲載レポート「将来の原油・天然ガス価格見通し」で,各機関の特徴,石油・天然ガス価格の見通しやその背景,日本の抱える課題などについて整理・解説を行っているが,

2013年2月21日東レ経営研究所フィードバック数:4社会/政治

2013年世界経済を読み解く10のキーワード

T B R 産 業 経 済 の 論 点No.13-032013年2月19日2013 年世界経済を読み解く 10 のキーワード~ 世界経済の重心は新興国から米国にシフトか ~福田 佳之東レ経営研究所 産業経済調査部シニアエコノミストTEL:047-350-6173E-mail:Yoshiyuki_Fukuda@tbr.toray.co.jp<ポイント>■ 2013 年世界経済を読み解く上で鍵となりそうなトピックについて 6 つの Q&A 形式で解説しました。その際、トピックの鍵となる用語を 10

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ