調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 太陽光発電設備

「太陽光発電設備」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

太陽光発電設備遠隔監視システム 市場規模予測

市場調査とコンサルティングのシード・プランニング太陽光発電設備遠隔監視システム 市場規模予測 太陽光発電の遠隔監視システム市場規模は、2020年度で1,600億円と予測。2014年度比2.3倍の伸び。✓ PCS(*)監視システムが70%強を占める✓ システム導入費用は2018年をピークに徐々に下がり、ランニング費用の割合が増加する(*) PCS:Power Conditioning System。パワーコンディショナーとも呼ばれる。 市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(

2015年3月17日群馬経済研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

群馬県の非住宅用太陽光発電の出力は全国第9位

群馬県の非住宅用太陽光発電の出力は全国第9位ぐんまのデータ∼市町村別では太田市がトップ∼○群馬県の非住宅用太陽光発電設備(注1)のうち、実際に運転を開始したものの発電出力の合計は、2014年10月末現在で39万8424キロワット(以下、kW)と全国第9位である(図表1)。本県は日照時間が他県に比べ長く、土地も比較的安価なことなどが太陽光発電の多い原因と考えられる(図表2)。○県内を市町村別にみると、積極的に太陽光発電に取り組んでいる太田市(注2)が6万4546kWと最も多い(図表3)。以下、前橋

都道府県別太陽光発電実測データ

株式会社NTTスマイルエナジー(本社:大阪市中央区、代表取締役社長 谷口裕昭、 以下NTTスマイルエナジー)は、『ASP・SaaS・クラウドアワード2014』① の受賞を記念して、都道府県別の実測発電データの無料公開を開始した事をお知らせいたします。現在、太陽光発電設備において、稼働開始後の確実な発電を維持するために、遠隔モニタリングサービスの需要が高まりつつあります。その中で、クラウドを活用することで、いつでもどこからでも発電状況を確認でき、発電停止等の異常をメールでお知らせする事も可能な“エ

太陽光発電についてのレポートです。

太陽光発電導入の現状と今後の大量導入に向けた課題

太陽光発電導入の現状と今後の大量導入に向けた課題増川武昭〈明治大学 研究・知財戦略機構 客員研究員〉坂内 久〈一般財団法人 農村金融研究会 主席研究員〉〔要   旨〕2012年 7 月にFIT制度がスタートして以降,国内の再生可能エネルギー発電の全運転開始量977万kWのうち太陽光発電は957万kWと98%を占め突出する。14年 4 月末の太陽光発電設備の認定量は累計で6,843万kWにまで急増し,東京電力の全発電所の最大出力約6,500万kWを超える規模となった。しかしながら,認定設備のうち運

2014年2月16日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

太陽光発電設備に関する報告徴収の結果

太陽光発電設備に関する報告徴収の結果を取りまとめました 資源エネルギー庁では、再生可能エネルギー電気特別措置法に基づき平成 24年度中に認定を受けた運転開始前の大規模な太陽光発電設備について、同法に基づく報 告徴収を実施いたしました。今般、その結果を取りまとめましたので公表いたします。 概要 電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法(再生可能エネルギー電気特別措置法)に基づき、平成24年度中に認定を受けた運転開始前の400kW以上の太陽光発電設備(4,699件)を対象に、

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ