調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 夫婦共働き

「夫婦共働き」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

既婚男女間での「意識のズレ」と「家事不均衡問題」

【生活者調査】既婚男女間での「意識のズレ」と「家事不均衡問題」 | 株式会社R&D(リサーチ・アンド・ディベロプメント) 研究レポート【生活者調査】既婚男女間での「意識のズレ」と「家事不均衡問題」平成 29 年 3 月 13 日株式会社リサーチ・アンド・ディベロプメント既婚男女間での「意識のズレ」と「家事不均衡問題」 - 『R&D CORE(生活者総合ライフスタイル調査システム)』調査結果発表 - 株式会社リサーチ・アンド・ディベロプメント(所在地:東京都新宿区、代表取締役:五十嵐 幹)は、

2017年2月22日マイナビフィードバック数:0キャリアとスキル

2018年卒マイナビ大学生のライフスタイル調査

ご覧になりたい「カテゴリー」と「年別ニュース」を選択すると、ソート表示することができます。カテゴリを選択年度を選択 「2018年卒マイナビ大学生のライフスタイル調査」を発表「育休を取らない」理由として「職場復帰に不安がある」と回答した女子が、前年比5.5pt増の44.3%。女子の方が男子より、多岐に渡る動画メディアに接触=================================================================================【TOPICS】

20代の金銭感覚についての意識調査2015

ビンカン、20代の年収、年収、子育て、財布の中身、金銭感覚‗ビンカンステーション、若者のアンテナ(20代の金銭感覚についての意識調査)|ビンカンステーション恋人には贅沢に!クリスマスプレゼント予算 昨年よりも上昇し2万円台に結婚したら"二馬力"で頑張る!20代未婚者の8割が「結婚したら共働き希望」SMBCコンシューマーファイナンス株式会社は、2015年10月2日~8日の7日間、20歳~29歳の男女を対象に「20代の金銭感覚についての意識調査2015」をインターネットリサーチで実施し、1,000名

2013年11月10日マーシュ★フィードバック数:0ライフスタイル

男性の回答です。

家庭の食に関するアンケート(男性編)

マーシュHOMEアンケート結果家庭の食に関するアンケート(男性編)家庭の食に関するアンケート調査(男性編)家庭の食に関するアンケート(男性編)家庭の食に関するアンケート調査(男性編) ・属性(性年代、居住地、未既婚と子ども有無、夫婦の就労状況、同居家族、結婚歴)・家庭での料理頻度(単一回答)・家庭の食品購入頻度(単一回答)・自身の(家庭の)食品購入頻度(単一回答)・“家庭の食事”に対する夫婦の意識、考え方(単一回答)・“家庭の食事”に対して夫婦で合わないと思う点(自由回答)・家庭で使う食品や食

2011年5月24日インフォブリッジフィードバック数:1大型消費/投資海外

中国「恋愛、結婚に関する調査」

インド進出を目指す企業のビジネスパートナー、マーケティングリサーチ&コンサルティングならインフォブリッジへ インフォブリッジ、中国「恋愛、結婚に関する調査」の結果を発表結婚後の女性のキャリア、「夫婦共働き」に前向き8割以上 中国・インドを中心としたアジアでマーケティングリサーチおよびコンサルティング事業を行うINFOBRIDGE HOLDINGS GROUP LTD.(会社所在地:中国香港 Managing Director繁田奈歩 以下:インフォブリッジ)は、2011年5月24日、中国にお

2011年2月4日マクロミル★フィードバック数:26大型消費/投資

マクロミルによる結婚に関する調査結果です。

結婚と恋愛に関する調査

2011年02月04日独身男女、8割超が「結婚したい」。女性の結婚願望は2年前より増加。女性が'恋人'に求めるものは、「優しさ」44%。'結婚相手'では「経済力」40%男性は、結婚後「夫婦共働き」を希望する 約7割。恋人がいない男女は、約6割。'自分から積極的にアプローチしない男性'が7割。インターネット調査会社の株式会社マクロミル(本社:東京都港区、代表:杉本哲哉)は、1都3県(東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県)の25~39才の未婚男女に、「結婚と恋愛に関する調査」を実施いたしました。2年前に

2010年12月21日アイシェアフィードバック数:5大型消費/投資

家計管理に関する意識調査

家計管理に関する意識調査お金に関する夫婦ゲンカ1位『生活費の使い方』=58.3% 2位『お小遣いの金額』=28.5%女性3位に『借金の発覚』=22.7%働く女性の姿がすっかり定着した現代。“男女行動参画白書 平成20年版(内閣府)(※1)”では、1997年に共働き世帯数が男性雇用者のみの世帯を上回って以来、年々その差が開いている。一世帯に入金口が複数ある家庭が多いことになるが、現在はどのような家計管理がなされているのだろうか。また、今年の9月に総務省統計局から発表された“平成21年全国消費実態調

2009年3月2日マクロミルフィードバック数:1大型消費/投資

~独身男女1000人調査~ 結婚意識と婚活に関する調査

2009年02月24日約8割の独身男女が「結婚したい」と回答。理由は「精神的な安定が欲しいから(60%)」不景気の中、結婚意識が高まった女性は27%、男性は14%。理想は「夫婦共働き」女性は「経済力を重視」、一方で男性は「将来が不安で、結婚を考える余裕がない」今後したい婚活、女性は「外見磨き(65%)」「料理と家事のスキルアップ(60%)」男性は「仕事のスキルを磨く(51%)」「収入をアップさせる(48%)」インターネット調査会社の株式会社マクロミル(本社:東京都港区、社長:辻本秀幸)は、1都3

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ