「嫌がらせ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年9月5日デジタルブティックフィードバック数:0大型消費/投資

マタニティマークについて<2016年版>

妊娠初期症状から出産・育児、不妊などのお悩み解決色々と話題になっているからか、100%の方が「知っている」と答えました。ベビカムでは、2007年、2008年(5月、10月)にも、マタニティマークについてアンケートを実施しましたが、2007年の調査では認知率74%、2008年10月では96%となっていました。現在ではもうおなじみのマークとなったようですね。「つけている(いた)」が71%でしたが、「持っていてもつけていない(いなかった)」方も27%みられました。ちなみに2008年の調査では「つけてい

2016年7月30日GMOメディアフィードバック数:0社会/政治

いじめ・嫌がらせに関する調査

10代女子のhappyを研究する「プリキャンティーンズラボ」 「いじめ・嫌がらせに関する調査」を実施 〜SNSのトラブルを抱えるも、半数近くが大人に相談したいとは思わない〜 GMOインターネットグループのGMOメディア株式会社(代表取締役社長:森 輝幸 以下、GMOメディア)が運営する、10代の女の子に関する研究機関「プリキャンティーンズラボ()」は、10代の女の子を対象に「いじめ・嫌がらせに関する調査」を実施いたしました。<調査概要>■ 調査テーマ いじめ・嫌がらせに関する調査■ 調査対象10

2015年6月14日厚生労働省★フィードバック数:0キャリアとスキル

労働紛争についてのまとめです。

平成26年度個別労働紛争解決制度施行状況

平成27年6月12日【照会先】大臣官房地方課 企画室室長 大塚 弘満室長補佐 井上 健(代表電話) 03(5253)1111(内線7738)(直通電話) 03(3502)6679 報道関係者各位「平成26年度個別労働紛争解決制度施行状況」を公表します 〜総合労働相談は7年連続100万件超、内容は「いじめ・嫌がらせ」が3年連続トップ〜  厚生労働省は、このたび、「平成26年度個別労働紛争解決制度の施行状況」をまとめましたので、公表します。「個別労働紛争解決制度」は、個々の労働者と事業主との

連合の調査です。

働く女性の妊娠に関する調査

2015年2月23日報道関係各位働く女性の妊娠に関する調査◆妊娠中の働き方 (P.2~P.3)・妊娠中の1日の労働時間 「約8時間」が最多、『9時間以上』は1割半・『9時間以上』働くことが多かった早産した人では4人に1人、流産してしまった人では5人に1人の割合に・肉体的・精神的負担が掛かる仕事をしていた割合は、順調だった人より早産・流産した人のほうが高い傾向◆職場への妊娠報告 (P.4~P.5)・職場への妊娠報告はいつ? 最多は「妊娠8週」・妊娠報告時、上司・同僚の反応にストレスを「感じた」人は

2014年11月2日東京都フィードバック数:0キャリアとスキル

26年度上半期の労働相談状況

平成26年度上半期の労働相談状況について平成26年10月30日産業労働局 東京都では、都内6か所の労働相談情報センターで労働問題の相談に応じています。このたび、平成26年度上半期労働相談の状況がまとまりましたのでお知らせします。平成26年度上半期(4〜9月)の概況労働相談件数は前年度同期比5.3%増、引き続き高い水準労働相談項目の内訳をみると、「退職」(10.9%)、「解雇」(8.7%)、「職場の嫌がらせ」(8.5%)が上位3項目※「解雇」は、使用者の一方的な意思による雇用契約の終了であり、「退

2014年9月の相談集計報告

第13回中央執行委員会/2014.10.17連合「なんでも労働相談ダイヤル」(  0120-154-052) 2014年9月 相談集計報告○全体の特徴■前年同月と比べ、正社員以外(パート・アルバイト・派遣社員・契約社員・嘱託社員)からの相談が件数・割合ともに増加した。年代別では、前年同月と比べ、20代・60代・70代からの相談が増えている。■最も多い相談内容は、前月と同様に「セクハラ・パワハラ・嫌がらせ」12.4%で、次いで「解雇・退職強要・契約打切」11.1%、「退職金・退職手続」8.2%とな

2014年4月30日東京都フィードバック数:0キャリアとスキル

平成25年度における労働相談及びあっせんの状況について

平成25年度における労働相談及びあっせんの状況について平成26年4月30日産業労働局 東京都では、都内6か所の労働相談情報センターにおいて、中小企業の労使等の皆様からの「労働相談」に応じるとともに、紛争当事者間での自主的解決を援助する「あっせん」を行っています。このたび、平成25年度の労働相談・あっせんの状況についてとりまとめましたので、お知らせします。平成25年度の主なポイント労働相談の状況労働相談件数は、52,684件平成18年度以降、8年連続で5万件を超え、依然として高水準相談内容は、4年

優木まおみのブログでも問題視。今、横行する“妊婦への嫌がらせ マタハラ”とは?

優木まおみのブログでも問題視。今、横行する“妊婦への嫌がらせ マタハラ”とは? 森三中・大島美幸の休業宣言がきっかけで注目が集まった“妊活(妊娠活動)”をはじめ、ここ数年で芸能人の妊娠・おめでたの話題がメディアを賑わせている。しかし、その一方で今“妊婦への嫌がらせ マタハラ”が問題視されている。「マタニティ」、「妊婦」と一緒に検索されている名詞をランキング形式で見てみると…1位は「席」、2位には「電車」がランクイン電車で妊婦さんに“席を譲る”ことにまつわるエピソードが最も話題のようだ。男性の「

2014年3月28日プラスアールフィードバック数:0ライフスタイル

マタニティマークに関する調査

[] ■妊娠中、電車やバスなどの公共交通機関で席を譲ってもらったことがない「72.0%」「妊娠中、電車やバスなどの公共交通機関で席を譲ってもらったことがありますか?」という設問において、・はい 28.0%・いいえ 72.0%となり、7割以上の妊婦さんが妊娠中、公共交通機関で席を譲ってもらったことがないという現状が浮き彫りになりました。■マタニティマークを付け始めるのは「~4か月86.8%」「いつ頃からマタニティマーク付けていましたか?」という設問において、時期順に、・~2か月:26.8%・3か月

2014年3月16日マインドシェアフィードバック数:0ライフスタイル

働きながら妊娠、出産って大変!? 「マタニティハラスメント」されたことある?

女性の社会進出が進んだ現在、仕事を続けながら出産を迎える人は多いですよね。 でも中には職場の人に妊娠や出産のことで嫌なことを言われたり、 仕事上不都合な扱いを受けたりしたなんて話を聞くこともあります。「ママこえ」ではママたちに、 そういった嫌がらせ「マタニティハラスメント」を受けたことがあるか、 アンケートをとって聞いてみました。『妊娠中や育児中に、職場で妊娠や出産、育児休暇を理由に受ける嫌がらせ 「マタニティハラスメント」されたことある?』1位 「ない」77% 2位 「ある」23%1位は過半数

2013年8月5日NTTレゾナントフィードバック数:0ライフスタイル

夏が嫌いな理由ランキング

「今年は例年にない猛暑」なんて、毎年いわれている気もします。太陽がガンガン照りつけるこの季節、世間では花火だ海だと騒いでいますが、うんざりしている人も少なくないはず。今回はみんなに「夏が嫌いな理由」を聞いてみました。夏が嫌いな理由、1位になったのは《身体が汗でベタベタする》という理由でした。ちょっと歩いているだけでじんわり出てくる自分の汗にも閉口してしまいますが、満員電車でいかにも汗かきなおじさんと接近し、その汗がこちらに飛んでこようものなら、朝から思いきりテンションが下がってしまいますね。2位

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ