調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 子ども手当

「子ども手当」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年4月17日ドワンゴフィードバック数:0マーケティング

「クリエイター奨励プログラム」の登録が30万作品以上に

PRESS RELEASE「クリエイター奨励プログラム」の登録が30万作品以上に総支払額13億6927万4737円、ゲーム動画の登録が増加 株式会社ドワンゴ/株式会社ニワンゴ2015年4月17日  株式会社ドワンゴ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:荒木隆司)及び株式会社ニワンゴ(本社:東京都中央区区、代表取締役:杉本誠司)は、両社が運営する日本最大級の動画サービス「niconico」において、クリエイターの創作活動やコラボレーションを支援する制度「クリエイター奨励プログラム」の2014年度の

第454回 “子ども手当て”の使い道は? 2010.03.11~2010.03.17

子ども手当てのことならハッピー・ノート.com! ●分析昨年夏の政権交代の目玉施策「子ども手当て」がいよいよ施行されます。対象となる55192ファミリーは「いつから、いくらもらえるの?」など、その動向に注目されてきたことでしょう。今回は「子ども手当て」について大調査!使い道や手当てに対する考えなどをスバリ伺いました。さっそく気になる結果を発表しましょう。 Q1.子ども手当てをもらえる予定のお子さまは何人いますか?(妊娠中も含む) 今回投票いただいた55192ファミリーで、子ども手当の対象

第468回 “子ども手当”の使い道は? 2010.06.24~2010.06.30

子ども手当のことならハッピー・ノート.com! ●分析ついに支給が始まった「子ども手当」。支給が始まった途端、首相交代劇があり、「またまたどうなっちゃうの?」と先行きが何とも不透明なのですが、支給対象となるお子さまをお持ちのママ・パパの心境はいかがですか?そこで今回は、「“子ども手当”の使い道は?」と題してリサーチを行いました。支給前に行った第454回(2010.3.11~2010.3.17)も見比べながら、結果を発表いたしましょう! Q1.子ども手当をもらえる予定のお子さまは何人いますか

2011年12月27日厚生労働省フィードバック数:33社会/政治

平成23年「子ども手当」の使途に関する調査結果~使い道と使用金額を調査~

平成23年12月26日雇用均等・児童家庭局育成環境課子ども手当管理室室長 鹿沼均(7911)室長補佐 角園太一(7904)調整係長 伊藤丈泰(7915)(代表電話) 03(5253)1111(直通電話) 03(3595)2519 報道関係者各位平成23年「子ども手当」の使途に関する調査結果 厚生労働省は、平成23年6月に支給された「子ども手当」について、その使い道と使用金額に関する調査を行いました。このたび、調査結果をとりまとめましたので公表します。調査対象は、中学生以下の子どもをもつ保護

2011年10月5日日経BPフィードバック数:1大型消費/投資

子ども手当の見直しに65%が「賛成」

子ども手当の見直しに65%が「賛成」【16】「少子化対策として有効な政策だと思えないから」が理由のトップ※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となりますclose ここから先は「日経ビジネスオンライン」の 会員の方(登録は)のみ、ご利用いただけます。日経ID(日経電子版と共通)で 1クリック登録 会員登録(無料)のメリットメリット1日経ビジネスオンラインの記事が全て読める メリット2会員限定のアプリが使える メリット3Evernoteで記事保存等、多様なビジネスツールと連携 メリット

2010年7月6日MMDLaboフィードバック数:0社会/政治

民主党政策「子ども手当」に関する主婦の実態調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > 民主党政策「子ども手当」に関する主婦の実態調査 民主党政策「子ども手当」に関する主婦の実態調査 MMD研究所(モバイルマーケティングデータ研究所)では、メディアインクルーズ株式会社(代表取締役社長・小川昌幸)運営のモバイルメディア「ママイコ」との共同リサーチとして、「民主党政策「子ども手当」に関する主婦の実態調査」を実施致しました。調査対

2010年4月19日ニッセンフィードバック数:0大型消費/投資

「子ども手当」の使い道アンケート

「子ども手当」の使い道アンケート

2009年12月22日博報堂フィードバック数:4大型消費/投資

「子ども手当」の使途に関する保護者意識

「子ども手当」の使途に関する保護者意識

2009年10月26日マクロミルフィードバック数:0大型消費/投資

子ども手当と育児に関する調査

2009年10月21日9割の親が「教育費の負担」に不安がある。子ども手当が‘出産への後押しになる’と思う人は6割。使い道は、「子供の教育費(66%)」「子供の将来のために貯金(65%)」株式会社マクロミル(本社:東京都港区、代表:杉本哲哉)は、全国の20~49才の既婚男女を対象に、「子ども手当と育児に関する調査」を実施いたしました。調査手法はインターネットリサーチ。調査期間2009年10月6日(火)~10月7日(水)。有効回答数は1000名から得られました。調査方法 : インターネットリサーチ調

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ