「子会社」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年3月23日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2016年全上場企業「不適切な会計・経理の開示企業」調査

2016年全上場企業「不適切な会計・経理の開示企業」調査 公開日付:2017.03.15 2016年(1-12月)に「不適切な会計・経理(以下、不適切会計)」を開示した上場企業は、 57社(58件)で、2008年以降で最多を記録した。これまで最多だった前年の52社(53件)を5社(9.6%)上回った。調査を開始した2008年の25社(25件)に比べ、2016年は2.2倍増と急増しているが、なかでも東証一部上場の大企業の増加ぶりが目立つ。急増の背景には、コンプライアンスの欠如、知識の不足、従業員へ

2016年12月14日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2016年1-10月全上場企業「不適切な会計・経理の開示企業」調査

2016年1-10月全上場企業「不適切な会計・経理の開示企業」調査 公開日付:2016.12.05 上場企業で「不適切な会計・経理(以下、不適切会計)」を開示する企業が増えている。2016年1-10月に不適切会計を開示した企業は48社(49件)で、前年同期の43社(44件)より5社(11.6%)増加した。これは調査を開始した2008年以降では最多ペースで、このままで推移すると年間(1-12月)最多を記録した2015年の52社(53件)を上回る可能性が出てきた。この背景には、監査体制の強化だけでな

2015年4月22日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2014年度「不適切な会計・経理を開示した上場企業」調査

2014年度「不適切な会計・経理を開示した上場企業」調査 公開日付:2015.04.22 2014年度(2014年4月~2015年3月)に「不適切な会計・経理」により過年度決算に影響が出た、あるいは今後影響する可能性があることを開示した上場企業は42社だった。2013年度(38社)を上回り、調査開始以来、最多を記録した。不適切な会計・経理処理は、監査法人から会計処理のミスなどを指摘されて過年度決算の訂正を行ったケースが依然多い。2012年度に一時的に減少した社数は2013年度に増加に転じ、なかで

2014年5月22日大和総研フィードバック数:0ビジネス

企業価値を創出するグループ統制

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 コンサルティング重点テーマレポート <実践>コーポレートガバナンス 企業価値を創出するグループ統制自社に独自かつ最適なグループ統制の構築に向けて 2014年5月22日コンサルティング・ソリューション第二部 主任コンサルタント 吉田 信之◆国内経済の成熟化や企業間競争の激化等を背景に、M&A等を活用した企業規模の拡大、新規事業への進出、さらには海外展開(グローバル化)が進展してきている。特に、2005

2014年4月30日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2013年度の不適切な会計・経理を開示した上場企業は38社

2013年度の不適切な会計・経理を開示した上場企業は38社 公開日付:2014.04.30 2013年度(2013年4月~2014年3月)に「不適切な会計・経理」で過年度決算に影響が出た、あるいは今後影響が出る可能性を開示した上場企業は38社だった。2012年度(27社)と比べ1.4倍増で、2007年度に調査を開始以来、最多を記録した。2013年度の「不適切な会計・経理」は、会計監査人などの審査がより厳格化するなか、監査法人から会計処理上のミスなどを指摘されて過年度決算の訂正を行った企業が大幅に

2012年11月27日矢野経済研究所フィードバック数:5企業情報システム

海外グループ企業のITガバナンスに関する法人アンケート調査結果 2012

2012年11月27日 海外グループ企業のITガバナンスに関する法人アンケート調査結果 2012 ~海外グループ企業をITガバナンスの対象にしている企業は約3割に留まる~ 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にてITガバナンスの実施状況について国内の民間企業等に対し、アンケート調査を実施した。1.調査期間:2012年7月~2012年10月2.調査対象:国内の民間企業、団体、公的機関などの法人3.調査方法:郵送アンケート形式<本アンケート調査について>本アンケート調査では国内の民間企業、団体、

企業におけるIT担当組織とその経営への貢献についての調査です。

IT組織の成功要因に関する調査

サービス 業界ごとに直面する特有の課題と、どの業界にも共通する課題。双方を解決してはじめて、ビジネスの基盤は揺るぎないものになり、さらなる成長への軌道が見えてきます。私たちは、インダストリー分野とファンクション分野、それぞれに精通したエキスパートが横断的にチームを組み、つねに最善のコンサルティング・サービスを提供いたします。 レポート NTTデータ経営研究所では、お客様が直面する重要な経営課題、IT課題を取り上げ、 独自の取組みから得られた実践的オピニオンを発信しています。主な発信情報をご

2011年2月24日NTTデータ経営研究所フィードバック数:10企業情報システム

IT組織の成功要因に関する調査

サービス 業界ごとに直面する特有の課題と、どの業界にも共通する課題。双方を解決してはじめて、ビジネスの基盤は揺るぎないものになり、さらなる成長への軌道が見えてきます。私たちは、インダストリー分野とファンクション分野、それぞれに精通したエキスパートが横断的にチームを組み、つねに最善のコンサルティング・サービスを提供いたします。 レポート NTTデータ経営研究所では、お客様が直面する重要な経営課題、IT課題を取り上げ、 独自の取組みから得られた実践的オピニオンを発信しています。主な発信情報をご

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ