「季節調整」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年11月13日愛知県フィードバック数:0社会/政治

愛知県鉱工業指数(平成29年8月分)

概況生産指数は、115.6、前月比 + 4.6% (3か月連続で上昇)出荷指数は、115.4、前月比 + 3.0% (3か月連続で上昇)在庫指数は、119.9、前月比 +14.6% (2か月連続で上昇)(注)指数値は、平成22年の平均を100.0とした比率で示しています。愛知県鉱工業指数(季節調整済指数)の推移業種別の生産動向(季節調整済指数)業種別の寄与度(生産・季節調整済指数)主要業種別生産指数(季節調整済指数)の推移愛知県鉱工業指数(平成29年8月分)の詳細については以下のとおりです。問合

2017年2月17日日本政策金融公庫フィードバック数:0マーケティング

信用保証利用企業動向調査(2016年10-12月期実績、2017年1-3月期見通し)

運営会議資料NO.1-⑤ 参考資料ニュースリリース2 0 1 7 年 2 月 2 日株式会社日本政策金融公庫第191回 信用保証利用企業動向調査結果の概要(2016年10~12月期実績、2017年1~3月期見通し)[概況] 信用保証利用企業の資金繰りは、横ばい状態である~景況は一部に弱い動きが見られるものの、持ち直しの動きが続いている~【金融関連】○ 資金繰りD.I.は、横ばいで推移。○ 借入難易感D.I.は、05年10~12月期以来のプラスとなり、0.4となった。○ 今期(16年10~12月)

マンパワー雇用予測調査:2016年第3四半期(7-9月期)

人材紹介・派遣会社のマンパワーグループ会社概要ニュースリリース2016年マンパワー雇用予測調査:2016年第3四半期(7-9月期)結果発表 マンパワー雇用予測調査:2016年第3四半期(7-9月期)結果発表 今後3ヵ月の雇用意欲は、引き続き堅調に推移2016年6月14日総合人材サービスのマンパワーグループ株式会社(本社・神奈川県横浜市、取締役代表執行役社長:池田 匡弥、以下マンパワーグループ)は、2016年第3四半期(7-9月期)における企業の雇用計画を尋ねた「マンパワー雇用予測調査」の結果を6

2016年5月31日MasterCardフィードバック数:0大型消費/投資

2016年4月の消費動向レポート「SpendingPulse」

プレスリリースMasterCard 2016年4月の消費動向レポート「SpendingPulse」を発表 小売販売額は前月比4.0%減少 MasterCard(本社:ニューヨーク州パーチェス、日本地区社長:ナンダン・マー)の事業部門であるMasterCard Advisorsは本日、日本の小売販売額を調査するマクロ経済レポート、SpendingPulse™の4月のレポートを発表しました。日本の小売販売額は前月比で4.0%減少しましたが、前年同月比では1.2%増加しました。良好な気象条件とゴール

マンパワー雇用予測調査:2016年第1四半期(1-3月期)

人材紹介・派遣会社のマンパワーグループ会社概要ニュースリリース2015年マンパワー雇用予測調査:2016年第1四半期(1-3月期)結果発表 マンパワー雇用予測調査:2016年第1四半期(1-3月期)結果発表 今後3ヵ月の雇用意欲は、引き続き堅調に推移2015年12月 8日総合人材サービスのマンパワーグループ株式会社(本社・神奈川県横浜市、取締役代表執行役社長:池田 匡弥、以下マンパワーグループ)は、2016年第1四半期(1-3月期)における企業の雇用計画を尋ねた「マンパワー雇用予測調査」の結果を

マンパワー雇用予測調査:2015年第4四半期(10-12月期)

人材紹介・派遣会社のマンパワーグループ会社概要ニュースリリース2015年マンパワー雇用予測調査:2015年第4四半期(10-12月期)結果 発表 マンパワー雇用予測調査:2015年第4四半期(10-12月期)結果 発表 今後3カ月の雇用意欲は、2008年第1四半期以来の最高値2015年9月 8日総合人材サービスのマンパワーグループ株式会社(本社:神奈川県横浜市、取締役代表執行役社長:池田 匡弥、以下マンパワーグループ)は、2015年第4四半期(10-12月期)における企業の雇用計画を尋ねた「マン

家計調査15年5月~前年比では高い伸びも、個人消費の基調は弱い

家計調査15年5月~前年比では高い伸びも、個人消費の基調は弱い | ニッセイ基礎研究所 家計調査15年5月~前年比では高い伸びも、個人消費の基調は弱い 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・実質消費支出は14ヵ月ぶりの増加・個人消費の基調は弱い総務省が6月26日に公表した家計調査によると、15年5月の実質消費支出は前年比4.8%

2015年6月26日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

家計調査(2015年5月) ~前年比プラス転化も消費の基調はまだ弱い~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:家計調査(2015年5月)発表日:2015年6月26日(金)~前年比プラス転化も消費の基調はまだ弱い~担当第一生命経済研究所 経済調査部副主任エコノミスト 高橋 大輝TEL:03-5221-4524(単位:%)実質消費支出(二人以上世帯)実質可処分所得合計除く住居等(※)(勤労者世帯)前年比前月比前年比前月比前年比20141月1.11.01.12.1▲ 0.52月▲ 2.5▲ 0.7▲ 2.2▲ 2.3▲ 1.33月7.210.9

2015年6月26日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

労働力調査・一般職業紹介状況(2015年5月) ~雇用環境は引き続き良好~

Economic Indicators定例経済指標レポートテーマ:労働力調査・一般職業紹介状況(2015年5月)発表日:2015年6月26日(金)~雇用環境は引き続き良好~第一生命経済研究所 経済調査部担当 主席エコノミスト 新家 義貴TEL:03-5221-4528(%)5.65.45.254.84.64.44.243.83.63.43.2309(倍)求人倍率の推移(季節調整値)(倍)1.3完全失業率(季節調整値)1.91.81.2有効求人倍率1.1新規求人倍率(右目盛)1.71.611.51

2015年6月26日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Market Flash 5月データは日銀に支援的

Market Flash5月データは日銀に支援的2015年6月26日(金)第一生命経済研究所 経済調査部主任エコノミスト 藤代 宏一TEL 03-5221-4523【海外経済指標他】~消費・所得:予想比上振れ~・5月米個人消費支出は前月比+0.9%と市場予想(+0.7%)を上回ったうえ、前月分も上方修正された(+0.0%→+0.1%)。実質ベースでも+0.6%と強く伸び、3ヶ月前比年率では+2.8%に加速。名目個人所得は前月比+0.5%と上方修正された4月と同等の伸びを確保。賃金が前月比+0.5

2015年6月26日厚生労働省フィードバック数:0キャリアとスキル

一般職業紹介状況(平成27年5月分)

平成27年6月26日【照会先】職業安定局雇用政策課中央労働市場情報官 宮 崎 (内線5740)(代表電話) 03(5253)1111(直通電話) 03(3595)3290 一般職業紹介状況(平成27年5月分)について 【ポイント】○平成27年5月の有効求人倍率は1.19倍で、前月に比べて0.02ポイント上昇。○平成27年5月の新規求人倍率は1.78倍で、前月に比べて0.01ポイント上昇。 1 厚生労働省では、公共職業安定所(ハローワーク)における求人、求職、就職の状況をとりまとめ、求

2015年6月25日東京都フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

東京都工業指数-27年4月分

「東京都工業指数」(平成27年4月分)平成27年6月25日総務局 都内工業生産活動の毎月の動きを示す 「東京都工業指数」をとりまとめましたので、お知らせします。※平成26年年間補正に伴い、平成26年1月以降の指数の再計算を行ったため、平成27年3月分までの公表資料とは数値が異なっています。4月の工業生産指数 (平成22年平均=100.0) 4月の生産指数は4.2%上昇4月の生産指数は前月比で4.2%上昇し、102.5(季節調整済)となった。※指数は、最新月が速報値、それより前の月は確報値である。

2015年6月21日日本政策金融公庫フィードバック数:0社会/政治

全国小企業月次動向調査(2015年5月実績、6月見通し)

ニュースリリース2 0 1 5 年 6 月 1 9 日株式会社日本政策金融公庫総合研究所全国小企業月次動向調査(2015年5月実績、6月見通し)[概況] 小企業の売上 DI は、マイナス幅が拡大~6 月はマイナス幅が縮小する見通し~」1 売 上2015 年 5 月の売上 DI は、4 月(▲10.6)からマイナス幅が 2.8 ポイント拡大し、▲13.4 となった。6 月は、▲9.8 とマイナス幅が縮小する見通しとなっている。業 種 別にみると、製 造 業 (▲15.2→▲12.3)ではマイナス幅

2015年6月18日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

貿易統計(2015年5月) ~実質輸出は前月比▲4.4%と大幅減少~

Economic Indicators定例経済指標レポートテーマ:貿易統計(2015年5月)発表日:2015年6月17日(水)~実質輸出は前月比▲4.4%と大幅減少~第一生命経済研究所 経済調査部副主任エコノミスト高橋 大輝TEL:03-5221-4524担当貿易収支(億円)14151月原数値▲ 27951輸出数量輸出金額 輸入金額季調値前年比前年比▲ 177659.425.1輸入数量アメリカEUアジア前年比前年比前年比前年比▲ 0.26.35.5▲ 2.0前年比8.0アメリカEUアジア前年比前

貿易統計15年5月~輸出が再び弱含み

貿易統計15年5月~輸出が再び弱含み | ニッセイ基礎研究所 貿易統計15年5月~輸出が再び弱含み 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・輸出数量、輸入数量ともに落ち込む・海外経済の減速が輸出を下押し・貿易赤字は今後拡大へ財務省が6月17日に公表した貿易統計によると、15年5月の貿易収支は▲2,160億円と2ヵ月連続の赤字となっ

【5月米住宅着工、許可件数】着工件数の減少は、前月の大幅増加の反動。許可件数は増加しており、回復基調は持続

【5月米住宅着工、許可件数】着工件数の減少は、前月の大幅増加の反動。許可件数は増加しており、回復基調は持続。 | ニッセイ基礎研究所 【5月米住宅着工、許可件数】着工件数の減少は、前月の大幅増加の反動。許可件数は増加しており、回復基調は持続。 経済研究部 主任研究員 窪谷 浩基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 1.結果の概要:住宅着工は前月比で減少、一方、先行指標

2015年6月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治

経済指標の要点(2015/5/23~6/16発表統計分)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ◆2015年4月の企業関連の指標は、良好な内容であった。鉱工業生産指数は前月比+1.2%と3ヶ月ぶりに増加した。輸出数量指数(大和総研による季節調整値)は前月比▲1.0%と2ヶ月ぶりの低下となった。機械受注(船舶・電力を除く民需)は、前月比+3.8%と増加した。◆2015年4月の家計関連の指標を見ると、個人消費は低調な動きを示し、雇用環境に関してはタイトな状況が続いていることが確認された。実質消費支出

2015年6月15日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

鉱工業出荷内訳表、鉱工業総供給表 (平成27年4月分)

鉱工業出荷内訳表、鉱工業総供給表 集計結果又は推計結果(データダウンロード) データ期間:2008年1月~2017年8月更新:2017年10月6日 13時30分 * 2007年以前のデータはこちら ※ 平成29年3月分公表時に、平成28年1月分~12月分の指数用データを遡って修正する年間補正を行いました。あわせて、季節調整を新たに行ったため、平成29年1~2月の季節調整済指数も変更となりました。※ 利用に際しては、利用上の注意も併せて御覧ください。※ 2007年12月以前については、下に掲載

2015年6月9日マンパワーグループフィードバック数:0キャリアとスキル

マンパワー雇用予測調査:2015年第3四半期(7-9月期)

人材紹介・派遣会社のマンパワーグループ会社概要ニュースリリース2015年マンパワー雇用予測調査:2015年第3四半期(7-9月期)結果発表 マンパワー雇用予測調査:2015年第3四半期(7-9月期)結果発表 今後3ヵ月の雇用意欲は、2008年第1四半期以来の最高値 業種別では「製造」前年比14ポイント増、「運輸・公益」が13ポイント増と大幅に増加2015年6月 9日2015年6月9日総合人材サービスのマンパワーグループ株式会社(本社・神奈川県横浜市、取締役代表執行役社長:池田 匡弥、以下マンパワ

2015年6月 ブラジルウォッチ

〜主な指標をななめ読み〜情報提供資料"⼤和投資信託”ツイッター@DaiwaAM(2015年6月)で経済・投資環境について情報発信しています。⾦利・為替物価レアルは中央銀⾏による為替介⼊規模縮⼩懸念、⽶国インフレ率の上昇を受けて政策⾦利を引き上げ利上げ観測の⾼まりなどから弱含み(円/ブラジル・レアル)(2007年1月末~2015年5月末)(%)18181616651414601255105084564404275円/ブラジル・レアル(左軸)2年国債利回り(右軸)70235'07/1 '08/1 '

2015年6月4日リクルートフィードバック数:0キャリアとスキル

雇用の現状2015年6月号

リクルートワークス研究所〒100-6640 東京都千代田区丸の内1-9-2グラントウキョウサウスタワー株式会社リクルートホールディングス2 0 1 5 . 6 . 3「雇用の現状」2015年6月号<使用データについて> 総務省「労働力調査」:2015年5月29日発表分 左記以外のデータについては、使用データ名の右に、最新の発表日を表記してあります。Ⅰ.就業構造・雇用構造<トピックス>・就業者数は6342万人、前年同月と比べ4万人の増加。 5ヶ月連続の増加・非労働力人口は4491万人、前年同月と比

2015年5月29日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

家計調査(2015年4月) ~前月比は▲5.5%とショッキングな結果~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:家計調査(2015年4月)発表日:2015年5月29日(金)~前月比は▲5.5%とショッキングな結果~担当第一生命経済研究所 経済調査部副主任エコノミスト 高橋 大輝TEL:03-5221-4524(単位:%)実質消費支出合計前年比(二人以上世帯)除く住居等(※)実質可処分所得(勤労者世帯)前月比前年比前月比前年比1月1.11.01.12.1▲2月▲ 2.5▲ 0.7▲ 2.2▲ 2.3▲3月7.210.98.69.8▲4月▲ 4

2015年5月29日東京都フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

東京都工業指数-27年3月・第1四半期

「東京都工業指数」(平成27年3月分・第1四半期分)平成27年5月28日総務局 都内工業生産活動の毎月の動きを示す「東京都工業指数」をとりまとめましたので、お知らせします。3月の工業生産指数(平成22年=100.0) 3月の生産指数は2.7%低下3月の生産指数は前月比で2.7%低下し、98.3(季節調整済)となった。※指数は、最新月が速報値、それより前の月は確報値である。1 生産 3月の生産は、前月比で2.7%低下し、指数水準は98.3(季節調整済)となった。22業種中、電気機械工業、電子部品・

2015年5月29日厚生労働省フィードバック数:0キャリアとスキル

一般職業紹介状況(平成27年4月分)について

平成27年5月29日【照会先】職業安定局雇用政策課中央労働市場情報官 宮 崎 (内線5740)(代表電話) 03(5253)1111(直通電話) 03(3595)3290 一般職業紹介状況(平成27年4月分)について 【ポイント】○平成27年4月の有効求人倍率は1.17倍で、前月に比べて0.02ポイント上昇。○平成27年4月の新規求人倍率は1.77倍で、前月に比べて0.05ポイント上昇。 1 厚生労働省では、公共職業安定所(ハローワーク)における求人、求職、就職の状況をとりまとめ、求

貿易統計15年4月~貿易収支は再び赤字、黒字定着の可能性は低い

貿易統計15年4月~貿易収支は再び赤字、黒字定着の可能性は低い | ニッセイ基礎研究所 貿易統計15年4月~貿易収支は再び赤字、黒字定着の可能性は低い 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・貿易収支は再び赤字に・アジア向け輸出が弱含み・貿易黒字の定着には至らず財務省が5月25日に公表した貿易統計によると、15年4月の貿易収支は▲

2015年5月22日大和総研フィードバック数:0社会/政治

経済指標の要点(2015/4/22~5/22発表統計分)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ◆2015年3月の企業関連の指標は、春節の影響もあった先月から持ち直しの兆しが見られる内容であった。鉱工業生産指数は前月比▲0.8%と2ヶ月連続で低下したものの、前月時点での予測調査(同▲1.4%)に比べれば上振れし、ヘッドラインはおおむねポジティブな内容だった。輸出数量指数(大和総研による季節調整値)は前月比+2.5%と2ヶ月ぶりの増加となった。機械受注(船舶・電力を除く民需)は、前月比+2.9%と

2015年5月19日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

鉱工業出荷内訳表、鉱工業総供給表 (平成27年3月分)

鉱工業出荷内訳表、鉱工業総供給表 集計結果又は推計結果(データダウンロード) データ期間:2008年1月~2017年8月更新:2017年10月6日 13時30分 * 2007年以前のデータはこちら ※ 平成29年3月分公表時に、平成28年1月分~12月分の指数用データを遡って修正する年間補正を行いました。あわせて、季節調整を新たに行ったため、平成29年1~2月の季節調整済指数も変更となりました。※ 利用に際しては、利用上の注意も併せて御覧ください。※ 2007年12月以前については、下に掲載

2015年5月15日MasterCardフィードバック数:0ライフスタイル

2016年3月の消費動向レポート「SpendingPulse」

プレスリリースMasterCard 2016年3月の消費動向レポート「SpendingPulse」を発表 小売販売額は前月比10.9%増加 MasterCard(本社:ニューヨーク州パーチェス、日本地区社長:ナンダン・マー)の事業部門であるMasterCard Advisorsは本日、日本の小売販売額を調査するマクロ経済レポート、SpendingPulse™の3月のレポートを発表しました。日本の小売販売額は前月比10.9%増加しましたが、前年同月比1.4%減少しました。春分の日は各部門の販売に

2015年5月1日厚生労働省★フィードバック数:0キャリアとスキル

年度のまとめです。

一般職業紹介状況(平成27年3月分及び平成26年度分)

平成27年5月1日【照会先】職業安定局雇用政策課中央労働市場情報官 宮 崎 (内線5740)(代表電話) 03(5253)1111(直通電話) 03(3595)3290 一般職業紹介状況(平成27年3月分及び平成26年度分)について 【ポイント】○平成27年3月の有効求人倍率は1.15倍で、前月と同水準。○平成27年3月の新規求人倍率は1.72倍で、前月に比べて0.09ポイント上昇。○平成26年度平均の有効求人倍率は1.11倍で、前年度に比べて0.14ポイント上昇。 1 厚生労働省では

2015年4月30日東京都フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

東京都工業指数―27年2月

「東京都工業指数」(平成27年2月分)平成27年4月30日総務局 都内工業生産活動の毎月の動きを示す 「東京都工業指数」をとりまとめましたので、お知らせします。2月の工業生産指数 (平成22年平均=100.0) 2月の生産指数は4.9%低下2月の生産指数は前月比で4.9%低下し、101.9(季節調整済)となった。※指数は、最新月が速報値、それより前の月は確報値である。1 生産2月の生産は、前月比で4.9%低下し、指数水準は101.9(季節調整済)となった。22業種中、化学工業、輸送機械工業等15

2015年4月29日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

商業動態統計(2015年3月) ~期待外れの弱い結果~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:商業動態統計(2015年3月)発表日:2015年4月28日(火)~期待外れの弱い結果~担当商業販売額前年比卸売業前期比1月4.41.82月2.5▲ 1.83月8.57.04月▲ 3.4▲ 10.35月▲ 1.02.66月▲ 0.6▲ 0.27月0.10.68月▲ 1.6▲ 1.59月1.62.810月0.3▲ 0.911月▲ 2.7▲ 1.612月▲ 1.40.820151月▲ 2.70.52月▲ 3.3▲ 2.43月▲ 8.51

2015年4月22日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

貿易統計(2015年3月) ~季節調整値では4年1ヶ月ぶりの貿易黒字~

貿易統計(2015年3月) ~季節調整値では4年1ヶ月ぶりの貿易黒字~

貿易統計15年3月~貿易収支(季節調整値)は約4年ぶりの黒字も、1-3月期の外需寄与度はマイナスに

貿易統計15年3月~貿易収支(季節調整値)は約4年ぶりの黒字も、1-3月期の外需寄与度はマイナスに | ニッセイ基礎研究所 貿易統計15年3月~貿易収支(季節調整値)は約4年ぶりの黒字も、1-3月期の外需寄与度はマイナスに 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・貿易収支(季節調整値)は東日本大震災以降では初の黒字に・輸出入ともに

2015年4月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治

経済指標の要点(2015/3/17~4/21発表統計分)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ◆2015年2月の企業関連の指標は、春節の影響もあり持ち直しの動きに足踏みが見られる内容であった。鉱工業生産指数は前月比▲3.1%と3ヶ月ぶりに低下した。輸出数量指数(大和総研による季節調整値)は前月比▲7.8%と3ヶ月ぶりの低下となった。機械受注(船舶・電力を除く民需、季節調整値)は、前月比▲0.4%と2ヶ月連続で減少した。◆2015年2月の家計関連の指標を見ると、個人消費は足下で弱い動きとなってい

2015年4月7日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

鉱工業出荷内訳表、鉱工業総供給表 (平成27年2月分)

鉱工業出荷内訳表、鉱工業総供給表 集計結果又は推計結果(データダウンロード) データ期間:2008年1月~2017年8月更新:2017年10月6日 13時30分 * 2007年以前のデータはこちら ※ 平成29年3月分公表時に、平成28年1月分~12月分の指数用データを遡って修正する年間補正を行いました。あわせて、季節調整を新たに行ったため、平成29年1~2月の季節調整済指数も変更となりました。※ 利用に際しては、利用上の注意も併せて御覧ください。※ 2007年12月以前については、下に掲載

2015年4月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

住宅着工戸数(2015年2月) ~10ヶ月ぶりの90万戸超えだが

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:住宅着工戸数(2015年2月)発表日2015年3月31日(火)~10ヶ月ぶりの90万戸超えだが~担当新設住宅着工戸数持家(季年率)前年比(季年率)%2014年 1月99.212.334.52月93.51.032.23月91.1▲ 2.929.94月90.9▲ 3.329.85月86.3▲ 15.027.56月88.8▲ 9.528.47月85.1▲ 14.126.58月85.5▲ 12.527.19月87.7▲ 14.327.41

2015年3月28日東京都フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

東京都工業指数―27年1月

「東京都工業指数」(平成27年1月分)平成27年3月26日総務局 都内工業生産活動の毎月の動きを示す 「東京都工業指数」をとりまとめましたので、お知らせします。1月の工業生産指数 (平成22年平均=100.0) 1月の生産指数は8.2%上昇1月の生産指数は前月比で8.2%上昇し、107.8(季節調整済)となった。※指数は、最新月が速報値、それより前の月は確報値である。1 生産1月の生産は、前月比で8.2%上昇し、指数水準は107.8(季節調整済)となった。22業種中、化学工業、生産用機械工業等1

2015年3月28日厚生労働省フィードバック数:0キャリアとスキル

一般職業紹介状況(平成27年2月分)について

平成27年3月27日【照会先】職業安定局雇用政策課中央労働市場情報官 宮 崎 (内線5740)(代表電話) 03(5253)1111(直通電話) 03(3595)3290 一般職業紹介状況(平成27年2月分)について 【ポイント】○平成27年2月の有効求人倍率は1.15倍で、前月に比べて0.01ポイント上昇。○平成27年2月の新規求人倍率は1.63倍で、前月に比べて0.14ポイント低下。 1 厚生労働省では、公共職業安定所(ハローワーク)における求人、求職、就職の状況をとりまとめ、求

2015年3月20日日本政策金融公庫フィードバック数:0社会/政治

全国小企業月次動向調査(2015年2月実績、3月見通し)

ニュースリリース2 0 1 5 年 3 月 1 9 日株式会社日本政策金融公庫総合研究所全国小企業月次動向調査(2015年2月実績、3月見通し)[概況] 小企業の売上 DI は、マイナス幅が縮小~製造業、非製造業ともにマイナス幅が縮小 ~」1 売 上2015 年 2 月の売 上 DI は、1 月(▲19.7)からマイナス幅が 11.1 ポイント縮小し、▲8.6 となった。3 月の見通 しは、▲18.8(DIは前年同月 比の数値 。昨年 3 月の DI はプラス 4.0)。業種別にみると、製造 業

貿易統計15年2月~輸出の回復基調、貿易赤字の縮小傾向は継続

貿易統計15年2月~輸出の回復基調、貿易赤字の縮小傾向は継続 | ニッセイ基礎研究所 貿易統計15年2月~輸出の回復基調、貿易赤字の縮小傾向は継続 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・貿易赤字の縮小が続く・輸出は回復基調を維持・貿易赤字はいったん解消へ財務省が3月18日に公表した貿易統計によると、15年2月の貿易収支は▲4,2

2015年3月16日大和総研フィードバック数:0社会/政治

経済指標の要点(2/19~3/16発表統計分)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ◆2015年1月の企業関連の指標は、持ち直しの動きを示す内容であった。鉱工業生産指数は前月比+3.7%と2ヶ月連続で上昇した。輸出数量指数(大和総研による季節調整値)は前月比+6.5%の上昇となった。機械受注(船舶・電力を除く民需、季節調整値)は、前月比▲1.7%と3ヶ月ぶりに低下した。◆2015年1月の家計関連の指標を見ると、個人消費は増加傾向が足踏みしていることが示され、雇用環境に関しては改善が続

2015年3月11日リクルートフィードバック数:0キャリアとスキル

雇用の現状2015年3月号

2015年3月10日「雇 用 の 現 状」2015年3月号リクルートワークス研究所〒100-6640 東京都千代田区丸の内1-9-2グラントウキョウサウスタワー株式会社リクルートホールディングス<使用データについて>総務省「労働力調査」:2015年2月27日発表分上記以外のデータについては、使用データ名の右に、最新の発表日を表記してあります。Ⅰ.就業構造・雇用構造<トピックス>・就業者数は6309万人、前年同月と比べ47万人の増加。 2ヶ月連続の増加・非労働力人口は4531万人、前年同月と比べ4

マンパワー雇用予測調査:2015年第2四半期(4-6月期)

人材紹介・派遣会社のマンパワーグループ会社概要ニュースリリース2015年マンパワー雇用予測調査:2015年第2四半期(4-6月期)結果発表 マンパワー雇用予測調査:2015年第2四半期(4-6月期)結果発表 今後3ヵ月の雇用意欲は引き続き高水準で推移 業種別では、「鉱工業・建設」が調査開始以来最高値の37%を記録2015年3月10日総合人材サービスのマンパワーグループ株式会社(本社・神奈川県横浜市、取締役代表執行役社長:池田 匡弥、以下マンパワーグループ)は、2015年第2四半期(4-6月期)に

2015年3月9日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

鉱工業出荷内訳表、鉱工業総供給表 (2015年1月分)

鉱工業出荷内訳表、鉱工業総供給表 集計結果又は推計結果(データダウンロード) データ期間:2008年1月~2017年7月更新:2017年9月7日 13時30分 * 2007年以前のデータはこちら ※ 平成29年3月分公表時に、平成28年1月分~12月分の指数用データを遡って修正する年間補正を行いました。あわせて、季節調整を新たに行ったため、平成29年1~2月の季節調整済指数も変更となりました。※ 利用に際しては、利用上の注意も併せて御覧ください。※ 2007年12月以前については、下に掲載し

2015年3月 ブラジルウォッチ

〜主な指標をななめ読み〜情報提供資料"⼤和投資信託”ツイッター@DaiwaAM(2015年3月)で経済・投資環境について情報発信しています。⾦利・為替物価政策⾦利を15年1⽉に引き上げたものの、インフレ率は⾜元では、1レアル42円前後、⾦利13%前後で推移(円/ブラジル・レアル)(2007年1月末~2015年2月末)(%)再び上昇18181616651414601255105084564404235'07/120'07/175円/ブラジル・レアル(左軸)2年国債利回り(右軸)70'08/1'09

2015年2月27日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

住宅着工戸数(2015年1月) ~底ばいの動きが続く~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:住宅着工戸数(2015年1月)発表日2015年2月27日(金)~底ばいの動きが続く~担当新設住宅着工戸数持家(季年率)前年比(季年率)%2014年 1月99.212.334.52月93.51.032.23月91.1▲ 2.929.94月90.9▲ 3.329.85月86.3▲ 15.027.56月88.8▲ 9.528.47月85.1▲ 14.126.58月85.5▲ 12.527.19月87.7▲ 14.327.410月88.6

2015年2月27日厚生労働省フィードバック数:0キャリアとスキル

一般職業紹介状況(平成27年1月分)について

平成27年2月27日【照会先】職業安定局雇用政策課中央労働市場情報官 宮 崎 (内線5740)(代表電話) 03(5253)1111(直通電話) 03(3595)3290 一般職業紹介状況(平成27年1月分)について 【ポイント】○平成27年1月の有効求人倍率は1.14倍で、前月と同水準。○平成27年1月の新規求人倍率は1.77倍で、前月と同水準。 1 厚生労働省では、公共職業安定所(ハローワーク)における求人、求職、就職の状況をとりまとめ、求人倍率などの指標を作成し、一般職業紹介状

2015年2月24日第一生命保険★フィードバック数:0社会/政治

春節による経済への影響です。

春節は2月貿易収支にとって3,000億の赤字圧力 ~春節による季節調整の歪みにご注意~

春節は2月貿易収支にとって3,000億の赤字圧力 ~春節による季節調整の歪みにご注意~

2015年2月20日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

貿易統計(2015年1月) ~貿易赤字が大幅縮小~

Economic Indicators定例経済指標レポートテーマ:貿易統計(2015年1月)発表日:2015年2月19日(木)~貿易赤字が大幅縮小~第一生命経済研究所 経済調査部担当 副主任エコノミスト 高橋 大輝TEL:03-5221-4524貿易収支(億円)141月原数値▲ 27950輸出数量輸出金額 輸入金額季調値前年比前年比▲ 187039.525.1輸入数量アメリカEUアジア前年比前年比前年比前年比▲ 0.26.35.5▲ 2.0前年比8.0アメリカEUアジア前年比前年比前年比15.3

2015年2月19日東京都フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

東京都工業指数-26年12月・第4四半期

「東京都工業指数」(平成26年12月分・第4四半期分)平成27年2月19日総務局 都内工業生産活動の毎月の動きを示す 「東京都工業指数」をとりまとめましたので、お知らせします。12月の工業生産指数 (平成22年=100.0) 12月の生産指数は2.4%低下12月の生産指数は前月比で2.4%低下し、100.7(季節調整済)となった。 1 生産12月の生産は、前月比で2.4%低下し、指数水準は100.7(季節調整済)となった。22業種中、生産用機械工業、情報通信機械工業等12業種が低下し、電気機械工

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ