「季節調整」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

マンパワー雇用予測調査:2016年第3四半期(7-9月期)

マンパワー雇用予測調査:2016年第3四半期(7-9月期)結果発表-総合人材サービスのマンパワーグループ マンパワー雇用予測調査:2016年第3四半期(7-9月期)結果発表 今後3ヵ月の雇用意欲は、引き続き堅調に推移 マンパワー雇用予測調査:2016年第3四半期(7-9月期)結果発表 今後3ヵ月の雇用意欲は、引き続き堅調に推移 2016年6月14日総合人材サービスのマンパワーグループ株式会社(本社・神奈川県横浜市、取締役代表執行役社長:池田 匡弥、以下マンパワーグループ)は、2016年第3四

2016年5月31日MasterCardフィードバック数:0大型消費/投資

2016年4月の消費動向レポート「SpendingPulse」

プレスリリースMasterCard 2016年4月の消費動向レポート「SpendingPulse」を発表 小売販売額は前月比4.0%減少 MasterCard(本社:ニューヨーク州パーチェス、日本地区社長:ナンダン・マー)の事業部門であるMasterCard Advisorsは本日、日本の小売販売額を調査するマクロ経済レポート、SpendingPulse™の4月のレポートを発表しました。日本の小売販売額は前月比で4.0%減少しましたが、前年同月比では1.2%増加しました。良好な気象条件とゴール

マンパワー雇用予測調査:2016年第1四半期(1-3月期)

マンパワー雇用予測調査:2016年第1四半期(1-3月期)結果発表-総合人材サービスのマンパワーグループ マンパワー雇用予測調査:2016年第1四半期(1-3月期)結果発表 今後3ヵ月の雇用意欲は、引き続き堅調に推移 マンパワー雇用予測調査:2016年第1四半期(1-3月期)結果発表 今後3ヵ月の雇用意欲は、引き続き堅調に推移 2015年12月8日総合人材サービスのマンパワーグループ株式会社(本社・神奈川県横浜市、取締役代表執行役社長:池田 匡弥、以下マンパワーグループ)は、2016年第1四

マンパワー雇用予測調査:2015年第4四半期(10-12月期)

マンパワー雇用予測調査:2015年第4四半期(10-12月期)結果発表-総合人材サービスのマンパワーグループ マンパワー雇用予測調査:2015年第4四半期(10-12月期)結果 発表 今後3カ月の雇用意欲は、2008年第1四半期以来の最高値 マンパワー雇用予測調査:2015年第4四半期(10-12月期)結果 発表 今後3カ月の雇用意欲は、2008年第1四半期以来の最高値 2015年9月8日総合人材サービスのマンパワーグループ株式会社(本社:神奈川県横浜市、取締役代表執行役社長:池田 匡弥、以

2015年6月26日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

2015年5月雇用統計

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 5月雇用統計就業者の増加により、着実な改善が続く ◆労働力調査によると、2015年5月の完全失業率(季節調整値)は、前月から横ばいの3.3%となった。失業者数は、前月差▲1万人と4ヶ月連続で減少し、就業者数は+19万人と3ヶ月ぶりに増加した。また、非労働力人口は同▲22万人と4ヶ月ぶりに減少した。◆一般職業紹介状況によると、2015年5月の有効求人倍率(季節調整値)は前月から+0.02pt上昇の1.1

家計調査15年5月~前年比では高い伸びも、個人消費の基調は弱い

家計調査15年5月~前年比では高い伸びも、個人消費の基調は弱い | ニッセイ基礎研究所 家計調査15年5月~前年比では高い伸びも、個人消費の基調は弱い 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎・実質消費支出は14ヵ月ぶりの増加・個人消費の基調は弱い総務省が6月26日に公表した家計調査によると、15年5月の実質消費支出は前年比4.8%と14ヵ月ぶりの増加となった。ただし、14年5月が駆け込み需要の反動などから前年比▲8.0%の大幅減少となっていたため、今月はその裏が出る形で前年比の伸びは高めになりや

2015年6月26日厚生労働省フィードバック数:0キャリアとスキル

一般職業紹介状況(平成27年5月分)

平成27年6月26日【照会先】職業安定局雇用政策課中央労働市場情報官 宮 崎 (内線5740)(代表電話) 03(5253)1111(直通電話) 03(3595)3290 一般職業紹介状況(平成27年5月分)について 【ポイント】○平成27年5月の有効求人倍率は1.19倍で、前月に比べて0.02ポイント上昇。○平成27年5月の新規求人倍率は1.78倍で、前月に比べて0.01ポイント上昇。 1 厚生労働省では、公共職業安定所(ハローワーク)における求人、求職、就職の状況をとりまとめ、求

2015年6月25日東京都フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

東京都工業指数-27年4月分

「東京都工業指数」(平成27年4月分)平成27年6月25日総務局 都内工業生産活動の毎月の動きを示す 「東京都工業指数」をとりまとめましたので、お知らせします。※平成26年年間補正に伴い、平成26年1月以降の指数の再計算を行ったため、平成27年3月分までの公表資料とは数値が異なっています。4月の工業生産指数 (平成22年平均=100.0) 4月の生産指数は4.2%上昇4月の生産指数は前月比で4.2%上昇し、102.5(季節調整済)となった。※指数は、最新月が速報値、それより前の月は確報値である。

2015年6月22日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

全産業活動指数 (平成27年4月分)

集計結果又は推計結果結果の概要 【2016年1月分】(2016年3月22日発表)全産業活動指数は、103.4、前月比2.0%の上昇となった。産業別にみると、第3次産業活動指数が前月比1.5%、 鉱工業生産指数が同3.7%、 建設業活動指数が同2.5%の上昇となった。 季節調整済指数左列:指数(平成22年=100)右列:前期(月)比(%) 原指数左列:指数(平成22年=100)右列:前年(度、同期、同月)比(%) ダウンロードのご案内 経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1

貿易統計15年5月~輸出が再び弱含み

貿易統計15年5月~輸出が再び弱含み | ニッセイ基礎研究所 貿易統計15年5月~輸出が再び弱含み 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎・輸出数量、輸入数量ともに落ち込む・海外経済の減速が輸出を下押し・貿易赤字は今後拡大へ財務省が6月17日に公表した貿易統計によると、15年5月の貿易収支は▲2,160億円と2ヵ月連続の赤字となった。輸出が前年比2.4%と4月の同8.0%から伸びが鈍化したが、輸入も前年比▲8.7%と4月の同▲4.2%から減少幅が拡大したため、貿易収支は前年に比べ7,012億円の

2015年6月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治

経済指標の要点(2015/5/23~6/16発表統計分)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ◆2015年4月の企業関連の指標は、良好な内容であった。鉱工業生産指数は前月比+1.2%と3ヶ月ぶりに増加した。輸出数量指数(大和総研による季節調整値)は前月比▲1.0%と2ヶ月ぶりの低下となった。機械受注(船舶・電力を除く民需)は、前月比+3.8%と増加した。◆2015年4月の家計関連の指標を見ると、個人消費は低調な動きを示し、雇用環境に関してはタイトな状況が続いていることが確認された。実質消費支出

【5月米住宅着工、許可件数】着工件数の減少は、前月の大幅増加の反動。許可件数は増加しており、回復基調は持続

【5月米住宅着工、許可件数】着工件数の減少は、前月の大幅増加の反動。許可件数は増加しており、回復基調は持続。 | ニッセイ基礎研究所 【5月米住宅着工、許可件数】着工件数の減少は、前月の大幅増加の反動。許可件数は増加しており、回復基調は持続。 経済研究部 主任研究員 窪谷 浩1.結果の概要:住宅着工は前月比で減少、一方、先行指標である許可件数は増加6月16日、米国センサス局は5月の住宅着工、許可件数を発表した。住宅着工件数(季節調整済)は、103.6万件(前月:116.4万件)となり、市場予想

2015年6月9日マンパワーグループフィードバック数:0キャリアとスキル

マンパワー雇用予測調査:2015年第3四半期(7-9月期)

マンパワー雇用予測調査:2015年第3四半期(7-9月期)結果発表-総合人材サービスのマンパワーグループ マンパワー雇用予測調査:2015年第3四半期(7-9月期)結果発表 今後3ヵ月の雇用意欲は、2008年第1四半期以来の最高値業種別では「製造」前年比14ポイント増、「運輸・公益」が13ポイント増と大幅に増加 マンパワー雇用予測調査:2015年第3四半期(7-9月期)結果発表 今後3ヵ月の雇用意欲は、2008年第1四半期以来の最高値業種別では「製造」前年比14ポイント増、「運輸・公益」が1

2015年6月4日リクルートフィードバック数:0キャリアとスキル

雇用の現状2015年6月号

リクルートワークス研究所〒100-6640 東京都千代田区丸の内1-9-2 グラントウキョウサウスタワー 株式会社リクルートホールディングス2 0 1 5 . 6 . 3「雇用の現状」Ⅰ.就業構造・雇用構造<トピックス>2015年6月号<使用データについて> 総務省「労働力調査」:2015年5月29日発表分 左記以外のデータについては、使用データ名の右に、最新の発表日を表記してあります。・就業者数は6342万人、前年同月と比べ4万人の増加。 5ヶ月連続の増加 ・非労働力人口は4491万人、前年同

2015年5月29日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2015年4月消費統計

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 4月消費統計弱さが目立つ内容だが先行きは明るい 2015年5月29日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 久後 翔太郎◆2015年4月の家計調査によると、実質消費支出は季節調整済み前月比▲5.5%と減少した。振れの大きい住居や自動車などを除いた実質消費支出(除く住居等)で見ても同▲3.5%と減少しており、低調な結果であった。◆供給側から個人消費動向を捉えた商業動態統計を見ると、4月の名

2015年5月29日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

労働力調査・一般職業紹介状況(2015年4月) ~雇用者数の減少が懸念材料だが、先行きは改善を予想~

Economic Indicators~雇用者数の減少が懸念材料だが、先行きは改善を予想~定例経済指標レポートテーマ:労働力調査・一般職業紹介状況(2015年4月)発表日:2015年5月29日(金)第一生命経済研究所 経済調査部 担当 主席エコノミスト 新家 義貴 TEL:03-5221-4528(%) 5.6 5.4 5.2 5 4.8 4.6 4.4 4.2 4 3.8 3.6 3.4 3.2 3 09完全失業率(季節調整値)(倍) 1.2 1.1 1 0.9 0.8 0.7 0.6 0.5

2015年5月29日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

家計調査(2015年4月) ~前月比は▲5.5%とショッキングな結果~

Economic Indicators指標名:家計調査(2015年4月)定例経済指標レポート発表日:2015年5月29日(金)第一生命経済研究所 経済調査部 副主任エコノミスト 高橋 大輝 TEL:03-5221-4524(単位:%) 消費性向 (勤労者世帯) 前月比 0.5 1.3 3.2 7.0 3.4 8.0 5.2 5.2 5.9 2.4 3.9 0.3 2.5 0.5 1.1 2.3 ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ 1.4 1.3 0.3 3.3 3.0 3.2 1.0 0.5 0

2015年5月29日東京都フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

東京都工業指数-27年3月・第1四半期

「東京都工業指数」(平成27年3月分・第1四半期分)平成27年5月28日総務局 都内工業生産活動の毎月の動きを示す「東京都工業指数」をとりまとめましたので、お知らせします。3月の工業生産指数(平成22年=100.0) 3月の生産指数は2.7%低下3月の生産指数は前月比で2.7%低下し、98.3(季節調整済)となった。※指数は、最新月が速報値、それより前の月は確報値である。1 生産 3月の生産は、前月比で2.7%低下し、指数水準は98.3(季節調整済)となった。22業種中、電気機械工業、電子部品・

2015年5月29日厚生労働省フィードバック数:0キャリアとスキル

一般職業紹介状況(平成27年4月分)について

平成27年5月29日【照会先】職業安定局雇用政策課中央労働市場情報官 宮 崎 (内線5740)(代表電話) 03(5253)1111(直通電話) 03(3595)3290 一般職業紹介状況(平成27年4月分)について 【ポイント】○平成27年4月の有効求人倍率は1.17倍で、前月に比べて0.02ポイント上昇。○平成27年4月の新規求人倍率は1.77倍で、前月に比べて0.05ポイント上昇。 1 厚生労働省では、公共職業安定所(ハローワーク)における求人、求職、就職の状況をとりまとめ、求

2015年5月28日第一生命保険フィードバック数:0ビジネス

商業動態統計(2015年4月) ~小幅増加だが、足取りの鈍さは拭えない~

Economic Indicators指標名:商業動態統計(2015年4月)定例経済指標レポート発表日:2015年5月28日(木)第一生命経済研究所 経済調査部 副主任エコノミスト 高橋 大輝 TEL:03-5221-4524(単位:%) コンビニ 販売額~小幅増加だが、足取りの鈍さは拭えない~担当商業販売額卸売業 前期比 前年比 4.4 2.0 7.5 3.0 1.3 0.5 0.1 2.8 1.3 0.1 4.1 2.0 3.1 4.0 7.7 1.8 前期比 2.8 ▲ 1.6 4.0 ▲

貿易統計15年4月~貿易収支は再び赤字、黒字定着の可能性は低い

貿易統計15年4月~貿易収支は再び赤字、黒字定着の可能性は低い | ニッセイ基礎研究所 貿易統計15年4月~貿易収支は再び赤字、黒字定着の可能性は低い 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎・貿易収支は再び赤字に・アジア向け輸出が弱含み・貿易黒字の定着には至らず財務省が5月25日に公表した貿易統計によると、15年4月の貿易収支は▲534億円と2ヵ月ぶりの赤字となったが、赤字幅は市場予想(QUICK集計:▲3,250億円、当社予想は▲2,743億円)を下回った。輸出が前年比8.0%(3月:同8.5

2015年5月25日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

貿易統計(2015年4月) ~貿易収支は再び赤字に。当面は一進一退の推移が続く見込み~

Economic Indicatorsテーマ:貿易統計(2015年4月)定例経済指標レポート発表日:2015年5月25日(月)第一生命経済研究所 経済調査部 担当 副主任エコノミスト 高橋 大輝 TEL:03-5221-4524~貿易収支は再び赤字に。当面は一進一退の推移が続く見込み~貿易収支(億円) 原数値 ▲ 27951 ▲ 8061 ▲ 14501 ▲ 8255 ▲ 9172 ▲ 8341 ▲ 9665 ▲ 9532 ▲ 9620 ▲ 7418 ▲ 8988 ▲ 6656 ▲ 11738

2015年5月22日大和総研フィードバック数:0社会/政治

経済指標の要点(2015/4/22~5/22発表統計分)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ◆2015年3月の企業関連の指標は、春節の影響もあった先月から持ち直しの兆しが見られる内容であった。鉱工業生産指数は前月比▲0.8%と2ヶ月連続で低下したものの、前月時点での予測調査(同▲1.4%)に比べれば上振れし、ヘッドラインはおおむねポジティブな内容だった。輸出数量指数(大和総研による季節調整値)は前月比+2.5%と2ヶ月ぶりの増加となった。機械受注(船舶・電力を除く民需)は、前月比+2.9%と

2015年5月15日MasterCardフィードバック数:0ライフスタイル

2016年3月の消費動向レポート「SpendingPulse」

プレスリリースMasterCard 2016年3月の消費動向レポート「SpendingPulse」を発表 小売販売額は前月比10.9%増加 MasterCard(本社:ニューヨーク州パーチェス、日本地区社長:ナンダン・マー)の事業部門であるMasterCard Advisorsは本日、日本の小売販売額を調査するマクロ経済レポート、SpendingPulse™の3月のレポートを発表しました。日本の小売販売額は前月比10.9%増加しましたが、前年同月比1.4%減少しました。春分の日は各部門の販売に

2015年5月12日リクルートフィードバック数:0キャリアとスキル

雇用の現状2015年5月号

リクルートワークス研究所〒100-6640 東京都千代田区丸の内1-9-2 グラントウキョウサウスタワー 株式会社リクルートホールディングス2 0 1 5 . 5 . 1 1「雇用の現状」Ⅰ.就業構造・雇用構造<トピックス>2015年5月号<使用データについて> 総務省「労働力調査」:2015年5月1日発表分 左記以外のデータについては、使用データ名の右に、最新の発表日を表記してあります。・就業者数は6319万人、前年同月と比べ21万人の増加。 4ヶ月連続の増加 ・非労働力人口は4521万人、前

2015年5月1日厚生労働省★フィードバック数:0キャリアとスキル

年度のまとめです。

一般職業紹介状況(平成27年3月分及び平成26年度分)

平成27年5月1日【照会先】職業安定局雇用政策課中央労働市場情報官 宮 崎 (内線5740)(代表電話) 03(5253)1111(直通電話) 03(3595)3290 一般職業紹介状況(平成27年3月分及び平成26年度分)について 【ポイント】○平成27年3月の有効求人倍率は1.15倍で、前月と同水準。○平成27年3月の新規求人倍率は1.72倍で、前月に比べて0.09ポイント上昇。○平成26年度平均の有効求人倍率は1.11倍で、前年度に比べて0.14ポイント上昇。 1 厚生労働省では

2015年4月30日東京都フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

東京都工業指数―27年2月

「東京都工業指数」(平成27年2月分)平成27年4月30日総務局 都内工業生産活動の毎月の動きを示す 「東京都工業指数」をとりまとめましたので、お知らせします。2月の工業生産指数 (平成22年平均=100.0) 2月の生産指数は4.9%低下2月の生産指数は前月比で4.9%低下し、101.9(季節調整済)となった。※指数は、最新月が速報値、それより前の月は確報値である。1 生産2月の生産は、前月比で4.9%低下し、指数水準は101.9(季節調整済)となった。22業種中、化学工業、輸送機械工業等15

貿易統計15年3月~貿易収支(季節調整値)は約4年ぶりの黒字も、1-3月期の外需寄与度はマイナスに

貿易統計15年3月~貿易収支(季節調整値)は約4年ぶりの黒字も、1-3月期の外需寄与度はマイナスに | ニッセイ基礎研究所 貿易統計15年3月~貿易収支(季節調整値)は約4年ぶりの黒字も、1-3月期の外需寄与度はマイナスに 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎・貿易収支(季節調整値)は東日本大震災以降では初の黒字に・輸出入ともに回復・貿易黒字の定着には至らず・1-3月期の外需寄与度は4四半期ぶりのマイナスに財務省が4月22日に公表した貿易統計によると、15年3月の貿易収支は2,293億円の黒字

2015年4月22日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

貿易統計(2015年3月) ~季節調整値では4年1ヶ月ぶりの貿易黒字~

貿易統計(2015年3月) ~季節調整値では4年1ヶ月ぶりの貿易黒字~

2015年4月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治

経済指標の要点(2015/3/17~4/21発表統計分)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ◆2015年2月の企業関連の指標は、春節の影響もあり持ち直しの動きに足踏みが見られる内容であった。鉱工業生産指数は前月比▲3.1%と3ヶ月ぶりに低下した。輸出数量指数(大和総研による季節調整値)は前月比▲7.8%と3ヶ月ぶりの低下となった。機械受注(船舶・電力を除く民需、季節調整値)は、前月比▲0.4%と2ヶ月連続で減少した。◆2015年2月の家計関連の指標を見ると、個人消費は足下で弱い動きとなってい

2015年3月28日東京都フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

東京都工業指数―27年1月

「東京都工業指数」(平成27年1月分)平成27年3月26日総務局 都内工業生産活動の毎月の動きを示す 「東京都工業指数」をとりまとめましたので、お知らせします。1月の工業生産指数 (平成22年平均=100.0) 1月の生産指数は8.2%上昇1月の生産指数は前月比で8.2%上昇し、107.8(季節調整済)となった。※指数は、最新月が速報値、それより前の月は確報値である。1 生産1月の生産は、前月比で8.2%上昇し、指数水準は107.8(季節調整済)となった。22業種中、化学工業、生産用機械工業等1

2015年3月28日厚生労働省フィードバック数:0キャリアとスキル

一般職業紹介状況(平成27年2月分)について

平成27年3月27日【照会先】職業安定局雇用政策課中央労働市場情報官 宮 崎 (内線5740)(代表電話) 03(5253)1111(直通電話) 03(3595)3290 一般職業紹介状況(平成27年2月分)について 【ポイント】○平成27年2月の有効求人倍率は1.15倍で、前月に比べて0.01ポイント上昇。○平成27年2月の新規求人倍率は1.63倍で、前月に比べて0.14ポイント低下。 1 厚生労働省では、公共職業安定所(ハローワーク)における求人、求職、就職の状況をとりまとめ、求

貿易統計15年2月~輸出の回復基調、貿易赤字の縮小傾向は継続

貿易統計15年2月~輸出の回復基調、貿易赤字の縮小傾向は継続 | ニッセイ基礎研究所 貿易統計15年2月~輸出の回復基調、貿易赤字の縮小傾向は継続 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎・貿易赤字の縮小が続く・輸出は回復基調を維持・貿易赤字はいったん解消へ財務省が3月18日に公表した貿易統計によると、15年2月の貿易収支は▲4,246億円の赤字となったが、赤字幅は市場予想(QUICK集計:▲10,150億円、当社予想は▲5,973億円)を大きく下回った。輸出は前年比2.4%(1月:同17.0%)

2015年3月16日大和総研フィードバック数:0社会/政治

経済指標の要点(2/19~3/16発表統計分)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ◆2015年1月の企業関連の指標は、持ち直しの動きを示す内容であった。鉱工業生産指数は前月比+3.7%と2ヶ月連続で上昇した。輸出数量指数(大和総研による季節調整値)は前月比+6.5%の上昇となった。機械受注(船舶・電力を除く民需、季節調整値)は、前月比▲1.7%と3ヶ月ぶりに低下した。◆2015年1月の家計関連の指標を見ると、個人消費は増加傾向が足踏みしていることが示され、雇用環境に関しては改善が続

マンパワー雇用予測調査:2015年第2四半期(4-6月期)

マンパワー雇用予測調査:2015年第2四半期(4-6月期)結果発表-総合人材サービスのマンパワーグループ マンパワー雇用予測調査:2015年第2四半期(4-6月期)結果発表 今後3ヵ月の雇用意欲は引き続き高水準で推移業種別では、「鉱工業・建設」が調査開始以来最高値の37%を記録 マンパワー雇用予測調査:2015年第2四半期(4-6月期)結果発表 今後3ヵ月の雇用意欲は引き続き高水準で推移業種別では、「鉱工業・建設」が調査開始以来最高値の37%を記録 2015年3月10日総合人材サービスのマン

2015年2月27日厚生労働省フィードバック数:0キャリアとスキル

一般職業紹介状況(平成27年1月分)について

平成27年2月27日【照会先】職業安定局雇用政策課中央労働市場情報官 宮 崎 (内線5740)(代表電話) 03(5253)1111(直通電話) 03(3595)3290 一般職業紹介状況(平成27年1月分)について 【ポイント】○平成27年1月の有効求人倍率は1.14倍で、前月と同水準。○平成27年1月の新規求人倍率は1.77倍で、前月と同水準。 1 厚生労働省では、公共職業安定所(ハローワーク)における求人、求職、就職の状況をとりまとめ、求人倍率などの指標を作成し、一般職業紹介状

2015年2月24日第一生命保険★フィードバック数:0社会/政治

春節による経済への影響です。

春節は2月貿易収支にとって3,000億の赤字圧力 ~春節による季節調整の歪みにご注意~

春節は2月貿易収支にとって3,000億の赤字圧力 ~春節による季節調整の歪みにご注意~

2015年2月19日東京都フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

東京都工業指数-26年12月・第4四半期

「東京都工業指数」(平成26年12月分・第4四半期分)平成27年2月19日総務局 都内工業生産活動の毎月の動きを示す 「東京都工業指数」をとりまとめましたので、お知らせします。12月の工業生産指数 (平成22年=100.0) 12月の生産指数は2.4%低下12月の生産指数は前月比で2.4%低下し、100.7(季節調整済)となった。 1 生産12月の生産は、前月比で2.4%低下し、指数水準は100.7(季節調整済)となった。22業種中、生産用機械工業、情報通信機械工業等12業種が低下し、電気機械工

2015年2月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治

経済指標の要点(1/21~2/18発表統計分)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ◆2014年12月の企業関連の指標は、持ち直しの動きを示す内容であった。鉱工業生産指数は前月比+0.8%と2ヶ月ぶりに上昇した。輸出数量指数(大和総研による季節調整値)は前月比+0.5%の上昇となった。機械受注(船舶・電力を除く民需、季節調整値)は、前月比+8.3%と2ヶ月連続で増加した。◆2014年12月の家計関連の指標を見ると、個人消費は増加傾向を維持していることが示され、雇用環境に関しては改善が

2015年2月3日(個人)フィードバック数:0社会/政治

統計で嘘をつく方法でアベノミクスを擁護してみる

インターネット上で話題になっている事件を、理論とデータをもとに社会科学的に分析。 PagesSubscribeケータイ端末用ミニゲーム NTT DoCoMo Doja端末、KDDI au オープンアプリ、ソフトバンク・モバイル S!アプリ対応ミニゲームを配布中。 宴会芸程度の話なのだが、統計で嘘をつく方法を駆使してアベノミクスを擁護してみよう。先日のエントリーに対して「擬似科学ニュース」が色々と考察した上で、12ヶ月単純移動平均で見ると2013年1月から就業者が増えていると指摘してきた

2015年1月30日厚生労働省★フィードバック数:0キャリアとスキル

年間のまとめです。

一般職業紹介状況(平成26年12月分及び平成26年分)について

平成27年1月30日【照会先】職業安定局雇用政策課中央労働市場情報官 宮 崎 (内線5740)(代表電話) 03(5253)1111(直通電話) 03(3595)3290 一般職業紹介状況(平成26年12月分及び平成26年分)について 【ポイント】○平成26年12月の有効求人倍率は1.15倍で、前月に比べて0.03ポイント上昇。○平成26年12月の新規求人倍率は1.79倍で、前月に比べて0.13ポイント上昇。○平成26年平均の有効求人倍率は1.09倍で、前年に比べて0.16ポイント上昇

2015年1月27日東京都フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

東京都工業指数‐26年11月

「東京都工業指数」(平成26年11月分)平成27年1月26日総務局 都内工業生産活動の毎月の動きを示す「東京都工業指数」をとりまとめましたので、お知らせします。11月の工業生産指数(平成22年平均=100.0) 11月の生産指数は0.4%低下11月の生産指数は前月比で0.4%低下し、103.7(季節調整済)となった。※指数は、最新月が速報値、それより前の月は確報値である。生産11月の生産は、前月比で0.4%低下し、指数水準は103.7(季節調整済)となった。22業種中、電気機械工業、生産用機械工

2015年1月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治

経済指標の要点(2014/12/17~2015/1/20発表統計分)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ◆11月の企業関連の指標は、足踏みの動きを示す内容であった。鉱工業生産指数は前月比▲0.5%と3ヶ月ぶりに低下した。輸出数量指数(大和総研による季節調整値)は前月比▲1.4%と低下した。機械受注(船舶・電力を除く民需、季節調整値)は、前月比1.3%と2ヶ月ぶりに増加した。◆11月の家計関連の指標を見ると、個人消費では反動減から緩やかに回復していることが示され、雇用環境に関しては回復ペースが鈍化している

2015年1月 CANADAウォッチ

〜主な指標をななめ読み〜情報提供資料(2015年1月)"⼤和投資信託”ツイッター@DaiwaAMで経済・投資環境について情報発信しています。為替・⾦利最上位格付国としての優位性などを背景に、 為替は堅調に推移(円/カナダ・ドル) 140 120 100 80 60 40 20 0 '07/1 '09/1 '11/1 '13/1 (2007年1⽉末〜2014年12⽉末) (%) 7円/カナダ・ドル(左軸) カナダ残存5年程度の国債利回り(右軸)物価エネルギー価格の下落からインフレ率はターゲット近辺

2014年12月25日東京都フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

東京都工業指数―26年10月

「東京都工業指数」(平成26年10月分)平成26年12月24日総務局 都内工業生産活動の毎月の動きを示す「東京都工業指数」をとりまとめましたので、お知らせします。10月の工業生産指数(平成22年平均=100.0) 10月の生産指数は前月比で横ばい10月の生産指数は、102.3(季節調整済)で前月比0.0%の横ばいであった。※指数は、最新月が速報値、それより前の月は確報値である。生産10月の生産は、前月比0.0%の横ばいで、指数水準は102.3(季節調整済)であった。22業種中、電気機械工業、電子

2014年12月17日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年11月貿易統計

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2014年12月17日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 橋本 政彦◆2014年11月の貿易統計では、輸出金額は前年比+4.9%と3ヶ月連続の増加となったものの、市場コンセンサス(同+7.0%)を下回る結果となった。円安が進んだことで輸出価格は同+6.7%と上昇幅が前月(同+4.6%)から拡大した。一方、輸出数量が同▲1.7%と3ヶ月ぶりの前年割れとなったことから、輸出金額の増加率は

2014年12月17日大和総研フィードバック数:0社会/政治

経済指標の要点(2014/11/20~12/16発表統計分)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ◆10月の企業関連の指標は、持ち直しの動きを示す内容であった。鉱工業生産指数は前月比+0.4%と2ヶ月連続で上昇した。輸出数量指数(大和総研による季節調整値)は前月比+2.3%と上昇した。機械受注(船舶・電力を除く民需、季節調整値)は、前月比▲6.4%と5ヶ月ぶりに減少した。◆10月の家計関連の指標を見ると、個人消費では反動減から緩やかに回復していることが示され、雇用環境に関しては回復ペースが鈍化して

マンパワー雇用予測調査:2015年第1四半期(1-3月期)

マンパワー雇用予測調査:2015年第1四半期(1-3月期)結果発表-総合人材サービスのマンパワーグループ マンパワー雇用予測調査:2015年第1四半期(1-3月期)結果発表 マンパワー雇用予測調査:2015年第1四半期(1-3月期)結果発表 2014年12月9日今後3ヵ月の純雇用予測は前四半期比2ポイント増の21%、2008年第2四半期以来の高水準業種別では、「鉱工業・建設」が調査開始以来最高値の33%を記録総合人材サービスのマンパワーグループ株式会社(本社・神奈川県横浜市、取締役代表執行役

2014年12月2日大和総研フィードバック数:0社会/政治

月初の消費点検(4/4)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 月初の消費点検(4/4)引き続き消費税増税の影響が緩和、地方の回復に遅れ ◆2014年11月の乗用車販売台数(軽自動車を含む、商用車等を除く)は前年比▲10.2%と、10月(同▲7.4%)から減少幅が拡大し、前年比マイナスは5ヶ月連続となった。ただし、前年は消費税率引き上げ前の駆け込み需要が顕在化し始めていた時期であり、その裏の影響によってマイナス幅が大きくなっている点には留意が必要だ。乗用車販売の基

2014年11月29日厚生労働省フィードバック数:0キャリアとスキル

一般職業紹介状況(平成26年10月分)について

平成26年11月28日【照会先】職業安定局雇用政策課中央労働市場情報官 宮 崎 (内線5740)(代表電話) 03(5253)1111(直通電話) 03(3595)3290 一般職業紹介状況(平成26年10月分)について 【ポイント】○平成26年10月の有効求人倍率は1.10倍で、前月に比べて0.01ポイント上昇。○平成26年10月の新規求人倍率は1.69倍で、前月に比べて0.02ポイント上昇。 1 厚生労働省では、公共職業安定所(ハローワーク)における求人、求職、就職の状況をとりま

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ