「学術政策」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

民間企業の研究活動に関する調査報告2015

「民間企業の研究活動に関する調査報告2015」[NISTEP REPORT No.168]の公表について科学技術・学術政策研究所(NISTEP)では、「民間企業の研究活動に関する調査報告2015」を取りまとめました。1968年度より本調査を実施しており、2015年度調査は、研究開発を行っている資本金1億円以上の企業を対象に2015年8月に実施しました。集計された企業は1,741社(回収率50.6%)でした。結果として、各企業の主要業種における社内研究開発費は1社当たり平均25億7,145万円とな

知的生産活動の集積傾向に関する分析報告

「知的生産活動の集積傾向に関する分析報告」[調査資料 No.247]の公表について科学技術・学術政策研究所(NISTEP)では、今後の科学技術に着目した地域政策、クラスター政策の実施に資する知見の提供を目指し、国内の知的生産活動の地理的状況について「国内の知的生産活動の地理的分布状況」、「知的生産活動の活動段階による集積傾向の相違」、「企業活動に対する知的生産活動の集積傾向の相違」、「技術間での知的生産活動の集積傾向の相違」の4つの観点から分析を実施しました。その結果、主に次のようなことが明らか

科学技術に関する国民意識調査-2014年2月~2015年10月 科学技術の関心と信頼-

トップ » 調査研究成果公表 » 科学技術に関する国民意識調査-2014年2月~2015年10月 科学技術の関心と信頼-[調査資料-244]の公表について 科学技術に関する国民意識調査-2014年2月~2015年10月 科学技術の関心と信頼-[調査資料-244]の公表について科学技術・学術政策研究所(NISTEP)では、インターネット調査データの社会統計学による因果推定から、科学技術行政の信頼向上に関して、誠実性伝搬仮説に対する、東高西低の地域性等の具体的な成立要件を示しました。また、誠実性等の

第10回科学技術予測調査における「分野別科学技術予測」及び「シナリオプラニングに向けた課題と解決方向の検討」に関するこれまでの検討結果について

トップ » 調査研究成果公表 » 第10回科学技術予測調査における「分野別科学技術予測」及び「シナリオプラニングに向けた課題と解決方向の検討」に関するこれまでの検討結果の公表について 第10回科学技術予測調査における「分野別科学技術予測」及び「シナリオプラニングに向けた課題と解決方向の検討」に関するこれまでの検討結果の公表について 科学技術・学術政策研究所では、2013年度から10回目となる科学技術予測調査に取り組み、「分野別科学技術予測」、「シナリオプラニングに向けた課題と解決方向の検討」及び

2015年4月22日文部科学省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

「次世代放射光施設に関するニーズ調査」報告書

現在位置トップ > 科学技術・学術 > 分野別の研究開発 > 量子ビーム > 量子ビーム政策情報 > (3)量子ビーム関連審議会等 > 「次世代放射光施設に関するニーズ調査」報告書 「次世代放射光施設に関するニーズ調査」報告書お問合せ先科学技術・学術政策局 研究開発基盤課 量子放射線研究推進室 PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。 Adobe Readerをお持ちでない方は、まずダウンロードして、インストールしてください。 (科学技術・学術政策局

大学教員の雇用状況に関する調査-学術研究懇談会(RU11)の大学群における教員の任期と雇用財源について-速報版

トップ » 報道発表 » 「大学教員の雇用状況に関する調査-学術研究懇談会(RU11)の大学群における教員の任期と雇用財源について-速報版」の公表について 「大学教員の雇用状況に関する調査-学術研究懇談会(RU11)の大学群における教員の任期と雇用財源について-速報版」の公表について文部科学省科学技術・学術政策局人材政策課及び科学技術・学術政策研究所(所長:榊原 裕二)は、我が国の研究活動を牽引する主要な研究大学として学術研究懇談会(RU11)を構成する11大学において教育研究活動に従事する教員

科学技術・学術政策研究所の調査です。

第1回日本博士人材追跡調査結果 (速報版)

「第1回日本博士人材追跡調査結果 (速報版)」の公表について科学技術・学術政策研究所では2014年11月から12月にかけて「第1回日本博士人材追跡調査」を実施いたしました。本調査に御協力いただきました皆様に感謝申し上げます。調査結果を取りまとめ、「第1回日本博士人材追跡調査結果 (速報版)」を作成いたしました。本結果(速報版)は暫定版であり、正式な報告書は2015年6月頃に公表する予定です。詳細については,以下のリンクより御覧ください。お問合せ先文部科学省 科学技術・学術政策研究所第1調査研究グ

2014年12月18日文部科学省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

先端計測分析技術・機器開発プログラム-10年の成果と今後の展望-

現在位置トップ > 政策・審議会 > 審議会情報 > 科学技術・学術審議会 > 先端研究基盤部会 > 研究開発プラットフォーム委員会 先端計測分析技術・システム開発小委員会 > 先端計測分析技術・機器開発プログラム-10年の成果と今後の展望- 先端計測分析技術・機器開発プログラム-10年の成果と今後の展望-平成26年7月29日 先端計測分析技術・システム開発小委員会 お問合せ先文部科学省 科学技術・学術政策局 研究開発基盤課 橋本、麻田、佐野電話番号:03-6734-4098(直通)ファクシミ

科学技術・学術政策研究所のレポートです。

第10回科学技術予測調査結果速報

第10回科学技術予測調査結果速報の公表について科学技術・学術政策研究所では、科学技術イノベーション関連政策・戦略の策定に向けた議論に資することを目的として、目指すべき社会の実現に向けた科学技術の発展と方向性について検討を行っております。今回、目指すべき社会の実現に必要となる科学技術の中長期的発展(今後30年間)の方向性や必要となる社会システム等について、第10回となる科学技術予測調査を行いました。第10回の調査では、webを利用した情報収集を行い、また、当研究所の専門調査員に加えて、学協会の専門

2014年6月20日文部科学省★★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

白書です。

「平成25年度科学技術の振興に関する年次報告」(平成26年版科学技術白書)

現在位置トップ > 会見・報道・お知らせ > 報道発表 > 平成26年度の報道発表 > 「平成25年度科学技術の振興に関する年次報告」(平成26年版科学技術白書)について 「平成25年度科学技術の振興に関する年次報告」(平成26年版科学技術白書)について平成26年6月20日  本日、「平成25年度科学技術の振興に関する年次報告」、いわゆる科学技術白書が閣議決定されました。概要「平成25年度科学技術の振興に関する年次報告」は、科学技術基本法(平成7年法律第130号)第8条の規定に基づき、科学技術

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ