「学術論文」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

「科学技術動向」2015年3・4月号

「科学技術動向」3・4月号の公表についてレポート1「海外におけるフォーサイト活動(その1)中国の技術予測活動の動向-全国技術予測会議と上海市の地域的戦略ロードマップより-」では、中国科学技術部、中国科学院及び地方政府の技術予測活動や、毎年開催されている全国規模の技術予測学術年会などについて紹介しております。科学技術部は、2013年に新ラウンドの技術予測を開始し、12分野について技術評価などを行っております。また、中国科学院は、予測科学研究センターを中心に複数の研究所が参加して技術予測を行っており

2014年11月3日日本学術振興会フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

Scopus収録論文における科研費成果論文の分析

CGSI レポート日本学術振興会グローバル学術情報センター JSPS Center for Global Science Information第1号(平成 26 年 10 月 31 日)「CGSI レポート」の刊行に際して平成 25 年 4 月、独立行政法人日本学術振興会グローバル学術情報センター(以下「センター」 といいます。 )が創設されました。センターは、その主な業務として本会諸事業の情報の収集・蓄 積を行うとともに、国内外の学術振興機関の事業の実施状況などの情報を収集しています。さら

論文についての統計的分析です。

科学研究のベンチマーキング2012 ―論文分析でみる世界の研究活動の変化と日本の状況―

トップ » 調査研究成果公表 » 「科学研究のベンチマーキング2012 ―論文分析でみる世界の研究活動の変化と日本の状況―」[調査資料-218]の結果公表について 「科学研究のベンチマーキング2012 ―論文分析でみる世界の研究活動の変化と日本の状況―」[調査資料-218]の結果公表について科学技術政策研究所では、研究活動結果の公表媒体である学術論文(以下、論文)に着目し、我が国の科学研究のベンチマーキングを行いました。具体的には、個別指標(1.論文数、2.Top10%補正論文数、3.被引用数)

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ