「安倍政権」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年12月29日ニワンゴフィードバック数:0マーケティング

月例ネット世論調査2016年12月

月例ネット世論調査2016年12月2016年12月の月例ネット世論調査です。今回は12月19日21:41に実施しました。 トピックス内閣支持率 「支持する」51.7%、「支持しない」19.0% 前月比の増減は「支持する」同ポイント 「支持しない」1.2ポイント増 Q1いま、あなたは安倍内閣を支持しますか、支持しませんか。安倍内閣の支持率は、前月と同じ51.7%となりました。一方、不支持率は、前月より1.2ポイント増の19.0%となりました。男女別で見ると、支持率は男性が59.1%で、女性を16

2016年6月5日パイプドビッツ★フィードバック数:0社会/政治

『第24回参議院選挙』に関する有権者意識調査

「『第24回参議院選挙』に関する有権者意識調査 -政権評価と投票先選択-」を公開|情報資産プラットフォームを活用したソリューション提供のパイプドビッツ2016年6月2日 政治山、「『第24回参議院選挙』に関する有権者意識調査 -政権評価と投票先選択-」を公開~ 消費増税とマイナンバーは過半数が評価せず ~ 株式会社パイプドビッツ(東京都港区、代表取締役社長CEO 林哲也、東証1部パイプドHDグループ<証券コード3919>、以下「パイプドビッツ」)が運営する、政治・選挙情報サイト「政治山(せい

2016年5月13日東洋経済新報社フィードバック数:0社会/政治

要注意!安倍政権下で外国人が買った200社

要注意!安倍政権下で外国人が買った200社アベノミクスの終焉で売られるリスク 丸山 尚文個人向け株式投資雑誌『会社四季報プロ500』編集長。『週刊東洋経済』編集部、「東洋経済オンライン」編集長、通信、自動車業界担当などを経て現職 円高懸念、企業業績悪化もあり続落している日経平均。5月2日は特に輸出企業の下落が目立った 外国人投資家の売りを、年金資金や日銀など公的資金が買い支える構図がすっかり定着した日本の株式市場。投資家の属性別の売買動向を見ると、株が天井を打った昨年夏以降、海外投資家が売

2016年5月2日ニワンゴフィードバック数:0ライフスタイル

月例ネット世論調査2016年4月

月例ネット世論調査2016年4月2016年4月の月例ネット世論調査です。今回は4月19日21:49に実施しました。 トピックス内閣支持率、「支持する」47.6%「支持しない」23.8% 前月比の増減は「支持する」+2.8、「支持しない」-2.6、「どちらとも言えない」-0.1 Q1いま、あなたは安倍内閣を支持しますか、支持しませんか。安倍内閣の支持率は、前月より2.8ポイント増の47.6%となり、2016年に入ってからでは最も高くなりました。一方の「支持しない」は23.8%(前月調査比2.6ポ

2016年2月24日ニワンゴフィードバック数:0社会/政治

月例ネット世論調査2016年2月

月例ネット世論調査2016年2月2016年2月の月例ネット世論調査です。今回は2月18日21:51に実施しました。 トピックス安倍内閣支持率、「支持する」46.4%「支持しない」24.6% 前月比の増減は「支持する」+1.0、「支持しない」-0.4、「どちらとも言えない」-0.6 Q1いま、あなたは安倍内閣を支持しますか、支持しませんか。2カ月連続でダウンしていた安倍内閣の支持率は、前月より1.0ポイント増え46.4%となりました。「支持しない」は24.6%(前月調査比0.4ポイント減)で横ば

2015年12月24日ニワンゴフィードバック数:0社会/政治

月例ネット世論調査2015年12月

月例ネット世論調査2015年12月2015年12月の月例ネット世論調査です。今回は12月17日21:48に実施しました。 トピックス安倍内閣支持率、再び5割を切る 「支持する」48.5%「支持しない」24.9% 前月比の増減は「支持する」-2.6、「支持しない」+2.9、「どちらとも言えない」-0.5 Q1いま、あなたは安倍内閣を支持しますか、支持しませんか。前回11月18日の調査で安倍内閣の支持率は、昨年暮れの衆議院総選挙以降、最も高い51.1%でしたが、今月は2.6ポイント減の48.5%と

2015年9月18日ニワンゴフィードバック数:0マーケティング

月例ネット世論調査2015年9月

月例ネット世論調査2015年9月2015年9月の月例ネット世論調査です。今回は9月17日21:41に実施しました。 トピックス前月比の増減は「支持する」+3.3、「支持しない」+0.1、「どちらとも言えない」-0.4 Q1いま、あなたは安倍内閣を支持しますか、支持しませんか。安倍内閣の支持率は、前回8月19日の調査時と比べ3.3ポイント増の46.9%となり、昨年暮れの衆議院総選挙以降、最も高くなりました。「支持しない」は前月調査比0.1ポイント増の23.1%、「どちらとも言えない」は3.4ポイ

グラフで見る関西経済(2015年6月)

2015年06月25日【今月の景気判断】関西経済は持ち直しが一服している。生産は、2015年1月をピークに減少しており、均してみても増加が一服している。実質輸出は、年初から大きく振幅した後、均してみると横ばい圏で推移している。雇用環境をみると、有効求人倍率や就業者数などに持ち直しの動きがみられ、賃金は現金給与総額や所定内給与が持ち直している。そのような中、個人消費は、緩やかな持ち直しの動きがみられる。住宅着工は、消費税率引き上げ前の駆け込みの反動で13年終わりごろをピークに水準を大きく下げた後、

2015年6月18日ニワンゴフィードバック数:0社会/政治

月例ネット世論調査2015年6月

月例ネット世論調査2015年6月2015年6月の月例ネット世論調査です。今月の調査は6月17日21:27に実施しました。 トピックス内閣支持率 「支持する」40.3%、「支持しない」22.5% 前月比の増減は「支持する」-2.3、「支持しない」+2.9、「どちらとも言えない」+0.6 Q1いま、あなたは安倍内閣を支持しますか、支持しませんか。安倍内閣の支持率は、「支持する」が40.3%となり、前月実施した5月21日の調査時と比べ2.3ポイントの減となりました。一方、「支持しない」22.5%は前

2015年6月17日パイプドビッツフィードバック数:0社会/政治

安倍政権の進める政策・法案に関する意識調査-内閣支持と安保法制

「安倍政権の進める政策・法案に関する意識調査-内閣支持と安保法制」を公開|情報資産プラットフォームを活用したソリューション提供のパイプドビッツ2015年6月17日 政治山、「安倍政権の進める政策・法案に関する意識調査-内閣支持と安保法制」を公開~ 安保法制への「反対」45.2%で「賛成」28.2%を大きく上回る ~ 株式会社パイプドビッツ(本社 東京都港区、代表取締役社長 CEO 佐谷宣昭、証券コード3831、以下「パイプドビッツ」)が運営する、政治・選挙情報サイト「政治山(せいじやま)」は

グラフで見る景気予報(2015年6月)

2015/06/02 【今月の景気判断】景気は持ち直しているが、そのペースは緩慢である。設備投資や住宅投資が増加に転じるなど明るい動きがある一方で、足元で個人消費に弱い動きがみられるほか、輸出の増加ペースが鈍化しており、公共投資も対策効果の息切れにより減少に転じている。雇用情勢の良好な状態が維持され賃金が持ち直していること、物価の伸び率が緩やかであることは、個人消費を下支えすると期待される。また、企業業績の順調な改善を背景に、設備投資は増加基調に転じであろう。このため、今後も景気の持ち直しは続こ

グラフで見る関西経済(2015年5月)

2015年05月26日【今月の景気判断】関西経済は緩やかに持ち直している。生産は、14年4月の消費税率引き上げ後も大きな反動減はなく、振幅しながらも均してみれば緩やかな増加傾向にある。実質輸出は、年初から大きく振幅した後、3月は2ヶ月ぶりに増加し持ち直している。雇用環境をみると、有効求人倍率や就業者数などに持ち直しの動きがみられ、賃金は現金給与総額や所定内給与が増加を続け、持ち直している。そのような中、個人消費は、緩やかな持ち直しの動きがみられる。住宅着工は、消費税率引き上げ前の駆け込みの反動で

2015年5月22日ニワンゴフィードバック数:0社会/政治

月例ネット世論調査2015年5月

月例ネット世論調査2015年5月2015年5月の月例ネット世論調査です。今月の調査は5月21日21:17に実施しました。 トピックス内閣支持率 「支持する」42.6%、「支持しない」19.6% 前月比の増減は「支持する」+0.9、「支持しない」-1.5、「どちらとも言えない」+0.6 Q1いま、あなたは安倍内閣を支持しますか、支持しませんか。安倍内閣の支持率は、「支持する」が42.6%となり、前月実施した4月16日の調査時と比べ0.9ポイント増となりました。一方、「支持しない」19.6%は前回

グラフで見る関西経済(2015年4月)

2015年04月23日【今月の景気判断】関西経済は緩やかに持ち直している。生産は、14年4月の消費税率引き上げ後も大きな反動減もなく、振幅しながらも均してみれば緩やかな増加傾向にある。2月の実質輸出は前月比-12.4%と3ヶ月ぶりに大幅に減少したが、1月の伸びが大きかった反動が影響している。雇用環境をみると、有効求人倍率や就業者数などに持ち直しの動きがみられ、賃金は12月の現金給与総額が10ヶ月連続で前年比増加となり、所定内給与が8ヶ月連続で増加となるなど、持ち直している。そのような中、個人消費

2015年4月17日ニワンゴフィードバック数:0社会/政治

月例ネット世論調査2015年4月

月例ネット世論調査2015年4月2015年4月の月例ネット世論調査です。今月の調査は4月16日21:45に実施しました。 トピックス内閣支持率 「支持する」41.7%、「支持しない」21.1% 前回比の増減は「支持する」+1.2、「支持しない」+1.4、「どちらとも言えない」-2.6 Q1いま、あなたは安倍内閣を支持しますか、支持しませんか。安倍内閣の支持率は、「支持する」が41.7%となり、前月実施した3月19日の調査時と比べ1.2ポイント増となりました。一方、「支持しない」21.1%も前回

グラフで見る関西経済(2015年3月)

2015年03月25日【今月の景気判断】関西経済は緩やかに持ち直している。生産は、14年4月の消費税率引き上げ後も大きな反動減もなく、振幅しながらも均してみれば緩やかな増加傾向にある。2月の実質輸出は前月比-12.4%と3ヶ月ぶりに大幅に減少したが、1月の伸びが大きかった反動が影響しており、輸出は振幅しながらも緩やかな増加傾向にあると考えられる。雇用環境をみると、有効求人倍率や就業者数などに持ち直しの動きがみられ、賃金は11月の現金給与総額が9ヶ月連続で前年比増加となり、所定内給与が7ヶ月連続で

2015年3月20日ニワンゴ★フィードバック数:0社会/政治

ニコニコアンケートです。

月例ネット世論調査2015年3月

月例ネット世論調査2015年3月2015年3月の月例ネット世論調査です。今月の調査は3月19日21:33に実施しました。 トピックス内閣支持率 「支持する」40.5%、「支持しない」19.7% 前月比の増減は「支持する」-2.0、「支持しない」+0.4、「どちらとも言えない」+1.6 Q1いま、あなたは安倍内閣を支持しますか、支持しませんか。安倍内閣の支持率は、「支持する」が40.5%となり、前月実施した2月19日の調査時と比べ2.0ポイントの減となりました。「支持しない」19.7%は前回調

2015年3月6日言論NPOフィードバック数:0社会/政治

「2015年度予算を検証する」有識者アンケート

「2015年度予算を検証する」有識者アンケート調査の概要 言論NPOは、「2015年度予算を検証する」と題して、有識者を対象にアンケート調査を行いました。調査は言論NPOの活動にこれまで参加していただいた全国の有識者約6000人を対象に、2015年3月2日から3月3日までの期間でメールの送付によって行われ、ご回答いただいた100人分のアンケート結果を集計し、分析しました。回答者の属性※各属性で示されている数値以外は無回答の割合。この頁以降、数値は小数点第2位を四捨五入しているため、合計が100%

2015年2月24日日経新聞★★フィードバック数:0キャリアとスキル

女性対象のまとまった調査です。

「都会で働く女性についてのアンケート」調査

都会で働く女性についてのアンケート-アンケート集計結果-調査概要■調査地域 ■調査方法 ■調査対象 : 一都三県 (東京・埼玉・千葉・神奈川) : インターネット調査 : 一都三県在住の20歳から49歳までの女性で、都内23区内の企業にお勤めの方 ※パート・アルバイトは除く。 : 日経リサーチおよび提携会社のインターネット・パネルより抽出 : 3,246s■サンプリング ■回答者数■調査実施期間 : 2014年12月17日(水)~12月22日(月) ■調査実施機関 : 株式会社日経リサーチ変数名

2015年2月3日中央調査社フィードバック数:0社会/政治

2015年の展望-日本の政治 -安倍首相、自民総裁選再選目指す-

■「中央調査報(No.687)」より ■ 2015年の展望―日本の政治 ―安倍首相、自民総裁選再選目指す―時事通信社 政治部次長 水島 信戦後70年の節目となる2015年がスタートした。9月の自民党総裁選で再選を目指す安倍晋三首相にとって、自身の経済政策「アベノミクス」を推進し、景気回復を実現できるかが問われる。歴史認識に焦点が当たるこの年、中国などとの近隣外交をどう展開していくかも焦点だ。野党陣営では、「自民一強」の構図を崩すための連携の在り方が模索されることになる。◇「アベノミクス」の成否カ

2015年1月23日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

アベノミクスは消費増税までの2年が重要、もう不退転だ

リサーチ TODAY2015 年 1 月 23 日アベノミクスは消費増税までの2年が重要、もう不退転だ常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創みずほ総合研究所は、「消費増税までの2年間で経済再生に道筋を」と題した『緊急リポート』を発表し1た 。これは、安倍政権の発足直後である2013年1月に発表した「安倍政権で何が変わるのか」 2、2013年7月に発表した「アベノミクスで何が変わったのか」 3、さらに1年前の2014年1月に発表した「アベノミクスの1年間の評価は70点」 4、昨年7月の「202

2015年はアベノミクス再機動成功の年となるか?

2015年はアベノミクス再機動成功の年となるか? 2015/01/15経済・社会政策部 片岡剛士年も改まり2015年となった。のっけから反省とお詫びで恐縮だが、本コラムは毎月一回程度のペースを目途に発信することになっている。しかし昨年後半は拙著『日本経済はなぜ浮上しないのか-アベノミクス第2ステージへの論点』(幻冬舎)の刊行作業やその他の業務に忙殺されてしまい、滞りがちとなってしまった。今年は毎月一回の執筆ペースを少なくとも守れるよう努力していきたい。2014年の日本経済は、安倍政権の経済政策(

2015年1月9日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

安倍政権発足以降の景況感や家計収支の状況-地方部ほど景況感は悪く実質所得は減少。更なる増税には負担軽減措置の検討を

安倍政権発足以降の景況感や家計収支の状況-地方部ほど景況感は悪く実質所得は減少。更なる増税には負担軽減措置の検討を。 | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 安倍政権発足以降の景況感や家計収支の状況-地方部ほど景況感は悪く実質所得は減少。更なる増税には負担軽減措置の検討を。安倍政権発足以降の景況感や家計収支の状況-地方部ほど景況感は悪く実質所得は減少。更なる増税には負担軽減措置の検討を。 生活研究部 主任研究員 久我 尚子基礎研 Report Head Lineではそん

2015年1月6日大和総研フィードバック数:0社会/政治

消費の本格回復に期待したい2015年

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2015年1月6日パブリック・ポリシー・チーム エコノミスト 神田 慶司2014年11月に安倍首相は、2015年10月に実施予定の消費税率10%への引上げを18カ月延期すると表明した。デフレ脱却を目指す安倍政権にとって、2017年4月までに再増税できる経済環境を整えることが財政健全化のための課題となった。現政権が発足して2年、再増税まであと2年強であるから、アベノミクスは言わば折り返し地点にある。これ

2014年12月2日言論NPOフィードバック数:0社会/政治

安倍政権2年の11政策分野の実績評価は2.5点(5点満点)

安倍政権2年の11政策分野の実績評価は2.5点(5点満点) 言論NPOは12月14日の衆議院選挙を前に、2012年衆議院選挙でのマニフェスト、安倍首相の所信表明や施政方針演説などで、国民に対して約束した安倍政権の中心的な政策67項目を抽出し、2年間でどのような成果を出したのかを検証しました。この結果を、安倍政権2年の通信簿として、12月1日に公表しました。 その結果は、5点満点で2.5点となり、昨年の12月26日時点で行った安倍政権1年の評価結果(2.7点)から微減するという結果でした。 まず、

2014年12月1日日本総研フィードバック数:0社会/政治

【アベノミクスを考える No.7】第2次安倍政権の政策実績評価-総選挙に向けた経済政策論議のポイント

Research Reporthttp://www.jri.co.jp≪アベノミクスを考える No.7≫2014 年 12 月 1 日No.2014-006第2次安倍政権の政策実績評価~ 総選挙に向けた経済政策論議のポイント ~調査部 政策評価プロジェクトチーム《要 点》 今般の解散・総選挙の決定を受け、本レポートでは、争点とされている「アベノミクス」、すなわち第2次安倍政権発足後約2年間の経済政策の実績評価を行った。 アベノミクスを構成する3本の矢のうち、主に初めの2本が功を奏する形で、最

2014年11月29日日経BPフィードバック数:0社会/政治要登録

「解散評価しない」「消費税は引き上げるべき」が多数

「解散評価しない」「消費税は引き上げるべき」が多数電撃解散、有権者はこう見る※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となりますclose  「アベノミクスを前に進めるのか、それとも止めてしまうのか。それを問う選挙だ」。11月21日、安倍晋三首相は衆院解散後の記者会見で今回の選挙を、自身の経済政策を継続するか否かが最大の争点であると強調した。 消費再増税の延期をきっかけに「国民に信を問う」として突然の解散・総選挙に踏み切った安倍首相。第2次安倍政権発足後の中間評価とこの選挙を位置付ける構えだ

円安になりやすい時間帯は存在するか?-米ドル/円の「時間効果」を計測してみる

円安になりやすい時間帯は存在するか?-米ドル/円の「時間効果」を計測してみる | ニッセイ基礎研究所 円安になりやすい時間帯は存在するか?-米ドル/円の「時間効果」を計測してみる 金融研究部 准主任研究員 福本 勇樹基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2014年10月31日に日銀が追加金融緩和を決定した後、1週間で米ドル/円は一時115円まで円安が進んだ。2012

安倍政権発足以降の個人消費の状況-若年層と地方部で目立つ増税後の実質所得の減少、更なる増税には負担軽減措置の検討を

安倍政権発足以降の個人消費の状況-若年層と地方部で目立つ増税後の実質所得の減少、更なる増税には負担軽減措置の検討を | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 暮らし > 消費者行動 > 安倍政権発足以降の個人消費の状況-若年層と地方部で目立つ増税後の実質所得の減少、更なる増税には負担軽減措置の検討を安倍政権発足以降の個人消費の状況-若年層と地方部で目立つ増税後の実質所得の減少、更なる増税には負担軽減措置の検討を 生活研究部 主任研究員 久我 尚子基礎研 Report He

2014年10月26日EY Japanフィードバック数:0ビジネス

2014年株主総会の議決権行使結果 ~TOPIX 100採用銘柄の分析を中心に~

シリーズ:成長戦略としてのコーポレートガバナンス2014年株主総会の議決権行使結果 ~TOPIX 100採用銘柄の分析を中心に~安倍政権は日本経済の再生に向け、金融・財政政策に続く第三の矢として成長戦略を掲げており、その中でコーポレートガバナンス改革を打ち出している。これは日本企業のグローバル競争力強化に資本市場の力を生かそうとする同政権の意図を反映しており、企業(経営者)に資本市場との良好な関係の構築を促すものと考えられる。これを踏まえてEY総合研究所では、「シリーズ:成長戦略としてのコーポレ

2014年10月22日エン・ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

女性活躍推進の現状と採用のポイント

「人」、そして「企業」の縁を考える。人材採用・入社後活躍のエン・ジャパンメニュー 2,000名以上の女性の調査結果より女性活躍推進の現状と採用のポイントを公開ー人事担当者向け 中途採用支援サイト「エン 人事のミカタ」アンケートー 人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木孝二)が運営する人事担当者向け中途採用支援サイト『エン 人事のミカタ』( https://partners.en-japan.com )上で過去にエン・ジャパンが行った独自調査を元に、

2014年7月21日MCEIフィードバック数:0社会/政治

実務家から見た経済現況:アベノミクスの通信簿

[MCEI東京支部] ,景気 経済 生活 給与 消費 マーケティング 緩和 アベノミクス 安倍政権 財政

成長戦略への違和感と期待

成長戦略への違和感と期待 | ニッセイ基礎研究所 基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 先月、安倍政権が掲げる3本の矢の3本目となる成長戦略(日本再興戦略)の改訂版が閣議決定された。法人税減税に言及したほか、農業や医療分野での規制改革が示された。筆者は成長戦略に対して、漠然とした違和感を覚えてきた。これは政策メニューに対する批判ではない。はじめのうち、それは「成長」

2014年3月4日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

やはり為替は「達磨さんが転んだ」、円安継続なるか

リサーチ TODAY2014 年 3 月 4 日やはり為替は「達磨さんが転んだ」、円安継続なるか常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創円ドル為替相場は、年初105円台の円安水準を付けたものの、1月後半にそのトレンドが転換した。過去1年の円安トレンドは転換したのではないかとの見方もある。筆者が抱いてきた円ドル為替の見方は、一貫して「達磨さんが転んだ」という子どもの遊びに例えられるとし、円ドル為替は米国側要因で方向性が決まるとするものだ。それゆえ、2013年以降のドル高へのトレンド転換は変わらな

2014年3月4日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

個人向け国債、住宅ローンから見た個人の金利先高観

個人向け国債、住宅ローンから見た個人の金利先高観 | ニッセイ基礎研究所 個人向け国債、住宅ローンから見た個人の金利先高観 新美 隆宏基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 安倍政権が発足して1年2ヶ月が経過したが、この間に我が国の金融政策は大きく変わった。昨年1月に日銀と政府が共同声明を発表し、消費者物価の前年比上昇率2%が物価安定の「目途」から「目標」に変わった。

2014年3月3日大和総研フィードバック数:0社会/政治

安倍政権の成長戦略の要点とその評価

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 安倍政権の成長戦略の要点とその評価~三本目の矢は本当に効くのか?~『大和総研調査季報』 2014年新春号(Vol.13)掲載 安倍政権の成長戦略は、全体的に民間活力を活かすような経済構造への転換がうたわれているが、よりその効果を高めるには、企業の参入・退出を促す「競争政策」と異質な知識を融合する「多様な人材の活用」が欠かせず、そのために政府は市場規制・制度をより質の高いものへと改革することが必要だ。例

2014年2月21日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

警戒警報、海外投資家が発するアベノミクスへの不信

リサーチ TODAY2014 年 2 月 21 日警戒警報、海外投資家が発するアベノミクスへの不信常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創下記の図表は各国の指導者に対する投資家の信頼感を示している。楽観者の割合から悲観者の割合を引いた指数で比較すると、前回の2013年9月は日本の安倍首相が主要国のなかでトップであったが、今回2014年1月調査では安倍首相の評価が大きく低下した。昨日のTODAYで議論したように1、今年1月後半からグローバルな株価調整が起きた理由、「リスク・オン」から「リスク・オ

2014年2月19日大和総研★フィードバック数:0社会/政治

中期予測です。

アベノミクスの2年目の評価と課題

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 アベノミクスの2年目の評価と課題日本経済中期予測(2014年2月)第2章 ◆消費者物価上昇率が2%に届かない中、日銀による金融緩和は基本的に継続されると見込んでいる。金利の抑制効果を通じて国内景気を押し上げるとみられるが、その効果は限定的であろう。金融政策だけでインフレ目標を実現することは難しく、合わせて成長戦略の実行が必要である。◆安倍政権の成長戦略の評価はB(良)の下くらいである。成長率を高めるた

2014年2月6日大和総研★フィードバック数:0社会/政治

今後10年間の予測です。

日本経済中期予測(2014年2月)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 日本経済中期予測(2014年2月)牽引役不在の世界経済で試される日本の改革への本気度 ◆この一年間、安倍政権は、大胆な金融緩和や機動的な財政出動、民間投資を喚起する成長戦略など、いわゆるアベノミクスを推し進めてきた。この結果、期待が先行する形で円安が進み、足元では失業率は4%を下回ってCPI上昇率もプラスに転じている。◆大和総研では、こうした政策変化を織り込んで日本経済中期予測を一年ぶりに改訂した。今

2014年2月2日中央調査社フィードバック数:0社会/政治

2014年の展望―日本の政治 ―景気、原発、憲法焦点に―

■「中央調査報(No.675)」より ■ 2014年の展望―日本の政治 ―景気、原発、憲法焦点に―時事通信社 政治部次長 松山 隆2014年は大型の国政選挙が予定されず、巨大与党に支えられる安倍晋三首相の政権運営を軸に政局が展開していく見通しだ。長期政権をうかがう首相は、経済政策「アベノミクス」への世論の支持を推進力と捉え、引き続き経済対策に最優先で取り組む方針。ただ、4月の消費税率引き上げが経済に及ぼす影響は読み切れていない。景気が著しく落ち込めば、憲法や安全保障など「安倍カラー」の強い政策の

経営者アンケートです。

第4回 企業経営者・緊急アンケート調査結果 「安倍政権発足1年~現下の経済と企業経営~」

企業経営者 緊急アンケート調査報告安倍政権発足1年~現下の経済と企業経営~2014年1月23日経済成長フォーラム<調査結果①>今後の日本経済について・政府の経済成長目標(名目3%/実質2%)の実現は「可能だと思う」とする経営者が全体の1/3(34.6%)を占めた。前回調査(2013年4月/37.0%)から大きく変わっていない。1© 経済成長フォーラム<調査結果②>今後の日本経済について・今後の名目経済成長率は「2~3%未満」・「3~4%未満」が急増し、あわせて過半(55.1%)を占めた。一方、実

2014年1月24日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[緊急リポート]アベノミクス1年間の評価は70点~ビジネス環境No.1に向けた10の政策提言~

【緊急リポート】アベノミクス1年間の評価は70点~ビジネス環境No.1に向けた10の政策提言~2014年1月23日みずほ総合研究所《 構 成 》1. 安倍政権1年間の経済政策2. アベノミクス1年とマーケットの変化3. アベノミクス1年とマクロ経済の変化4. 日本経済の再生に向けた政策提言5. 今後の展望 ~ まとめ(※) 本資料は、みずほ総合研究所調査本部が作成した。11.安倍政権1年間の経済政策~ アベノミクスの回顧と評価 、過去1年の評価は70点~21.(1) 安倍政権1年間の振り返り :

安倍政権の経済政策と2013 年・2014 年の日本経済

安倍政権の経済政策と2013 年・2014 年の日本経済 2013/12/26経済・社会政策部 片岡剛士早いもので2013 年の終わりまで数日となった。2013 年の日本経済のメイントピックはアベノミクスと言えるだろう。安倍首相が提唱した「大胆な」金融政策、「機動的な」財政政策、「民間投資を喚起する」成長戦略の三本の矢からなる経済政策-アベノミクス-に対しては当初から様々な議論があったが、円安・株高といった資産市場の好転のみならず、2013 年1-3 月期及び4-6 月期の実質GDP 成長率は年

2013年12月27日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

アベノミクス1年、なさざること ~消費税増税に挑戦する2014年に襟を正す~

Economic Trends経済関連レポートアベノミクス1年、なさざること 発表日:2013年12月26日(木)~ 消 費 税 増 税 に 挑 戦 す る 2014年 に 襟 を 正 す ~第一生命経済研究所 経済調査部担当 熊野英生(℡:03-5221-5223)安倍政権が発足して 12 月 26 日でちょうど1年目になる。循環的景気拡大は進んだが、一方で構造問題が置き去りにされてはいけない。人口減少、地方の疲弊、産業空洞化など構造的課題はまだ残されている。財政規律が、消費税収の増加で緩むと

2013年11月21日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

祝アベノミクス1年、目指すは企業活動の活性好循環

リサーチ TODAY2013 年 11 月 21 日祝アベノミクス1年、目指すは企業活動の活性好循環常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創みずほ総合研究所がこのほど出版した『日本経済の明日を読む2014』1の主題は、アベノミクスによる効果をどう評価するかであるが、ポイントは成長戦略を通じた企業への支援姿勢が、今後企業活動に好循環をもたらすことができるかにある。下記の図表は、『日本経済の明日を読む2014』に示された、安倍政権が目指す経済再生への好循環を示す図表である。■図表:安倍政権が目指す

2013年11月15日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

法人税率の独並引き下げ、10年間で4兆円投資押し上げ

リサーチ TODAY2013 年 11 月 15 日法人税率の独並引き下げ、10年間で4兆円投資押し上げ常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創政府は2014年4月に消費税率を8%に引き上げるのに合わせ、設備投資を促す設備投資減税の実施を決定した。さらに、安倍政権はポリシーミックスの一環として法人税率の引き下げに向けた対応を示してきた。具体的には、東日本大震災に絡んだ復興特別増税での法人税率引き上げを1年前倒しで終えるものである。同時に、2015年以降段階的に中長期的な法人税の実効税率の引き下

2013年10月29日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

アベノミクスの政策対応を整理 ~法人税減税と消費税増税と賃上げ要請の関係~

Economic Trends経済関連レポートアベノミクスの政策対応を整理発表日:2013年10月28日(月)~法人税減税と消費税増税と賃上げ要請の関係~第一生命経済研究所 経済調査部担当 熊野英生(℡:03-5221-5223)しばしば「安倍政権は消費税を増税して、法人税を減税するのはおかしい」との批判を耳にする。この点について経済学者やエコノミストは政策意図をもっと整理して話す必要がある。法人税減税と賃上げ促進は、企業優遇でも家計優遇でもない。消費税は増税しても法人税を減税するから財政再建至

グラフで見る関西経済(2013年10月)

2013年10月24日【今月の景気判断】関西経済は緩やかに持ち直している。生産は昨年11月を底に緩やかに持ち直している。輸出は、電気機器、化学など近畿地区での比重が高い品目で増加が続いており、持ち直しの動きがみられる。また、完全失業率、有効求人倍率など雇用環境も緩やかに持ち直しており、賃金は緩やかに減少しているものの、個人消費は緩やかに持ち直している。設備投資は、一部調査で今年度の増加を見込むものもあるが、実績の数字をみると減少している。住宅投資は、金利先高感、来年の消費税率アップの影響から緩や

2013年10月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治

日本経済見通し:日本経済のリスク要因を検証する

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 日本経済見通し:日本経済のリスク要因を検証する景気は「アベノミクス」の効果で着実に回復。4つのリスクに要注意 ◆メインシナリオ:日本経済は着実な回復軌道へ:日本経済は2012年11月を底に回復局面に入ったが、今後も着実な景気拡大が続くとみられる(→詳細は、熊谷亮丸他「第178回 日本経済予測(改訂版)」(2013年9月9日)参照)。安倍政権の経済政策(いわゆる「アベノミクス」)は日本経済再生の起爆剤と

グラフで見る関西経済(2013年9月)

2013年09月26日【今月の景気判断】関西経済は緩やかに持ち直している。生産は昨年11月を底に緩やかに持ち直している。輸出は、7月の実質輸出が3ヶ月ぶりに減少したが、均してみると持ち直しの動きがみられる。また、完全失業率、有効求人倍率など雇用環境も緩やかに持ち直している。一方、賃金は弱含んでいるが、個人消費は緩やかに持ち直している。設備投資は、一部調査で今年度の増加を見込むものもあるが、実績の数字をみると減少している。住宅投資は、金利先高感、来年の消費税率アップの影響から緩やかに増加している。

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ