「安否確認」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

災害への備えに関する調査

2017 年 3 月 2 日【東日本大震災発生から 6 年】「災害への備えに関する調査」結果~あなたは大丈夫?半数以上が災害時の家族の安否確認の方法を決めていない!~損害保険ジャパン日本興亜株式会社(社長:西澤 敬二、以下「損保ジャパン日本興亜」)は、東日本大震災の発生から 6 年が経過する 3 月 11 日を前に、「災害への備えに関する調査」を実施しました。その調査結果および専門家からのコメントをご案内いたします。■調査結果のポイント1.8 割以上の方が、東日本大震災以降、防災の意識が高まった

2016年9月1日インターワイヤードフィードバック数:0社会/政治

「防災対策」に関するアンケート

● 防災用に備蓄している人・・・45.0%。1人暮らしでは7割が備蓄なし● 家族と避難所や避難経路を話し合っていますか?57.7%が「決めていない」インターワイヤード株式会社が運営するネットリサーチのDIMSDRIVEでは、「防災対策」について アンケートを行い、防災対策として備蓄しているものや、備蓄していない理由、安否確認の方法などに ついてまとめました。調査は2016年6月24日〜7月11日にかけて実施し、DIMSDRIVEモニター4,520人から回答を得ています。Tweet ● 防災用に備

2016年8月9日プラネットフィードバック数:0社会/政治

防災対策に関する意識調査

防災対策の備蓄品、男性は“サバイバル”、女性は生活必需品〜災害時、実際に役に立つのは 非常食より日常のストック〜 国内1,200社超が利用する日用品流通の情報基盤を運営する株式会社プラネット(所在地:東京都港区、代表取締役 社長:田上正勝)は、日用品にまつわるトピックスをお届けする『Fromプラネット』の第43号として、防災対策に関する意識調査の結果をご紹介します。 防災のために「備蓄している」は5割以下…必要だとは思いつつも“面倒” 東日本大震災以降、防災に対する関心は高まっています。では実

2013年8月13日第一生命保険★フィードバック数:0社会/政治

貴重な調査です。

障がい者・要介護者の災害への備えと災害支援に関する調査

2013年8月 12 日障がい者本人と要介護者の家族 742 名に聞いた~防災グッズの準備、避難方法についての話し合いの実施率は3割台にとどまる~第一生命保険株式会社(社長 渡邉 光一郎)のシンクタンク、株式会社第一生命経済研究所(社長 長谷川 公敏)では、障がい者本人 285 名および要介護者の家族 457 名に、標記についてのアンケート調査を実施いたしました。この程、その調査結果がまとまりましたのでご報告いたします。≪調査結果のポイント≫災害時における手助けの必要性 (P.2)● 過半数の要

2012年11月27日アイティメディア★フィードバック数:6企業情報システム

企業での情報共有とそのためのツールについての調査です。

ITによる情報共有の取り組み状況(2012年)

キーマンズネットでは、2012年8月28日〜9月4日にかけて「ITによる情報共有の取り組み状況」に関するアンケートを実施した(有効回答数:627)。回答者の顔ぶれは、情報システム部門が全体の49.0%、一般部門が51.0%という構成比であった。今回お聞きしたのは、情報共有の取り組み状況やITツール利用のメリット・デメリット、導入予定のITツールなど、企業におけるITによる情報共有の取り組み状況を把握するための質問。その結果、約7割の企業がITによる情報共有を全社的に行っていることや、導入予定のI

2012年3月8日総務省フィードバック数:37セキュリティ/ネットワーク

災害時における情報通信の在り方に関する調査結果

報道資料災害時における情報通信の在り方に関する調査結果総務省は、株三菱総合研究所に委託し、東日本大震災の発災時から平成23年4月末頃までにおける被災者の方々の情報行動やICTの活用状況についてインタビュー調査を実施し、その結果を取りまとめましたので、公表します。 調査対象者岩手県宮古市・大槌町・釜石市・大船渡市・陸前高田市、宮城県気仙沼市・南三陸町・石巻市・仙台市・名取市及び福島県南相馬市・いわき市で被災された方・ボランティア等の活動をされている方:306件フェースシートを事前配布し基本属

震災と仕事についての調査結果です。

「ポスト3.11の仕事観」に関する調査

サービス 業界ごとに直面する特有の課題と、どの業界にも共通する課題。双方を解決してはじめて、ビジネスの基盤は揺るぎないものになり、さらなる成長への軌道が見えてきます。私たちは、インダストリー分野とファンクション分野、それぞれに精通したエキスパートが横断的にチームを組み、つねに最善のコンサルティング・サービスを提供いたします。 レポート NTTデータ経営研究所では、お客様が直面する重要な経営課題、IT課題を取り上げ、 独自の取組みから得られた実践的オピニオンを発信しています。主な発信情報をご

2011年7月19日NTTデータ経営研究所★フィードバック数:27企業情報システム

BCPについての調査結果です。

東日本大震災を受けた企業の事業継続に係る意識調査

サービス 業界ごとに直面する特有の課題と、どの業界にも共通する課題。双方を解決してはじめて、ビジネスの基盤は揺るぎないものになり、さらなる成長への軌道が見えてきます。私たちは、インダストリー分野とファンクション分野、それぞれに精通したエキスパートが横断的にチームを組み、つねに最善のコンサルティング・サービスを提供いたします。 レポート NTTデータ経営研究所では、お客様が直面する重要な経営課題、IT課題を取り上げ、 独自の取組みから得られた実践的オピニオンを発信しています。主な発信情報をご

2011年5月9日アイシェアフィードバック数:1マーケティング

Webサービスの非常時利用に関する意識調査

8割が利用意向!Webサービスでの非常時連絡 Webサービスの非常時利用に関する意識調査東日本大震災発生後、電話回線の混雑から通話規制がかかり、すぐに利用できないという事態が起こった。一方、インターネット電話やボイスチャットなどの“Webサービス”では連絡が取れたというが、利用者はどのくらいいたのだろうか。今後の利用意向についても合わせて調査を実施。回答者は被災地域を除く20代から40代のインターネットユーザー1,193名。調査実施日は4月15日。インターネット回線を利用して、他者と連絡可能なW

2011年4月15日労務行政研究所フィードバック数:0社会/政治

ビジネスパーソンの東日本大震災に関するアンケート

震災後の今の不安は原発51.7%、余震49.0%〜1都5県のビジネスパーソン412人アンケート〜労務行政研究所ジンジュール編集部では「ビジネスパーソンの東日本大震災に関するアンケート」を実施した。それによると、震災当日〜翌日にかけて帰宅した人は74%で、うち45%が帰宅手段に徒歩を含む。現在の不安は「原発事故による健康被害」「余震や再びの天災への備え」が約半数に上る−−ことなどがわかった。 ■1.震災当日の状況1-1 震災の瞬間、どこで何をしていたか民間調査機関の(財)労務行政研究所(理事長:

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ