「安定性」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年11月19日レジェンダフィードバック数:0キャリアとスキル

転職サイト登録後スカウトメール受け取る9割(社会人調査)

社会人の意識/実態調査 10月実施(2016年10月27日~11月4日)『仕事観や転職について』 働く意味は「生活やお金のため」8割。現在の会社に「満足」7割。満足している点は「雇用の安定性」がトップで36.4%。転職願望は2人に1人。転職サイト登録後スカウトメールを受け取る人は9割。レジェンダ・コーポレーションでは、社会人(入社1年目~7年目)を対象に、仕事観や転職に関する意識/実態調査を実施しましたので調査結果を報告いたします。 調査概要社会人の意識/実態調査インターネットによる調査(当社

2016年10月24日日刊工業新聞★★フィードバック数:0ビジネス

第12回企業力ランキング

[ トピックス ] 第12回企業力ランキング/トヨタが3年連続首位 (2016/10/17 05:00)日刊工業新聞社は、主要上場企業を対象とした「第12回企業力ランキング」(経済産業省後援)の調査結果をまとめた。総合得点はトヨタ自動車が3年連続で首位。60点以上は前回調査の18社から16社に減少した。ただ平均点は前回の32・9点から34・0点に上がっており、上位企業以外に改善が広がったことを示している。(末尾に調査協力企業一覧)この調査は産業界の模範となる「真に力のある企業」の選出を目的に毎年

「電力」に関する調査

HOMEニュースリリース:2016年電力自由化に関する認知度9割超えるも、導入意向低いまま 若年層ほど紙の検針票のみで確認、年配層はWebと併用の傾向電力自由化に関する認知度9割超えるも、導入意向低いまま若年層ほど紙の検針票のみで確認、年配層はWebと併用の傾向2016年8月9日  情報管理ソリューションのトッパン・フォームズ株式会社(以下、トッパンフォームズ)は、2016年4月より家庭向け電力の小売り自由化(以下、電力自由化)が開始されたことを受け「電力」に関する調査を実施しました。電力自

2016年6月14日エン・ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

「正社員で働くこと」をテーマにアンケート

正社員で働きたい理由は「お金」と「雇用の安定性」。正社員で働く際の懸念点は…?『 エンウィメンズワーク 』ユーザーアンケート集計結果 人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木 孝二)が運営する、正社員勤務を希望する女性向け求人情報サイト『エンウィメンズワーク』()上で、「正社員で働くこと」をテーマにアンケートを行ない、20代~40代の女性786名から回答を得ました。以下、結果をご報告いたします。 調査結果 概要 正社員で働きたい理由は「お金」と「雇用

2015年4月22日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

金融システムレポート(2015年4月号)

ENGLISH2015年4月22日 日本銀行要旨:金融システムの総合評価わが国の金融システムは、安定性を維持している。金融仲介活動は、より円滑に行われるようになっている。金融システムの機能度金融機関は、引き続き、国内外で貸出を積極化している。国内では、リスクを取る方向での業務運営を指向し、成長事業の育成・事業再生への取り組みを強めている。こうしたもとで、金融機関の国内貸出は、企業向けを中心に緩やかな増加を続けており、企業規模、業種、地域のいずれの面でも徐々に広がりが出てきている。海外においても、

課題が表面化する太陽光発電市場-投資対象としての安定性は魅力

課題が表面化する太陽光発電市場-投資対象としての安定性は魅力 | ニッセイ基礎研究所 課題が表面化する太陽光発電市場-投資対象としての安定性は魅力 金融研究部 Chief Analyst 増宮 守拡大の著しい太陽光発電市場では、事業参入の申請が急増するなか、様々な課題が表面化している。しかし、稼働中の太陽光発電施設への長期投資についてみると、安定したキャシュフローの魅力は変わらず、投資家には冷静に投資機会を見極めていく姿勢が求められる。 レポート研究領域経済 金融・為替 アセットマ

2014年10月20日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

金融システムレポート(2014年10月号)

ENGLISH2014年10月17日 日本銀行金融システムの総合評価わが国の金融システムは、安定性を維持している。金融仲介活動は、より円滑に行われるようになっている。金融システムの機能度金融機関は、引き続き、国内外で貸出を積極化している。国内では、相対的に信用力の低い企業への貸出にも取り組むなど、リスクを取る方向での業務運営を指向している。成長事業の育成や事業再生にも着実に取り組んでいる。国内貸出は、幾分伸びを高めており、徐々に地域・業種の広がりもみられる。この間、資金需要が緩やかな増加にとどま

チリ経済の現状と今後の展望~ 南米らしくない健全性・安定性を示すチリ経済 ~

○南米のブラジルやアルゼンチンで経済の先行きに懸念が浮上する中、「南米らしくない」健全性と安定性を示すチリ経済が注目されている。チリのソブリン格付けは、中南米地域で最高ランクとなっており、オランダなどの欧米先進国とほぼ同等である。○チリ経済は、中長期的に安定した成長を続けており、また、ブラジル・アルゼンチンで発生したような通貨危機やハイパーインフレーションを経験したこともない。最近の景気は、個人消費主導で安定的に推移しており、それを支えているのは、雇用所得環境の良好さとペソの為替相場の高止まりで

2014年7月22日アイティメディア★フィードバック数:0企業情報システム

キーマンズがデスクトップ仮想化についての調査結果を公表しました。

デスクトップ仮想化の導入状況(2014年)

キーマンズネットでは、2014年5月28日〜2014年6月4日にかけて「デスクトップ仮想化の導入状況」に関するアンケートを実施した(有効回答数:349)。回答者の顔ぶれは、情報システム部門が全体の44.4%、一般部門が55.6%という構成比であった。今回お聞きしたのは、利用・検討しているデスクトップ仮想化の「導入状況」「導入目的」「重視ポイント」「満足度」「導入しない理由」など、デスクトップ仮想化の導入状況を把握するための質問。その結果、企業規模別に見ると大企業でも34.0%がデスクトップ仮想化

2014年7月10日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

後始末型金融政策は万能か~金融安定性に対する金融政策の役割を巡る一考察~

後始末型金融政策は万能か~金融安定性に対する金融政策の役割を巡る一考察~

2014年5月13日アイティメディア★フィードバック数:0企業情報システム

キーマンズがIaaS、PaaSについての調査結果を公表しました。

IaaS/PaaSの導入状況

キーマンズネットでは、2014年2月19日〜2014年3月4日にかけて「IaaS(Infrastructure as a Service)/PaaS(Platform as a Service)の導入状況」に関するアンケートを実施した(有効回答数:332)。回答者の顔ぶれは、情報システム部門が全体の44.3%、一般部門が55.7%という構成比であった。今回お聞きしたのは、導入・検討しているIaaS/PaaSの「導入状況」「導入した目的・きっかけ」「重視ポイント」「満足度」「導入しない理由」など、

2014年4月9日特許庁フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

侵害訴訟等における特許の安定性に資する特許制度・運用に関する調査研究

侵害訴訟等における特許の安定性に資する特許制度・運用に関する調査研究

2014年4月9日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

インドネシア総選挙、今後の行方を展望する ~政権交代含みだが、次期政権の路線や安定性などには不透明さが多い~

インドネシア総選挙、今後の行方を展望する ~政権交代含みだが、次期政権の路線や安定性などには不透明さが多い~

2013年11月27日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

流動性と安定性を目指すべき雇用改革 ~雇用を考える(4):若者・女性・高齢者の活躍が労働力維持の鍵~

流動性と安定性を目指すべき雇用改革 ~雇用を考える(4):若者・女性・高齢者の活躍が労働力維持の鍵~

投資家保有構造から考える日本国債の安定性

投資家保有構造から考える日本国債の安定性

2012年8月28日アイティメディア★フィードバック数:1セキュリティ/ネットワーク

キーマンズがインターネットVPNについての調査結果を公表しました。

インターネットVPNの導入状況

キーマンズネットでは、2012年5月15日〜2012年5月22日にかけて「インターネットVPNの導入」に関するアンケートを実施した(有効回答数:574)。回答者の顔ぶれは、情報システム部門が全体の51.0%、一般部門が49.0%という構成比であった。今回、お聞きしたのはインターネットVPNの「利用用途」や「選定時の重要ポイント」など、その導入状況を把握するための質問。その結果、全体の5割以上がインターネットVPNを導入済みで、その多くが拠点間接続に用いられている傾向にあることが分かった。なお、グ

2011年11月9日日経BPフィードバック数:3社会/政治

線量計に関心あり~重視するのは「コストより精度や安定性」

線量計に関心あり~重視するのは「コストより精度や安定性」個人で線量計を持ちたいですか(その2)※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となりますclose 日本各地から、高い放射線量を含んだ食べ物やいわゆる「ホットスポット」に関する話題が増えてます。福島第一原子力発電所の事故から8カ月たとうとしているのに、このような話題が増えているのはなぜでしょう。 質問編でも書きましたが、2つの見方があります。1つは事故による被害が収束せず、さらに拡散している、という見方です。もう1つが、事故から半年以

2011年7月12日アイティメディア★フィードバック数:4セキュリティ/ネットワーク

キーマンズによるメール誤送信防止システムについての調査結果です。

メール誤送信防止システムの導入状況

キーマンズネットでは、2011年5月10日〜 2011年5月17日にかけて「メール誤送信防止システムの導入状況」に関するアンケートを実施した(有効回答数:764)。今回、お聞きしたのは「導入状況」「必要な機能」「メール誤送信の経験」など、メール誤送信防止システムの導入状況を把握するための質問。その結果、導入済み企業はまだ1割程度だが、約4割もの方が実際にメール誤送信の経験が「ある」と回答していることが明らかになった。なお、グラフ内で使用している合計値と合計欄の値が丸め誤差により一致しない場合があ

2011年2月24日アイティメディア★フィードバック数:5企業情報システム

キーマンズがサーバ仮想化に関する調査結果を発表しました。

サーバ仮想化ソフトの導入状況

キーマンズネットでは、2010年11月22日(月)〜 11月30日(火)にかけて「サーバ仮想化ソフトの導入状況」に関するアンケートを実施した(有効回答数:559)。回答者の顔ぶれは、情報システム部門が全体の68.3%、一般部門が31.7%という構成比であった。今回、お聞きしたのは「導入目的」「重視ポイント」「課題や悩み」など、サーバ仮想化ソフトの導入状況を把握するための質問。その結果、大企業では過半数を超える企業が導入済みで、そのうちの7割を超える企業がサーバ仮想化に満足していることが明らかにな

JUASによる企業のIT投資等に関する調査です。

企業IT動向調査2010

企業IT動向調査2010社団法人日本情報システム・ユーザー協会(略称:JUAS)は、『第16回 企業IT動向調査2010』アンケート調査を2009年11月から2010年3月にかけて実施いたしました。 本調査は、過去15年間継続して実施しており、今回で第16回目にあたります。企業のIT部門、社内IT利用部門を対象に、アンケート調査とインタビュー調査を行い、企業におけるIT投資、IT利用の現状と経年変化を明らかにするとともに、年度ごとに重点テーマを設定し分析を行っております。 2009年度は、前年度

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ