「安定成長」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年5月29日三菱総合研究所★フィードバック数:0社会/政治

2030年までの展望です。

内外経済の中長期展望 2015-2030年度

内外経済の中長期展望 2015-2030年度三菱総合研究所2015.05.28プレスリリース株式会社三菱総合研究所(代表取締役社長:大森京太、東京都千代田区永田町二丁目10番3号)は、2015-2030年度の内外経済の中長期展望に関するレポートをまとめました。要 旨【日本経済の展望】アベノミクスが始動して約2年半が経過、経済は緩やかな回復基調にあり、デフレ脱却も視野に入ってきている。とはいえ、金融緩和や財政出動に依存した景気回復は持続的ではない。現在0.7%程度の潜在成長率は2020年代半ばに0

アジア新興国・地域の経済見通し~原油安の恩恵で、内需中心の安定成長へ

アジア新興国・地域の経済見通し~原油安の恩恵で、内需中心の安定成長へ | ニッセイ基礎研究所 アジア新興国・地域の経済見通し~原油安の恩恵で、内需中心の安定成長へ 経済研究部 研究員 斉藤 誠アジア新興国・地域の10-12月期の成長率は前年同期比+5.8%と、前期の同+6.0%から鈍化した。直近3年平均の成長率が5.3%であることを踏まえると、回復基調は失われてはいないようだ。国別に見ると、ASEAN4は比較的堅調で、韓国・台湾・インドが鈍化した。総じて、輸出が中国向けを中心に伸び悩むなか、内

2015年2月2日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

【台湾10-12月期GDP】前年同期比+3.2%~輸出主導の安定成長は継続~

【台湾10-12月期GDP】前年同期比+3.2%~輸出主導の安定成長は継続~ | ニッセイ基礎研究所 【台湾10-12月期GDP】前年同期比+3.2%~輸出主導の安定成長は継続~ 経済研究部 研究員 斉藤 誠台湾の行政院主計総処は1月30日、2014年10-12月期の実質域内総生産(GDP)の速報値を公表した。成長率は前年同期比+3.2%と、前期(同+3.6%)から減速した。これは11月に行政院主計総処が公表した見通し(同+2.8%)を上回ったが、市場予想(同+3.3%)を下回る結果であった。

2015年1月21日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国、「新常態」移行への本気度を示す経済指標 ~不動産市況はリスク要因になるが、今年の安定成長は実現可能と予想~

中国、「新常態」移行への本気度を示す経済指標 ~不動産市況はリスク要因になるが、今年の安定成長は実現可能と予想~

2014年12月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国:2015年は本当に変わるのかを見極める年

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 中国:2015年は本当に変わるのかを見極める年仕切り直しの改革「深化」元年となるか ◆軍と石油閥の重鎮の摘発により、習近平総書記の権力基盤は強固になり、積極的な改革を推進する体制が整いつつある。2013年11月の三中全会で打ち出された改革「深化」路線に回帰する可能性が高まったのである。具体的には、無駄な投資と借金を増やさず、潜在的な不良債権を増やさないこと、さらには既に限界に達している、投資に過度に依

2014年9月11日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

好調なフィリピン経済に忍び寄るインフレの影 ~旺盛な資金流入が内需を押し上げる一方、安定成長には物価抑制が急務~

好調なフィリピン経済に忍び寄るインフレの影 ~旺盛な資金流入が内需を押し上げる一方、安定成長には物価抑制が急務~

2014年8月12日日本総研★フィードバック数:0社会/政治海外

中国経済についてのレポートです。

中国の成長鈍化は安定成長への序章か-金融と財政両面のリスクを検証する

中国の成長鈍化は安定成長への序章か-金融と財政両面のリスクを検証する

2014年4月22日三菱総合研究所★★フィードバック数:0社会/政治

2030年度までの展望です。

内外経済の中長期展望 2014-2030年度

内外経済の中長期展望 2014-2030年度三菱総合研究所2014.04.21プレスリリース株式会社三菱総合研究所(代表取締役社長:大森京太、東京都千代田区永田町二丁目10番3号)は、2014-2030年度の内外経済の中長期展望に関するレポートをまとめました。【日本経済の展望】わが国では、人口減少が続く中、中長期的に持続可能な成長力を示す潜在成長率が、現在の+0.6%程度から2030年度にかけて+0.3%程度へと、低下傾向をたどることが予想される。その下で、実質GDP成長率(年度平均)は、 11

2014年3月10日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

『政府活動報告』に目新しさなし。中国の安定成長が目指すものは ~「安定成長」を目指すには、着実な構造改革によるリスク低減が望まれる~

『政府活動報告』に目新しさなし。中国の安定成長が目指すものは ~「安定成長」を目指すには、着実な構造改革によるリスク低減が望まれる~

2014年1月31日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

アメリカGDP:安定成長に突入か

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 アメリカGDP:安定成長に突入か2013年10-12月期の実質GDP成長率は3.2%増 2014年1月31日ニューヨークリサーチセンター エコノミスト 笠原 滝平◆2013年10-12月期の実質GDP成長率は前期比年率3.2%増となり、2011年4-6月期から続くプラス成長を維持した。2013年通年では財政の逆風により、2012年から成長率が鈍化した。◆個人消費は、雇用・所得環境の改善や資産価格の上昇

2014年1月29日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

ベトナム経済はなぜ堅調か~安定成長の維持には為替政策変更が有効~

ベトナム経済はなぜ堅調か~安定成長の維持には為替政策変更が有効~

2014年1月6日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国経済展望2014年1月号 安定成長への軟着陸を目指す政府

中国経済展望2014年1月号 安定成長への軟着陸を目指す政府

アジア新興国・地域の経済見通し~国内課題が顕在化、安定成長はさらに遠くへ

アジア新興国・地域の経済見通し~国内課題が顕在化、安定成長はさらに遠くへ | ニッセイ基礎研究所 アジア新興国・地域の経済見通し~国内課題が顕在化、安定成長はさらに遠くへ 研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら アジア新興国・地域では成長低迷が続いており、明確な改善が見られない。ASEAN主要国は堅調で、韓国・台湾・インドは不調という二極化の構造はほ

2013年12月9日内閣府★フィードバック数:0社会/政治

白書レベルの資料です。

世界経済の潮流2013 II

世界経済の潮流 2013年 II世界経済の潮流 2013年 II中国の安定成長に向けた課題 PDFファイルを閲覧・印刷いただく場合、Adobe® Reader® プラグインが必要となります。お持ちでない場合は、下記のアイコンをクリックし、アドビシステムズ社のダウンロードページよりインストールしてください。アドビ システムズ社から提供されているAdobe® Reader® プラグインのダウンロードページ 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(

2013年11月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国:安定成長に潜む短期リスク

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 中国:安定成長に潜む短期リスク大気汚染対策のための生産抑制、物価上昇による金融引き締め懸念 ◆足元の中国の景気は安定した推移となっているが、今後3ヵ月~6ヵ月については、2つのリスクへの注意が必要であろう。具体的には、大気汚染対策のための生産抑制や経済活動停滞、そして、物価上昇による金融引き締め懸念である。前者は抜本的な対策が打たれない限り、冬場の固定リスクとなりかねず、特に注意が必要であろう。◆株式

2013年10月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

2013~2015年度日米経済見通し 米国 ~緩和的な金融政策の維持で安定成長~

2013~2015年度日米経済見通し 米国 ~緩和的な金融政策の維持で安定成長~

アジア新興国・地域の経済見通し ~景気減速感が強まり、安定成長へはまだ遠い

アジア新興国・地域の経済見通し ~景気減速感が強まり、安定成長へはまだ遠い | ニッセイ基礎研究所 アジア新興国・地域の経済見通し ~景気減速感が強まり、安定成長へはまだ遠い 研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら アジア新興国・地域では、低成長が長期化している。ASEAN主要国は堅調で、韓国・台湾・インドは不調というこれまで見られた二極化の構造は弱

2013年9月13日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国景気の回復期待は本物か ~外需及び投資主導による生産拡大には持続性になお疑問~

1/2Asia Trends中国景気の回復期待は本物か~外需及び投資主導による生産拡大には持続性になお疑問~ (要旨)マクロ経済分析レポート発表日:2013年9月11日(水) 第一生命経済研究所 経済調査部 担当 主任エコノミスト 西濵 徹(03-5221-4522) 年前半の中国経済は新政権による政策などの影響で景気の減速基調が強まったが、足下では政策の微修正 などにより景気減速懸念は後退している。欧米先進国の景気回復による外需の底入れに加えて、投資主導 による内需拡大は生産拡大を促している

けいざい早わかり 2013年度第7号:成長率の低下が続く中国経済

2013/09/11調査部 野田 麻里子 Q1.中国経済にかつてのような勢いがないようですが Q2.なぜ今回は大型の経済対策が打たれないのですか? Q3.また高成長に戻りますか? Q4.安定成長に向けた課題は何ですか?

中国経済見通し~バブル経済の調整に苦しむ中国、やはり景気失速か、それとも安定成長に軟着陸できるのか?

中国経済見通し~バブル経済の調整に苦しむ中国、やはり景気失速か、それとも安定成長に軟着陸できるのか? | ニッセイ基礎研究所 中国経済見通し~バブル経済の調整に苦しむ中国、やはり景気失速か、それとも安定成長に軟着陸できるのか? 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 中国では、4-6月期の実質経済成長率が前年同期比7.5%増と前四半

2013年7月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

2013~2015年度日米経済見通し 米国 ~2013年後半以降は安定成長へ~

2013~2015年度日米経済見通し 米国 ~2013年後半以降は安定成長へ~

2013年3月12日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 緊縮財政のもと金融緩和の効果等により成長持続(2013、2014年経済予測) ~実質GDP成長率は、13年+1.5%、14年+2.4%と徐々に安定成長へ~

米国 緊縮財政のもと金融緩和の効果等により成長持続(2013、2014年経済予測) ~実質GDP成長率は、13年+1.5%、14年+2.4%と徐々に安定成長へ~

2013年3月7日大和総研フィードバック数:2社会/政治海外

中国:持続的安定成長を強調

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 中国:持続的安定成長を強調矛盾・問題点はそのまま次期政権に引き継ぎ ◆3月5日に開幕した第12期全国人民代表大会(全人代)第1回会議では、10年間にわたり首相を務めた温家宝氏が首相として最後の政府活動報告を行った。経済・社会における矛盾と問題については、発展の不均衡・不調和・持続不可能という問題が依然として際立っていることなどが列挙されたが、そのほとんどは以前より指摘されてきた矛盾・問題であり、これら

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ