「完全雇用」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2014年12月28日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

GlobalMarket Outlook 完全雇用とQQE2

GlobalMarket Outlook 完全雇用とQQE2

ESPフォーキャスト2014年12月調査

ESPフォーキャスト調査1〜3月期は年率1.71%成長見込む−「完全雇用」は失業率2.7%−■2017年5月調査を公表しました(2017年5月15日)民間エコノミストが見込む1〜3月期国内総生産(GDP)の伸びは年率1.71%となった。世界経済の復調を受けて輸出が伸び、2017年度の実質成長率予測も1.4%と、7カ月続けて上方修正された。雇用逼迫が強まり、日本経済は「完全雇用」に達している可能性もある。完全雇用に相当する失業率を聞いたところ、最も多かったのは「2%台後半」で、全フォーキャスターの

2014年9月5日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米国の出口戦略はまだモヤモヤ

リサーチ TODAY2014 年 9 月 5 日米国の出口戦略はまだモヤモヤ常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創みずほ総合研究所が独自に作成し公表しているCSI(Cumulative Surprise Index)によれば、最近の米国経済指標は市場予想と比べた変動が次第に小さくなっている。みずほ総合研究所は7月にCSIの変動に関するリポートを発表している1。下記の図表からCSIが今年6月下旬以降、マイナスに転じていたが、足元では再びプラス圏に戻ってきたことがわかる。最近では、4~6月期のG

2013年4月17日第一生命保険フィードバック数:2社会/政治

2年で2%のインフレは本当か?(中編) ~労働需給だけでは不十分~

Financial Trends経済関連レポート2年で2%のインフレは本当か?(中編)発表日:2013年4月16日(火)~労働需給だけでは不十分~第一生命経済研究所 経済調査部担当 熊野英生(℡:03-5221-5223)多くの人が、暗黙のうちに、景気が良くなれば物価も上がると考えている。物価上昇が起こったとして、本当に 2%の伸び率までいくのだろうか。労働需給から計算すると、労働市場が完全雇用状態に到達して、さらに労働需給が逼迫しないと賃金は十分には上がらない。それに伴って、労働需給の逼迫は中

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ