「定期昇給」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年6月29日マイナビフィードバック数:0キャリアとスキル

2016年ベースアップの実態と転職意識調査

ご覧になりたい「カテゴリー」と「年別ニュース」を選択すると、ソート表示することができます。カテゴリを選択年度を選択 マイナビ転職「2016年ベースアップの実態と転職意識調査」を発表今春ベースアップがあった人は約3割。アップ額の最多は「1,000~1,999円」と低めにシフト株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中川信行)が運営する総合転職情報サイト『マイナビ転職』()は、全国の転職意向のある25歳・30歳・35歳の正社員を対象にした「2016年ベースアップの実態と転職意識調査」

2015年6月25日マイナビ★フィードバック数:0キャリアとスキル

マイナビの調査です。

2015年ベースアップの実態と転職意識調査

ご覧になりたい「カテゴリー」と「年別ニュース」を選択すると、ソート表示することができます。カテゴリを選択年度を選択 マイナビ転職「2015年ベースアップの実態と転職意識調査」を発表今春ベースアップがあった人は約3割、その額は「5,000円以上」が最多。約半数が、ベア実現には「経営者の意識改革」「会社全体の経費削減」が必要と回答株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中川信行)が運営する総合転職情報サイト『マイナビ転職』()は、全国の転職意向のある25歳・30歳・35歳の正社員を対

2015年3月30日内閣府★フィードバック数:0キャリアとスキル

内閣府のレポートです。

最近の賃上げの動きについて

今週の指標 No.1119 最近の賃上げの動きについて ポイント2015年3月30日連合「春闘生活闘争」によると、2014年度において、定期昇給分と賃金改善分を含む賃上げ率は2.07%(うち賃金改善分は0.39%)と15年ぶりの高水準となった。今年の春闘については、3月26日に公表された第2回「春季生活闘争」によると、賃上げ率が2.36%と昨年の第2回調査(2.23%)を0.13%ポイント上回った。第2回調査の賃上げ率の前年からの変化が、最終結果の前年からの変化と同程度となるとすれば、今年の賃

2015年1月7日マイナビフィードバック数:0キャリアとスキル

2014年の年収、上がった? 下がった? - 「定期昇給」「諸行無常」

Q.2014年の年収はどうなりましたか??12カ月働いて、2014年分の年収が確定する季節。今回はマイナビニュース会員のうち男女300名に、2014年の年収は上がったか下がったかを教えてもらった。2013年と比較して、今年の自分の成果や会社の状況を総決算してみよう。Q.2014年の年収はどうなりましたか? 上がった 31.3% 下がった 20.0% 変わらない 48.7%Q.その理由を教えてください上がった■上がることになっている ・「入社3年目までは無条件に上がるから」(25歳女性/金融・証券

2014年7月10日東京都フィードバック数:0キャリアとスキル

2014年 春季賃上げ要求・妥結状況について

2014年 春季賃上げ要求・妥結状況について(平成26年7月3日現在・最終集計)平成26年7月8日産業労働局 東京都は例年、都内の1,000労働組合を対象に、春季賃上げ要求・妥結状況を調査しております。このたび、最終集計結果(平成26年7月3日現在)がまとまりましたのでお知らせします。最終調査結果の特徴(平成26年7月3日現在)都内民間労組の平均妥結額は6,425円 賃上げ率2.04% 対前年比 1,018円(18.83%)増調査対象1,000組合のうち、妥結した労働組合は全体で537組合でした

2013年給与動向 第2回 日台企業昇給事情

台湾の大手人材バンクの調査によると、台湾企業は昇給を実施する際に一番に会社の業績、次に業界平均、そして経営者の意向を基準に昇給率を決めるそうだ。日系企業も同じだろうか? 在台日系企業の昇給状況を紹介する前にまず経営状況を見てみよう。図1は在台日系企業の業績状況を表している。景気の先行き不透明による影響か、2012年比横ばいと予測している企業が増えている。それに連動し、今年は日系企業の昇給にも昨年に比較してやや後ろ向きな傾向が見られる。 図2をご覧頂くと、ベースアップおよび定期昇給の実施率は昨年よ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ