「定量調査」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2018年5月7日ジャストシステムフィードバック数:0デジタル家電

人工知能(AI)&ロボット 月次定点調査(2018年3月度)

半数以上が、AIを活用した「スマホカメラの自動設定機能がほしい」 人工知能(AI)&ロボット 月次定点調査(2018年3月度)半数以上が、AIを活用した「スマホカメラの自動設定機能がほしい」AIに対する不安1位は、「人間がAIの誤作動を止められない」調査結果サマリー半数以上が、AIを活用した「スマホカメラの自動設定機能がほしい」AIを活用して、「人物や風景など被写体にあわせて調整してくれる、スマホカメラの自動設定機能がほしい」と答えた人は55.8%でした。また、「音声入力などによって操作できる家

2018年1月5日パーソル総合研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

40歳以上のミドル・シニア社員4,700人を対象とした 働き方・就業意識に関する大規模調査

HOMEニュース 法政大学大学院 石山研究室×パーソル総合研究所「ミドルからの躍進を探究するプロジェクト」40歳以上のミドル・シニア社員4,700人を対象とした 働き方・就業意識に関する大規模調査の結果を発表~活躍しているミドル・シニア社員に共通する5つの行動特性を発見~法政大学大学院 石山研究室×パーソル総合研究所「ミドルからの躍進を探究するプロジェクト」 40歳以上のミドル・シニア社員4,700人を対象とした 働き方・就業意識に関する大規模調査の結果を発表~活躍しているミドル・シニア社員に共

2017年10月15日ドゥ・ハウス★フィードバック数:0ライフスタイル

「うどん派・そば派」に関する調査

2017.09.27「うどん派・そば派」に関する調査結果「うどん」派、「そば」派それぞれを対象として、「うどん」「そば」の価値やイメージ、食べるシーンなどについて調査しました。「うどん」派、「そば」派の立場から、それぞれの麺の魅力やこだわり、求めるものなどを伺い、改めてその両者について比較しています。調査サマリうどん派とそば派の特徴 性別や出身地、食べる場所など、ユーザー像に違いがみられました。普段のうどんとそばの食べ方 うどん派は、主に昼食時や手軽に食事を済ませたい際に、冷凍麺などを茹でて好き

2017年9月22日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

国内IoT市場 企業ユーザー動向調査

国内IoT市場 企業ユーザー動向調査結果を発表 国内企業のIoT利用率は6.0%。組立製造、運輸/運輸サービス、公共/公益の大手企業を中心に、IoTの利用率は継続的に向上 IoTの導入/運用窓口は、事業部門の方がIT部門より多い。IT以外の特定業種事業者や制御系システム/FA事業者などと、事業部門が連携することでIoTの広がりが見込まれる 社内の業務効率化や費用削減目的でIoTを利用する企業の課題は、人材不足、先進技術への対応の遅れ、費用対効果の明確化の難しさ I

2017年7月26日ドゥ・ハウスフィードバック数:0キャリアとスキル

「転職」に関する調査

2017.07.18「転職」に関する調査結果正社員として会社勤めをしている人を対象に、転職を考えた理由やきっかけについて聴取しています。男女別でみて差が開いた項目が見受けられたり、その他転職活動中の行動や気持ちの変化などについても聴取しています。調査サマリ収入や職種、職場環境に対する不満や会社の将来性に対する不安から転職を考える人が多いことが明らかになりました。ジャーニーマップから見えてきた転職ヒストリー 様々な年齢、職業の男女に、転職の各段階におけるモチベーションの推移を細かくヒアリングして可

2016年9月6日えそらフィードバック数:0社会/政治

家庭内の震災に対する意識調査

[] えそら合同会社(代表社員 喜多竜二、東京都渋谷区)は、防災の日に先立ち、首都圏在住者を対象に「家庭内の震災に対する意識調査」を実施しました。【調査概要】調査期間:2016年8月9日(火)~8月30日(火)調査方法:インターネットを利用した行動観察リサーチ/アンケートリサーチ調査対象:首都圏在住の男女有効回答数:行動観察リサーチ (定性調査 20サンプル)アンケートリサーチ (定量調査 326サンプル)割付方法:1都3県(東京、神奈川、千葉、埼玉)調査日時:2016年8月9日(火)~8月30

2016年5月10日ジャストシステムフィードバック数:0モバイル

スマートフォンは私たちの生活をどう変えたのか?【2016年版 前編】

スマートフォンは私たちの生活をどう変えたのか?【2016年版 前編】 約半数が「スマホを使うようになって、テレビの視聴時間が減った」スマートフォンは私たちの生活をどう変えたのか?【2016年版 前編】スマホ利用前と比べ、3割以上が「紙のチケットを利用しなくなった」調査結果サマリー約半数が、スマートフォンを利用するようになって「テレビの視聴時間が減った」スマートフォンを利用するようになる前と比べて、視聴時間が減ったメディアは「パソコン」と回答する人が最も多く(52.3%)、次いで「雑誌」(50.6

2016年1月13日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2015年12月度)

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2015年12月度) Instagramの認知率が、1年間で5割弱から7割強へモバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2015年12月度)10代の広告接触は、テレビを抜いて「スマホ」が1位に調査結果サマリーInstagramの認知率が、1年間で5割弱から7割強へInstagramの認知率が、2014年12月調査時の48.6%から、72.8%と大幅に増加しました。また、利用率も2014年12月調査時の8.3%から13.4%と増加しました。一方、Faceb

2015年6月4日翔泳社フィードバック数:0マーケティング要登録

「マーケティング・リサーチの現状に関するアンケート」から考えるMRの未来

ビズジン:企業の事業開発者のためのWebメディア 「マーケティング・リサーチの現状に関するアンケート」から考えるMRの未来 日本マーケテンング協会主催講演『踊り場に来たマーケティング・リサーチ』レポート 今回は番外編として、2015年5月19日に開催された日本マーケティング協会主催セミナー『踊り場に来たマーケティング・リサーチ』での調査報告をもとに、マーケティング・リサーチ(以下、MR)の現状と未来について考えます。 [公開日] 今回の記事でお伝えしたいことMRの実施率、期待度、満足度、寄与

2015年2月13日Asia Plus★フィードバック数:0ライフスタイル海外

ベトナムでのアンケートです。

ベトナム人の運動習慣について

----------------------------ベトナム人の運動習慣について公園周りではよく運動をしている年配の方々を見かけますが、一体ベトナム人はどのくらいの頻度でどういった運動をしているのでしょうか?また、ジム通いをしている人はどのくらいいるのでしょうか? 60% が一週間に一度エクササイズをする ジョギングやワークアウトを除くと、男性に人気なスポーツはサッカー、女性はバトミントン 健康の為以外では女性はダイエット(52%)、男性は強くなりたい(44%)が運動の主な理由 63%

2015年2月13日Asia Plus★フィードバック数:0ライフスタイル海外

ベトナムでのアンケートです。

ベトナム人の化粧に関する調査

定期的に化粧をしているのは44% 化粧にかける費用は月平均140.000 VND (約780円) 化粧の情報源は「友達(70%)」「ウェブサイト(58%)」を重視 化粧品ブランドについては韓国ブランドが圧倒的株式会社Asia Plus2015年2月12日ベトナムの消費者リサーチサービス“Q&Me” を運営する株式会社Asia Plus(本社:世田谷区玉川、代表取締役:黒川賢吾)は、20歳〜39歳までのベトナム人女性500名を対象に、化粧に関する調査を行いました。注目を集めるベトナムの消費者市

2014年12月17日Asia Plusフィードバック数:0キャリアとスキル要登録

【ベトナムと日本】働く若者の仕事観

----------------------------【ベトナムと日本】働く若者の仕事観勉強熱心だと言われるベトナム人ですが、一方で若者の離職率の多さが問題になっています。本調査ではベトナム人の仕事観を「会社を選ぶ際に重視していること」「転職」「好きな上司・嫌いな上司」「良い会社に入る為に必要な事」などの側面から調べています。また、若者へのインタビューから彼らの生の声をピックアップしてお伝えします。レポート本文はこちら 会社を選ぶ時に重視している事は「給料・職場環境・自分のスキルを活かせる事

2014年9月25日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング要登録

リターゲティング広告に関する調査

リターゲティング広告の消費者認知度とその効果は? 自分の趣味・嗜好に近い広告表示により、約2割が購入経験リターゲティング広告の消費者認知度とその効果は?20代女性の約3割が、リターゲティング広告経由で商品購入経験あり調査結果サマリー約2割が、趣味や嗜好に合った広告から購入経験あり直近3か月間で、自分の趣味や嗜好に合う商品・サービスの広告表示が頻繁に表示されたとき、どのような行動をとったかを聞いたところ、17.3%が「広告商品を購入、または申し込みをした」経験があると回答しました。また、56.5%

2014年5月26日ジャストシステムフィードバック数:0大型消費/投資要登録

ドライブに関するアンケート

20代の若者が「ドライブデート」をしなくなった理由は? 20代の若者が「ドライブデート」をしなくなった理由は?20代の若者が「ドライブデート」をしなくなった理由は?自動車の購入、今の20代は「燃費」重視。30年前は「見た目」重視調査結果サマリー20代の6割以上が自動車の「燃費」を重視。30年前は6割が「見た目」を重視セルフ型ネットリサーチのFastaskにおいて、自動車を購入する際に、今の20代の男性は「燃費」(64.5%)を重視するのに対して、50代の男性が20代の頃に重視していたのは「外観の

2013年3月20日タカラトミー★フィードバック数:15ライフスタイル

「リカちゃん」人形についてのまじめな研究です。

「リカちゃん」人形による「ごっこ遊び」の子どもの発達への影響や効果の調査・研究 振り返り調査(定量調査)結果

「リカちゃん」人形による「ごっこ遊び」の子どもの発達への影響や効果の調査・研究 振り返り調査(定量調査)結果

2013年3月16日ドゥ・ハウス★フィードバック数:2ライフスタイル

ガーデニング実施率は33.1%とのことです。

ガーデニング実態把握調査

ソーシャル時代の「聞く技術」の最新事例をお届けします 聞く技術研究所は新サイトに移行しました。新しいサイトをぜひご覧ください。 新サイトTOPページ⇒ガーデニング実態把握調査~どこで何を育てているのか?そして、そもそもなぜ育てるのか?ガーデニングに関する調査を行いました。みなさんがガーデニングをどのように楽しんでいるのか、定量&定性、それから写真を集めて検証しました。■調査目的誰が、どこで、どのようにガーデニングを実施しているのかという基本的な実態を把握することで、ガーデニングに関する調査の基

2011年9月5日電通★フィードバック数:16マーケティング海外

インドの消費財購買についての調査結果です。

インドの中小個人商店主および消費者への定量調査

インドの中小個人商店主および消費者への定量調査

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ