「実体経済」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月23日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国株の変調(!?)とそのリスクを考える ~中国国内だけに留まらない悪影響に備える必要がある~

1/4Asia Trendsマクロ経済分析レポート中国株の変調(!?)とそのリスクを考える~中国国内だけに留まらない悪影響に備える必要がある~発表日:2015年6月23日(火)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主席エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 昨年末以降の度重なる金融緩和を経て中国の資本市場を取り巻く環境は大きく変化している。同国株式市場はかつてバブル崩壊を経験したが、足下では再びバブルの様相を呈する。ここ数年のIT技術の進化なども相俟って個人のレバレッジ取引が拡

2015年5月15日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Weekly:金融出口戦略について(1):上昇してきた株価の行方と実体経済への影響

BTMU Focus USA Weekly:金融出口戦略について(1):上昇してきた株価の行方と実体経済への影響

2015年5月13日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

原油市況底入れでロシアは「最悪期」を過ぎたのか ~実体経済の底入れに未だ時間を要する状況は変わらず~

原油市況底入れでロシアは「最悪期」を過ぎたのか ~実体経済の底入れに未だ時間を要する状況は変わらず~

2015年4月24日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

ブラジル 石油公社を巡る「闇」は払拭出来たか ~汚職を巡る膿は出したが、実体経済を取り巻く困難は変わらず~

ブラジル 石油公社を巡る「闇」は払拭出来たか ~汚職を巡る膿は出したが、実体経済を取り巻く困難は変わらず~

2015年4月13日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

「李克強指数」でみえる中国経済の奇妙な現実 ~金融市場と実体経済の乖離が一段と強まる事態~

「李克強指数」でみえる中国経済の奇妙な現実 ~金融市場と実体経済の乖離が一段と強まる事態~

2015年1月16日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

豪ドル、米ドルに対して「こう着状態」の様相 ~原油安等で利下げ期待が出る一方、過去の豪ドル安で実体経済に底入れ感~

豪ドル、米ドルに対して「こう着状態」の様相 ~原油安等で利下げ期待が出る一方、過去の豪ドル安で実体経済に底入れ感~

2015年1月9日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

原油安の物価への影響と金融政策への示唆

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 原油安の物価への影響と金融政策への示唆“厳格な”インフレ目標がはらむ危険 2015年1月8日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 久後 翔太郎◆本稿では原油価格の下落がコアCPIに与える影響を説明したうえで、原油価格の動向と金融政策の関係について考察した。原油価格は主にエネルギー価格を通じてコアCPIに影響を与えるが、エネルギー価格の内訳を細かく見ると、燃料費調整制度により原油価格の下

2015年1月6日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

【アジア新興経済レビュー】金融市場は総じて下落、実体経済は輸出が低調

【アジア新興経済レビュー】金融市場は総じて下落、実体経済は輸出が低調 | ニッセイ基礎研究所 【アジア新興経済レビュー】金融市場は総じて下落、実体経済は輸出が低調 経済研究部 研究員 斉藤 誠基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら (実体経済)生産面の伸び率(前年同月比)の動きを見ると、タイは回復力が弱く、1年8ヵ月連続のマイナスとなっている。その他の国・地域では、台

2014年6月2日大和総研★フィードバック数:0社会/政治

アベノミクスです。

「異次元の金融緩和」1年間の中間評価

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 「異次元の金融緩和」1年間の中間評価~波及経路の確認と実体経済への影響について~『大和総研調査季報』 2014年春季号(Vol.14)掲載 「異次元の金融緩和」とも評される量的・質的金融緩和の導入から1年が経過した。本稿では、初めに、量的・質的金融緩和と過去の金融政策の違いについて説明した上で、量的・質的金融緩和が想定している3つの波及経路が機能しているか否かを確認する。結論として、3つの波及経路のう

2014年5月2日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

FRBが「出口」に向かうと何が起きるのか?

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 黒田東彦日銀総裁が「異次元金融緩和」とも評される量的・質的金融緩和政策を導入してから1年余りが経過した。日銀の金融政策の効果などもあり、日本経済は徐々に明るさを取り戻してきた。筆者は、2014年4月の消費税増税の影響はあくまで一時的なものに留まり、日本経済の拡大傾向が続くとみている。今後の日本経済は、①米国経済回復による輸出の持ち直し、②日銀の金融緩和を受けた円安・株高の進行、③消費税増税に伴う経済対

2014年4月28日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

ロシア、格下げでますます袋小路に追い込まれる ~大量の資金流出が続くなか、格下げは実体経済の下振れを招くことになろう~

1/1World Trendsマクロ経済分析レポートロシア、格下げでますます袋小路に追い込まれる~大量の資金流出が続くなか、格下げは実体経済の下振れを招くことになろう~発表日:2014年4月25日(金)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) ウクライナ情勢の悪化を受けてロシア経済は厳しさを増している。先月には欧米が経済制裁を決定し、25日には米格付機関の格下げにより「投資適格」で最低水準となる。資金流出圧力が強まるなかでの資金調達環境悪

中国経済:市場の発する信号に耳をすませば

中国経済:市場の発する信号に耳をすませば | ニッセイ基礎研究所 中国経済:市場の発する信号に耳をすませば 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 成長目標が「7.5%前後」に設定されたことで、2014年の成長率が7%を割り込むとの見方は少ない。しかし、中国経済は多くのリスク要因を抱えており、政策運営の誤りなどで経済が悪循環に陥る可

安倍政権の経済政策と2013 年・2014 年の日本経済

安倍政権の経済政策と2013 年・2014 年の日本経済 2013/12/26経済・社会政策部 片岡剛士早いもので2013 年の終わりまで数日となった。2013 年の日本経済のメイントピックはアベノミクスと言えるだろう。安倍首相が提唱した「大胆な」金融政策、「機動的な」財政政策、「民間投資を喚起する」成長戦略の三本の矢からなる経済政策-アベノミクス-に対しては当初から様々な議論があったが、円安・株高といった資産市場の好転のみならず、2013 年1-3 月期及び4-6 月期の実質GDP 成長率は年

2013年10月23日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

経済マンスリー 2013年10月(日本)

平成 25 年(2013 年)10 月 22 日消費増税の確定後も、勢いと対応策を備える日本経済の回復展望は不変1.実体経済の動向政府は今月 1 日、2014 年度初からの消費税率引き上げ(現行の 5%を来年 4 月に 8%へ)を最終決断し、それとあわせて「経済政策パッケージ」を閣議決定、発表した。まず消費税率の引き上げであるが、少なくとも短期的には日本経済のマイナス材料となることが確実だ。当方では、簡素な給付措置の実施(市町村民税の非課税者に対し一人当たり最大で 1.5 万円を支給)や住宅ロー

【アジア新興経済レビュー】インド・インドネシアで利上げ実施、実体経済は輸出改善の兆しも

【アジア新興経済レビュー】インド・インドネシアで利上げ実施、実体経済は輸出改善の兆しも | ニッセイ基礎研究所 【アジア新興経済レビュー】インド・インドネシアで利上げ実施、実体経済は輸出改善の兆しも 研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら (実体経済)9月はインドネシアを除き、輸出の改善が確認できた。ただし、生産や自動車販売にはバラツキが目立ち、内需

2013年9月2日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

QE3縮小と新興国からの資金流出 ~耐久力、リスク、実体経済への影響

QE3縮小と新興国からの資金流出 ~耐久力、リスク、実体経済への影響 | ニッセイ基礎研究所 QE3縮小と新興国からの資金流出 ~耐久力、リスク、実体経済への影響 研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 今年5月22日、FRBのバーナンキ議長が量的緩和策の縮小について言及したことを引き金に、新興国・地域では資金流出の動きが加速した。量的緩和策と新興国

2013年7月9日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:1社会/政治

景気ウォッチャー調査13年6月 ~現状判断DI、先行き判断DI共に低下が続く

景気ウォッチャー調査13年6月 ~現状判断DI、先行き判断DI共に低下が続く | ニッセイ基礎研究所 景気ウォッチャー調査13年6月 ~現状判断DI、先行き判断DI共に低下が続く 押久保 直也基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・現状判断DIは3ヶ月連続の低下・先行き判断DIは2ヶ月連続の低下7月8日に内閣府から発表された2013年6月の景気ウォッチャー調査による

2013年7月2日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

【アジア新興経済レビュー】金融市場は総じて下落、実体経済は自動車販売が懸念材料

【アジア新興経済レビュー】金融市場は総じて下落、実体経済は自動車販売が懸念材料 | ニッセイ基礎研究所 【アジア新興経済レビュー】金融市場は総じて下落、実体経済は自動車販売が懸念材料 研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら (実体経済)6月のアジア新興国・経済の各種指標は、5月に引き続き、生産や輸出で伸び悩みが続いた。注目は、自動車販売台数が総じて不

アジア新興国・地域の経済見通し ~金融市場が海外投資家に翻弄されるなか、実体経済にも不穏な空気が漂う

アジア新興国・地域の経済見通し ~金融市場が海外投資家に翻弄されるなか、実体経済にも不穏な空気が漂う | ニッセイ基礎研究所 アジア新興国・地域の経済見通し ~金融市場が海外投資家に翻弄されるなか、実体経済にも不穏な空気が漂う 研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら アジア新興国・地域は、低空飛行が続いている。ASEAN主要国は堅調で、韓国・台湾・イ

2013年6月14日第一生命保険フィードバック数:1社会/政治

金融市場の混乱でアジアの実体経済は悪化するのか ~資金流出入の影響に懸念はあるが、実体経済の緩やかな拡大は変わらず~

1/2Asia Trendsマクロ経済分析レポート金融市場の混乱でアジアの実体経済は悪化するのか~資金流出入の影響に懸念はあるが、実体経済の緩やかな拡大は変わらず~発表日:2013年6月12日(水)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 世界的なカネ余りや世界経済の回復期待を追い風に資金流入が続いてきたアジア新興国だが、国際金融市場の環境変化に伴い流出に直面している。自国通貨安誘導に始まった通貨安基調も、足下では投資家のリスク許容度低下

2013年5月23日第一生命保険フィードバック数:1社会/政治

長期金利上昇を見極めようとする日銀 ~5月22日の決定会合で木内委員が反対票~

BOJ Watching日本銀行分析レポート長期金利上昇を見極めようとする日銀発表日:2013年5月22日(水)~5月22日の決定会合で木内委員が反対票~第一生命経済研究所 経済調査部担当 熊野英生(℡:03-5221-5223)決定会合後の黒田総裁の記者会見では、長期金利上昇に対する見方について集中的に質問が行われた。黒田総裁は短期的に金利上昇に目くじらを立てるようなことはしないという構えなのだろう。確かに現在の金利上昇は、米金利上昇に引きずられている面が強く、これを完全に封じることはできない

2013年4月22日大和総研フィードバック数:3社会/政治

異次元緩和の効果を発揮するには市場との対話と実体面の裏付けが必要

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 異次元緩和の効果を発揮するには市場との対話と実体面の裏付けが必要 黒田新日銀総裁のもとで初めて開かれた4月3~4日の金融政策決定会合において、「量的・質的金融緩和」の導入が決定された。市場参加者は文字通り「次元の異なる金融緩和」を驚きとともに好感し、円安・株高の流れが加速した。現在の日銀はインフレ率を2%とすることを目標としている。量的・質的金融緩和では、操作目標をマネタリーベース(銀行券などの流通現

鉱工業生産13年2月~生産は予想外の低下、実体経済の回復は緩慢

鉱工業生産13年2月~生産は予想外の低下、実体経済の回復は緩慢 | ニッセイ基礎研究所 鉱工業生産13年2月~生産は予想外の低下、実体経済の回復は緩慢 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・市場予想を下回り、3ヵ月ぶりの低下・実体経済の回復は緩慢経済産業省が3月29日に公表した鉱工業指数によると、13年2月の鉱工業生産指数は前月

2013年3月15日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

過剰流動性相場で期待が先行する南アフリカ ~鈍い実体経済、経常赤字による通貨安の中、成長「期待」で株価上昇

過剰流動性相場で期待が先行する南アフリカ ~鈍い実体経済、経常赤字による通貨安の中、成長「期待」で株価上昇

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ