調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 実質実効為替レート

「実質実効為替レート」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年1月16日経済産業研究所フィードバック数:0社会/政治

日本・中国・韓国の産業別名目・実質実効為替レートのデータベース構築

世界18カ国の産業別名目・実質実効為替レート概要経済産業研究所(RIETI)の伊藤隆敏ファカルティフェローによる「国際マクロ」プログラムでは、東アジアにおいて将来望ましい為替制度の構築を目指して、為替政策の国際協調に関する研究を進めている。この研究の一環として、横浜国立大学経済学部附属アジア経済社会研究センターと共同で、2011年6月より産業別の名目実効為替レートおよび実質実効為替レートを公開してきた。2015年3月からは、アジア9カ国の産業別実効為替レート(名目および実質)を月次データと日次デ

2013年8月20日内閣府フィードバック数:0社会/政治海外

スペイン:輸出回復の要因

今週の指標 No.1076 スペイン:輸出回復の要因ポイント2013年8月19日スペインの2013年4~6月期の実質GDP成長率(前期比年率▲0.4%)が1~3月期(同▲2.1%)から改善したのには、輸出が増加したことが寄与したとされている(注)。実際、輸出は月次統計でみても堅調であり、ドイツなど他のユーロ圏主要国と比較しても高水準で推移している(図1)。このように世界金融危機後に大きく落ち込んだ輸出が回復した要因のひとつは、単位労働コストの低下等による競争力の回復である。単位労働コストでデフレ

2013年8月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

現れ始めた円安の輸出押し上げ効果 ~円安効果主導で輸出は持ち直しが続く見込み~

経済トレンド現れ始めた円安の輸出押し上げ効果~円安効果主導で輸出は持ち直しが続く見込み~経済調査部大塚 崇広(要旨)○輸出に持ち直しの兆しが出てきた。米国景気の底堅さや日中関係悪化の緩和に加え、昨年末から急速に進んだ円安が輸出増加を後押しした可能性が高い。○円安が輸出数量を押し上げるプロセスを整理すると、①円建て輸出の場合は、円安の進展=価格競争力の向上→輸出増、②外貨建て輸出の場合は、円安の進展=輸出採算の改善→値下げ(価格競争力の向上)→輸出増、といったプロセスで輸出を押し上げる。円建て輸出

2013年7月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

現れ始めた円安の輸出押し上げ効果 ~円安効果主導で輸出は持ち直しが続く見込み~

Economic Trendsマクロ経済分析レポート現れ始めた円安の輸出押し上げ効果発表日:2013年6月27日(木)~円安効果主導で輸出は持ち直しが続く見込み~第一生命経済研究所 経済調査部担当 エコノミスト 大塚 崇広TEL:03-5221-4525(要旨)○輸出に持ち直しの兆しが出てきた。米国景気の底堅さや日中関係悪化の緩和に加え、昨年末から急速に進んだ円安が輸出増加を後押しした可能性が高い。○円安が輸出数量を押し上げるプロセスを整理すると、①円建て輸出の場合は、円安の進展=価格競争力の向

2013年3月31日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

経済マンスリー:2013年3月(日本)

平成 25 年(2013 年)3 月 26 日本格化する新政権の経済政策~金融緩和、財政出動、成長戦略1.実体経済の動向新政権による経済政策の効果が継続している。金融政策面では、1 月 21-22 日の日銀金融政策決定会合における 2%の「物価安定の目標」導入と追加緩和の決定後も、新たな総裁・副総裁の下での更なる金融緩和強化に対する期待感を主に、円安基調が持続。長らく日本経済の重石となってきた円高の流れを変えつつある。内外インフレ率格差を調整した実質実効レートでみると、直近ピークの昨年 6、7

オランダ病

http://www.nochuri.co.jp/連載新興国ウォッチ! <第 10 回>オランダ病多田忠義今回から、新興国が直面しがちな経済も招いた。このため、一次産品価格が下成長の過程でみられる様々な経済現象落し、歳入が減っても、社会保障制度の(用語・理論)を取り上げていく。水準を保ち、財政規律を正すことはなかったため増税が必要となり、オランダ経オランダ病とは済が低迷する結果となった。オランダ病とは、ある国において何らロシアにおける原油輸出と為替レートかの資源が発見される、もしくは豊富に産出さ

2013年2月7日日本総研★フィードバック数:4社会/政治

90~95円がリーズナブルとのことです。

円相場の適正水準を探る

Research Focushttp://www.jri.co.jp2013 年 2 月 6 日No.2012-020円相場の適正水準を探る― 90~95 円がリーズナブル。ただし、90 円超では円安デメリットも ―調査部 マクロ経済研究センター所長 牧田 健《要 点》 一本調子で進む円安に対して、わが国政府は「行き過ぎた円高の是正」にすぎないという姿勢を堅持。そこで、購買力平価や実質実効為替レートの観点から、円相場の適正水準を検討。 米国生産者物価、日本企業物価に基づく日米購買力平価をみる

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ