調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 実質経済成長率

「実質経済成長率」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年2月17日埼玉県フィードバック数:0社会/政治

統計ア・ラ・カルト第114号「増税前駆け込み需要の反動(平成26年度埼玉県県民経済計算)」

ここから本文です。統計ア・ラ・カルト第114号「増税前駆け込み需要の反動(平成26年度埼玉県県民経済計算)」県では毎年度、県のGDPにあたる県内総生産などを推計した「県民経済計算」を公表しています。県民経済計算は、県内における1年間の経済活動を生産、分配及び支出の三面から明らかにし、県経済の実態を総合的、計量的に把握したものです。平成26年4月1日に消費税率が5%から8%に変更となりました。消費税増税が埼玉県経済に与えた影響を県民経済計算から見てみましょう。 平成26年度の県経済は、県内総生産(

2015年1月27日徳島県フィードバック数:0社会/政治

平成24年度 徳島県県民経済計算

平成25年度 徳島県県民経済計算結果について 県民経済計算は,県における1年間の経済活動を「生産」,「分配」,「支出」の3面からとらえることにより,県経済の規模や構造,経済成長率などを明らかにすることを目的とした総合的な経済指標です。 このたび,平成25年度 徳島県県民経済計算推計結果を公表しましたので,お知らせします。平成25年度(2013年度)県民経済計算の推計結果について平成25年度の徳島県の県内総生産は名目で2兆9,371億円,名目経済成長率は4.2物価変動を除いた実質経済成長率(平成1

世界経済の見通しです。

2015/2016年世界経済見通し(2015年1月)

【プレスリリース】 2015/2016年世界経済見通し(2015年1月)~米国の利上げを乗り越えて緩やかに拡大する世界景気~ 2015年01月15日○2015年の世界の実質経済成長率は+3.5%に、続く16年は+3.3%になると予測した。世界の景気は2015年前半にかけて緩やかに加速するが、早ければ年中頃にも予想される米国の利上げを受けて、2015年後半以降は減速基調で推移するだろう。ただ金融市場は米国の利上げを概ね順調に消化するため、調整は軽微に留まり、世界経済の成長の腰折れは避けられよう。○

2014年12月25日東京都★フィードバック数:0社会/政治

東京都のまとめです。

都民経済計算(都内総生産等)25年度速報・26年度見込

都民経済計算(都内総生産等)平成26年12月24日総務局 都民経済計算の平成24年度年報を基に計算した平成25年度速報及び平成26年度見込がまとまりましたので、お知らせします。都民経済計算では、国内総生産(GDP)の都内分である都内総生産を推計しており、都内の経済活動の規模や動向などを明らかにしていますが、本資料は、これらの速報・見込です。※この速報及び見込は、平成26年12月8日までに公表されたデータを基に計算しており、今後、速報値及び見込値は改定されます。平成26年度見込都内総生産(名目)9

2014/2015年世界経済見通し(2014年7月改定)~緩慢な景気回復にとどまる一方で米中リスクに注意を要する~

2014/2015年世界経済見通し(2014年7月改定)~緩慢な景気回復にとどまる一方で米中リスクに注意を要する~ ○2014年前半の世界景気は、年初(2014年1月)に発表した『世界経済見通し』で示したシナリオに沿って概ね推移しており、緩慢な回復が続いている。もっとも、米国景気が大寒波を受けて一時的に失速したことや新興国景気の立ち上がりが遅れていること、そして各国ともに輸出が低迷していることが、世界景気の下押し要因になっている。そのため、2014年前半の世界経済の実質成長率は、年初の『世界経済

2014年2月19日大和総研★フィードバック数:0社会/政治

中期予測です。

今後10年の世界経済と日本経済

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 今後10年の世界経済と日本経済日本経済中期予測(2014年2月)第1章 ◆米国の底堅い成長が見込まれるなか、メインとなるリスク要因は、予測期間中盤に想定される先進国の金融政策の変更であり、新興国経済は大きな影響を受ける可能性がある。一方で、米国・欧州ともに個別の構造問題を抱えており、注視する必要があるだろう。◆今後10年間の日本の実質経済成長率は年平均1.5%の見込みだが、前半・後半でややパターンが異

2015年までの見通しです。

2014/2015年世界経済見通し(2014年1月)

【プレスリリース】 2014/2015年世界経済見通し(2014年1月)~世界景気は力強さに欠けた緩慢な回復にとどまる~ 2014年01月15日○2013年の世界経済の実質成長率は+3.4%と12年(+3.2%)から持ち直した模様である。年間を通して欧州の債務問題が小康状態を保つ中で、年前半は中国の景気減速が、年後半は米国の政策不透明感が世界経済のリスク要因となった。先行き2年の世界経済の成長率は2014年が+3.7%に、続く15年が+3.9%になると予測する。世界の景気の増勢は緩やかな加速にと

2013年12月2日東京都フィードバック数:0社会/政治

都民経済計算(都内総生産等)24年度速報・25年度見込

都民経済計算(都内総生産等) ―平成24年度速報・平成25年度見込―(旧 都内経済成長率の予測)平成25年11月28日総務局 都民経済計算の平成23年度年報を基に計算した平成24年度速報及び平成25年度見込がまとまりましたので、お知らせします。都民経済計算では、国内総生産(GDP)の都内分である都内総生産を推計しており、都内の経済活動の規模や動向などを明らかにしていますが、本資料は、これらの速報・見込です。《平成25年度見込》都内総生産(名目) 94兆7千億円実質経済成長率 1.9%増1 都内総

2012年12月4日内閣府フィードバック数:0大型消費/投資海外

インド:乗用車生産と販売の動向

今週の指標 No.1052 インド:乗用車生産と販売の動向ポイント2012年12月3日先週11月30日公表されたインドの12年7~9月期の実質経済成長率は前年同期比5.3%と低い成長率が続き、インドの景気の拡大テンポは弱まっている(図1)。インドの経済構造は第3次産業のシェアが最も大きい(注1)ものの、最近の成長率の低下の主因は、11年末以降製造業の伸びがほとんどみられないことである。特に、製造業の中でもウェイトが高く変動が大きい乗用車の生産は、伸びが大きく低下している(図2)(注2)。これは一

2011年10月24日内閣府フィードバック数:1社会/政治

ロシア:ロシア経済の現状と課題

今週の指標 No.1013 ロシア:ロシア経済の現状と課題ポイント2011年10月24日本年12月の下院選、来年3月の大統領選を控え、政治情勢に注目が集まるロシアでは、世界経済の減速懸念が強まる中、原油価格の軟化傾向等により経済成長に減速がみられる。以下では、ロシア経済の現状を概観し、今後の課題について明らかにする。石油、天然ガスをはじめ豊富な資源を保有(注1)しているロシアでは、輸出額の6割強をエネルギー関連商品が占めており(注2)、資源を巡る世界的な動向が経済発展に大きな影響を与える。資源採

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ