「実質金利」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年5月7日日本銀行★フィードバック数:0社会/政治

効果検証です。

(日銀レビュー)「量的・質的金融緩和」:2年間の効果の検証

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 「量的・質的金融緩和」:2年間の効果の検証2015年5月1日企画局要旨日本銀行が2013年4月に「量的・質的金融緩和」を導入してから2年が経過した。本稿では、「量的・質的金融緩和」が金融・経済に与えた政策効果についての定量的な検証を試みる。「量的・質的金融緩和」の効果の波及メカニズムは、(1)2%の「物価安定の目標」に対する強く明確なコミットメントとこれを裏打ちする大規模な金融緩和により予想物価上昇率を引き上げると同時

2015年1月9日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

GlobalMarket Outlook 原油が反転しても緩和継続なら実質金利が低下して・・

GlobalMarket Outlook 原油が反転しても緩和継続なら実質金利が低下して・・

2014年12月2日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

利下げに踏み切った中国~「選択的金融緩和」からの離脱とその背景~

みずほインサイトアジア2014 年 12 月 2 日利下げに踏み切った中国みずほ総合研究所調査本部「選択的金融緩和」からの離脱とその背景アジア調査部中国室03-3591-1385○ 中国人民銀行はこれまで小規模・零細企業などに対象を限定した「選択的金融緩和」主体の金融政策を採用してきたが、11月22日に2012年7月以来となる利下げに踏み切った○ 政府は、雇用の安定などを理由に、依然経済は合理的な範囲内で推移中との認識を崩してはいないが、インフレ圧力低下による実質金利上昇が景気に悪影響を与えるの

2014年1月10日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2014年の市場見通し ~世界経済回復明確化により、円安と株高加速を予想~

Market Watching市場レポートテーマ:2014年の市場見通し発表日:2014年1月8日(水)~世界経済回復明確化により、円安と株高加速を予想~担当第一生命経済研究所 経済調査部嶌峰 義清 (03-5221-4521)世界はFRBの金融政策を注視2014年のグローバルマーケット最大の関心は、FRBのテーパリング(QE3による国債などの買取規模の縮小)の行方だろう。2007-08年の米住宅バブルの崩壊とそれに伴う金融市場の混乱以降、日米欧の先進国の金融政策は極端な緩和政策を余儀なくされた

2013年8月26日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

GlobalMarket Outlook 円安シグナル点灯 ~日米実質金利差が急拡大~

Global Market Outlook円安シグナル点灯~日米実質金利差が急拡大~2013年8月23日(金)第一生命経済研究所 経済調査部藤代 宏一TEL 03-5221-452316:02 現在<主要株価指数>日経平均株価TOPIXNYダウDAX(独)FTSE100(英)CAC40(仏)上海総合※<外国為替>※ドル円ユーロ円ユーロドル<長期金利>※日本米国英国ドイツフランスイタリアスペイン終値13660.551141.6314,963.748,397.896,446.874,059.122,

2013年7月12日大和総研フィードバック数:0社会/政治

「異次元緩和」の落とし穴?―期待インフレ率と金利の関係

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 「異次元緩和」の落とし穴?―期待インフレ率と金利の関係QE3縮小の動きに伴い、期待インフレ率の上昇は名目金利の上昇要因に ◆期待インフレ率と金利の関係が注目されている。日本銀行は、名目金利の低下と、期待インフレ率の上昇という、相反する目標を目指しており、両立は不可能であると指摘する声がある。一方で、期待インフレ率の上昇が、実質金利の低下につながることで、実体経済を押し上げるという意見もある。◆2013

2013年3月25日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

米超緩和措置の継続がもたらす円安 ~米実質金利は上昇へ

米超緩和措置の継続がもたらす円安 ~米実質金利は上昇へ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

お知らせ