「実質GDP」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年8月31日内閣府フィードバック数:0社会/政治

2015年4-6月期GDP1次速報後のGDPギャップは前期から拡大

今週の指標 No.1126 2015年4-6月期GDP1次速報後のGDPギャップは前期から拡大 ポイント2015年8月31日2015年4-6月期のGDP1次速報を反映したGDPギャップ(注)は▲1.7%となり、2015年1-3月期(▲1.2%)からマイナス幅が拡大した(図)。これは、実質GDP成長率が前期比年率▲1.6%となり、潜在成長率(0.5%)を下回ったためである。なお、15年1-3月期のGDPギャップ(▲1.2%)は、同期の実質GDPが上方改定されたため、改定前の試算値(▲1.6%)より

2015年6月15日内閣府フィードバック数:0社会/政治

2015年1-3月期GDP2次速報後のGDPギャップの推計結果について(今週の指標No.1121のアップデート)

今週の指標 No.1122 2015年1-3月期GDP2次速報後のGDPギャップの推計結果について(今週の指標No.1121のアップデート) ポイント2015年6月15日2015年1-3月期のGDP2次速報を反映したGDPギャップ(注)は▲1.6%となり、2014年10-12月期(▲2.4%)からマイナス幅が縮小した(図)。これは、実質GDP成長率が前期比年率+3.9%となり、潜在成長率(0.6%)を上回ったためである。今回試算値(▲1.6%)は1次速報に基づく試算値(▲1.9%)から上方改定

2015年1~3月期GDP(2次速報)の結果

本日発表された2015年1~3月期の実質GDP成長率(2次速報)は前期比+1.0%(年率+3.9%)と1次速報の同+0.6%(年率換算+2.4%)から、比較的に大きめに上方修正された。名目成長率も、前期比+1.9%(同+7.7%)から同+2.3%(年率+9.4%)に上方修正され、GDPデフレーターは前年同期比+3.4%のままであった。需要項目別に1次速報からの修正状況をみていくと、個人消費は前期比+0.4%のまま修正はなく、住宅投資は前期比+1.8から同+1.7%に若干下方修正された。設備投資は

2015/2016年度経済見通し(2015年6月)

【プレスリリース】 2015/2016年度経済見通し(2015年6月)(2次QE反映後)~景気は持ち直しが続くも、そのペースは緩やかにとどまる~ 2015年06月09日○8日に発表された2015年1~3月期の実質GDP成長率(2次速報)は前期比+1.0%(年率+3.9%)と1次速報の同+0.6%(年率換算+2.4%)から、比較的大きめに上方修正された。主な修正要因は、法人企業統計調査の結果を受けて設備投資と在庫投資が上方修正されたことによるものである。設備投資は前期比+2.7%と3四半期連続で増

2015年6月8日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

2015・2016年度経済見通し~15年1-3月期GDP2次速報後改定

2015・2016年度経済見通し~15年1-3月期GDP2次速報後改定 | ニッセイ基礎研究所 2015・2016年度経済見通し~15年1-3月期GDP2次速報後改定 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら <実質成長率:2015年度1.8%、2016年度1.9%を予想> 2015年1-3月期の実質GDP(2次速報値)は設備投資の上

2015年6月4日内閣府フィードバック数:0社会/政治

2015年1-3月期GDP1次速報後のGDPギャップは前期から縮小

今週の指標 No.1121 2015年1-3月期GDP1次速報後のGDPギャップは前期から縮小 ポイント2015年6月4日2015年1-3月期のGDP1次速報を反映したGDPギャップ(注)は▲1.9%となり、2014年10-12月期(▲2.3%)からマイナス幅が縮小した(図)。これは、実質GDP成長率が前期比年率+2.4%となり、潜在成長率(0.6%)を上回ったためである。一方、2014年度のGDPギャップは▲2.1%となり、2013年度(▲0.6%)からマイナス幅が拡大した。これは、2014

2015年6月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 マイナス成長でFOMC予想の達成は困難に(15年1-3月期実質GDP:改定) ~国内最終需要の基調は堅調さを維持。PCEコアはインフレ鈍化を示した~

米国 マイナス成長でFOMC予想の達成は困難に(15年1-3月期実質GDP:改定) ~国内最終需要の基調は堅調さを維持。PCEコアはインフレ鈍化を示した~

2015~16年度改訂経済見通し

(株)農林中金総合研究所2015 年 5 月 25 日所得環境の改善などにより日本経済は好循環入りへ~経済成長率は 2015 年度:1.7%、16 年度:2.2%と予測~国内景気は緩やかな持ち直し局面にあるが、そのテンポは相変わらず鈍いままである。しか し、すでに消費税要因が一巡したほか、賃上げムードの継続や石油製品価格の値下げなど、家 計の所得環境は好転しつつある。15 年度の日本経済は本格的な景気回復に向けた動きを開始 し、好循環を実現、デフレ脱却に向けて動き始めるだろう。また、労働市場は供

2015~16年度改訂経済見通し

(株)農林中金総合研究所2015 年 5 月 25 日所得環境の改善などにより日本経済は好循環入りへ~経済成長率は 2015 年度:1.7%、16 年度:2.2%と予測~国内景気は緩やかな持ち直し局面にあるが、そのテンポは相変わらず鈍いままである。しか し、すでに消費税要因が一巡したほか、賃上げムードの継続や石油製品価格の値下げなど、家 計の所得環境は好転しつつある。15 年度の日本経済は本格的な景気回復に向けた動きを開始 し、好循環を実現、デフレ脱却に向けて動き始めるだろう。また、労働市場は供

2015年1~3月期GDP(一次速報)の結果から

2015/05/26経済・社会政策部 片岡剛士5月20日に内閣府から2015 年1~3月期GDP(一次速報)が公表された。そして今回、2015年1~3月期の値が明らかになったことで同時に2014 年度のGDP 統計が新たに公表されている。結果をみると、1~3月期の実質GDP 成長率(季節調整済前期比)は+0.6%(年率+2.4%)、名目GDP 成長率は+1.9%(年率+7.7%)となった。また2014 年度の実質GDP 成長率は-1.0%、名目GDP 成長率は+1.4%となった。四半期単位では2

2015/2016年度経済見通し(2015年5月)

【プレスリリース】 2015/2016年度経済見通し(2015年5月)~景気は持ち直しが続くも、そのペースは緩やかにとどまる~ 2015年05月22日○20日に公表された2015年1~3月期の実質GDP成長率は、前期比+0.6%(年率換算+2.4%)と2四半期連続でプラスとなった。しかし、このうち、在庫の前期比寄与度が+0.5%と伸び率の大部分を占めており、在庫を除いた最終需要の動きは鈍いままである。景気は昨年夏場をボトムとして持ち直しに転じたものの、その後の勢いは力強さに欠けている。○2014

2015年1~3月期GDP(1次速報)の結果

本日公表された2015年1~3月期の実質GDP成長率は、前期比+0.6%(年率換算+2.4%)と2四半期連続でプラスとなった。しかし、在庫の前期比寄与度が+0.5%と伸び率の大部分を占めており、在庫を除いた最終需要の動きは鈍いままである。景気は持ち直しに転じた後も、その勢いは力強さに欠けている。個人消費は、10~12月期の前期比+0.4%に続き、同+0.4%と3四半期連続で増加した。消費税率引き上げ後の反動減の影響が薄らいでおり、耐久財の伸びが同+1.1%と2四半期連続でプラスとなるなど明るい面

2015年5月21日浜銀総合研究所フィードバック数:0社会/政治

わが国経済の見通し2015年度・2016年度(2015年5月改訂)

浜銀総研News Release2015年5月20日2015年度・2016年度の景気予測(2015年5月改訂)−日本経済は輸出や個人消費などに支えられて2年連続のプラス成長へ−----------------------------------要旨----------------------------------○2015年1∼3月期の実質GDP(国内総生産)は前期比+0.6%と2四半期連続でのプラス成長となった。内訳をみると、雇用情勢の回復などを支えとして個人消費が同+0.4%と3四半期連続

2015・2016年度経済見通し(15年5月)

2015・2016年度経済見通し(15年5月) | ニッセイ基礎研究所 2015・2016年度経済見通し(15年5月) 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら <実質成長率:2015年度1.7%、2016年度1.9%を予想> 2015年1-3月期の実質GDPは前期比年率2.4%と2四半期連続のプラス成長となった。民間消費(前期比0.

QE速報:1-3月期の実質GDPは前期比0.6%(年率2.4%)~民需中心で2四半期連続のプラス成長も、持ち直しのペースは緩慢

QE速報:1-3月期の実質GDPは前期比0.6%(年率2.4%)~民需中心で2四半期連続のプラス成長も、持ち直しのペースは緩慢 | ニッセイ基礎研究所 QE速報:1-3月期の実質GDPは前期比0.6%(年率2.4%)~民需中心で2四半期連続のプラス成長も、持ち直しのペースは緩慢 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2015年1-

米国・欧州主要国の景気概況(2015年5月)

I.米国経済【景気概況】 1~3月期の実質GDPは前期比年率+0.2%に成長が失速【トピック】 次期大統領選挙運動の火蓋が切られる【主要経済指標】II.欧州経済【ユーロ圏の景気概況】 景気は緩やかに回復している【トピック】 緩やかに持ち直す銀行融資【ユーロ圏の主要経済指標】【英国の景気概況】 1~3月期実質GDPの前期比成長率は+0.3%に低下【英国の主要経済指標】

2015年1~3月期のGDP(1次速報)予測

2015年05月01日5月20日に公表予定の2015年1~3月期の実質GDP成長率は2四半期連続でプラスとなったと予想されるが、前期比+0.3%(年率換算+1.1%)と緩やかな伸びにとどまったようだ。景気は持ち直しているが、その足取りは重たいままである。この結果、2014年度の実質GDP成長率は前年比-1.1%と5年ぶりのマイナスになったと見込まれる。個人消費は、反動減の一巡や実質賃金の減少幅縮小を背景に前期比でプラスが続くが、伸びは小幅にとどまっている。設備投資は、企業業績が改善していることを

2015年5月1日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

2015年1-3月期の実質GDP~前期比0.5%(年率2.1%)を予測

2015年1-3月期の実質GDP~前期比0.5%(年率2.1%)を予測 | ニッセイ基礎研究所 2015年1-3月期の実質GDP~前期比0.5%(年率2.1%)を予測 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎5/20に内閣府から公表される2015年1-3月期の実質GDPは、前期比0.5%(前期比年率2.1%)と2四半期連続のプラス成長になったと推計される。外需は4四半期ぶりに成長率の押し下げ要因となったが、民間消費が前期比0.4%と3四半期連続で増加したことに加え、消費税率引き上げ後減少が続いてい

2015年4月30日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

米国のGDPに一時的要因とドル高などの影響

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 米国のGDPに一時的要因とドル高などの影響2015年1-3月期の実質GDP成長率は大きく減速 2015年4月30日ニューヨークリサーチセンター シニアエコノミスト 土屋 貴裕◆2015年1-3月期の米国の実質GDPは、季節調整済み年率換算で前期比0.2%増と2014年10-12月期の同2.2%増から減速し、2014年1-3月期以来の低成長となった。◆輸出が減少し、輸入が小幅に増えたことで純輸出が最大の

2015年4月30日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 悪天候、港湾スト、ドル高などでさらに減速(15年1-3月期実質GDP:速報) ~個人消費が減速したほか、輸出、設備投資が失速した~

U.S.Indicatorsマクロ経済指標レポート米国 悪天候、港湾悪天候、港湾スト港湾スト、スト、ドル高ドル高などでなどでさらに減速(減速(15年1-3月期実質月期実質GDP:実質GDP:速報GDP:速報)速報)発表日:201発表日:20152015年4月29日(水)~個人消費が減速したほか、輸出、設備投資が失速した個人消費が減速したほか、輸出、設備投資が失速した~した~第一生命経済研究所 経済調査部主任エコノミスト 桂畑 誠治0303-52215221-5001実質GDP(Gross Dom

2015年4月3日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

貿易赤字が大幅に縮小したが一時的(15年2月貿易統計) ~純輸出は1-3月期の実質GDP成長率を前期比年率0.4%程度押し下げる可能性~

貿易赤字が大幅に縮小したが一時的(15年2月貿易統計) ~純輸出は1-3月期の実質GDP成長率を前期比年率0.4%程度押し下げる可能性~

2015年3月30日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 在庫の下方修正で予想下振れも良好な内容(14年10-12月期実質GDP:確報) ~個人消費が上方修正~

米国 在庫の下方修正で予想下振れも良好な内容(14年10-12月期実質GDP:確報) ~個人消費が上方修正~

2015年3月25日内閣府フィードバック数:0社会/政治

2014年10-12月期GDP2次速報後のGDPギャップの推計結果について(今週の指標No.1116のアップデート)

今週の指標 No.1118 2014年10-12月期GDP2次速報後のGDPギャップの推計結果について(今週の指標No.1116のアップデート) ポイント2015年3月25日2014年10-12月期のGDP2次速報を反映したGDPギャップ(注)は▲2.3%となり、2014年7-9月期(▲2.6%)からマイナス幅が縮小した(図)。これは、実質GDP成長率が前期比年率+1.5%となり、潜在成長率(0.6%)を上回ったためである。今回試算値(▲2.3%)は1次速報に基づく試算値(▲2.2%)から下方

2015/2016年度経済見通し(2015年3月)

【プレスリリース】 2015/2016年度経済見通し(2015年3月)(2次QE反映後)~景気は持ち直しが続くも、そのペースは緩やかにとどまる~ 2015年03月10日○9日に公表された2014年10~12月期の実質GDP成長率(2次速報)は、前期比+0.4%(年率換算+1.5%)と1次速報の同+0.6%(年率換算+2.2%)から下方修正された。在庫投資の寄与度が+0.2%から-0.2%に大きく下方修正されたことが主因である。設備投資も下方修正され、3四半期連続で前期比マイナスとなった。景気はす

2015年3月10日大和総研フィードバック数:0社会/政治

第184回日本経済予測(改訂版)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 第184回日本経済予測(改訂版)日本経済に関する3つの論点を検証する~①原油安の影響、②設備投資の国内回帰、③ユーロ圏の日本化~ :2014年10-12月期GDP二次速報の発表を受けて、経済見通しを改訂した。改訂後の実質GDP予想は2014年度が前年度比▲1.0%(前回:同▲0.9%)、2015年度が同+1.9%(同:同+1.9%)、2016年度が同+1.8%(同:同+1.8%)である。当社が従来から

2015・2016年度経済見通し~14年10-12月期GDP2次速報後改定

2015・2016年度経済見通し~14年10-12月期GDP2次速報後改定 | ニッセイ基礎研究所 2015・2016年度経済見通し~14年10-12月期GDP2次速報後改定 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら <実質成長率:2014年度▲1.0%、2015年度1.8%、2016年度1.9%を予想> 2014年10-12月期の実

2015年3月9日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[QE予測・解説]2014年10~12月期2次QE概要

Q E 解 説2015 年 3 月 9 日2014 年 10~12 月期 2 次QE概要経済調査部主任エコノミスト徳田秀信03-3591-1298hidenobu.tokuda@mizuho-ri.co.jp○ 2014年10~12月期の実質GDP(2次速報)は前期比+0.4%(年率+1.5%)に下方修正(1次速報前期比+0.6%、年率+2.2%)。在庫投資の下方修正が主因○ 個人消費が上方修正となる一方、設備投資や在庫投資が下方修正され、民間需要の寄与度が下振れ(+0.3%Pt⇒+0.1%Pt

2015年3月2日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[QE予測・解説]2014年10~12月期2次QE予測

Q E 予 測2015 年 3 月 2 日2014 年 10~12 月期 2 次QE予測経済調査部主任エコノミスト徳田秀信03-3591-1298hidenobu.tokuda@mizuho-ri.co.jp○ 2014年10~12月期の実質GDP成長率は前期比+0.6%(年率+2.5%Pt)と、1次速報の前期比+0.6%(年率+2.2%)から小幅に上方修正される見通し○設備投資・在庫投資・公共投資ともに小幅な修正にとどまると予測。設備投資がほぼ横ばい(前期比+0.3%)となることで、企業の投資

2015年3月2日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 下方修正もより良好な内容に改定(14年10-12月期実質GDP:改定) ~設備投資が大幅上方修正~

米国 下方修正もより良好な内容に改定(14年10-12月期実質GDP:改定) ~設備投資が大幅上方修正~

2015年2月25日内閣府フィードバック数:0社会/政治

2014年10-12月期GDP1次速報後のGDPギャップは前期から縮小

今週の指標 No.1116 2014年10-12月期GDP1次速報後のGDPギャップは前期から縮小 ポイント2015年2月25日2014年10-12月期のGDP1次速報を反映したGDPギャップ(注)は▲2.2%となり、2014年7-9月期(▲2.6%)からマイナス幅が縮小した(図)。これは、実質GDP成長率が前期比年率+2.2%となり、潜在成長率(0.6%)を上回ったためである。一方、2014年のGDPギャップは▲1.6%となり、2013年(▲1.1%)からマイナス幅が拡大した。これは、201

2015年2月23日大和総研フィードバック数:0社会/政治

日本経済見通し:原油安が日本経済に与える影響は?

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 日本経済見通し:原油安が日本経済に与える影響は?原油価格の下落は2015年度の実質GDPを+0.50%押し上げ ◆:2014年10-12月期GDP一次速報の発表を受けて、経済見通しを改訂した。改訂後の実質GDP予想は2014年度が前年度比▲0.9%(前回:同▲0.5%)、2015年度が同+1.9%(同:同+1.8%)、今回新たに予測した2016年度が同+1.8%である。当社が従来から指摘してきた通り、

2015/2016年度経済見通し(2015年2月)

【プレスリリース】 2015/2016年度経済見通し(2015年2月)~景気は持ち直しが続くも、そのペースは緩やかにとどまる~ 2015年02月18日○16日に公表された2014年10~12月期の実質GDP成長率は、前期比+0.6%(年率換算+2.2%)と3四半期ぶりにプラスに転じた。ただし、民需の伸びが小幅にとどまるなど、景気は持ち直しに転じた後も、その勢いは力強さに欠けている。年度末にかけても景気持ち直しが続くと予想されるが、上期の落ち込みが大きいため、2014年度全体の実質GDP成長率は前

2014年GDP統計から2015年を考える―個人消費を中心に

わたしの意見 ― 水野 創2014年GDP統計から2015年を考える―個人消費を中心に(「(株)ちばぎん総研BusinessLetter」2月19日号に掲載)水野 創[ちばぎん総合研究所取締役社長]GDP統計の2014年10〜12月期1次速報が発表された(2月16日)。実質GDPは季節調整済み前期比+0.6%と3期ぶりのプラスだが、期待比では緩やかな回復にとどまっている。今回同時に発表された2014年暦年の計数では消費税引き上げ前後の振れがある程度均され、経済部門別の状況が明確に見える(表)。す

2015年2月18日東レ経営研究所フィードバック数:0社会/政治

2015・2016年度日本経済見通し(2015年2月改訂)

TBR ECONOMIC OUTLOOK2015・2016年度日本経済見通し(2015 年 2 月改訂)原油安・円安などの追い風を受けて景気は拡大へ2015年2月18日東 レ 経 営 研 究 所●実質GDP成長率予測: 2014 年度 ▲0.8%、2015 年度 1.9%、2016 年度 1.6%(前回 2014 年 12 月時点の予測: 2014 年度▲0.7%、2015 年度 1.7%)2014 年 10~12 月期 GDP(1 次速報)の公表(2 月 16 日)を織り込んで、東レ経営研究所

2015・2016年度経済見通し(15年2月)

2015・2016年度経済見通し(15年2月) | ニッセイ基礎研究所 2015・2016年度経済見通し(15年2月) 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら <実質成長率:2014年度▲0.9%、2015年度1.8%、2016年度1.9%を予想> 2014年10-12月期の実質GDPは前期比年率2.2%と3四半期ぶりのプラス成長と

QE速報:10-12月期の実質GDPは前期比0.6%(年率2.2%)~3四半期ぶりのプラス成長も力強さに欠ける

QE速報:10-12月期の実質GDPは前期比0.6%(年率2.2%)~3四半期ぶりのプラス成長も力強さに欠ける | ニッセイ基礎研究所 QE速報:10-12月期の実質GDPは前期比0.6%(年率2.2%)~3四半期ぶりのプラス成長も力強さに欠ける 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2014年10-12月期の実質GDPは、前期比

米国経済(週次)予測(2015年2月6日)<心配ない支出サイドの実質GDPの大幅な下方修正>

米国経済(週次)予測(2015年2月6日)<心配ない支出サイドの実質GDPの大幅な下方修正>2015-02-09 〒530-0011 大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪 ナレッジキャピタル タワーC 7階

2015年2月13日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

原油安・円安の具体的波及効果?実質GDP1%強押上げ

システムメンテナンスのため、下記の通り、ウェブサービスを一時停止しております。ご利用の皆さまにはご迷惑をおかけしますが、今しばらくお待ち下さい。<停止期間>2月18日(土)8:00 ~ 2月18日(土)12:00(予定) みずほ総合研究所株式会社金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第2055号

日本経済の中期見通し(2014~2025年度)

【プレスリリース】 日本経済の中期見通し(2014~2025年度)~東京オリンピック後に景気低迷のリスクが高まる~ 2015年02月03日○日本経済は2014年4月の消費税率引き上げ後を受けて弱含んだものの、すでに持ち直しに転じている。雇用需給のタイト化と賃金上昇、原油価格下落と物価上昇率の低位安定といった好材料もあり、2015~2016年度は緩やかな回復軌道をたどると予想される。○2010年代後半(2016~2020年度)は、2017年4月に消費税率が10%に引き上げられることで一時的に景気が

2015年2月6日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

アジア新興国・地域の潜在成長率-持続的な高成長は可能か

アジア新興国・地域の潜在成長率-持続的な高成長は可能か | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > アジア新興国・地域の潜在成長率-持続的な高成長は可能かアジア新興国・地域の潜在成長率-持続的な高成長は可能か 経済研究部 研究員 斉藤 誠アジア新興国・地域は、先進国を上回る成長率の高さに注目が集まるが、中国・インド・ASEAN主要4カ国(マレーシア・タイ・インドネシア・フィリピン)・韓国・台湾など国・地域によって成長速度は異なる。本稿では、上記8カ国・地域について1980年

2015年2月2日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 予想下振れも米経済は堅調さを維持(14年10-12月期実質GDP:速報) ~一方でインフレ率はさらに低下~

米国 予想下振れも米経済は堅調さを維持(14年10-12月期実質GDP:速報) ~一方でインフレ率はさらに低下~

2014年10-12月期の実質GDP~前期比0.9%(年率3.7%)を予測

2014年10-12月期の実質GDP~前期比0.9%(年率3.7%)を予測 | ニッセイ基礎研究所 2014年10-12月期の実質GDP~前期比0.9%(年率3.7%)を予測 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2/16に内閣府から公表される2014年10-12月期の実質GDPは、前期比0.9%(前期比年率3.7%)と3四半期ぶ

2015年1月29日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

原油安・円安の波及効果の整理~現水準なら貿易赤字半減、実質GDP1%強押し上げ~

原油安・円安の波及効果の整理~現水準なら貿易赤字半減、実質GDP1%強押し上げ~

2015年1月9日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

2014~2016年度経済見通し

2014~2016年度経済見通し | ニッセイ基礎研究所 2014~2016年度経済見通し 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 安倍政権発足以降、順調な景気回復を続けてきた日本経済は、2014年4月に実施された消費税率引き上げをきっかけとして急速に落ち込んだ。実質GDPは2014年4-6月期の前期比年率▲6.7%に続き7-9月期

2014年12月24日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 11年ぶりの高成長に改定(14年7-9月期実質GDP:確報) ~個人消費の大幅修正などにより実質GDPは前期比年率+5.0%に加速~

米国 11年ぶりの高成長に改定(14年7-9月期実質GDP:確報) ~個人消費の大幅修正などにより実質GDPは前期比年率+5.0%に加速~

2014年12月16日内閣府フィードバック数:0社会/政治

2014年7-9月期GDP2次速報後のGDPギャップの推計結果について(今週の指標No.1109のアップデート)

今週の指標 No.1110 2014年7-9月期GDP2次速報後のGDPギャップの推計結果について(今週の指標No.1109のアップデート) ポイント2014年12月16日2014年7-9月期のGDP2次速報を反映したGDPギャップ(注)は▲2.8%となり、2014年4-6月期(▲2.2%)からマイナス幅が拡大した(図)。これは、実質GDP成長率が前期比年率▲1.9%となり、潜在成長率(0.6%)を下回ったためである。今回試算値(▲2.8%)は1次速報に基づく試算値(▲2.7%)から下方改定と

2014/2015年度経済見通し(2014年12月)

【プレスリリース】 2014/2015年度経済見通し(2014年12月)(2次QE反映後)~景気は底打ち後、緩やかな回復ペースに転じる~ 2014年12月09日○8日に発表された2014年7~9月期の実質GDP成長率(2次速報)は前期比-0.5%(年率-1.9%)と1次速報の同-0.4%(年率換算-1.6%)から下方修正された。修正幅は小さく、消費税率引き上げ後の落ち込みに歯止めがかからず、7~9月期までは景気は弱含んだ状態にあったとの評価に変更はない。消費税率引き上げ後の反動減の影響が長引いて

2014年7~9月期GDP(2次速報)の結果

本日発表された2014年7~9月期の実質GDP成長率(2次速報)は前期比-0.5%(年率-1.9%)と1次速報の同-0.4%(年率換算-1.6%)から小幅下方修正された。名目成長率も、同-0.8%(年率-3.0)から同-0.9%(年率-3.5%)に下方修正され、GDPデフレーターは前年同期比+2.1%から同+2.0%に若干下方修正された。需要項目別に1次速報からの修正状況をみていくと、個人消費は前期比+0.4%のまま変更されず、住宅投資は同-6.7%から同-6.8%へと若干の下方修正にとどまった

米国・欧州主要国の景気概況(2014年12月)

I.米国経済【景気概況】 緩やかな景気拡大が続く【トピック】 共和党によるFRBへの「干渉」に対する警戒感が高まる【主要経済指標】II.欧州経済【ユーロ圏の景気概況】 7~9月期の実質GDPは前期比+0.2%【トピック】 再燃が警戒されるギリシャの財政問題【ユーロ圏の主要経済指標】【英国の景気概況】 個人消費主導の景気拡大が続く【英国の主要経済指標】

2014~2016年度経済見通し~14年7-9月期GDP2次速報後改定

2014~2016年度経済見通し~14年7-9月期GDP2次速報後改定 | ニッセイ基礎研究所 2014~2016年度経済見通し~14年7-9月期GDP2次速報後改定 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎<実質成長率:2014年度▲0.7%、2015年度1.6%、2016年度1.8%を予想> 2014年7-9月期の実質GDP(2次速報値)は設備投資の下方修正などから1次速報の前期比▲0.4%(年率▲1.6%)から前期比▲0.5%(年率▲1.9%)へと下方修正された。GDP2次速報の結果を受けて

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ