調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 実質GDP成長率

「実質GDP成長率」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

2015~2018年度経済見通し

情報通信総合研究所(ICR - InfoCom Research,Inc)は情報通信専門のシンクタンクです。 2015年12月18日2015~2018年度経済見通し 実質経済成長率:2015年度1.0%、2016年度1.6%、2017年度0.0%、2018年度1.3%を予測(株)情報通信総合研究所(本社:東京都中央区、代表取締役社長:浮田豊明)は、情報通信(以下、ICT)産業が日本経済に与える影響を把握する一環として、篠﨑彰彦・九州大学教授、飯塚信夫・神奈川大学教授の監修のもと、内生変数75、

日米経済(週次)予測(2015年6月22日)<日本:民間消費の停滞に加え、純輸出も縮小。4-6 月期成長率予測は3 週連続で低下し0%へ><米国:フォワードガイダンスによる金融政策を排除したが、data-dependentな金融政策に戻れないYellen連銀>

日米経済(週次)予測(2015年6月22日)<日本:民間消費の停滞に加え、純輸出も縮小。4-6 月期成長率予測は3 週連続で低下し0%へ><米国:フォワードガイダンスによる金融政策を排除したが、data-dependentな金融政策に戻れないYellen連銀>2015-06-22 関連論文第112回景気分析と予測<着実な回復を予測するが、リスクは輸出の停滞とインフレの加速> [ Quarterly Report(日本) ] Abstract/Keywords日本経済予測, 四半期レポート, 超

Kansai Economic Insight Monthly Vol.26

・ 4月の鉱工業生産指数は2カ月ぶりに前月から低下。一方、5月の実質輸出は2カ月連続で同減少していることから、5月の生産はマイナスの伸びが予想される。・ 5月の貿易は、輸出は27カ月連続で前年比増加。輸入は3カ月連続で減少。結果、貿易収支は3カ月連続の黒字。・ 5月の消費者態度指数、景気ウォッチャー現状判断DIはともに悪化。先行きも悪化しており、円安による物価上昇や原材料コスト増加、電気料金値上げに対する懸念が大きい。・ 2月の関西2府4県の現金給与総額の伸びは前月から減速。3月の関西コアの伸び

日米経済(週次)予測(2015年6月9日)<日本:-3月期GDP2次速報値、民間企業設備と在庫増加の貢献により大幅上方修正><米国:役に立たなかったカレンダーベースのフォワードガイダンスの終結、むしろ弊害だった>

日米経済(週次)予測(2015年6月9日)<日本:-3月期GDP2次速報値、民間企業設備と在庫増加の貢献により大幅上方修正><米国:役に立たなかったカレンダーベースのフォワードガイダンスの終結、むしろ弊害だった>2015-06-09 関連論文第112回景気分析と予測<着実な回復を予測するが、リスクは輸出の停滞とインフレの加速> [ Quarterly Report(日本) ] Abstract/Keywords日本経済予測, 四半期レポート, 超短期予測着実な回復を予測するが、リスクは輸出の停

2015年1~3月期のGDP(2次速報)予測

6月8日公表予定の2015年1~3月期の実質GDP成長率(2次速報値)は、前期比では1次速報値の+0.6%から+0.7%に上方修正される見込みである(年率換算値では+2.4%から+2.7%)。修正幅は小さいが、修正の中身によって、景気の見方が前向きに変化する可能性がある。需要項目別の内訳をみると、1~3月期の法人企業統計の結果を受けて、設備投資が1次速報値の前期比+0.4%から同+2.1%に大きく上方修正される一方、在庫投資の寄与度が同+0.5%から同+0.3%に下方修正される見込みである。また

日米経済(週次)予測(2015年5月18日)<日本:1-3月期実質GDP成長率は2期連続のプラスだが、中身に乏しい結果><米国:Charles Evansシカゴ連銀総裁 vs. John Williamsサンフランシスコ連銀総裁>

日米経済(週次)予測(2015年5月18日)<日本:1-3月期実質GDP成長率は2期連続のプラスだが、中身に乏しい結果><米国:Charles Evansシカゴ連銀総裁 vs. John Williamsサンフランシスコ連銀総裁>2015-05-25 関連論文日本経済(月次)予測(2017年5月)<民間企業在庫品増加、4-6月期実質成長率を前期比+0.4%ポイント程度押し上げる> [ Monthly Report(日本) ] Abstract/Keywords超短期予測, 日本経済, 月次レポ

Kansai Economic Insight Quarterly No.26 <2013-14年度の関西2府4県のGDP早期推計結果を公表 14年度は大阪府・京都府が成長に貢献>

Kansai Economic Insight Quarterly No.26 <2013-14年度の関西2府4県のGDP早期推計結果を公表 14年度は大阪府・京都府が成長に貢献>2015-05-29 2015年5月20日に公表された2015年1-3月期のGDP1次速報によると、実質GDP成長率は前期比年率+2.4%(前期比+0.6%)と、2四半期連続のプラス成長となった。市場コンセンサスを上回る回復となったものの、成長に最も貢献した需要項目は民間在庫品増加で、中身に乏しい結果となった。201

景気分析です。

第104回景気分析と予測

〈予測のハイライト〉GDP1次速報値によれば、1-3月期実質GDP成長率は前期比年率+2.4%(前期比+0.6%)と2期連続のプラス。市場コンセンサスを上回る回復となった。しかし、2014年度でみると消費増税の影響が大きく実質成長率は-1.0%のマイナスとなり、前回増税時(+0.1%)と比較して大きく下回った。1-3月期実質GDP成長率への寄与度を見ると、内需は+3.0%ポイント増加し2期連続のプラス。一方、純輸出は-0.7%ポイント減少し4期ぶりのマイナスとなった。内需のうち、実質民間在庫品増

Kansai Economic Insight Monthly Vol.25

3月の鉱工業生産指数は2カ月ぶりに上昇した。結果、2014年度は前年比+6.2%と2年連続の増産であり、前年(同+1.3%)から加速した。4月の貿易は、輸出は26カ月連続で前年比増加し、単月過去最高額を更新。輸入は2カ月連続で減少。結果、貿易収支は2カ月連続の黒字。4月の消費者態度指数は5カ月ぶりに悪化。一方で、景気ウォッチャー現状判断DI、先行き判断ともに改善しており、先行きは不透明。2月の現金給与総額(関西コア)の伸びは横ばい。プラスの伸びを維持したものの、賃金上昇は一服している。3

2015年5月21日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU ASEAN TOPICS:マレーシア経済:2015年1-3月期の実質GDP成長率

BTMU ASEAN TOPICS:マレーシア経済:2015年1-3月期の実質GDP成長率

2015年5月20日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

経済情報:2015年1-3月期の実質GDP成長率は前期比年率+2.4%~実質GDP成長率は民間需要を中心に緩やかに加速~

経済情報:2015年1-3月期の実質GDP成長率は前期比年率+2.4%~実質GDP成長率は民間需要を中心に緩やかに加速~

日米経済(週次)予測(2015年5月11日)<日本:日銀4月展望レポートのダウンサイドリスク><米国:支出サイドからの実質GDPが大きく下方修正されたが、現状の景気は堅調と判断できる>

日米経済(週次)予測(2015年5月11日)<日本:日銀4月展望レポートのダウンサイドリスク><米国:支出サイドからの実質GDPが大きく下方修正されたが、現状の景気は堅調と判断できる>2015-05-11 関連論文日本経済(月次)予測(2017年5月)<民間企業在庫品増加、4-6月期実質成長率を前期比+0.4%ポイント程度押し上げる> [ Monthly Report(日本) ] Abstract/Keywords超短期予測, 日本経済, 月次レポート ▶1-3月期実質GDP成長率(1次速報値

「約2年ぶりの水準」ユーロ圏の2015年1-3月期の実質GDP成長率(前期比)

「約2年ぶりの水準」ユーロ圏の2015年1-3月期の実質GDP成長率(前期比)

アジア経済概況(2015年1-3月)

2015/04/27調査部 野田 麻里子 I.中華圏・韓国1.中国経済の概況・・・1-3月期の成長率は+7.0%に鈍化2.中国の主要指標解説:国際収支の「新常態」3.台湾経済の概況・・・景気は緩やかな回復基調4.韓国経済の概況・・・1-3月期の実質GDP成長率は+2.4%に鈍化II.ASEAN・インド1.タイ経済の概況・・・景気の回復テンポは依然として緩やか2.インドネシア経済の概況・・・景気の拡大テンポは緩やか3.マレーシア・フィリピン・シンガポールの主要経済指標4.ベトナム経済の概況・・・1

Kansai Economic Insight Monthly Vol.24

2月の鉱工業生産指数は3カ月ぶりに下落した。1-2月平均を10-12月平均と比較すれば+5.0%と基調は堅調。3月の貿易は、輸出は25カ月連続で前年比増加、輸入は2カ月ぶりに減少。結果、貿易収支は3カ月ぶりの黒字となり2011年3月以来の2,000億円超となった。3月の消費者態度指数及び景気ウォッチャー現状判断DIはいずれも4カ月連続で改善。インバウンド関連の好調が続いており、消費者心理は改善している。12月の現金給与総額の伸びは前月から加速。1月(関西コア)はプラスを維持したものの、前

日米経済(週次)予測(2015年4月20日)<日本:1-3 月期弱い国内需要、景気回復は純輸出が鍵><Bernanke前連銀議長に水をさされたYellen連銀議長の出口戦略>

日米経済(週次)予測(2015年4月20日)<日本:1-3 月期弱い国内需要、景気回復は純輸出が鍵><Bernanke前連銀議長に水をさされたYellen連銀議長の出口戦略>2015-04-20 関連論文日本経済(月次)予測(2017年5月)<民間企業在庫品増加、4-6月期実質成長率を前期比+0.4%ポイント程度押し上げる> [ Monthly Report(日本) ] Abstract/Keywords超短期予測, 日本経済, 月次レポート ▶1-3月期実質GDP成長率(1次速報値)は前期比

日米経済(週次)予測(2015年4月6日)<日本:3月短観も示唆する1-3月期の緩やかな景気回復><米国:正しい景気判断は支出・所得の両サイドから>

日米経済(週次)予測(2015年4月6日)<日本:3月短観も示唆する1-3月期の緩やかな景気回復><米国:正しい景気判断は支出・所得の両サイドから>2015-04-06 関連論文日本経済(月次)予測(2017年5月)<民間企業在庫品増加、4-6月期実質成長率を前期比+0.4%ポイント程度押し上げる> [ Monthly Report(日本) ] Abstract/Keywords超短期予測, 日本経済, 月次レポート ▶1-3月期実質GDP成長率(1次速報値)は前期比年率+2.2%と5四半期連

2015年4月5日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

日本経済(月次)予測(2015年3月)<足下雇用改善は著しいが、民間消費の拡大は4-6月期から>

日本経済(月次)予測(2015年3月)<足下雇用改善は著しいが、民間消費の拡大は4-6月期から>2015-03-30 関連論文日本経済(月次)予測(2017年5月)<民間企業在庫品増加、4-6月期実質成長率を前期比+0.4%ポイント程度押し上げる> [ Monthly Report(日本) ] Abstract/Keywords超短期予測, 日本経済, 月次レポート ▶1-3月期実質GDP成長率(1次速報値)は前期比年率+2.2%と5四半期連続のプラス。潜在成長率を上回る成長が続いている。実績

2015年3月29日商工中金フィードバック数:0社会/政治

2015・2016年度 経済見通し

情報メモ NO.26-1452015・2016 年度 経済見通し2015 年 3 月 24 日 調査部-雇用・所得環境の改善を受け、内需中心に緩やかな回復に転じる-ポイント◯ 2015 年度の実質 GDP は前年度比+1.7%を見込む。以下の要因により、プラス成長に回復する。① 良好な雇用環境のもと、名目所得の増加が継続される。加えて、原油価格の低下に伴う物価水準の下押しや消費税率引き上げ影響の一巡により、実質所得もプラスに転換し、個人消費の増加に寄与する。② 米国を中心とした海外経済の持ち直し

日本経済(週次)予測(2015年3月23日)<2月の純輸出大幅悪化、1-3月期成長率はマイナスへ>

日本経済(週次)予測(2015年3月23日)<2月の純輸出大幅悪化、1-3月期成長率はマイナスへ>2015-03-23 関連論文日本経済(月次)予測(2017年5月)<民間企業在庫品増加、4-6月期実質成長率を前期比+0.4%ポイント程度押し上げる> [ Monthly Report(日本) ] Abstract/Keywords超短期予測, 日本経済, 月次レポート ▶1-3月期実質GDP成長率(1次速報値)は前期比年率+2.2%と5四半期連続のプラス。潜在成長率を上回る成長が続いている。実

日本経済(週次)予測(2015年3月10日)<足下回復は緩やかだが、先行き基調は強まる>

日本経済(週次)予測(2015年3月10日)<足下回復は緩やかだが、先行き基調は強まる>2015-03-10 関連論文日本経済(月次)予測(2017年5月)<民間企業在庫品増加、4-6月期実質成長率を前期比+0.4%ポイント程度押し上げる> [ Monthly Report(日本) ] Abstract/Keywords超短期予測, 日本経済, 月次レポート ▶1-3月期実質GDP成長率(1次速報値)は前期比年率+2.2%と5四半期連続のプラス。潜在成長率を上回る成長が続いている。実績は市場コ

2015年3月8日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

日本経済(月次)予測(2015年2月)<1-3月期の民間企業設備、拡大幅広がる>

日本経済(月次)予測(2015年2月)<1-3月期の民間企業設備、拡大幅広がる>2015-03-02 関連論文日本経済(月次)予測(2017年5月)<民間企業在庫品増加、4-6月期実質成長率を前期比+0.4%ポイント程度押し上げる> [ Monthly Report(日本) ] Abstract/Keywords超短期予測, 日本経済, 月次レポート ▶1-3月期実質GDP成長率(1次速報値)は前期比年率+2.2%と5四半期連続のプラス。潜在成長率を上回る成長が続いている。実績は市場コンセンサ

2014年10~12月期のGDP(2次速報)予測

3月9日公表予定の2014年10~12月期の実質GDP成長率(2次速報値)は、前期比では1次速報値の+0.6%と変わらないが、年率換算値では+2.2%から+2.6%に、若干上方修正される見込みである。修正幅は小さく、景気の見方に変化が出ることはないだろう。需要項目別の内訳をみると、10~12月期の法人企業統計の結果を受けて、設備投資が1次速報値の前期比+0.1%から同+0.2%に上方修正され、在庫投資の寄与度も同+0.2%から同+0.3%に上昇修正される見込みである。一方、公共投資は、12月の建

2015年3月1日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

日本経済(週次)予測(2015年2月23日)<輸出の持ち直し、1-3月期の日本経済を支える>

日本経済(週次)予測(2015年2月23日)<輸出の持ち直し、1-3月期の日本経済を支える>2015-02-23 関連論文第112回景気分析と予測<着実な回復を予測するが、リスクは輸出の停滞とインフレの加速> [ Quarterly Report(日本) ] Abstract/Keywords日本経済予測, 四半期レポート, 超短期予測着実な回復を予測するが、リスクは輸出の停滞とインフレの加速 1.GDP1次速報値によれば、1-3月期実質GDP成長率は前期比年率+2.2%と5四半期連続のプラス

アジア経済概況(2014年11・12月)

2015/02/20調査部 野田 麻里子 I.中華圏・韓国1.中国経済の概況・・・10-12月期の成長率は+7.3%で前期から横ばい2.中国の主要指標解説:2014年の自動車販売台数の伸び率は大幅鈍化3.台湾経済の概況・・・10-12月期の実質GDP成長率は+3.3%に鈍化4.韓国経済の概況・・・10-12月期の実質GDP成長率は+2.7%に鈍化II.ASEAN・インド1.タイ経済の概況・・・10-12月期の実質GDP成長率は+2.3%に持ち直し2.インドネシア経済の概況・・・10-12月期の成

日本経済(週次)予測(2015年2月17日)<訪日外国人消費、日本経済の成長を下支え>

日本経済(週次)予測(2015年2月17日)<訪日外国人消費、日本経済の成長を下支え>2015-02-18 関連論文日本経済(月次)予測(2017年5月)<民間企業在庫品増加、4-6月期実質成長率を前期比+0.4%ポイント程度押し上げる> [ Monthly Report(日本) ] Abstract/Keywords超短期予測, 日本経済, 月次レポート ▶1-3月期実質GDP成長率(1次速報値)は前期比年率+2.2%と5四半期連続のプラス。潜在成長率を上回る成長が続いている。実績は市場コン

2015年2月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年10-12月期のGDPギャップ

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2014年10-12月期のGDPギャップマイナス幅が縮小するも、大幅な需要不足が続く 2015年2月19日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 長内 智◆2014年10-12月期GDP(一次速報)の結果を反映して大和総研が試算した同四半期のGDPギャップは▲2.2%となり、7-9月期の▲2.6%からマイナス幅が0.4%pt縮小した。これは、個人消費の持ち直しの動きが続き、設備投資が3四

「+2.2%」日本の2014年10-12月期の実質GDP成長率(前期比年率)

ご参考資料この数字はなんだ?ナンバー・ナンダーVol.832015年2月16日日 本の2014年10-12月期の実質GDP成長率(前期比年率)です+92.6.2%内閣府が2月16日に発表した2014年10-12月期の実質GDP(国内総生産)成長率の1次速報値は、前期比年率2.2%増(前期比0.6%増)と、7-9月期の同2.3%減から大きく反発しました。内需の回復が想定よりも鈍かったことから、市場予想の同3.7%増を大きく下回ったものの、3四半期ぶりのプラス成長となったことで、国内景気の底打ち感が

2015年2月16日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

経済情報:2014年10-12月期の実質GDP成長率は前期比年率+2.2%~消費増税に伴う駆け込み需要の反動の影響が和らぎ、3四半期ぶりのプラス成長~

経済情報:2014年10-12月期の実質GDP成長率は前期比年率+2.2%~消費増税に伴う駆け込み需要の反動の影響が和らぎ、3四半期ぶりのプラス成長~

2015年2月16日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年10-12月期GDP一次速報

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2014年10-12月期GDP一次速報景気持ち直し確認も、物足りない結果 2015年2月16日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 橋本 政彦◆2014年10-12月期の実質GDP成長率は前期比年率+2.2%(前期比+0.6%)となった。プラス成長は3四半期ぶりであり、増税後の景気悪化からの持ち直しを確認させる結果であったと言える。ただし、成長率自体は決して低くはないものの、市場コンセ

2015年2月4日大和総研★フィードバック数:0社会/政治海外

大和総研のレポートです。

ASEAN5ヵ国の経済見通し(2015年2月)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ◆インドネシアの実質GDP成長率は3四半期連続で鈍化した。今後は、原油価格の急落がインフレ率の低下や燃料補助金の大幅削減等を通じて経済を底上げすると期待される。特に燃料補助金の削減は財政に余力を生じさせた。実際、今年1月に提出された2015年度の補正予算案では、インフラ整備等への投資を元の予算案から大幅に増額する予定である。しかし、依然として経済の下押し圧力は存在する。輸出に関しては、主要輸出品目であ

2015年2月1日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

日本経済(週次)予測(2015年1月26日)<依然楽観的な日銀の経済・物価の見通し>

日本経済(週次)予測(2015年1月26日)<依然楽観的な日銀の経済・物価の見通し>2015-01-26 関連論文日本経済(月次)予測(2017年5月)<民間企業在庫品増加、4-6月期実質成長率を前期比+0.4%ポイント程度押し上げる> [ Monthly Report(日本) ] Abstract/Keywords超短期予測, 日本経済, 月次レポート ▶1-3月期実質GDP成長率(1次速報値)は前期比年率+2.2%と5四半期連続のプラス。潜在成長率を上回る成長が続いている。実績は市場コンセ

2015年1月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国:成長率低下は当たり前

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 中国:成長率低下は当たり前2014年は7.4%成長。安定した雇用の維持のため景気下支え策を継続 ◆国家統計局によると、2014年の中国の実質GDP成長率は前年比7.4%と、2012年、2013年の同7.7%から減速した。一般には低成長への懸念が強調されるが、中国の産業構造はサービス化が進展しつつあること(高成長期から安定成長期へ移行)などから、成長率が徐々に低下していくのは自然である。◆2015年の消

日本経済(週次)予測(2015年1月12日)<大幅原油安の影響で交易条件は改善、企業収益の改善が期待される>

日本経済(週次)予測(2015年1月12日)<大幅原油安の影響で交易条件は改善、企業収益の改善が期待される>2015-01-13 関連論文日本経済(月次)予測(2017年5月)<民間企業在庫品増加、4-6月期実質成長率を前期比+0.4%ポイント程度押し上げる> [ Monthly Report(日本) ] Abstract/Keywords超短期予測, 日本経済, 月次レポート ▶1-3月期実質GDP成長率(1次速報値)は前期比年率+2.2%と5四半期連続のプラス。潜在成長率を上回る成長が続い

2015年はアベノミクス再機動成功の年となるか?

2015年はアベノミクス再機動成功の年となるか? 2015/01/15経済・社会政策部 片岡剛士年も改まり2015年となった。のっけから反省とお詫びで恐縮だが、本コラムは毎月一回程度のペースを目途に発信することになっている。しかし昨年後半は拙著『日本経済はなぜ浮上しないのか-アベノミクス第2ステージへの論点』(幻冬舎)の刊行作業やその他の業務に忙殺されてしまい、滞りがちとなってしまった。今年は毎月一回の執筆ペースを少なくとも守れるよう努力していきたい。2014年の日本経済は、安倍政権の経済政策(

日本経済(月次)予測(2014年12月)<遅れる生産の回復、緩やかな民間消費の回復>

日本経済(月次)予測(2014年12月)<遅れる生産の回復、緩やかな民間消費の回復>2015-01-05 関連論文日本経済(月次)予測(2017年5月)<民間企業在庫品増加、4-6月期実質成長率を前期比+0.4%ポイント程度押し上げる> [ Monthly Report(日本) ] Abstract/Keywords超短期予測, 日本経済, 月次レポート ▶1-3月期実質GDP成長率(1次速報値)は前期比年率+2.2%と5四半期連続のプラス。潜在成長率を上回る成長が続いている。実績は市場コンセ

2015年1月7日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

アジア経済見通し

アジア経済見通し調査部目   次1.アジア全体(1)景気の持ち直しはみられるものの、回復の足取りはなお緩慢(2)緩やかな回復が続く2015年のアジア経済2.中国経済(1)景気は減速(2)企業の資金繰り難と利下げ(3)先行き、経済成長率は緩やかに低下3.インド経済(1)景気を取り巻く環境は足元好転(2)景気の持ち直し傾向が徐々に本格化する見込み70 J R Iレビュー2015 Vol.1, No.20アジア経済見通し1.アジア全体(1)景気の持ち直しはみられるものの、回復の足取りはなお緩慢A.増勢

関西経済月次分析(2014年11-12月)

<要旨>10月の鉱工業生産指数は前月比+0.9%と2カ月連続の上昇。関西の生産は在庫調整局面にあり、今後引き続き注意が必要。11月関西の貿易は、輸出は21カ月連続で増加した。輸入は3カ月ぶりに減少した。結果、貿易収支は2カ月ぶりの赤字となるも、前年同月から改善。11月の景気ウォッチャー現状判断DIは2カ月連続の悪化。先行き判断DIは3カ月連続の悪化。同月の消費者態度指数は4カ月連続の前月比悪化で、消費増税直前のボトムと並んだ。消費者心理の停滞感が増してきた。9月の現金給与総額の伸びは関西2府4県

2014年12月25日商工中金フィードバック数:0社会/政治

2014・2015年度 経済見通し(3次改訂)

情報メモ NO.26-1162014・2015 年度 経済見通し(3 次改訂)2014 年 12 月 22 日 調査部-消費税影響による景気低迷は底を打ち、自律的な回復を歩む-ポイント◯ 2014 年度の実質 GDP は前年度比▲0.7%を見込む。以下の要因により、マイナス成長に転じる。① 消費税率引き上げ後の反動減が長引き、年度前半は内需の回復に遅れがみられた。民間投資はマイナスが続き、個人消費は実質所得の減少による消費者マインドの悪化で、小幅の回復にとどまるなど停滞感が漂う。② 日本製品の競

2014~2017年度経済見通し

情報通信総合研究所(ICR - InfoCom Research,Inc)は情報通信専門のシンクタンクです。 2014年12月19日2014~2017年度経済見通し -実質経済成長率:2014年度▲0.7%、2015年度1.7%、2016年度1.8%、2017年度0.0%を予測-(株)情報通信総合研究所(本社:東京都中央区、代表取締役社長:浮田豊明)は、情報通信(以下、ICT)産業が日本経済に与える影響を把握する一環として、篠﨑彰彦・九州大学教授、飯塚信夫・神奈川大学教授の監修のもと、内生変数

日本経済(週次)予測(2014年12月9日)<純輸出、10-12月期の成長率を押し上げる>

日本経済(週次)予測(2014年12月9日)<純輸出、10-12月期の成長率を押し上げる>2014-12-09 関連論文日本経済(月次)予測(2017年5月)<民間企業在庫品増加、4-6月期実質成長率を前期比+0.4%ポイント程度押し上げる> [ Monthly Report(日本) ] Abstract/Keywords超短期予測, 日本経済, 月次レポート ▶1-3月期実質GDP成長率(1次速報値)は前期比年率+2.2%と5四半期連続のプラス。潜在成長率を上回る成長が続いている。実績は市場

アジア経済概況(2014年9・10月)

2014/12/04調査部 野田 麻里子 I.中華圏・韓国1.中国経済の概況・・・7-9月期の実質GDP成長率は+7.3%に鈍化2.中国の主要指標解説:PMI雇用指数と利下げ3.台湾経済の概況・・・7-9月期の実質GDP成長率は+3.6%に鈍化4.韓国経済の概況・・・7-9月期の成長率は前期比加速も前年比では鈍化II.ASEAN・インド1.タイ経済の概況・・・7-9月期の実質GDP成長率は+0.6%に持ち直し2.インドネシア経済の概況・・・7-9月期の成長率は+5.0%に小幅鈍化3.マレーシア・

2014年7~9月期のGDP(2次速報)予測

12月8日公表予定の2014年7~9月期の実質GDP成長率(2次速報値)は、1次速報値から若干上方修正され前期比-0.3%となる見込みである(年率換算値では-1.6%から-1.2%に修正される見込み)。2四半期連続でのマイナス成長の状況に変化はなく、消費税率引き上げ後、景気が弱含んだ状態が続いていたことを確認する結果となろう。需要項目別の内訳をみると、7~9月期の法人企業統計の結果を受けて、設備投資が2次速報値の前期比-0.2%から同+0.6%に上方修正される一方で、公共投資は、9月の建設総合統

Kansai Economic Insight Quarterly No.24 <関西経済は緩やかな回復基調も、長引く消費増税からの調整>

Kansai Economic Insight Quarterly No.24 <関西経済は緩やかな回復基調も、長引く消費増税からの調整>2014-11-27 関西経済は緩やかな回復基調も、長引く消費増税からの調整(要旨)1. GDP1次速報によると、2014年7-9月期の実質GDP成長率は前期比年率-1.6%と2期連続のマイナス成長。市場にとってはネガティブ・サプライズとなり、消費増税の調整が長引いていることを示唆する結果となった。2014年7-9月期の関西経済は、緩やかな回復の動きを維持し

日本経済(週次)予測(2014年11月24日)<10-12月期、純輸出拡大の兆し>

日本経済(週次)予測(2014年11月24日)<10-12月期、純輸出拡大の兆し>2014-11-25 関連論文日本経済(月次)予測(2017年5月)<民間企業在庫品増加、4-6月期実質成長率を前期比+0.4%ポイント程度押し上げる> [ Monthly Report(日本) ] Abstract/Keywords超短期予測, 日本経済, 月次レポート ▶1-3月期実質GDP成長率(1次速報値)は前期比年率+2.2%と5四半期連続のプラス。潜在成長率を上回る成長が続いている。実績は市場コンセン

第102回景気分析と予測<7-9月期GDP1次速報値を織り込み、実質GDP成長率を2014年度-0.8%、15年度+1.8%、16年度+1.4%と予測>

第102回景気分析と予測<7-9月期GDP1次速報値を織り込み、実質GDP成長率を2014年度-0.8%、15年度+1.8%、16年度+1.4%と予測>2014-11-27 予測のハイライト1. GDP1次速報値によれば、7-9月期実質GDP成長率は前期比年率-1.6%と2期連続のマイナス成長となった。マーケットにとっては予想外のネガティブサプライズとなり、改めて消費増税の影響の大きさを確認した結果といえよう。景気は1月をピークに後退局面に入った可能性も否定しがたく、実質成長率の2期連続マイナ

日本経済(週次)予測(2014年11月18日)<10-12月期は成長牽引役が不在、前期比年率+1.1%の緩やかな成長にとどまる>

日本経済(週次)予測(2014年11月18日)<10-12月期は成長牽引役が不在、前期比年率+1.1%の緩やかな成長にとどまる>2014-11-19 関連論文第111回景気分析と予測<新推計GDPを反映し成長率予測を上方修正> [ Quarterly Report(日本) ] Abstract/Keywords日本経済予測, 四半期レポート, 超短期予測 新推計GDPを反映し成長率予測を上方修正 1.GDP1次速報値によれば、10-12月期実質GDP成長率は前期比年率+1.0%(前期比+0.2

関西経済月次分析(2014年10-11月)

<要 旨>9月の鉱工業生産指数は前月比+4.8%と2カ月ぶりの上昇も、7-9月期の生産は3期ぶりの前期比マイナス。今後の生産動向には注意が必要。10月関西の貿易は、輸出は20カ月連続で増加し伸びは2桁となった。輸入は2カ月連続で増加し、単月過去最高額を記録。結果、貿易収支は2カ月ぶりの黒字となり、前年同月から改善。10月の景気ウォッチャー現状判断DIは前月比2カ月ぶりのマイナス。外国人観光客による消費の増加が落ち込みを軽減したようである。先行き判断は同2カ月連続の悪化。10月の消費者態度指数は3

2014年11月20日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU ASEAN TOPICS:マレーシア経済:2014年7-9月期実質GDP成長率~前年比+5.6%へ鈍化も底堅さを維持~

BTMU ASEAN TOPICS:マレーシア経済:2014年7-9月期実質GDP成長率~前年比+5.6%へ鈍化も底堅さを維持~

予想外のマイナス成長となった7-9月期GDP~個人消費は緩やかに回復

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年11月18日予想外のマイナス成長となった7-9月期GDP~個人消費は緩やかに回復 内閣府が11月17日に発表した2014年7-9月期の実質GDP(国内総生産)成長率の1次速報値は、前期比0.4%減、年率1.6%減と、2期連続のマイナスとなりました。市場予想の2.2%増を大きく下回ったことから、4月の消費税率引き上げで落ち込んだ景気の持ち直しが、市場の想定より遅れていることが示されたと言えます。各項目の寄与度をみると、外需が実質G

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ