調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 家庭用ゲーム機

「家庭用ゲーム機」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年8月31日勝手にランキングフィードバック数:0デジタル家電

ミニスーパーファミコン購入予定の人は少数? 家庭用ゲーム機を持っていない人が半数以上を占めていた

ミニスーパーファミコン購入予定の人は少数? 家庭用ゲーム機を持っていない人が半数以上を占めていたミニスーパーファミコン購入予定の人は少数? 家庭用ゲーム機を持っていない人が半数以上を占めていた皆さんは最近、いつゲームをしましたか?また、どのような機械を使用してプレイしていますか?電車などで隣の人をみれば、携帯にイヤホンをさしながらソーシャルゲームを行っている……なんて場面、最近ではよく見かける方も多いかもしれません。では、家庭用/携帯用ゲーム機はどうでしょう?ニンテンドークラシックミニ スーパー

2017年6月26日CyAC★フィードバック数:0エンタテインメント

CyACゲーマー国勢調査 2017

こんにちは、CyACゲーマーデータラボの本田です!12月19日〜1月23日にかけて実施された「CyACゲーマー国勢調査2017(春)」の結果一部を公表させていただきます。前回に引き続き膨大な質問量でしたが、前回よりも50名ほど増量して4,491名の方にご回答いただきました。このページでは、PCゲーマーと利用デバイス・プレイ環境にまつわる集計結果をご紹介いたします。集計結果は下記4ページにてご覧ください!CyACゲーマー国勢調査2017(春) 集計結果一覧調査概要PC・家庭用ゲーム機のいずれかにて

2017年3月29日テスティーラボ★フィードバック数:0デジタル家電

若年層VR/AR調査

/ / VRとARの違いって何!?若年層VR/AR調査結果!VRとARの違いって何!?若年層VR/AR調査結果!VR技術ってすごいなーと思って調べてみると、「」と「」の違いを初めて知りました。皆さんはこの違いを知っているのでしょうか…?そもそもでとはどのくらい流行っているのでしょうか?ここは新しいものに敏感な若年層に聞くしかない!!ということで、のを対象にに関する調査を実施しました!など、若年層における事情のレポートをご覧ください!・若年層のVR普及率。認知率は以上、体験者はおよそ・AR体験者

2016年4月4日CyACフィードバック数:0社会/政治

CyACゲーマー国勢調査 2016 春

こんにちは、CyACゲーマーデータラボの本田です!1月23日〜2月23日にかけて実施された「CyACゲーマー国勢調査2016(春)」の集計結果を公表させていただきます!大変ボリュームのあるアンケート内容でしたが、予想を大幅に上回る4,414名以上の方にご回答いただきました。この場を借りて御礼申し上げます!スタッフ一同感無量です!なお、賞品の当選通知につきましては、4月半ば頃には完了する見通しとなっております。集計結果は下記4ページにてご覧ください!CyACゲーマー国勢調査2016(春) 集計結果

2015年12月2日MMDLaboフィードバック数:0モバイル

スマートフォンゲーム利用動向調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > スマートフォンゲームアプリ課金への支払い経験者の64.2%が何かしらのルールを決めている スマートフォンゲームアプリ課金への支払い経験者の64.2%が何かしらのルールを決めている MMD研究所と、株式会社コロプラが提供するスマートフォン向けインターネットリサーチサービス「スマートアンサー」は共同調査を行い、第8弾としてスマートフォンを所有

2013年7月31日NTTレゾナントフィードバック数:0エンタテインメント

ゲームがファミコン時代から進化して良かったところランキング

2013年07月31日 00:00 ゲームがファミコン時代から進化して良かったところランキング ゲームの歴史にさん然と輝く名機「ファミリーコンピュータ (ファミコン)」。ファミリーコンピュータが発売された1983年以前にも家庭用ゲーム機は幾つか存在しましたが、こと国内において家庭用ゲーム機の普及に最も貢献した革新的なハードといえば、このファミリーコンピュータをおいてほかにないでしょう。ファミリーコンピュータ向けに提供されていたゲームを当時の子供たちは「新しい! 凄い!」と楽しんでいたわ

2013年3月1日CyberZ★フィードバック数:1モバイル

新しいソーシャルゲームを始めるきっかけは「今、遊んでいるソーシャルゲーム内の広告を見て」が1位でした。

スマートフォンにおけるソーシャルゲーム利用実態調査(第三弾)

家庭用ゲーム機よりスマホゲームでよく遊ぶ約6割、新しいソーシャルゲームを始めるきっかけは「ゲーム内広告」 スマホにおけるソーシャルゲーム利用実態調査(第三弾)株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証マザーズ上場:証券コード4751)の連結子会社である株式会社CyberZ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:山内隆裕)は、ソーシャルゲーム市場の拡大(*1)を背景として、全国の普段ソーシャルゲームで遊んでいる15?69歳の男女1,018名を対象に、「ソーシャルゲ

2013年2月26日マイボイスコム★フィードバック数:0エンタテインメント

現在オンラインゲームで遊んでいる人の中でスマートフォンで遊んでいるのは26.3%とのことです。

マイボイスコム オンラインゲーム(4)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへオンラインゲーム現在利用者は2割弱、経験者は3割強。男性や若年層で多い傾向。今後の利用意向は全体の2割弱、現在利用者の9割弱。中止者では2割弱、未経験者では約2%にとどまる オンラインゲーム現在利用者の利用機種は、「デスクトップパソコン」「ノートパソコン」「スマートフォン」「家庭用ゲーム機」の順で多い。「家庭用ゲーム機」「携帯ゲーム機」などは若年層で多く、女性20代では「スマートフォン」が最も多い オンラインゲーム現在利用者のうち「ほとんど

品目別3D/裸眼3D製品の市場動向調査

市場調査とコンサルティングのシード・プランニング品目別3D/裸眼3D製品の市場動向調査がまとまりました。 分野別の3D製品、裸眼3D製品の2015年予測✓ テレビは約2割が3D対応になり、内5%が裸眼3Dに対応✓ 家庭用ゲーム機は約5割が3D対応になり、全数裸眼3Dに対応✓ プロジェクターは約1割が3Dに対応市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(本社:東京都台東区 梅田佳夫社長、以下シード・プランニング)は、品目別の3D/裸眼3D製品の市場動向調査を実施し、このほど、その

2010年7月12日MMDLaboフィードバック数:24デジタル家電

主婦のゲーム及びオンラインゲーム利用に関する実態調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > 主婦のゲーム及びオンラインゲーム利用に関する実態調査 主婦のゲーム及びオンラインゲーム利用に関する実態調査 MMD研究所(モバイルマーケティングデータ研究所)では、メディアインクルーズ株式会社(代表取締役社長・小川昌幸)運営のモバイルメディア「ママイコ」との共同リサーチとして、「主婦のゲーム及びオンラインゲーム利用に関する実態調査」を実施

2009年5月11日アイシェアフィードバック数:0デジタル家電

「ダウンロード販売」認知度8割超え~ゲームの発表日と発売日が同時でも「良いと思う」4割

「パッケージ」VS「ダウンロード」ゲームソフトはどっちで買いたい? 家庭用ゲーム機ソフトのダウンロードに関する意識調査 「ダウンロード販売」認知度8割超え~ゲームの発表日と発売日が同時でも「良いと思う」4割家庭用ゲーム機で従来のパッケージソフトに加え、ダウンロード販売されるゲームソフトが増えているという。このダウンロード販売、ネットユーザーはどのように利用しているのだろうか?回答のあった20代から40代の男女319名から、家庭用ゲーム機を所有する223名の回答を集計した。回答者が所有するゲーム機

2009年2月2日アイシェアフィードバック数:0エンタテインメント

カラオケ“本番”の前は「ひとりカラオケで練習」女性の2割~今後の練習は「家庭用ゲーム機でしたい」2割

カラオケ“本番”の前は「ひとりカラオケで練習」女性の2割 カラオケの練習に関する意識調査 カラオケ“本番”の前は「ひとりカラオケで練習」女性の2割~今後の練習は「家庭用ゲーム機でしたい」2割日本生まれの娯楽「カラオケ」。ゲーム機用カラオケソフトの発売やインターネットカラオケなどが登場し、「ひとりカラオケ」も定着するなど、新しい動きが目立つ昨今の事情を探った。集計回答数は20代から40代を中心とするネットユーザー男女412名。回答者のカラオケ頻度は「ここ1年行っていない」が全体の55.8%で最も多

2008年6月9日マイボイスコム★フィードバック数:0デジタル家電

マイボイスによる家庭用ゲーム機からゲームセンターまでの利用動向です。

ゲームの利用に関する調査(第2回)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ「週1回以上」ゲーム機で遊んでいる人は3割 「ニンテンドーDS」を使用している人が43.9%と最も高く、次いで「プレイステーション2」(39.6%)が続く ゲームセンターで遊ぶ機会が減った人は2割。その理由は「ゲームセンターへ行く時間がなくなった」が25.6%と最も高い よく遊ぶゲームのジャンルは、家庭用ゲーム機では「ロールプレイングゲーム」(44.3%)、ゲームセンターでは「メダル落とし」(32.7%)がトップ 【調査対象】 「

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お知らせ