「家計債務」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年6月18日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

「一難去ってまた一難」の韓国経済 ~MERS感染拡大の長期化による悪影響に懸念~

1/3Asia Trendsマクロ経済分析レポート「一難去ってまた一難」の韓国経済~MERS感染拡大の長期化による悪影響に懸念~発表日:2015年6月16日(火)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主席エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 韓国経済を巡っては、中国の景気減速や通貨ウォン高による輸出競争力の低下に伴い力強さを欠いている。昨年は旅客船沈没事故を契機に内需低迷が深刻化したが、その影響が一巡しつつあるなか、足下ではMERS感染の影響が懸念される。政府・中銀は景気対策

2015年4月30日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

タイ中銀、大胆な判断の背後で増幅するリスク ~過大な家計債務を巡るリスクにはこれまで以上に要注意

タイ中銀、大胆な判断の背後で増幅するリスク ~過大な家計債務を巡るリスクにはこれまで以上に要注意

2014年10月16日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

韓国 「円安」を標的にした景気刺激策 ~不透明な政策決定過程に加え、家計債務リスクが膨張する可能性も~

韓国 「円安」を標的にした景気刺激策 ~不透明な政策決定過程に加え、家計債務リスクが膨張する可能性も~

2014年7月28日内閣府フィードバック数:0社会/政治

タイ:民間消費低迷の背景

今週の指標 No.1101 タイ:民間消費低迷の背景 ポイント2014年7月28日実質GDP成長率(前年比)が、2014年1~3月期にマイナスに転じるなど(図1)、タイの景気は弱い動きとなっているが、こうした動きをもたらした要因の一つは、民間消費の低迷といえる。GDP成長率に対する民間消費の寄与度は13年7~9月期以降マイナスが続いている。また、民間消費指数(季節調整値)でみても、13年以降14年4月までは減少傾向が続いてきた(図2)(注1)。消費低迷の背景には、消費マインドの悪化がある。11年

2014年1月28日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

タイの個人消費低迷は長引く

リサーチ TODAY2014 年 1 月 28 日タイの個人消費低迷は長引く常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創2013年のタイの個人消費は深刻な不振に陥った。それまで政策効果により急増していた自動車販売の反動減がきっかけだが、労働集約型産業の衰退等に伴う雇用環境の悪化により、足元まで消費不振は続いている。みずほ総合研究所はタイ経済について、「タイ:個人消費低迷が長引く懸念」と題するリポートを発表している1。下記の図表はタイの実質雇用者所得を示すが、2013年4~6月期以降、実質雇用者所得

2014年1月16日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

タイ:個人消費低迷が長引く懸念~悪化する雇用環境、追い討ちをかける家計債務問題~

みずほインサイトアジア2014 年 1 月 15 日タイ:個人消費低迷が長引く懸念悪化する雇用環境、追い討ちをかける家計債務問題みずほ総合研究所調査本部アジア調査部03-3591-1379○ 2013年の個人消費は深刻な不振に陥った。政策により急増していた自動車販売の反動減がきっかけだが、労働集約産業の衰退等に伴う雇用環境の悪化により、足下まで消費不振は続いている。○ 雇用環境の悪化によって、低所得者層を中心に家計債務問題が徐々に顕在化したことも、消費を下押しした。この消費下押し圧力は、まだしば

利下げが家計に与える影響は?―債務を抱えている世帯により効果的(韓国の事例から)―

利下げが家計に与える影響は?―債務を抱えている世帯により効果的(韓国の事例から)― | ニッセイ基礎研究所 利下げが家計に与える影響は?―債務を抱えている世帯により効果的(韓国の事例から)― 生活研究部 准主任研究員 金 明中基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 韓国銀行が利下げを決定韓国銀行(以下、韓銀)は、 今年の5月 9日に金融通貨委員会を開き、昨年10月以後

2013年7月22日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

経済マンスリー:2013年7月(アジア)

平成 25 年(2013 年)7 月 19 日ASEAN の消費は堅調を維持するも、家計債務動向に注意アジア経済は、輸出の軟調が続き伸び悩んでいる。安定成長への移行を進める中国の第 2 四半期の実質 GDP 成長率は、政府の通年目標の前年比+7.5%まで減速した。また、インド・ベトナムでは景気回復が遅れており、一足先に発表されたベトナムの第 2 四半期の実質 GDP 成長率は同+5.0%と低い伸びに止まった。一方で、ASEAN は、輸出がエネルギー関連(インドネシア、マレーシア)や電子製品(タイ

2013年3月12日大和総研フィードバック数:9社会/政治海外

アメリカ版・若者はつらいよ

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2013年3月12日ニューヨークリサーチセンター エコノミスト 笠原 滝平2007年のサブプライムローン問題、2008年のリーマン・ショックを経て、アメリカ経済は大きく落ち込んだ。その後しばらく経って、アメリカ経済は緩やかながら回復の一途を辿っている。経済全体に影響力の強い個人消費はリーマン・ショック前の水準をすでに超え、ダウ工業株平均株価も史上最高値を更新する展開となっている。また、水準は低いものの

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ