「家計所得」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年2月2日内閣府フィードバック数:0大型消費/投資海外

アメリカ: 住宅販売の動向

今週の指標 No.1113 アメリカ: 住宅販売の動向 ポイント2015年2月2日アメリカでは、景気は回復しており、雇用情勢の改善や生産の増加等が続いているが、こうした中、住宅市場の回復は遅れている。住宅市場の活発化は、家具や家電といった耐久消費財の需要、建築業界の雇用等への波及効果を持つことからも、その動向が注目されている。中古、新築住宅販売件数をみると、いずれも2013年後半の金利上昇や14年初頭の寒波による下押しは一巡しているものの、14年通年では中古は減少(前年比▲3.1%の493万件

2015年1月6日大和総研フィードバック数:0社会/政治

消費の本格回復に期待したい2015年

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2015年1月6日パブリック・ポリシー・チーム エコノミスト 神田 慶司2014年11月に安倍首相は、2015年10月に実施予定の消費税率10%への引上げを18カ月延期すると表明した。デフレ脱却を目指す安倍政権にとって、2017年4月までに再増税できる経済環境を整えることが財政健全化のための課題となった。現政権が発足して2年、再増税まであと2年強であるから、アベノミクスは言わば折り返し地点にある。これ

2014~16年度改訂経済見通し(2次QE後の改訂)~「14年度:▲0.5%、15、16年度:1.5%」は修正なし~

情勢判断国内経済金融2014~16 年 度 改 訂 経 済 見 通 し(2 次 QE 後 の改 訂 )~「14 年 度 :▲0.5%、15、16 年 度 :1.5%」は修 正 なし~調査第二部12 月 8 日に発表された 7~9 月期の GDPの、輸出や設備投資関連の持ち直し色が第 2 次速報(2 次 QE)および 13 年度確報強まっており、企業業績や景況感などになどを踏まえ、当総研は 11 月 20 日に公は底堅さもみられる。一部の業種や職種表した「2014~16 年度経済見通し」の見では引

2014~16年度改訂経済見通し(2次QE後の改訂)

情勢判断国内経済金融2014~16 年 度 改 訂 経 済 見 通 し(2 次 QE 後 の改 訂 )~「14 年 度 :▲0.5%、15、16 年 度 :1.5%」は修 正 なし~調査第二部12 月 8 日に発表された 7~9 月期の GDPの、輸出や設備投資関連の持ち直し色が第 2 次速報(2 次 QE)および 13 年度確報強まっており、企業業績や景況感などになどを踏まえ、当総研は 11 月 20 日に公は底堅さもみられる。一部の業種や職種表した「2014~16 年度経済見通し」の見では引

2014年8月26日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

消費税のダメージを乗り越える視点 ~家計所得増を誘発する対応策~

Economic Trends経済関連レポート消費税のダメージを乗り越える視点発表日:2014年8月22日(金)~ 家計所得増を誘発する対応策~第一生命経済研究所 経済調査部担当 熊野英生(℡:03-5221-5223)消費税増税のダメージは、反動減を超えている。その原因は、商品の売り手側の価格上乗せを消費者が受け止め切れなかったことであろう。家計の負担増を減殺できる所得増がもっと手厚ければよかった。次の消費税増税を展望して、家計所得を増やすために有意義な対策として何ができるのかが課題になる。消

2013年8月29日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

消費税と高齢者世帯 ~家計には株価上昇の恩恵もある~

Economic Trends消費税と高齢者世帯経済関連レポート発表日:2013年8月28日(水)~ 家 計 に は 株 価 上 昇 の 恩恵もある~第一生命経済研究所 経済調査部担当 熊野英生(℡:03-5221-5223)消費増税の影響を受けやすいのは、高齢者だと考えられる。1997 年に比べて現在の方が高齢者消費の規模は大きくなっている。今のところ、株式投資を保有する高齢者世帯は、株価上昇の恩恵を受けている。そうした好影響が継続し、個人消費の拡大がさらに勤労世代の雇用・所得に回っていくこと

2013年7月2日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

曲がり角にある韓国の新政権

リサーチ TODAY2013 年 7 月 2 日曲がり角にある韓国の新政権常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創韓国は米国や日本を目標とするキャッチアップ型の発展を遂げてきた。韓国企業は米国や日本などが開発した技術にいち早く適応し、それをベースに製品開発を進めるファストフォロワー戦略で競争力を高め、2000年代に入るとサムソン電子や現代自動車を筆頭にグローバル市場で存在感を高めた。2008年のリーマン危機後、韓国が世界に先駆けて景気回復を果たし、2009年にプラス成長(0.3%)を維持できた

2013年6月4日みずほ総合研究所★フィードバック数:1社会/政治海外

韓国経済についてのレポートです。

転機にある韓国経済と新政権の経済政策

みずほ総研論集 2013年Ⅱ号転機にある韓国経済と新政権の経済政策*アジア調査部 主任研究員 苅込 俊二▲要  旨 1.韓国は、米国や日本をベンチマークとするキャッチアップ型発展を遂げてきた。韓国企業は米国や日本などが開発した技術にいち早く適応し、それをベースに製品開発を進めるファストフォロワー戦略で競争力を高め、2000年代に入るとサムスン電子や現代自動車を筆頭にグローバル市場で存在感を格段に高めた。2.しかし、韓国企業がグローバル市場で躍進する一方で、国内経済に目を転じると、家計部門を中心に

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ