「家計支出」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2016年5月4日共立総合研究所フィードバック数:0社会/政治

第18回「主婦の消費行動に関するアンケート」

第18回「主婦の消費行動に関する   アンケート」結果全ての年代・住所・就業形態において、「 良くなった」の回 答 率が上 昇、「悪くなった」は減少した。ただし、「変OKB総研では、毎年、岐阜・愛知・(1)主婦の景気判断三重・滋賀県などに在住の主婦を対象に「主婦の消費行動に関するアンわらない」という回答率が全ての属性最初に、消費行動を左右する景況において最も多く、景況感は2014年に感と物価観を概観する。引き続き厳しいものとなった(図表2)。ケート」を実施している。消費税の増税が実感され、円安に

2015年6月4日日本医科大学フィードバック数:0ライフスタイル

親の経済格差が子どもの肥満に及ぼす影響

親の経済格差が子どもの肥満に及ぼす影響を発表 経済水準が下位...| メディアで多数の記事になった注目のプレスリリース TOP > プレスリリース一覧 > 親の経済格差が子どもの肥満に及ぼす影響を発表経済水準が下位3分の1の世帯は...親の経済格差が子どもの肥満に及ぼす影響を発表経済水準が下位3分の1の世帯は、青年期の子どもの肥満の割合が3倍と判明日本医科大学 衛生学・公衆衛生学(所在地:東京都文京区)の可知 悠子助教らは、「親の経済格差が子どもの肥満に及ぼす影響」に関して、全国から無

2015年5月19日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

九州における最近の家計支出の動向とその背景について

九州における最近の家計支出の動向とその背景について

花粉症と消費です。

花粉症から卒業できる日はくるか―家計支出にも現れる、花粉症の影響―

花粉症から卒業できる日はくるか―家計支出にも現れる、花粉症の影響― | ニッセイ基礎研究所 花粉症から卒業できる日はくるか―家計支出にも現れる、花粉症の影響― 生活研究部 シニアマーケティングリサーチャー 井上 智紀基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 気づけば卒業のシーズンを迎えている。FacebookなどのSNS上でも、自身の、あるいは、家族の卒業を祝う投稿が散

2014年4月28日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

【特集 新局面に入る日中韓経済と経済関係の現状】底上げがみられる中国の消費需要、変わる消費構造

底上げがみられる中国の消費需要、変わる消費構造調査部 研究員 関 辰一目   次1.はじめに 2.拡大する中国の消費需要 (1)消費はすでに急激に成長 (2)成長モデルに変化の兆し3.底上げがみられる消費需要 (1) 「内陸部消費」 「農村消費」 「低所得層消費」が急拡大 (2)拡大持続が見込まれる内陸部消費 (3)都市─農村の所得格差と都市内の所得格差も縮小4.変わる消費構造 (1)急拡大した交通・自動車等関連費 (2) 「サービス」の時代が到来5.おわりに2 J R Iレビュー2014 Vo

2014年3月20日共立総合研究所フィードバック数:0ライフスタイル

第16回『主婦の消費行動に関するアンケート(定例調査)』

平成26年3月19日報道関係各位株式会社共立総合研究所第 16 回「主婦の消費行動に関するアンケート」結果株式会社 共立総合研究所(大垣市郭町 2-25 取締役社長 森秀嗣)は、標題のアンケートの結果を取りまとめましたのでご紹介します。≪要約≫1.主婦の景況感は大きく改善。しかし、消費行動に大きな変化はない。・主婦の景況感D.I.(景気が「良くなった」-景気が「悪くなった」の回答率の差)は▲45.4%ポイントから▲2.9%ポイントに大幅に改善。・家計の収入の改善が見受けられないなか、消費行動(支

2013年7月16日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

(論文)ゼロ金利下におけるインフレ予想と家計支出の関係:マイクロデータによる分析

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 ゼロ金利下におけるインフレ予想と家計支出の関係:マイクロデータによる分析2013年7月12日一上響*1西口周作*2全文掲載は、英語のみとなっております。要旨標準的な理論モデルによれば、ゼロ金利制約下では、インフレ予想が高まるほど、家計支出水準が引き上げられるはずである。もっとも、米国のマイクロデータを用いた最近の実証研究では、こうした関係は支持されていない。本稿は、低金利が長く続いている日本のマイクロデータを用い、様々

2013年2月28日共立総合研究所★フィードバック数:1マーケティング

主婦と家計についての調査です。

第15回『主婦の消費行動に関するアンケート』

平成25年2月26日報道関係各位株式会社 共立総合研究所第 15 回「主婦の消費行動に関するアンケート」結果株式会社 共立総合研究所(大垣市郭町 2-25 取締役社長 森秀嗣)は、標題のアンケートの結果を 取りまとめましたのでご紹介します。≪要約≫1.主婦の景況感は大きな改善はみられず、物価に対してもデフレの実感なし・景気が「悪くなった」との回答率は 46.1%と前年から 7.5 ポイント低下したものの 東日本大震災で悪化した景況感から大きな改善はみられず。 ・物価観は「変わらない」が 55.8

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ