「家計調査」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年2月5日総務省★★フィードバック数:0社会/政治

価格高騰時の消費者行動を探る~家計調査 数量集計結果の一歩踏み込んだ活用例~

ここから本文です。統計Today No.116価格高騰時の消費者行動を探る〜家計調査 数量集計結果の一歩踏み込んだ活用例〜 総務省統計局統計調査部 消費統計課調査官 佐藤 朋彦1 はじめに 昨年(2016年)は夏の天候不順により秋に販売された生鮮野菜の価格が急騰し、家計消費全体の動きにも影響を及ぼしました。そこで、この時に世帯(消費者)がとった購買行動について、「レタス」を例に家計調査の数量集計結果を活用して見てみることにしましょう。家計調査では、調査開始の1か月目に購入した生鮮野菜や生鮮果物な

2017年1月31日京都市フィードバック数:0社会/政治

家計調査ランキングアプリ

京都市役所 〒604-8571 京都市中京区寺町通御池上る上本能寺前町488番地 電話番号: 【広報資料】家計調査ランキングアプリの開発及び公開についてページ番号213687ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます2017年1月18日 広報資料平成29年1月18日総合企画局(情報化推進室情報統計担当 電話222-3216)家計調査ランキングアプリの開発及び公開について 京都市では,これまでも政令市で初めて統計API機能(プログラムなどで情報を取得できる機能)を活用し,国の提供する様

2016年9月25日総務省フィードバック数:0社会/政治

統計からみた我が国の高齢者(65歳以上)-「敬老の日」にちなんで-

ここから本文です。平成28年9月18日 総務省統計トピックスNo.97統計からみた我が国の高齢者(65歳以上)−「敬老の日」にちなんで− 総務省統計局では、「敬老の日」(9月19日)を迎えるに当たって、統計からみた我が国の高齢者のすがたについて取りまとめました。高齢者の人口 (人口推計)高齢者人口は3461万人、総人口に占める割合は27.3%と共に過去最高女性の高齢者割合が初めて30%を超える日本の高齢者割合は、主要国で最高高齢者の人口移動(日本人移動者) (住民基本台帳人口移動報告)東京都や大

2016年9月24日総務省フィードバック数:0社会/政治

家計調査年報(貯蓄・負債編)平成27年(2015年)

ここから本文です。家計調査年報(貯蓄・負債編)平成27年(2015年) この報告書は,2015年の家計調査(貯蓄・負債編)の結果を取りまとめたものです。 家計調査は,全国の世帯(学生の単身世帯を除く。)を調査対象として,国民生活における家計収支の実態を明らかにすることを目的として実施しており,そのうち(貯蓄・負債編)は,二人以上の世帯に関する貯蓄・負債の保有状況の実態を明らかにし,世帯の属性別の貯蓄や負債の保有状況についての詳細な統計を提供するものです。平成27年(2015年)貯蓄・負債の概況統

2016年5月7日総務省フィードバック数:0ライフスタイル

家計調査の結果提供に当たっての新たな取組~個人消費の趨(すう)勢を的確に捉えるために~

ここから本文です。統計Today No.107家計調査の結果提供に当たっての新たな取組〜個人消費の趨(すう)勢を的確に捉えるために〜 総務省統計局統計調査部 消費統計課調査官 佐藤 朋彦1 はじめに 〜 注目される消費統計 〜 2014年4月の消費税率の引上げ以降、個人消費は弱い動きが続いています。そのため、家計調査の月次結果がこれまで以上に注目されており、2015年11月の第17回経済財政諮問会議においては、「ある年齢層(例、高齢者)のシェアが実態より若干多くなっている。より経済実態に近づける

2016年1月15日総務省フィードバック数:0社会/政治

家計調査年報(家計収支編)平成26年(2014年)

ここから本文です。家計調査年報(家計収支編)平成26年(2014年)統計表 (年報に掲載されていない統計表は,詳細結果表をご覧ください。) 〒162-8668 東京都新宿区若松町19番1号 電話03-5273-2020(代表) © 1996 総務省統計局

2015年10月19日総務省フィードバック数:0ライフスタイル

家計調査結果からセカンドライフを生活設計~統計は私たちの暮らしの「羅針盤」~

ここから本文です。統計Today No.103家計調査結果からセカンドライフを生活設計 〜統計は私たちの暮らしの「羅針盤」〜総務省統計局統計調査部消費統計課調査官 佐藤 朋彦1 はじめに 我が国では「人生80年時代」と言われるようになり、定年後のセカンドライフは過去に比べるとずっと長くなりました。その一方で、少子化が進んだこともあって、公的年金制度を維持するために年金の支給開始年齢が少しずつ引き上げられています。そのため、定年を迎えても年金が全額支給される年齢に至るまで働き続けなければ、必要な生

2015年8月10日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

アパレル関連業者の倒産動向調査

2015/8/10アパレル関連業者の倒産動向調査小売の倒産2000年以降最多のペース〜 円安の影響本格化懸念 〜はじめに総務省が発表する家計調査報告によると、今年1月以降の消費支出は5月を除き前年同月比で実質減少となるなど、消費の回復は思うように進んでいない。このうち「被服及び履物」への支出は消費増税から1年が経過した4〜5月はプラスに転じたものの、6月はマイナス13.3%と再び2ケタの減少に転落した。為替相場も1ドル=120円台での推移が続いており、アパレル企業のコストを押し上げるなか、価格転

2015年7月27日総務省★★フィードバック数:0マーケティング

ネットショッピングの実態を探る!! ~家計消費状況調査 調査開始から3か月間の結果より~

ここから本文です。統計Today No.96ネットショッピングの実態を探る!! 〜家計消費状況調査 調査開始から3か月間の結果より〜総務省統計局統計調査部消費統計課調査官 佐藤 朋彦はじめに インターネットを通じた財(商品)やサービスの購入(以下「ネットショッピング」という。)が急速に普及しており、「統計Today No.76」()でも紹介しましたように、その額は毎年増加し、ネットショッピングを利用した世帯の割合も大幅に上昇しています。このような状況を踏まえ、ネットショッピングの実態を正確かつ詳

「共稼ぎ世帯」が個人消費の下支え役に

景気循環研究所レポート「共稼ぎ世帯」が個人消費の下支え役に2015 年 6 月 26 日実質消費が前年比で増加総務省が 6 月 26 日に発表した 5 月の家計調査報告によると、同月の実質消費支出(2 人以上の世帯)は前年比 4.8%増加し、消費税率引上げ直前の昨年 3 月(同 7.2%増)以来、14 ヵ月ぶりに前年比プラス圏に浮上した。勤労者世帯は既に今年 4 月に前年比プラスに転じていたが(0.5%増)、5 月には前年比 7.5%増へと増勢が加速している。家計の所得環境が改善勤労者世帯の実質

家計調査15年5月~前年比では高い伸びも、個人消費の基調は弱い

家計調査15年5月~前年比では高い伸びも、個人消費の基調は弱い | ニッセイ基礎研究所 家計調査15年5月~前年比では高い伸びも、個人消費の基調は弱い 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・実質消費支出は14ヵ月ぶりの増加・個人消費の基調は弱い総務省が6月26日に公表した家計調査によると、15年5月の実質消費支出は前年比4.8%

2015年6月26日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

家計調査(2015年5月) ~前年比プラス転化も消費の基調はまだ弱い~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:家計調査(2015年5月)発表日:2015年6月26日(金)~前年比プラス転化も消費の基調はまだ弱い~担当第一生命経済研究所 経済調査部副主任エコノミスト 高橋 大輝TEL:03-5221-4524(単位:%)実質消費支出(二人以上世帯)実質可処分所得合計除く住居等(※)(勤労者世帯)前年比前月比前年比前月比前年比20141月1.11.01.12.1▲ 0.52月▲ 2.5▲ 0.7▲ 2.2▲ 2.3▲ 1.33月7.210.9

2015年6月26日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2015年5月消費統計

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 5月消費統計振れを伴いながらも横ばい圏の推移が続く ◆2015年5月の家計調査によると、実質消費支出は季節調整済み前月比+2.4%と増加した。振れの大きい住居や自動車などを除いた実質消費支出(除く住居等)で見ても同+2.1%と増加した。ただし、前月の落ち込みを取り戻すには至らず、家計調査に見る個人消費は振れを伴いながらも横ばい圏で推移している。◆実質消費支出の動きを費目別にみると、「住居」(前月比+1

2015年6月5日内閣府フィードバック数:0社会/政治

Economic & Social Research No.9 2015年夏号

ESR  No. 92015 年 夏号ミクロデータを活用した政策研究の推進CONTENTS政策分析インタビューミクロ計量分析と政策研究の発展について大森 義明横浜国立大学国際社会科学研究院教授トピックミクロデータを用いた実証分析菅 史彦経済社会総合研究所研究官経済財政政策部局の動き「外国企業の日本への誘致に向けた5 つの約束」の概要田中 拓郎政策統括官(経済財政運営担当)付参事官(総括担当)付政策調査員経済理論・分析の窓行政データの研究利用小原 美紀大阪大学大学院国際公共政策研究科准教授ESRI

家計調査15年4月~消費支出は消費増税直後の水準をさらに下回る

家計調査15年4月~消費支出は消費増税直後の水準をさらに下回る | ニッセイ基礎研究所 家計調査15年4月~消費支出は消費増税直後の水準をさらに下回る 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・実質消費支出は予想外の減少・15年度入り後の賃金の伸びに過度の期待は禁物か総務省が5月29日に公表した家計調査によると、15年4月の実質消費

2015年5月29日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

家計調査(2015年4月) ~前月比は▲5.5%とショッキングな結果~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:家計調査(2015年4月)発表日:2015年5月29日(金)~前月比は▲5.5%とショッキングな結果~担当第一生命経済研究所 経済調査部副主任エコノミスト 高橋 大輝TEL:03-5221-4524(単位:%)実質消費支出合計前年比(二人以上世帯)除く住居等(※)実質可処分所得(勤労者世帯)前月比前年比前月比前年比1月1.11.01.12.1▲2月▲ 2.5▲ 0.7▲ 2.2▲ 2.3▲3月7.210.98.69.8▲4月▲ 4

2015年5月1日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

家計調査15年3月~駆け込み需要の反動で前年比大幅減も実勢は持ち直し

家計調査15年3月~駆け込み需要の反動で前年比大幅減も実勢は持ち直し | ニッセイ基礎研究所 家計調査15年3月~駆け込み需要の反動で前年比大幅減も実勢は持ち直し 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・実質消費水準指数は4ヵ月ぶりの上昇・15年度入り後の賃金の伸びに過度の期待は禁物か総務省が5月1日に公表した家計調査によると、1

2015年5月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

家計調査(2015年3月) ~1-3月期の除く住居等は前期比0.0%と低調な結果に~

家計調査(2015年3月) ~1-3月期の除く住居等は前期比0.0%と低調な結果に~

2015年5月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2015年3月消費統計

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 3月消費統計1-3月期のGDPベースの個人消費は小幅の増加を予想 2015年5月1日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 久後 翔太郎◆2015年3月の家計調査によると、実質消費支出は季節調整済み前月比+2.4%と増加した。振れの大きい住居や自動車などを除いた実質消費支出(除く住居等)で見ても同+2.8%と増加し、このところの弱さを払しょくする良好な結果であった。◆供給側から個人消費動

2015年5月1日東京都★フィードバック数:0社会/政治

東京都の調査です。

「都民のくらしむき」平成26年年報

平成26年年報「都民のくらしむき」(東京都生計分析調査報告)平成27年4月30日総務局 東京都生計分析調査は、都民の暮らし向きを明らかにすることを目的として、都内に居住する2人以上の世帯を対象に、家計における収入(勤労者世帯・無職世帯)及び支出(全世帯)を調査するものです。家計調査(総務省実施)と合わせて792世帯の結果を分析し、平成26年年報をまとめましたので、お知らせします。支出の動向 全世帯の消費支出 324,036円(1世帯当たり年平均1か月間)対前年増加率 名目2.8%減 実質5.6%

2015年4月29日山形県★フィードバック数:0ライフスタイル

山形市の消費の特徴です。

山形市の品目別消費ランキング(平成24~26年平均)

「家計調査」における山形市の品目別消費ランキング(平成25~27年平均) 平成28年3月11日に総務省統計局から公表された「家計調査(二人以上の世帯)品目別都道府県庁所在市及び政令指定都市ランキング(平成25~27年平均)」から山形市の状況についてまとめましたのでお知らせします。詳細につきましては、関連ファイルをご覧下さい。 この記事に対するお問い合わせ担当課:統計企画課担当:生活統計担当TEL/FAX:023-630-2187E-Mail:表示するにはJavaScriptを有効にしてくださ

2015年4月17日総務省★フィードバック数:0ライフスタイル

消費についてのレポートです。

家計調査からみた消費税率引上げ前後の消費行動について

ここから本文です。統計研究彙報 第72号 No.2概要タイトル 家計調査からみた消費税率引上げ前後の消費行動について著者 堀井 俊刊行年月 2015年3月要旨 2014(平成26)年4月に消費税率が5%から8%へ引き上げられたことに伴い、消費税率引上げ直前の3月には、家計調査の結果で見ると、駆け込み購入の影響から消費支出全体では1年前に比べて実質7.2%の増加がみられた。一方、消費税率引上げ後の4月及び5月には、その反動による減少がみられ、4月は実質4.6%の減少、5月は実質8.0%の減少となっ

2015年4月1日福井県★フィードバック数:0社会/政治

福井県の消費の特徴を見ています。

「ふくい統計リポート」 No.10およびNo.11

報道発表資料「ふくい統計リポート」 No.10およびNo.11第10号のテーマは、「消費増税前後の福井県の景気を読み解く」です。2014年4月に消費税が5%から8%へ引き上げられました。内閣府のGDP速報値でもマイナス成長に、福井県景気動向指数でも増税後数カ月は弱い動きで推移する結果となっています。そこで今回は、消費税増税が福井県にどのような影響を与えたのかを「生産」と「消費」の面から見ていきます。第11号のテーマは、「家計調査から見る福井のすがた」です。近年、「県民性」を取り上げる番組や書物を

2015年3月30日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

家計調査・商業動態統計(2015年2月) ~未だ、春は来ない~

家計調査・商業動態統計(2015年2月) ~未だ、春は来ない~

2015年3月28日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2015年2月消費統計

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2月消費統計春物商材、外食の堅調さを確認 2015年3月27日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 久後 翔太郎◆2015年2月の家計調査によると、実質消費支出は季節調整済み前月比+0.8%と増加した。ただし振れの大きい住居や自動車などを除いた実質消費支出(除く住居等)で見ると、同▲1.4%と減少した。◆供給側から個人消費動向を捉えた商業動態統計を見ると、2月の名目小売販売額は、季節調

家計調査15年2月~個人消費は底這い圏を脱せず

家計調査15年2月~個人消費は底這い圏を脱せず | ニッセイ基礎研究所 家計調査15年2月~個人消費は底這い圏を脱せず 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・実質消費水準指数は3ヵ月連続で低下・実質所得の改善から15年度入り後には回復へ総務省が3月27日に公表した家計調査によると、15年2月の実質消費支出は前年比▲2.9%となっ

2015年3月13日埼玉県フィードバック数:0社会/政治

さいたま市の家計調査結果(平成26年平均)

ここから本文です。さいたま市の家計調査結果(平成26年平均) 部局名:総務部課所名:統計課担当名:消費統計担当担当者名:大石 大内 笠原  実収入は3年連続減少するも、消費支出は2年ぶりに増加しました。二人以上の勤労者世帯における一世帯当たりの月平均実収入は578,820円で、対前年の実質増減率は3年連続減少となる6.3%減となりました。 実収入から税金や社会保険料等を除いた可処分所得も、同様に減少したものの、消費支出は355,605円で、実質増減率は2年振りの増加となる7.6%増となり、平均

2015年3月10日日本銀行フィードバック数:0ライフスタイル

ガソリン価格下落の家計への影響試算~1年で概ね2万円~

この公表資料は当店ホームページに掲載しています。ホームページアドレスhttp://www3.boj.or.jp/miyazaki/2015 年 3 月 9 日日本銀行宮崎事務所日本銀行鹿児島支店ガソリン価格下落の家計への影響試算~1年で概ね2万円~2014 年の夏以降、原油価格が大幅に下落した。これに伴い、宮崎県内のガソリン店頭価格も 2014 年7月の 169.8 円から、今年2月中は 130 円台へと、2011 年初以来の水準まで下落している(図表1)。家計のガソリン消費動向をみると

家計調査15年1月~個人消費の持ち直しは依然として緩慢

家計調査15年1月~個人消費の持ち直しは依然として緩慢 | ニッセイ基礎研究所 家計調査15年1月~個人消費の持ち直しは依然として緩慢 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・実質消費支出は減少幅が拡大・先行きは実質所得の増加が個人消費の回復を後押し総務省が2月27日に公表した家計調査によると、15年1月の実質消費支出は前年比▲5

2015年2月27日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2015年1月消費統計

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 1月消費統計食料品の値上げや冬物商品の動きの鈍さを主因に増加傾向が足踏み 2015年2月27日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 久後 翔太郎◆2015年1月の家計調査によると、実質消費支出は季節調整済み前月比▲0.3%と減少した。振れの大きい住居や自動車などを除いた実質消費支出(除く住居等)で見ても、同▲0.3%と減少しており、家計調査に見る個人消費は増加傾向が足踏みする結果となっ

2015年2月27日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

家計調査・商業動態統計(2015年1月) ~消費の足取りは鈍いまま~

家計調査・商業動態統計(2015年1月) ~消費の足取りは鈍いまま~

2015年2月1日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治

家計調査の収入階級別収支

連載指標観測 家 計 調 査 の収 入 階 級 別 収 支竹光 大士家計調査は、サンプリングした全国入の減少が目立つ。ⅠとⅢで 10∼11 月に9,000 世帯の家計の収入・支出等を調査実収入の減少が続いているが、その他のしたものであり、詳細な収支の状況を把階級では回復しつつある。握することができるというメリットがあ一方、消費支出を見てみると、4∼9 月る。今回は消費税増税前後の収入、消費にほぼ全階級で消費支出が減少ないし低支出の状況を収入階級別の状況を中心に迷している。7∼9 月

2015年1月30日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年12月消費統計

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 12月消費統計2014年10-12月期のGDPベースの個人消費は前期比+1%程度の増加へ 2015年1月30日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 久後 翔太郎◆2014年12月の家計調査によると、実質消費支出は季節調整済み前月比+0.4%と増加した。振れの大きい住居や自動車などを除いた実質消費支出(除く住居等)で見ても、同+0.3%と増加しており、家計調査に見る個人消費は持ち直しの動

2015年1月30日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

家計調査・商業販売統計(2014年12月) ~実質消費、実質小売業販売ともに小幅増加~

家計調査・商業販売統計(2014年12月) ~実質消費、実質小売業販売ともに小幅増加~

2014年12月28日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

家計調査・商業販売統計(2014年11月) ~改善基調もペースは緩慢~

家計調査・商業販売統計(2014年11月) ~改善基調もペースは緩慢~

家計調査14年11月~個人消費は緩やかな持ち直しが続く

家計調査14年11月~個人消費は緩やかな持ち直しが続く | ニッセイ基礎研究所 家計調査14年11月~個人消費は緩やかな持ち直しが続く 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・実質消費支出は減少幅が縮小・個人消費は緩やかな持ち直しが続く公算総務省が12月26日に公表した家計調査によると、14年11月の実質消費支出は前年比▲2.5%

2014年11月28日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

家計調査・商業販売統計(2014年10月) ~均してみれば、緩やかな増加基調は変わらず~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:家計調査・商業販売統計(2014年10月)発表日:2014年11月28日(金)~均してみれば、緩やかな増加基調は変わらず~担当第一生命経済研究所 経済調査部副主任エコノミスト 高橋 大輝TEL:03-5221-4524(単位:%)実質消費支出 (二人以上世帯)合計除く住居等(※)前年比20141月2月3月4月5月6月7月8月9月10月実質可処分所得▲▲▲▲▲▲▲▲前月比1.12.57.24.68.03.05.94.75.64.0前

家計調査14年10月~個人消費は底這い圏の動きが続く

家計調査14年10月~個人消費は底這い圏の動きが続く | ニッセイ基礎研究所 家計調査14年10月~個人消費は底這い圏の動きが続く 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・実質消費支出は減少幅が縮小・個人消費は底這い圏の動き総務省が11月28日に公表した家計調査によると、14年10月の実質消費支出は前年比▲4.0%となった。減少幅

2014年11月4日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

消費統計にある乖離 ~なぜ、商業販売統計と家計調査は食い違うのか~

Economic Trends消費統計にある乖離経済関連レポート発表日:2014年10月31日(金)~ なぜ、商業販売統計と家計調査は食い違うのか~第一生命経済研究所 経済調査部担当 熊野英生(℡:03-5221-5223)消費税の反動減の影響が尾を引いていると言われるが、その程度は消費統計によって異なる。経済産業省の「商業販売統計」では、5 月以降は回復が進んできている。一方、総務省の「家計調査」では、9 月までの 1 世帯当たりの消費支出が依然として低調なままである。両者の間の定義・範囲の違

2014年11月2日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

家計調査(2014年9月) ~依然として弱めの推移~

家計調査(2014年9月) ~依然として弱めの推移~

家計調査14年9月~個人消費の持ち直しは依然として緩慢

家計調査14年9月~個人消費の持ち直しは依然として緩慢 | ニッセイ基礎研究所 家計調査14年9月~個人消費の持ち直しは依然として緩慢 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・実質消費支出は減少幅が再拡大・個人消費の持ち直しは引き続き緩慢なものに総務省が10月31日に公表した家計調査によると、14年9月の実質消費支出は前年比▲5.

2014年10月28日総務省★フィードバック数:0社会/政治

実際のデータを使ってポイント解説をしています。

家計収支の動向を的確に把握するために~家計調査の結果を関連統計と比較する際のポイント~

ここから本文です。統計Today No.86家計収支の動向を的確に把握するために 〜家計調査の結果を関連統計と比較する際のポイント〜総務省統計局統計調査部消費統計課調査官 佐藤 朋彦 (共同執筆者)同課審査発表係廣田 恵美概要2014(平成26)年4月に消費税率が引き上げられて以降、消費とそれを支える所得の動きを示す統計が注目されており、特に家計調査の結果が取り上げられることが多い。この家計調査の結果を商業動態統計調査の「小売業販売額」及び毎月勤労統計調査の「現金給与総額」と比較する際には、以下

米の1世帯1カ月当たり支出金額・購入数量の推移(平成26年8月)

Ⅰ-2 米の1世帯1ヵ月当たり支出金額・購入数量の推移支出金額対前年比0.1▲ 11.8▲ 5.9▲ 0.91.8▲ 2.4▲ 6.2▲ 4.14.8▲ 2.27.16.68.06.74.05.82.5▲ 4.5▲ 1.6▲ 20.0▲ 8.5▲ 12.1▲ 15.0▲ 9.410.2▲ 29.7▲ 17.5▲ 14.8▲ 13.4▲ 8.1購入単価対前年比426▲ 5.3368▲ 13.6364▲ 1.1360▲ 1.1353▲ 2.03581.6345▲ 3.8340▲ 1.33657.13

2014年9月30日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

家計調査・商業販売統計(2014年8月) ~持ち直してはいるものの、戻りは弱い~

家計調査・商業販売統計(2014年8月) ~持ち直してはいるものの、戻りは弱い~

家計調査14年8月~夏場の個人消費は低調に終わる

家計調査14年8月~夏場の個人消費は低調に終わる | ニッセイ基礎研究所 家計調査14年8月~夏場の個人消費は低調に終わる 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・実質消費支出は大幅減少が続く・実質所得の減少が引き続き消費の下押し要因に総務省が9月30日に公表した家計調査によると、14年8月の実質消費支出は前年比▲4.7%となった

2014年9月19日総務省★フィードバック数:0社会/政治

家計の貯蓄/負債です。

家計調査年報 貯蓄・負債編(平成25年(2013年))

ここから本文です。家計調査年報(貯蓄・負債編)平成25年(2013年) この報告書は,2013年の家計調査(貯蓄・負債編)の結果を取りまとめたものです。 家計調査は,全国の世帯(学生の単身世帯を除く。)を調査対象として,国民生活における家計収支の実態を明らかにすることを目的として実施しており,そのうち(貯蓄・負債編)は,二人以上の世帯に関する貯蓄・負債の保有状況の実態を明らかにし,世帯の属性別の貯蓄や負債の保有状況についての詳細な統計を提供するものです。平成25年(2013年)貯蓄・負債の概況統

2014年8月29日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

家計調査・商業販売統計(2014年7月) ~実質消費支出は、底ばい程度の推移に留まる~

家計調査・商業販売統計(2014年7月) ~実質消費支出は、底ばい程度の推移に留まる~

2014年8月29日財務省フィードバック数:0社会/政治

株価が消費に与える影響:アベノミクス期を用いた資産効果の計測

PRI Discussion Paper Series (No.14A-09)株価が消費に与える影響:アベノミクス期を用いた資産効果の計測財務省財務総合政策研究所総括主任研究官宇南山 卓財務省主税局総務課古村 典洋2014 年 8 月本論文の内容は全て執筆者の個人的見解であり、財務省あるいは財務総合政策研究所の公式見解を示すものではありません。財務省財務総合政策研究所研究部〒100-8940 千代田区霞が関 3-1-1TEL 03-3581-4111 (内線 5489)株価が消費に与える影響:ア

家計調査14年7月~駆け込み需要の反動の影響縮小後も個人消費は低迷

家計調査14年7月~駆け込み需要の反動の影響縮小後も個人消費は低迷 | ニッセイ基礎研究所 家計調査14年7月~駆け込み需要の反動の影響縮小後も個人消費は低迷 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・実質消費支出の減少幅が再び拡大・実質所得の減少による個人消費の低迷が長引く恐れも総務省が8月29日に公表した家計調査によると、14年

2014年7月30日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

家計調査・商業販売統計(2014年6月) ~持ち直しつつあるが、改善ペースは緩やか~

家計調査・商業販売統計(2014年6月) ~持ち直しつつあるが、改善ペースは緩やか~

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ