「家計資産」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2014年7月21日総務省フィードバック数:0社会/政治

統計Today No.81 9月から「平成26年全国消費実態調査」を実施

ここから本文です。統計Today No.81みんなの家計簿で、消費の未来を描きます。 〜9月から「平成26年全国消費実態調査」を実施します。総務省統計局統計調査部消費統計課長 永島 勝利 総務省統計局では、今年の9月から11月までの3か月間、5年に1回の「全国消費実態調査」を実施します。この調査から分かること この調査は、家計の収支及び貯蓄・負債、耐久消費財、家計資産を総合的に調査するものですが、まず、本調査から、どのようなことが分かるのかについて、過去の調査結果に基づいて、身近な例を幾つか挙げ

2014年1月6日第一生命保険フィードバック数:0大型消費/投資

なんでNISAをはじめるの?

よく分かる!経済のツボなんでNISAをはじめるの?経済調査部星野 卓也2014 年1月、NISAスタート 2014 年1月から、NISA(ニーサ。日本版 少額投資非課税制度)がスタートします(資料 1) 。これにより、年間 100 万円までの投資から 得た譲渡益や配当にかかる税金は非課税となり ます(通常の税率は利益の 20%) 。NISA口座 の事前申込が始まった 2013 年 10 月1日だけで、 申込件数は 358 万件(国税庁調べ)に上ってお り、注目度の高さがわかります。NISAによ

不動産マーケットレポート 2013年11月号

11N o v e m b e r, 2 0 1 3不動産マーケットレポートシニア世代の不動産所有状況と老後の不動産活用に関する考え方について ・ 2経済トレンド・ウォッチ ・・・・・・・・ 4不動産市場トレンド・ウォッチ ・・・・・ 6老後、身体が弱った時に望む住まいは現住居が最多。一方で高齢者向け施設への入居意向も上昇 ・ 8■本 レポ ートに 関 するお 問 い 合 わ せ 先■みずほ信託銀行株式会社 不動産企画部夏目 和宏 TEL.03-3274-9079(代表)シニア世代 の不動産所

2013年9月2日大和総研フィードバック数:0社会/政治

アベノミクスと家計資産

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 アベノミクスと家計資産~「貯蓄から投資」の実現メカニズムを考える~『大和総研調査季報』 2013年夏季号(Vol.11)掲載 「アベノミクス」への期待から、家計の金融資産に変化の兆しが現れている。これまで「貯蓄から投資」が進まなかった背景には、「期待収益率の低迷」「所得環境の悪化」といった経済環境によるものや、「マイホーム志向」「終身雇用システム」といった社会構造によるものが挙げられる。アベノミクスが

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ