調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 家電量販店

「家電量販店」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年11月15日BCN RETAILフィードバック数:0デジタル家電

4メーカーが出揃って4か月、伸び悩む有機ELテレビの現在地

家電量販店のテレビ売り場では、一番目立つ場所に有機ELテレビを配置している店舗が増えている。また、8月にBCNが実施したテレビ購入意向者に対するアンケート調査でも、有機ELテレビの認知率は7割と高く、一般的にも浸透しつつあることが明らかとなった。現在、製品を販売しているメーカーは、LGエレクトロニクス、ソニー、パナソニック、東芝の4社。大手が出揃ってから、約4か月が経過する。本記事では、家電量販店・ネットショップの実売データを集計する「BCNランキング」をもとに、市場の動向と、各メーカーの現在地

2017年9月20日BCN RETAILフィードバック数:0大型消費/投資

需要高まるドライブレコーダー、シェア争いは三つ巴の様相に

自動車事故や衝撃映像などをテレビ番組で放映する際、よく使用されているのがドライブレコーダーで撮影された映像だ。その映像が、事故や事件の解決に貢献したという報道を目にする機会も増えている。BCNが2016年6月に実施したアンケート調査によると、ドライブレコーダーを搭載することで「安全運転を意識するようになった」とした回答が5割以上にも達し、ドライバーの意識向上にも一役かっている。このドライブレコーダーはカーショップや家電量販などでも販売されるが、家電量販店・ネットショップの実売データを集計する「B

2017年7月31日BCN RETAILフィードバック数:0デジタル家電

価格が高くても国内PCメーカーが選ばれるわけ

さまざまな製品が並ぶ家電量販店でパソコン(以下PC)を見ていると、海外メーカーより国内メーカーの製品の方が価格が高い印象を持っている人は少なくないだろう。家電量販店・ネットショップの実売データを集計する「BCNランキング」をみると、実際にノートPCの平均単価は国内メーカーの方が3-4万円ほど高い。しかし、平均単価が高くても、ノートPC市場の販売台数構成比は国内メーカーが常に半分以上を占めている。この「価格が高くても選ばれる」理由はどこにあるのだろうか。そこで株式会社BCNは6月、株式会社コロプラ

2016年9月21日エディオンフィードバック数:0モバイル

「スマホの購入・機種変更」に関するアンケート調査

[株式会社エディオン] ,相談 家電量販店 エディオン スマホ スマートフォン スマホ購入 スマホ機種変更

2015年5月27日マイボイスコムフィードバック数:0マーケティング

マイボイスコム ポイントサービス(4)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへポイントサービスを利用・する店舗・施設の上位は「スーパーマーケット」「コンビニエンスストア」「ドラッグストア」「家電量販店」「クレジットカード」など。過去調査と比べ「コンビニエンスストア」は増加傾向、「家電量販店」は減少傾向 ポイントサービス利用者のうち、ポイントを交換・使用したことがあるのは「スーパーマーケット」「コンビニエンスストア」「ドラッグストア」「クレジットカード」「オンラインショップ(楽天、amazonなど)」「家電量販店」など

第84回:家電量販店のオンラインストアのネット視聴率ランキング

ネット視聴率ランキング第84回:家電量販店のオンラインストアのネット視聴率ランキングReach Nextを使い、家電量販店のオンラインストアの視聴率を調べました。調査期間:2014年10月31日~2015年3月23日ネット視聴率測定システム「Reach Next」の詳細はこちら*順位は接触者数順、接触者数が同数の場合はPV順となっている*注:Reach Nextは任意のキーワードによる検索結果、任意に設定したURLの視聴率を調べるシステムのため、設定したキーワード、URL、また調査期間によって結

2014年8月19日マイボイスコム★フィードバック数:0マーケティング

テキストマイニング事例です。

テキストマイニングで見えてきた、家電量販店で感じる不満

[MyVoice] ,家電量販店 テキストマイニング

2014年5月16日野村総合研究所フィードバック数:0マーケティング

2012年度のポイント・マイレージの年間発行額は少なくとも8,684億円

事業・サービスTOP »「コンサルティング」「金融ITソリューション」「産業ITソリューション」「IT基盤サービス」の4つの事業を通して、社会の仕組みづくり、お客様のビジネス、人々の快適な暮らしを支えています。 NRIオピニオンTOP »NRIの調査・研究成果を集めたナレッジデータベースをご覧いただけます。 ニュースNRIが発信する最新のニュースリリースやお知らせ情報などをご覧いただけます。 サステナビリティTOP »NRIグループは、「攻めのCSR」「守りのCSR」「NR

2013年7月20日アサヒビールフィードバック数:0マーケティング

ポイント生活してますか?(2008/07)

「人がしあわせを感じるモノやコトって、何だろう?」衣・食・住・美など生活に密着したテーマでその答えを考える“しあわせ探しの情報サイト”毎週アンケート | 生活の中のちょっとした事や、旬な話題をタイムリーに調査ひと昔前までスタンプカードが主流でしたが、ここ最近ではICカードや磁気カードを利用したポイントカードが随分増えてきました。もともと、商店街のおまけ感覚のものがメインでしたが、昨今では大手百貨店や量販店でもキャッシュバック、マイレージポイントの加算など、マル得なポイントサービスが次々に登場し、

2012年12月26日ドゥ・ハウス★フィードバック数:1デジタル家電

購入のプロセスも見ています。

この冬に購入を検討している家電に関する調査

ミステリーショッパー、店頭調査から、ショッパーインサイトを把握する購買行動調査まで 店頭における課題はおまかせください! ~この冬に購入を検討している家電に関する調査~ 昨年に比べて家電全般に対する消費マインドは低調。「タブレット端末」がポイントを伸ばす。マーケティング支援の株式会社ドゥ・ハウス(港区 代表:稲垣佳伸)は、全国の20歳以上を対象に「この冬に購入を検討している家電に関する調査」を実施しました。冬のボーナスで購入予定(購入済み)の家電について調査しています。昨冬に行った同様の調査結

2012年12月5日マッシュメディアフィードバック数:70マーケティング

『ショッピング』に関するアンケート調査

家電量販店で商品をチェックした後、その商品をECサイトで買う人は74%!! “家電量販店”が”家電展示場”と化しているのは本当だった件家電を購入する際、消費者がこぞってインターネット通販の「Amazon(アマゾン)」を利用していることから、家電量販店の業績は悪化し、「販売店」どころか「家電展示場」になっているとの噂が話題となっている。そこでIRORIOが、「ネットショッピングとショッピング」に関する独自調査を行ったところ、「家電量販店で商品の実物を見た後で、その商品をECサイトで買ったことがある

太陽光発電システムの流通と販売チャネル動向調査

市場調査とコンサルティングのシード・プランニング太陽光発電システムの流通と販売チャネル動向調査がまとまりました。 ◆ 販売事業者は急増、流通経路は多様化⇒メーカー系列の地域家電店、家電量販店など、新規業種が参入◆ 今後は地域家電店がシェア増加見込み◆ 販売店の利益が薄いことが課題⇒価格競争が激しく、補助金上限あり市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(本社:東京都台東区 梅田佳夫社長、以下シード・プランニング)は、太陽光発電システムの流通と販売チャネルに関する動向を調査し、

2010年3月23日アイシェアフィードバック数:0モバイル

水没携帯メモリ復旧サービス全国普及希望者は全体の8割~携帯電話の所持・不所持を問わず同サービスに高い期待感

全国普及に期待!水没携帯メモリ復旧サービス 水没携帯復旧サービスに関する意識調査 水没携帯メモリ復旧サービス全国普及希望者は全体の8割~携帯電話の所持・不所持を問わず同サービスに高い期待感今では生活必需品となった携帯電話。水に落として電源が入らないとしたら、大慌てしてしまう人が多いのではないだろうか。そこで、一部家電量販店で開始された水没携帯電話のデータメモリ復旧サービスについての利用意向をネットユーザーに調査し、20代から40代の男女510名の回答を集計した。自分の携帯電話を誤って水没させてし

2010年2月8日日経BPフィードバック数:5デジタル家電

冷蔵庫は「大型」「センター開き」がトレンド、次に買うなら「省電力重視」が6割

日経BPコンサルティング 相山 幹子 家電量販店の店頭で、大きな冷蔵庫が目立つようになってきたことにお気づきだろうか。生活パターンの変化による食材のまとめ買いや、不況による「内食」回帰などで、大型冷蔵庫が売れているという。昨年秋以降に冷蔵庫メーカーが発売した新商品には、400L超の大型商品が多い。今回のトレンド・サーベイでは、そんな「冷蔵庫」をテーマに実施。家庭にある冷蔵庫のタイプ、購入時の重視点、主な冷蔵庫メーカー6社に対するイメージなどを聞いた。家庭の必需品である冷蔵庫の実態を、日経BPコン

2009年6月22日アイシェアフィードバック数:0ライフスタイル

「手軽」「便利」と7割が肯定!コンビニなどでの薬購入~コンビニを頻繁に利用する人の8割が「利用意向あり」

薬のコンビニ販売に関する意識調査 「手軽」「便利」と7割が肯定!コンビニなどでの薬購入~コンビニを頻繁に利用する人の8割が「利用意向あり」2009年6月1日、改正薬事法が施行され、「登録販売者」がいるコンビニや家電量販店などで薬を購入できるようになった。これを受け、ネットユーザーの利用意向を調査。20代から40代の男女553名の回答を集計した。回答者のコンビニ利用頻度は「頻繁に行く」36.9%、「たまに行く」59.3%、「まったく行かない」3.8%。まず、改正法施行前(2009年5月31日まで)

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

お知らせ