「容量需要」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2017年3月29日IDCフィードバック数:0企業情報システム

2017年 国内ストレージ需要動向調査

2017年 国内ストレージ需要動向調査結果を発表 ストレージ容量の増加理由の第1位は、「長期保存が必要なデータの増加」 「データ保護や災害対策」など複製データの増加も容量需要をけん引 データ管理戦略では「セキュリティ」「高速化」「低コスト/大容量/長期保存」が重視する上位3項目 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、2017年版の国内ストレージ需要動

2008年4月14日日経BP★フィードバック数:0企業情報システム

情報システムの種類ごとの刷新意欲に関するデータです。

情報システムの刷新予定 時期は平均14.5カ月以内

「日経マーケット・アクセス」が企業の情報システム担当者を対象に、情報システムの導入・更新(以下システム刷新)時期と刷新後の規模の拡大率を調査したところ、主要な16種の業務システムの平均刷新予定時期は14.5カ月後、刷新後のシステムの処理性能の平均は現行の2.4倍、ディスク容量は3.0倍となった。(拡大)提示した主要な16種の業務システムには、いずれも約40%〜57%の回答者が刷新時期を明示。システム刷新が各企業で活発に進められていることが明らかになった。その16種の中で、刷新予定時期の平均が最も

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お知らせ