調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 富士フイルム

「富士フイルム」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年7月5日パテント・リザルトフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

【化学業界】他社牽制力ランキング2016トップ3は富士フイルム、花王、三菱化学

【化学業界】他社牽制力ランキング2016トップ3は富士フイルム、花王、三菱化学 弊社はこのほど、独自に分類した化学業界の企業を対象に、2016年の特許審査過程において他社特許への拒絶理由として引用された件数を企業別に集計した「化学業界 他社牽制力ランキング2016」をまとめました。この集計により、直近の技術開発において競合他社が権利化する上で、阻害要因となる先行技術を多数保有している先進的な企業が明らかになります。 集計の結果、2016年に最も引用された企業は、富士フイルム、次いで花王、三菱化学

2016年7月9日アイティメディアフィードバック数:0デジタル家電

中古デジタルカメラ販売ランキング(2016年6月23日~6月29日)

マップカメラでの販売実績を元にお届けする中古デジタルカメラの販売ランキング。キヤノンの「EOS 7D Mark II」が1位を獲得した。キヤノン「EOS 7D Mark II」 先週1位だったキヤノン「EOS-1D X」は順位を落とし3位へ。1位にはキヤノンのAPS-C機EOS 7D Mark II、2位にはニコンのAPS-C機「D7000」が続き、APS-C機の人気がうかがえる結果となった。中古デジタルカメラ販売ランキング TOP106月23日〜6月29日順位前回順位メーカー製品名14キヤノン

2016年6月7日アイティメディアフィードバック数:0デジタル家電

中古デジタルカメラ販売ランキング(2016年5月19日~5月25日)

マップカメラでの販売実績を元にお届けする中古デジタルカメラの販売ランキング。キヤノンの「EOS 5D Mark III」が1位を獲得した。キヤノン「EOS 5D Mark III」 EOS 5D Mark IIIは2012年に発売された、キヤノンのハイアマチュア向けフルサイズ一眼レフだ。4年前の機種ではあるが、高画素機の「EOS 5Ds」「EOS 5DsR」を除けば5D系としては最新機種であり、いまだに人気は高い。中古デジタルカメラ販売ランキング TOP105月19日〜5月25日順位前回順位メー

2016年5月27日アイティメディアフィードバック数:0デジタル家電

中古デジタルカメラ販売ランキング(2016年5月12日~5月18日)

マップカメラでの販売実績を元にお届けする中古デジタルカメラの販売ランキング。キヤノンの「EOS-1D X」が1位を獲得した。キヤノン「EOS-1D X」 前回3位だったEOS-1D Xだが、売れ行きが好調で今週は首位をさらっていった。EOS-1D Xはキヤノンの旧フラグシップ機だ。4月にEOS-1D X Mark IIが発売されたことで型落ちにはなったものの、高感度性能や連写性能の高さから依然として人気は高い。中古市場では30万〜40万円のレンジで販売されている。 そして今回は10位に富士フイル

【化学業界】他社牽制力ランキング2015トップ3は富士フイルム、花王、三菱化学

【化学業界】他社牽制力ランキング2015トップ3は富士フイルム、花王、三菱化学 弊社はこのほど、独自に分類した化学業界の企業を対象に、2015年の特許審査過程において他社特許への拒絶理由として引用された件数を企業別に集計した「化学業界 他社牽制力ランキング2015」をまとめました。この集計により、直近の技術開発において競合他社が権利化する上で、阻害要因となる先行技術を多数保有している先進的な企業が明らかになります。 集計の結果、2015年に最も引用された企業は、富士フイルムの5,174件、次いで

2016年5月7日アイティメディアフィードバック数:0デジタル家電

中古デジタルカメラ販売ランキング(2016年4月14日~4月20日)

マップカメラでの販売実績を元にお届けする中古デジタルカメラの販売ランキング。富士フイルム「X-T1」が2016年初の1位を獲得した。富士フイルム「X-T1」 今週は富士フイルムの「X-T1」が2016年に入ってから初の1位を獲得した。X-T1はしばしばランクインする人気機種だが、先週は2位、先々週は4位と、ここ数週間は特に人気だ。同様に富士フイルムの「X-Pro1」も今回8位にランクインした。 その他、先週8位だったシグマ「DP2 Merrill」も引き続き9位にランクインと、人気が続いている。

【化学業界】他社牽制力ランキング2014トップ3は富士フイルム、花王、三菱化学

【化学業界】他社牽制力ランキング2014トップ3は富士フイルム、花王、三菱化学 弊社はこのほど、独自に分類した化学業界の企業を対象に、2014年の特許審査過程において他社特許への拒絶理由として引用された件数を企業別に集計した「化学業界 他社牽制力ランキング2014」をまとめました(※)。この集計により、直近の技術開発において競合他社が権利化する上で、阻害要因となる先行技術を多数保有している先進的な企業が明らかになります。 集計の結果、2014年に最も引用された企業は、富士フイルムの5,852件、

2015年2月4日アイティメディアフィードバック数:0デジタル家電

中古デジタルカメラ販売ランキング(2015年1月22日~1月28日)

マップカメラでの販売実績を元にお届けする中古デジタルカメラの販売ランキング。キヤノン「EOS 7D」は5週連続でトップになり、相変わらずの人気だ。 先週、3位だったソニー「α7」は2位に、キヤノン「EOS 5D Mark II」は、5位から3位へとじわりとランクアップ。逆に先週2位だったニコン「D7000」は6位にランクダウンしている。 変動があったのは、富士フイルム「X-T1 ブラック」が圏外から、またリコーイメージング「GR」が16位から、ニコン「D7100」が14位からトップ10ランキング

【化学】特許資産規模ランキング、トップ3は富士フイルム、花王、積水化学工業

【化学】特許資産規模ランキング2014、トップ3は富士フイルム、花王、積水化学工業 弊社はこのほど、独自に分類した「化学」業界の企業を対象に、各社が保有する特許資産を質と量の両面から総合評価した「化学業界 特許資産規模ランキング2014」をまとめました。2013年4月1日から2014年3月末までの1年間に登録された特許を対象に、個別特許の注目度を得点化する「パテントスコア」を用いた評価を行い、企業ごとに総合得点を集計しました。このランキングにより、件数比較では見られない、特許総合力の評価が可能に

2014年5月7日パテント・リザルトフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

【化学業界】他社牽制力ランキング2013 トップ3は富士フイルム、花王、三菱化学

【化学業界】他社牽制力ランキング2013 トップ3は富士フイルム、花王、三菱化学 弊社はこのほど、独自に分類した化学業界の企業を対象に、2013年の特許審査過程において他社特許への拒絶理由として引用された件数を企業別に集計した「化学業界 他社牽制力ランキング2013」をまとめました(※)。この集計により、直近の技術開発において各社が権利化する上で、阻害要因となる先行技術を多数保有している先進的な企業が明らかになります。 集計の結果、2013年に最も引用された企業は、富士フイルムの6,861件、次

【化学】特許資産規模ランキング、トップ3は富士フイルム、花王、積水化学工業 ~JSRが躍進

【化学】特許資産規模ランキング2013、トップ3は富士フイルム、花王、積水化学工業 ~JSRが躍進 弊社はこのほど、独自に分類した「化学」業界の企業を対象に、各社が保有する特許資産を質と量の両面から総合評価した「化学業界 特許資産規模ランキング2013」をまとめました。2012年4月1日から2013年3月末までの1年間に登録された特許を対象に、個別特許の注目度を得点化する「パテントスコア」を用いた評価を行い、企業ごとに総合得点を集計しました。このランキングにより、件数比較だけでは見られない、特許

売上高がソニーより大きい企業さえ,出現済み

「EMS/ODM企業抜きではもはや,まともな売り上げを立てられない――」(日系電子部品商社)。ODMやEMS,そして中国語で「代工(だいごん)」と呼ばれる,設計・製造の受託企業の存在感が電機業界で増している。象徴は,台湾Hon Hai Precision Industry Co., Ltd.(鴻海,通称Foxconn)の売上高である。2005年度にシャープのそれを上回った後,2007年度にはソニーのエレクトロニクス部門(映画や金融などを除く)の売上高さえも超えた(図1)。 代工の売上高成長率は,

【化学業界】2012年の被引用特許件数トップ3は富士フイルム、三菱化学、積水化学

【化学業界】2012年の被引用特許件数トップ3は富士フイルム、三菱化学、積水化学弊社はこのほど、独自に分類した化学業界の企業を対象に、2012年の特許審査過程で他社特許の拒絶理由通知に引用された件数を企業別に集計した「化学業界 被引用特許件数ランキング2012」をまとめました(注1)。この集計により、直近の技術開発において各社が権利化する上で、阻害要因となる先行技術を多数保有している先進的な企業が明らかになります。集計の結果、2012年に最も引用された企業は、富士フイルムホールディングスの6,0

【化学】特許資産規模ランキング、トップ3は富士フイルム、積水化学、日東電工

【化学】特許資産規模ランキング2012、トップ3は富士フイルム、積水化学、日東電工 弊社はこのほど、独自に分類した「化学」業界の企業を対象に、各社が保有する特許資産を質と量の両面から総合評価した「化学業界 特許資産規模ランキング2012」をまとめました。2011年4月1日から2012年3月末までの1年間に登録された特許を対象に、個別特許の注目度を得点化する「パテントスコア」を用いた評価を行い、企業ごとに総合得点を集計しました。 その結果、1位 富士フイルムホールディングス、2位 積水化学工業、3

化学業界の他社牽制力、トップ3は富士フイルム、積水化学、三菱化学

化学業界の他社牽制力、トップ3は富士フイルム、積水化学、三菱化学 弊社はこのほど、化学業界における他社牽制力ランキングをまとめました。これは、特許庁の審査官が拒絶査定を下した特許の拒絶理由通知に引用された公報について調査したもので、企業ごとに拒絶した他社特許の件数を集計しました。拒絶理由通知は、ある特許が出願された際に、既に出願されている特許が存在するために新規性や進歩性などの特許要件が認められない場合に、審査官から出願人に対して通知されるものです。拒絶理由通知に引用されるということは、「審査官

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ