調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 富士通総研

「富士通総研」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年1月26日富士通★★フィードバック数:0マーケティング

デジタル化への認識とデジタルマーケティングの実態調査結果

デジタル化への認識とデジタルマーケティングの実態調査-デジタルマーケティングで成果を挙げている企業は37.0%に留まり、今後に期待-インターネットやスマートフォンの普及により、ビジネスのデジタル化が進み、産業構造を激変させる「デジタル・ディスラプション(デジタル化による破壊的変革)」が起き始めた。クラウドの利用が広がっているICT業界や、デジタルコンテンツが普及し始めたメディア業界では、すでにビジネス変革が始まっている。今後5年間で、あらゆる産業のトップ10企業の4割がランク外に追いやられるとの

2015年5月21日富士通フィードバック数:0社会/政治

2015・2016年度経済見通し(2015年5月改訂)

【PRESS RELEASE】2015・2016年度経済見通し(2015年5月改訂)2015年5月20日 株式会社富士通総研2015・2016年度経済見通し(2015年5月改訂) -賃金上昇を起点とした好循環へ-当社は、2015年1~3月期のGDP統計(1次速報)の発表を受け、経済見通しを改訂しました。世界経済は、アメリカの回復やユーロ圏の持ち直しにより、引き続き緩やかな拡大を続けていくと見込まれます。日本経済は賃金上昇によって消費が回復し、円安による国内への生産回帰が設備投資を刺激し、加えて輸

2015年3月24日富士通フィードバック数:0ビジネス

いまだ社内に閉じがちな大企業の新規事業開発の実態 -大企業のハッカソン取り組み実態調査結果より-

いまだ社内に閉じがちな大企業の新規事業開発の実態 -大企業のハッカソン取り組み実態調査結果より-2015年3月23日(月曜日)1. 実際「ハッカソン」は企業の現場で盛り上がっているのか?近年日本国内でも注目が高まっている「ハッカソン(Hackathon)」。ハック(hack)+マラソン(marathon)の造語で、元々はソフトウェアのプログラマーやデザイナー達が、個人もしくはチームで、限られた短時間のうちに既存製品の追加機能や新しいソフトウェアなどを開発し、そのスキルやアイデアを競うイベントのこ

2014年12月9日富士通フィードバック数:0社会/政治

日銀短観(2014年12月調査)予測

PRESS RELEASE日銀短観(2014年12月調査)予測2014年12月8日株式会社富士通総研当社は、12月15日に発表される日銀短観(2014年12月調査)の業況判断DIと設備投資計画の予測を行いました。業況判断DI(大企業)は、9月調査に比べ、製造業、非製造業とも悪化すると見込まれます。2014年度の設備投資計画(全規模・全産業)は、9月調査から上方修正されると予想されます。業況判断DI:大企業・製造業 12%ポイント、大企業・非製造業 12%ポイント設備投資計画:全規模・全産業 20

2014年11月18日富士通フィードバック数:0社会/政治

2014・2015年度経済見通し(2014年11月改訂)

PRESS RELEASE2014年11月17日株式会社富士通総研2014・2015年度経済見通し(2014年11月改訂)-追加緩和が景気回復を確実なものに- 当社は、2014年7~9月期のGDP統計(1次速報)の発表を受け、経済見通しを改訂しました。世界経済は、引き続きアメリカを牽引役に緩やかな拡大を続けていくと見込まれます。日本経済は、企業収益増加が賃金上昇に着実に結びついており、先行きは消費も回復し、設備投資も出てくると予想されることから、2015年度にかけて景気は拡大していくと考えられま

2014年2月19日富士通フィードバック数:0社会/政治

2014・2015年度経済見通し

PRESS RELEASE2014年2月17日株式会社富士通総研2014・2015年度経済見通し-消費税率引き上げを克服して拡大は持続- 当社は、2013年10~12月期のGDP統計(1次速報)の発表を受け、経済見通しを改訂しました。世界経済は、アメリカなど先進国が堅調に推移することで、全体を牽引していくと考えられます。日本経済は回復の持続により、雇用環境も改善に向かい、デフレ脱却も視野に入りつつあります。消費税率引き上げに伴う駆け込み需要の反動減に見舞われても、景気拡大は持続していくと考えられ

2013年11月15日富士通フィードバック数:0社会/政治

2013・2014年度経済見通し(2013年11月改訂)

PRESS RELEASE2013年11月14日株式会社富士通総研2013・2014年度経済見通し(2013年11月改訂)-消費税率引き上げ後も好循環は持続- 当社は、2013年7~9月期のGDP統計(1次速報)の発表を受け、経済見通しを改訂しました。世界経済は、各国それぞれが大きな国内問題を抱えていますが、緩やかな拡大を続けています。日本経済は、消費が高水準を維持する中、生産、雇用の回復が続いています。消費税率引き上げは、景気の撹乱要因にはなりますが、景気を腰折れさせることはないと考えられます

2010年11月16日富士通★フィードバック数:9マーケティング

富士通総研によるEC調査です。

インターネットショッピング2010

インターネットショッピング2010-アマゾン・楽天2強時代と店舗系ECの挑戦-著者:富士通総研価格:29,400円(本体価格:28,000円,別途消費税1,400円)報告書+PDF版(追加クロス,自由記述付)も用意しています。詳しくはお問合せください 下記ホームページでも販売しています 解説『インターネットショッピング2010』は、パソコンのインターネットを使ったショッピング(消費者向け電子商取引)の現状を利用者側の視点から切り取ることを目的とした調査レポートであり、2001年の初回以降、今

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ