「審理通達」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

2016年版 上場企業監査人・監査報酬実態調査報告書

「2016年版 上場企業監査人・監査報酬実態調査報告書」の公表について 「監査人・監査報酬問題研究会」(本年度責任者・林隆敏関西学院大学教授)が、当協会からの委託研究の成果として「2016年版 上場企業監査人・監査報酬実態調査報告書」を取りまとめたので公表します。 委員会報告等の詳細な内容をご覧になるには、日本公認会計士協会著作権規約をお読みいただき、当規約にご同意いただく必要があります。日本公認会計士協会がウェブサイト上で公表する委員会の報告書や実務指針、通達(審理情報、審理通達等)をはじ

会計人材についてのレポートです。

会計専門職人材調査に関する報告書

「会計専門職人材調査に関する報告書」の公表について 日本公認会計士協会と会計大学院協会は、公認会計士志望者を増加させる取組の強化等を図るために、必要な情報と分析結果を提供することを目的として共同で調査を行い、平成27年6月25日付けで、「会計専門職人材調査に関する報告書」を公表しましたのでお知らせします。 本報告書は、会計大学院協会のウェブサイト()においても公表されております。 委員会報告等の詳細な内容をご覧になるには、日本公認会計士協会著作権規約をお読みいただき、当規約にご同意いただく必

2015年4月8日日本公認会計士協会★フィードバック数:0ビジネス

監査報酬の実態です。

2015年版 上場企業監査人・監査報酬実態調査報告書

「2015年版 上場企業監査人・監査報酬実態調査報告書」の公表について 青山学院大学大学院の町田祥弘教授を中心とした「監査人・監査報酬問題研究会」が、当協会からの委託研究の成果として「2015年版 上場企業監査人・監査報酬実態調査報告書」を取りまとめたので公表します。 委員会報告等の詳細な内容をご覧になるには、日本公認会計士協会著作権規約をお読みいただき、当規約にご同意いただく必要があります。日本公認会計士協会がウェブサイト上で公表する委員会の報告書や実務指針、通達(審理情報、審理通達等)を

公認会計士対象の調査です。

監査業務と不正等に関する実態調査

「監査業務と不正等に関する実態調査」の公表について 日本公認会計士協会は、公認会計士の不正な財務報告等に関する意識や過去の経験を調査し、不正な財務報告を未然に防止又は会計監査での適切な対応を行うための施策を検討する際の参考とするため、「監査業務と不正等に関する実態調査」を行いました。 この実態調査は、会員登録後10年以上の全会員(13,506名、平成26年1月末現在の全会員数の51.5%)を対象に、当協会会員の会員専用ウェブサイト(会員マイページ)にて実施しました。(アンケート実施期間:平成2

監査業務と不正等に関する実態調査

プレスリリース「監査業務と不正等に関する実態調査の集計結果について」 日本公認会計士協会では、添付のとおりプレスリリース「監査業務と不正等に関する実態調査の集計結果について」を公表いたしました。 委員会報告等の詳細な内容をご覧になるには、日本公認会計士協会著作権規約をお読みいただき、当規約にご同意いただく必要があります。日本公認会計士協会がウェブサイト上で公表する委員会の報告書や実務指針、通達(審理情報、審理通達等)をはじめ、研究報告、研究資料、リサーチ・センター審理ニュース等の公表物の著作

日米比較になっています。

2014年度版 上場企業監査人・監査報酬実態調査報告書

「2014年度版 上場企業監査人・監査報酬実態調査報告書」の公表について 青山学院大学大学院町田祥弘教授を中心とした「監査人・監査報酬問題研究会」が、当協会からの委託研究の成果として「2014年度版 上場企業監査人・監査報酬実態調査報告書」を取りまとめたので公表します。 委員会報告等の詳細な内容をご覧になるには、日本公認会計士協会著作権規約をお読みいただき、当規約にご同意いただく必要があります。日本公認会計士協会がウェブサイト上で公表する委員会の報告書や実務指針、通達(審理情報、審理通達等)

監査実施状況調査(平成24年度)

この監査実施状況調査は、会員が協会へ提出する監査概要書(写)及び監査実施報告書から抽出したデータを元に、会員の監査の充実と監査の品質の向上に活用するために、監査に関与する者の人数、監査時間や監査報酬額を客観的に統計資料として取りまとめ公表するものである。今年度の監査対象期間は、平成24年度(平成24年4月期から平成25年3月期に係る被監査会社等の監査実施状況)となる。 委員会報告等の詳細な内容をご覧になるには、日本公認会計士協会著作権規約をお読みいただき、当規約にご同意いただく必要があります。日

国際財務報告基準の適用における実務上の対応(製造費用関係)に関する調査

会計制度委員会研究資料第5号「アンケート調査結果報告 - 国際財務報告基準の適用における実務上の対応(製造費用関係)に関する調査 -」の公表について 日本公認会計士協会(会計制度委員会)では、平成25年10月11日付けで、会計制度委員会研究資料第5号「アンケート調査結果報告 - 国際財務報告基準の適用における実務上の対応(製造費用関係)に関する調査 -」を公表しましたのでお知らせします。 当協会では、国際財務報告基準(以下「IFRSs」という。)を適用した場合に、我が国企業の原価計算における製

2013年4月2日日本公認会計士協会★フィードバック数:8ビジネス

「組織内会計士」についての調査です。

上場会社の役員と公認会計士に関する実態調査

「上場会社の役員と公認会計士に関する実態調査」(最終報告)の公表について  日本公認会計士協会は、一般企業、官公庁等の組織に雇用され又は役員に就任する公認会計士等(組織内会計士)が、その専門性を発揮し、もって我が国経済に寄与することを目的に、平成24年8月に「組織内会計士協議会」を設置しました。 同協議会において、当協会組織内会計士対応プロジェクトチームが平成23年2月に実施した「組織(企業)内の会計専門家に関するアンケート調査」に引き続き、平成24年10月に東京証券取引所及び大阪証券取引所の協

2011年8月23日日本公認会計士協会★フィードバック数:17ビジネス

企業での会計士の雇用についての調査結果です。

組織(企業)内会計士に関するアンケート最終報報告書

「組織(企業)内会計士に関するアンケート最終報報告書」の公表について 日本公認会計士協会(組織内会計士対応プロジェクトチーム)は、平成23年2月に東京証券取引所及び大阪証券取引所の協力を得て、「組織(企業)内会計士に関するアンケート」を実施し、「上場企業」「組織内会計士」「監査法人等所属者」ごとの実態調査を行いました。(アンケート実施期間:平成23年2月14日~平成23年3月11日、当協会ウェブサイトにて実施)このたび、アンケート調査結果を踏まえて、我が国おける組織内会計士の育成と活用に関する観

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ