調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 対内直接投資

「対内直接投資」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月11日財務省フィードバック数:0社会/政治

財政金融統計月報第752号

第1部 対外・対内直接投資 2.対外・対内直接投資(フロー・地域別かつ業種別)第2部 対外・対内証券投資第3部 発行市場の概要統計表中に使用した符号:0=単位未満 −=皆無又は該当数字なし …=未詳 △(−)=減 P=暫定数字本特集号における計数は,特に説明のない限り,原則として四捨五入による。本サイトに掲載の論文などの内容はすべて執筆者の個人的な見解であり、財務省や財務総合政策研究所の公式的な見解を示すものではありません。

APIR Commentary No.45<グローバル化における地域志向のすすめ>

APIR Commentary No.45<グローバル化における地域志向のすすめ>2015-05-19 関連論文中小企業等のイノベーションの原動力分析 [ 2014年度/人口減少・高齢化社会における需要構造の変化 ]Abstract/Keywords中小企業、イノベーション、リサーチリーダー 主席研究員 小川一夫 大阪大学教授 研究目的 前年度の成果を踏まえ、H26年度は中小企業等のイノベーション促進に向けての包括的な提言を行う。 研究内容 中小企業がイノベーションを活発に行い、海外へ財やサー

2015年5月13日経済産業省フィードバック数:0ビジネス

平成26年度対内直接投資促進体制整備事業(BEPSを踏まえた我が国の事業環境整備と企業の親子間情報共有の在り方等に関する調査)

平成26年度対内直接投資促進体制整備事業(BEPSを踏まえた我が国の事業環境整備と企業の親子間情報共有の在り方等に関する調査)

2015年5月8日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

経済産業省委託調査 平成26年度対内直接投資促進体制整備事業海外事業者の視点に基づく日本企業との投資提携の定着に関する調査報告書

経済産業省委託調査 平成26年度対内直接投資促進体制整備事業海外事業者の視点に基づく日本企業との投資提携の定着に関する調査報告書

2015年4月10日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度対内直接投資促進体制整備事業 対日直接投資の業種別の効果に関する調査報告書

平成26年度対内直接投資促進体制整備事業 対日直接投資の業種別の効果に関する調査報告書

2015年3月25日経済産業省フィードバック数:0ビジネス

平成26年度対内直接投資促進体制整備事業(諸外国における資本移動規制の動向調査)

平成26年度対内直接投資促進体制整備事業(諸外国における資本移動規制の動向調査)

2015年3月25日経済産業省★フィードバック数:0大型消費/投資

ファンド調査です。

平成26年度対内直接投資促進体制整備事業(外国投資ファンド等の動向調査)

平成26年度対内直接投資促進体制整備事業(外国投資ファンド等の動向調査)

2015年1月26日JETROフィードバック数:0ビジネス

【世界】対日投資残高倍増に向けて

ジェトロの海外ネットワークを通じて収集した最近のビジネスニュースや政治・経済の概況、貿易・投資実務に役立つ制度・手続き情報や各種統計、調査レポートなどをお届けしています。 各国・地域別にご覧になりたい場合は「国・地域別情報」をご覧ください。 各種サービスメニューを取り揃えて日本企業の皆様の海外ビジネス展開を支援します。 海外ビジネスの目的にあわせてご利用いただける、ジェトロのビジネス情報とサービスをご案内します。 【世界】対日投資残高

中南米における対内直接投資と多国籍企業の動向

中南米における対内直接投資と多国籍企業の動向 -多国籍企業が進出する中南米における直接投資 国連ラテンアメリカ・カリブ経済委員会(英語略称ECLAC)は2014年5月29日、2013年の中南米における直接投資の動向を発表した。本稿では、同報告から対内直接と対外投資、クロスボーダーM&Aの特徴的な動向を紹介する。Ⅰ.対内直接投資の動向2013年の対内直接投資額は1,849億2,000万ドル(1849.2億ドル)で、前年比4.5%増加した。 しかし、これにはベルギー企業でビール世界最大手のアンハ

2014年8月22日経済産業研究所★フィードバック数:0社会/政治

通商白書についてのセミナー資料です。

2014年版通商白書について

2014年版通商白書について清水 幹治 (経済産業省通商政策局企画調査室長) 本白書では、経済の安定的な成長のためには構造改革や成長戦略の重要性が増しているとの認識のもと、各国の政策動向について分析を行うとともに、我が国の成長戦略としての国際展開戦略の重要性を指摘しています。 議事録はじめに通商白書は、我が国の対外経済政策に関する年次報告書として昭和24年から毎年発行しており、本年で66回目となります。「いまだ占領下にあった昭和24年。焼け野原を前に、戦後最初の通商白書はこう訴えました。

2014年8月17日東洋経済新報社★フィードバック数:0ビジネス

港区と千代田区がトップ2です。

外資系企業・本社所在地ランキング

外資が好きな都市、見捨てた都市は?最新版「外資系企業・本社所在地ランキング」 東京・港区の中で、外資系企業に一番人気のビルは、結局は六本木ヒルズ。アップルやゴールドマン・サックスなどが名を連ねる(撮影:梅谷秀司) 外資の立地は25年前と比べ、どう変わったのか日本の経済成長にとって、かかせない存在である外資系企業。政府の成長戦略にも、現在20兆円を下回ったままの対内直接投資残高を、2020年までに35兆円に拡大する目標が盛り込まれている。なぜ経済成長に外資が必要なのか。国家戦略としては、生産性

2014年8月12日日本総研★フィードバック数:0社会/政治

アジアから日本への投資についてのレポートです。

着実に拡大するアジアからの対日直接投資

着実に拡大するアジアからの対日直接投資調査部上席主任研究員 岩崎 薫里   要 旨1.日本では、これまで対内直接投資はアメリカおよび欧州からが中心であり、現在も投資残高の8割弱を欧米が占めている。しかし、2010年以降、欧米からの投資が低調ななかで、アジアからの投資が堅調を維持している。2.日本に進出しているアジア系企業の特徴として、①企業数のうえではアメリカ系企業と遜色ないレベルに達している、②1社ごとの規模が総じて小さい、③収益性が欧米系企業と比べて低い、の3点が指摘出来る。この背景には、母

2014年6月25日経済産業省★フィードバック数:0ビジネス

白書です。

平成26年版通商白書

今般、経済産業省は、平成26年版通商白書をとりまとめ、本日、閣議配布いたしましたのでここに公表いたします。本白書は世界経済の動向及びこれをふまえた内外経済政策の在り方を分析したものであり、本年が66回目の報告となります。 【今回の白書のポイント】 経済の安定的な成長のためには構造改革や成長戦略の重要性が増しているとの認識のもと、①欧州の労働市場改革②米国での製造業回帰の動向③アジア各国における産業高度化に向けた取組等を中心に各国の政策動向について分析を行うとともに、我が国の成長戦略としての国際展

2014年6月10日経済産業研究所フィードバック数:0社会/政治

対日直接投資の論点と事実:1990年代以降の実証研究のサーベイ

対日直接投資の論点と事実:1990年代以降の実証研究のサーベイ概要本論文は、対日直接投資をめぐる次の8つの疑問に注目する:1) 対内直接投資は経済成長を促すか。2) 対日直接投資を阻害する要因は何か。3) 外資系企業は日本企業と何が違うのか。4) 外資系企業の高い生産性は原因なのか、それとも結果なのか。5) 外資系企業の生産性の成長はリストラによるものか。6) 外資系企業はフットルース(足軽)か。7) 外資系企業の参入によって、日本国内の競争が激化するか。8) 外資系企業から日本企業への知識や技

2014年5月30日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

(論文)2013年末の本邦対外資産負債残高

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 2013年末の本邦対外資産負債残高2014年5月30日日本銀行国際局要旨1. 2013年末の本邦対外資産負債残高対外資産は、前年末比円安になったことによる円建評価額の上昇に加え、対外投資の増加から、増加した。一方、対外負債は、本邦株価上昇や外国人投資家の投資増加から、増加した。対外純資産は、対外資産の増加幅が対外負債の増加幅を上回ったことから増加した(2012年末296.3兆円→2013年末325.0兆円)。対外資産、

2014年4月29日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成22年度対内直接投資促進地域支援等事業グローバル企業からみた対日直接投資環境に関する調査報告書

平成22年度対内直接投資促進地域支援等事業グローバル企業からみた対日直接投資環境に関する調査報告書

2014年4月29日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成22年度対内直接投資促進地域支援等事業外資系企業等の実態を踏まえた国内事業環境整備等調査報告書

平成22年度対内直接投資促進地域支援等事業外資系企業等の実態を踏まえた国内事業環境整備等調査報告書

2013年11月3日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

改善が際立つフィリピン経済~「アキノ改革」により高成長が続く見通し~

みずほインサイトアジア2013 年 10 月 31 日改善が際立つフィリピン経済アジア調査部主任研究員「アキノ改革」により高成長が続く見通し03-3591-1427菊池しのぶshinobu.kikuchi@mizuho-ri.co.jp○ フィリピンでは、アキノ政権下での改革の進展などが評価されて対内直接投資が拡大しており、これを原動力として経済成長率が高まっている○ こうした高い経済成長率の一方、手堅い財政・金融政策の運営と、送金流入やサービス輸出の拡大による安定的な外貨収入が経常収支の黒字を

2013年10月24日JETROフィードバック数:0社会/政治海外

シンガポール経済の動向(2013年10月)

ジェトロの海外ネットワークを通じて収集した最近のビジネスニュースや政治・経済の概況、貿易・投資実務に役立つ制度・手続き情報や各種統計、調査レポートなどをお届けしています。 各国・地域別にご覧になりたい場合は「国・地域別情報」をご覧ください。 各種サービスメニューを取り揃えて日本企業の皆様の海外ビジネス展開を支援します。 海外ビジネスの目的にあわせてご利用いただける、ジェトロのビジネス情報とサービスをご案内します。 ■ シンガポールの概

2013年9月2日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

外資誘致のメリットと課題

よく分かる!経済のツボ外資誘致のメリットと課題経済調査部外資誘致のメリット資料1大塚 崇広対内直接投資残高の推移政府は「日本再興戦略」(いわゆる成長戦略)において、対内直接投資残高を 2020 年までに 35兆円にまで拡大することを目標にしています(資料1)。つまり、外国の企業にもっと日本に進出してもらおうということです。では、なぜ外資誘致の拡大を目指すのでしょうか。それは、我が国経済の生産性の向上などに寄与する可能性が高いからです。これまでの様々な先行研究では、外資系企業の生産性が日本企業のそ

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0ビジネス

平成23年度 アジア拠点化立地推進調査等事業(対内直接投資の評価指標に関する調査)報告書

Acrobat 9 または Adobe Reader 9 以降でこの PDF ポートフォリオを開いてこれまでにない便利さを体験してください。Adobe Reader を今すぐダウンロード !

2013年7月19日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

(論文)対内直接投資の産業間スピルオーバー効果

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 対内直接投資の産業間スピルオーバー効果2013年7月18日岩崎雄斗*1要旨わが国への対内直接投資は極めて低い水準であるが、先行き、対内直接投資が拡大した際に、わが国経済の成長・生産性に与える影響について明らかにすることは、わが国の経済成長を展望する上で重要である。海外を対象とした実証分析では、外資系企業の参入自体に伴う直接効果や、直接投資が行われた企業から他の企業へのスピルオーバー効果について、国内経済の生産性に対して

2013年6月21日JETRO★フィードバック数:0ビジネス

中国向け投資についての調査です。

2012年の対中直接投資動向(2013年6月)

ジェトロの海外ネットワークを通じて収集した最近のビジネスニュースや政治・経済の概況、貿易・投資実務に役立つ制度・手続き情報や各種統計、調査レポートなどをお届けしています。 各国・地域別にご覧になりたい場合は「国・地域別情報」をご覧ください。 各種サービスメニューを取り揃えて日本企業の皆様の海外ビジネス展開を支援します。 海外ビジネスの目的にあわせてご利用いただける、ジェトロのビジネス情報とサービスをご案内します。 2012年の対内直接

2013年6月3日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

(論文)2012年末の本邦対外資産負債残高

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 2012年末の本邦対外資産負債残高2013年5月31日日本銀行国際局要旨1. 12年末の本邦対外資産負債残高1対外資産は、前年末比円安になったことによる円建評価額の上昇や投資額の増加から中長期債が増加したほか、外貨準備も円安に伴って円建評価額が増加したことから、増加した。一方、対外負債は、本邦株価上昇により株式が増加したほか、借入も増加したため、全体でも増加した。対外純資産は、対外資産の増加幅が対外負債の増加幅を上回っ

2013年1月24日大和総研フィードバック数:1社会/政治

直接投資が増加するタイ、先行きも続く?

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 直接投資が増加するタイ、先行きも続く?ASEAN主要国の対内直接投資の動向 ◆良好な経済ファンダメンタルズ、低賃金等を要因とした有望な生産基地、今後の有望な消費市場として、ASEANへの直接投資が注目されている。とりわけ、日本企業は政治的な問題を背景とした中国への集中投資に対するリスクから「中国(チャイナ)+1」の候補地として大いに注目している。◆現状、日本からの投資増加の主な要因として、タイ、フィリ

2012年6月1日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

(論文)2011年末の本邦対外資産負債残高

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 2011年末の本邦対外資産負債残高2012年5月31日日本銀行国際局要旨1. 11年末の本邦対外資産負債残高対外資産は、円高進行に伴い円建評価額が低下したが、外貨準備および貸付の残高が増加したため、全体では増加した。一方、対外負債は、本邦株価下落による対内株式投資残高の減少にもかかわらず、対内短期債投資および借入の残高が増加したため、全体では増加した。対外純資産は、対外資産の増加幅が対外負債の増加幅を上回ったことから、

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ