調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 対応テレビ

「対応テレビ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2018年1月5日ニールセンフィードバック数:0マーケティング

『ニールセン トータルオーディエンスレポート 2017年第2四半期版』

ニールセン、米国のメディア視聴状況をまとめた『ニールセン トータルオーディエンスレポート 2017年第2四半期版』を発表今日のメディアの状況は絶えず変化し、成長しています。昨年に比べ、米国の成人が各種プラットフォーム(デジタル、オーディオ、テレビ)-これらは一般的な消費者にとって、コンテンツの配信と視聴の3大プラットフォームです-に接している時間は1日当たり30分増加しています。米国の2億人以上の消費者にとって、今やこれらのデバイスは常に身近にあり、指先の操作でいつでもパーソナライズされたエンタ

2013年7月20日アサヒビールフィードバック数:0デジタル家電

あなたのテレビ視聴のスタイルは?(2010/10)

「人がしあわせを感じるモノやコトって、何だろう?」衣・食・住・美など生活に密着したテーマでその答えを考える“しあわせ探しの情報サイト”毎週アンケート | 生活の中のちょっとした事や、旬な話題をタイムリーに調査東京では建設中の「東京スカイツリー」が大きな話題を集めています。そもそもスカイツリーとは何かといえば、都市部の高層ビルの増加に伴う電波障害軽減のために、東京タワーに代わって建てられる電波塔。従って、来年7月に完全移行される「地上デジタル放送」の関東広域圏の電波もここから送信されるわけです。地

博報堂DYによる地デジの普及状況調査です。

地上デジタル放送浸透度調査

地デジ対応型テレビ所有、着実に増加し(前年比プラス8.7%)6割を超える! ~博報堂DYメディアパートナーズ「地上デジタル放送浸透度調査」~ 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ2009年10月21日 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ(本社:東京都港区、社長:佐藤孝 以下博報堂DYメディアパートナーズ)は、地上デジタル放送開始前の2003年7月より、通算10回目となる地上デジタル放送の浸透度に関する調査を行いました。今回の報告書は、全10回の調査のうち2004年から2009年までの各7月

『エコポイント制度』に関するアンケート

● エコポイントを目的に購入時期をずらした…44.1%● 地デジ対応テレビはエコポイントの影響が大きい? 制度が購入のきっかけに…6割以上制度の導入により電器店を賑わせたエコポイント。利用した人はどの位いるのでしょうか?インターワイヤード株式会社が運営するネットリサーチのDIMSDRIVEでは、「エコポイント」についてアンケートを行い、エコポイント制度の認知、製品の購入、制度の効果などについてまとめました。調査は2009年8月5日〜8月20日にかけて実施し、DIMSDRIVEモニター8,590人

エコポイントの活用によるグリーン家電購入動向調査

市場調査とコンサルティングのシード・プランニング「エコポイントの活用によるグリーン家電購入動向調査」結果がまとまりました 地デジ対応テレビでは、エコポイントで4割が購入を早めているエコポイント制度について、8割が「テレビ」を通じて認知人気の高いポイント交換商品は、「一般商品券」「クレジット系商品券」「流通系プリペイドカード」エコポイントは、地デジ普及に貢献。2010年3月時点で73.9%、2011年3月時点で87.3%と推計市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(本社:東京

2009年5月19日マクロミル★フィードバック数:0デジタル家電

マクロミルがエコポイントに関する調査結果を発表しました。

エコポイント制度に関する調査

2009年05月13日9割が‘エコポイント制度’を認知エコポイント制度、6割超が「利用したい」省エネ家電、8割が「購入したい」。理由は、「光熱費の節約ができるから(88%)」購入したい省エネ家電、人気は「地デジ対応テレビ(64%)」インターネット調査会社の株式会社マクロミル(本社:東京都港区、社長:辻本秀幸)は、全国20才以上の男女を対象に、「エコポイント制度に関する調査」を実施いたしました。調査手法はインターネットリサーチ。調査期間2009年4月27日(月)~4月28日(火)。有効回答数は51

2009年4月20日日経BP★フィードバック数:0デジタル家電

BPによるアナログ停波に関するアンケートです。

2011年のテレビ視聴、どうする?

本コンテンツの無断転載、配信、共有利用を禁止します。[画像のクリックで拡大表示] 2011年7月24日のアナログ放送停波まであと2年半。総務省の発表資料によれば、昨年9月末の地上デジタル放送(以下地デジ)対応受信機器の世帯普及率は約47%だという。地デジ対応テレビへの買い替えを検討中の人も多いだろう。そこで、1000人のネットユーザーに、地デジ対応について聞いてみた。 結果は既にテレビを「買い替えた」(36.7%)人と、買い替えないが「テレビパソコン」「HDDレコーダー」「携帯電話」などで視聴す

博報堂DYも地デジ移行の状況を調査しています。

第9回「地上デジタル放送浸透度調査」

対応型テレビ所有、一気に5割を突破。 ~博報堂DYメディアパートナーズ 第9回「地上デジタル放送浸透度調査」~ 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ2008年10月16日  株式会社博報堂DYメディアパートナーズ(本社:東京都港区、社長:佐藤孝、以下博報堂DYメディアパートナーズ)は、地上デジタル放送開始前の2003年7月より、通算9回目となる地上デジタル放送の浸透度に関する調査を行いました。今回の報告書は、全9回の調査のうち2003年から2008年までの各7月時点の調査結果6回分を時系列でま

アスキーが地デジ対応テレビについてのアンケートを実施しました。

『地デジ対応テレビ』についてのアンケート

『地デジ対応テレビ』についてのアンケート

2008年6月9日日経BPフィードバック数:0デジタル家電

次世代レコーダー1万人調査(第1回)

日経マーケット・アクセスは,Blu-ray Discや,新しい著作権保護ルール「ダビング10」など,次世代の録画装置をユーザーはどう捉え,購入していくのかを分析する調査を実施した。4月に調査を行い,1万2000を超える回答を集めた。5回にわたって,その結果から抜粋し,報告する。調査の詳しい結果は,「次世代DVD/HDDレコーダーの購入意向・利用実態調査」という特別調査報告書にまとめている。 録画装置について見る前に,今回はハイビジョン注1)対応のテレビがユーザーの間でどれくらい普及しているかを見

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ