「対応食品」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2017年2月17日日清オイリオフィードバック数:0ライフスタイル

第5回乳幼児の食物アレルギーに関する実態調査

日清オイリオグループ 第5回乳幼児の食物アレルギーに関する実態調査 約7割が食物アレルギー対応の離乳食づくりに悩みを持つ 約8割は食材や献立の偏りを心配。日々の食事づくりに悩む母親の姿が明らかに 日清オイリオグループ株式会社(社長:今村�髦Y)は、2012年度から食育活動の一環として、食物アレルギーに関する実態調査を実施しています。今年度もアレルギー週間(2月17日〜23日)にさきがけ、食物アレルギー疾患と診断されている離乳食期の乳幼児をもつ母親100名(以下、単に母親)を対象に調査を行いまし

2015年2月4日日清オイリオ★フィードバック数:0ライフスタイル

日清オイリオの調査です。

第3回食物アレルギーに関する実態調査

日清オイリオグループ 第3回食物アレルギーに関する実態調査 〜学校・保育所で給食づくりに従事している栄養士へのアンケート結果〜 約6割が誤食につながる問題(ヒヤリ・ハット)を経験 給食における代替食品の利用は広く浸透。食物アレルギーの原因食材を使わない献立づくりの工夫も進む 日清オイリオグループ株式会社(社長:今村�髦Y)は、2012年度より食育活動の一環として、食物アレルギーに関する実態調査を実施しています。今年度もアレルギー週間(2月17日〜23日)にさきがけ、学校・保育所等の給食に従事し

高齢者/病者用食品市場の将来予測

市場調査とコンサルティングのシード・プランニング高齢者/病者用食品市場の将来予測 ◆ 高齢者用食品市場2013年の市場は1,115億円(推定)。以降、以降順調に市場は成長し、2017年には1,340億円の市場になると予測される。◆ 病者用食品市場2013年の市場は349億円(推定)。以降、年率5%前後の穏やかな成長で2017年には400億円を超える市場になると予想される。 市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(本社:東京都文京区 梅田佳夫社長、以下シード・プランニング)は

2013年2月9日日清オイリオ★フィードバック数:2ライフスタイル

深刻な事態を招くこともある子どもの食物アレルギーについての調査です。

乳幼児の食物アレルギー・食事づくりに関する実態調査

日清オイリオグループ 乳幼児の食物アレルギー・食事づくりに関する実態調査 アレルギ−対応食品など代替食品の利用はわずか12% 55%が定期的に医療機関を受診せず 治療・食事療法の正しい理解と上手な対応で食事づくりの悩みと負担の軽減を 日清オイリオグループ株式会社(社長:今村�髦Y)は、食育活動の一環として、2 月17 日(日)からの「第19回アレルギー週間(〜2 月23 日)」にさきがけ、『乳幼児の食物アレルギー・食事づくりに関する実態調査』を実施いたしました。年々増加傾向にある※1 食物アレ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ