「対象SIer」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2009年11月17日日経BPフィードバック数:0企業情報システム

「SIer利用理由」NTTデータは「実績」下げ「ブランド」上昇,NRIも「ブランド」の比率上がる

日経マーケット・アクセスが企業情報システム担当者(ITpro Researchモニター登録者)を対象に行った2009年9月調査で,「今後利用したい」という回答を得たシステム・インテグレーター(SIer)に対する「利用したい理由」(最大3つまで複数回答)を分析した。 11月6日付け記事では「今後利用したい」票数上位の日本IBM,日本ヒューレット・パッカード(旧EDSジャパンを含む),大塚商会,リコー(リコーITソリューションズを含む),富士ゼロックス,キヤノン(キヤノンマーケティングジャパン、キヤ

2009年11月9日日経BPフィードバック数:4企業情報システム

「SIerを利用したい理由」HPのコスト,IBMの提案とブランドが突出,大塚はコストと実績の比率上がる

日経マーケット・アクセスが企業情報システム担当者(ITpro Researchモニター登録者)を対象に行った2009年9月調査で,「今後利用したい」という回答を得たシステム・インテグレーター(SIer)に対する「利用したい理由」(最大3つまで複数回答)を聞いた。 本記事では今回30人以上の回答者が「利用したい理由」を1つ以上選んだSIer33社(下の「■調査概要」参照)全体の傾向と,100人以上に達した得票数上位7社のうち6社についての分析を報告する。次週11月9日公開の記事では得票数6位の富士

2009年11月9日日経BPフィードバック数:10企業情報システム

SIer「存在感」は首位IBM,2位はNTTデータ/NRI/富士通,「勢い」は首位HP,2位大塚商会

日経マーケット・アクセスが,ITpro Researchモニターに登録している企業情報システム担当者を対象に行った2009年9月調査で,システム・インテグレーター(SIer)の主要企業45社について「強い存在感がある」「会社に勢いがある」と感じるかを聞いた。 主要SIerを評価対象として提示する「存在感」「勢い」のイメージ調査は,2008年10月調査以来。今回から評価対象企業リストに富士通,NEC,日立製作所,日本IBM,日本ヒューレット・パッカード(旧EDSジャパンを含む)のコンピューター・メ

2008年11月25日日経BPフィードバック数:0企業情報システム

「SIerを選ぶ理由」大塚の「提案」が上昇,CTCは「提案」上がるも「機能」が低下

日経マーケット・アクセスが企業情報システムの担当者(ITpro Researchモニター登録者)を対象に行った2008年10月調査で,「今後利用したい」という回答を得たSIer(11月17日付け記事参照)に対する「利用したい理由」を,得票数46以上の7社(大塚商会,キヤノンマーケティングジャパン(キヤノンMJ),NTTデータ,NECフィールディング(Fielding),伊藤忠テクノソリューションズ(CTC),富士通エフサス(Fsas),野村総合研究所(NRI))について分析した。なお,ベンダーに

2008年11月17日日経BPフィードバック数:0企業情報システム

「接点あり」「取引あり」ともMS/NTT東西/デル,大塚/NTTデータ/Fieldingの上位不動

日経マーケット・アクセスが,ITpro Researchモニターに登録している企業情報システム担当者を対象に,国内の主な情報通信製品/サービス・ベンダーとシステム・インテグレーター(SIer)各68社のイメージを調査したところ,「自分の仕事(職務領域)と接点がある」と感じているベンダー/SIerのトップは「マイクロソフト」(76.8%,前回2008年7月調査では79.2%),2位は「NTT東日本/NTT西日本」(70.3%,前回調査では68.4%),3位は「デル」(60.9%,前回調査では62.

2008年10月7日日経BPフィードバック数:1企業情報システム

提案力満足度はIBCS,NRI,NSSOL,「直接利用」ではIBMサービスとネットワンがトップ3入り

日経マーケット・アクセスが,ITpro Researchモニターに登録している企業情報システム担当者を対象として2008年8月に実施した調査で,国内の主なシステム・インテグレーター(SIer)の「提案力」に対する利用者の満足度を聞いたところ,IBMビジネスコンサルティングサービス(IBCS),野村総合研究所(NRI)のビジネス・コンサルティング系2社が70%台の満足率を得て突出。新日鉄ソリューションズ(NSSOL),日本アイ・ビー・エム・サービス(ISC-J),ネットワンシステムズがこれに続く高

2008年5月19日日経BPフィードバック数:0企業情報システム

「利用したいSIer」首位にNECネッツエスアイが進出,上位常連の大塚/Fieldingは今回も揺るがず

日経マーケット・アクセスがITpro Researchモニターに登録している企業情報システム担当者を対象に行った2008年4月調査での,システム・インテグレーター(SIer)の主要企業への「今後利用したい」(利用意向)率のランキングは,通信工事に強いSIerのNECネッツエスアイ(2005年までの社名は日本電気システム建設)が,25.5%の支持を得て初のトップに立った。ネッツエスアイは今回初めて有効回答数(「職務で接点がある」とした回答者数)30以上を得てのランク入りである。ちなみにNECネッツ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ