調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 専業主婦世帯

「専業主婦世帯」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2016年2月2日大日本印刷フィードバック数:0大型消費/投資

共働き世帯の購買行動

メディアバリューレポート VOL.72「共働き世帯の購買行動」夫婦の連携が生み出す 新しい暮らしと買い物スタイル 共働き世帯数が、1997年に専業主婦世帯数を超え、その後も増加の一途をたどる一方、専業主婦世帯は年々減少し続けている(図1)。結婚後も働き続ける女性の増加は、家庭の暮らしにもさまざまな影響を与えており、カジメンやイクメンなど、家庭生活に積極的に関わる男性像もとりあげられるようになった。今号では、家庭を支える「買い物」に注目し、家庭環境の変化による今後の在り方を探る。 (図1)共働き

2014年7月14日大和総研フィードバック数:0社会/政治

社会活動:女性に偏るもう一つの負担

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 6月24日に閣議決定された成長戦略では「女性の活躍推進」が大きな柱の一つとなっている。これを阻害する要因として、共働きであっても是正されない重い女性の家事・育児負担を挙げているが、それ以外に見落とされている女性に偏る負担がある。それは「社会活動」である。代表的なものでは、保育所・幼稚園・学校の行事手伝い、PTA活動、町(内)会や子供会などの自治会活動があり、担い手の多くは女性である。筆者自身も町会理事

2014年6月8日日経BPフィードバック数:0ライフスタイル

DUAL妻、おこづかいは男性並み「月10万円」も

お金: あなたが自分のために使える金額は、1カ月でどのくらいですか?  日経DUALでは、調査会社マクロミルと共同で、「お互いの扶養に入らずに働く共働き世帯」「妻が夫の扶養に入って働く共働き世帯」そして「妻が働いていない専業主婦世帯」という3つのグループ計2000名に、1カ月間に自分のために自由に使える金額についてたずねました(調査の概要は、前回記事を参照)。 「お互いの扶養に入らずに働く共働き世帯」で最も多かったのは「1万円以上~2万円未満」で26%、「妻が夫の扶養に入って働く共働き世帯」は「

「男性不況」下の専業主婦願望~理想と現実のギャップ

「男性不況」下の専業主婦願望~理想と現実のギャップ | ニッセイ基礎研究所 「男性不況」下の専業主婦願望~理想と現実のギャップ 押久保 直也基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 内閣府の「男女共同参画社会に関する世論調査」(2012年10月)によると、若い女性の間で専業主婦願望が高まっている。「夫は外で働き、妻は家庭を守るべきだ」と考える人の比率が前回調査(2009

2013年11月28日マクロミルフィードバック数:0大型消費/投資

共働き子育て世帯の本音と実態

2013年11月28日生活満足度、入園前の子どもがいる共働き世帯※がもっとも高く ”保育園・幼稚園への送迎“をしている夫の割合、共働き世帯※では、専業主婦世帯の4.4倍 共働き※を続けていられる「支え」とは?1位は「パートナーの支え」で夫妻ともに65%、2位は「自分の頑張り」で夫妻の意識差が大きく、夫49%、妻60%株式会社マクロミル(本社:東京都港区、代表取締役会長兼社長:杉本哲哉)は、全国20~49歳の12歳以下のお子様をお持ちの既婚男女を対象に「共働き子育て世帯の本音と実態」意識調査を実施

2013年11月27日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

年金額の特例水準の解消開始~将来の給付減に備えた対策が課題~

みずほインサイト政 策2013 年 11 月 26 日年金額の特例水準の解消開始政策調査部上席主任研究員将来の給付減に備えた対策が課題03-3591-1308堀江奈保子naoko.horie@mizuho-ri.co.jp○ 年金額の特例水準の解消が開始される。2013年10月に1%、2014年4月に1%、2015年4月に0.5%の給付引き下げが行われ、特例水準2.5%が解消される予定である○ 特例水準解消後にマクロ経済スライドが実施されれば、将来の年金額は厚生年金世帯で2割減、国民年金世帯で3

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
 

お知らせ